VersaProのその後について

久しぶりのノートパソコン改造作戦でした。

これと言って改造という改造ではありませんが、SANDISKのSSD120GBとメモリを増設した程度でLinux-MINTをインストールしてみてどう動くか?という事です。

簡単な作業なので、1時間で改造完了し、2時間でインストール完了、その後、Linuxの個人設定などを1時間程度やらかして、合計4時間の作業となりました。

そして、結果ですが・・・・

一言、「普通に使えます!」

私もびっくりでした。

起動もそこそこ(デスクトップのHDDよりも速いかも)だし、動画も見れます。
カクカクもしないし、Firefoxの起動も速いです。
終了も1秒で電源切れますよ。

このマシンのCPUはCeleron-M520だよね?たかが1.6GHzのCPUですよ。
その上、Radeonも付いている。

家のネットワークに繋げて、samabaでファイル共有設定をしてみましたが、すんなり接続です。
SSHでwindows機からの操作も大丈夫です。

可も無く不可もなく、普通に使えるノートパソコンとなりました。

このVersaProですが、筐体が黒のプラスティックで出来ているので、ビジネスモデルなのかも知れませんね。装飾に無駄が全くないという感じですか。

せめてSDカードスロットぐらいノートパソコンなので付けてくれても良いように思います。
不要なカードスロットはあるんだよな。

今時、カードスロットなんて使わんでしょう。
それよりもカメラやビデオで使うSDカードぐらい付けるべきでしょう。

文句を言っても仕方ありませんが・・・。

さてさて、ここまできたら、このCeleron-Mを換装するしかなくなってきました。

調べたところ、このCeleron-MはSoket-Mである。
上手くいけば、Core2Duoが乗る。

現在1.6GHzであるので、そのソケット形状とBIOSが合えば上位のCPUに換装が出来る可能性がある。

閃いたのは、Core2のモバイル用の、T5600、T7200あたりのCPUである。
この頃のCPUはSoket-PとSoket-Mが混在しており、FSBも800と667とある。

どうせ換装するなら周波数として、2GHzは欲しい。
そうなると、Core2Duo T7200しかない。

このCPUが乗れば、もう少しパソコンとして使える期間が延長できるような気がする。

と言っている間にヤフオクでT7200をポチってしまった!!
・・・600円程度だけどね。

CPUが届くのを待って、換装してみる事にします。

 

ロクに使われていないで古くなったノートパソコン

台風が近付いて来て、折角の3連休も台無しです。
土曜日関東地方ではまだ天気が保つと思われていましたが、雨降ってました。

今後、台風が日本海側に避けてくれると良いのですが・・・・。
こんな雨の日はパソコン弄りをするのが一番です。

さて、久しぶりの中古ノートパソコンについて書きたいと思います。

そのノートパソコンの名称は、”NEC VersaPro”です。
私のあまり好きくないNECの製品です。
黒いプラスティックで出来ている筐体が安っぽく見える。

スペックはCeleronーM 1.6GHzでメモリが1GBです。
VGAにATIのRadeonが付いています。
画面は横長の今どきのような風貌ですが、Celeron_mなんですよ。

う〜ん、どうするか?

ただ見た感じ、キーボードも本体も使われていたという形跡があまり感じないノートなんですよね。
キーボードもテカリが殆ど無い、モニターも色焼けしていない。HDDも普通に生きている。
裏蓋を開けて中を覗いて見ましたが、案の定、汚れていませんでした。

中古車で言えば、10年前製造で走行距離が1万キロみたいな車と同じですか。
でも、中古車となると、安いグレードは廃車するしかない。

これが、Core2とかなら気合が入るのですが、Celeなんでどうするか悩んでしまう。

とりあえず基本OSのWindowsXPを入れ直して起動してみました。
これはスペックの速度を計るためのもの。

XPだからかも知れませんが、速度的には使えないレベルではない。
X40よりも速度的には速く感じます。(X40はPentiumーm 1.2Ghzですからね)

このようなあまり使われていないパソコンって何か悲哀を感じてしまいますよね。折角、発売当時はそれなりのスペックで販売されていたのに、その時期に満足にオーナーに使われないで、そのまま高齢化してしまった。そして時代が変わってしまった。

婚期を逃した女性のようなものです。
不憫なものです。

まぁ、時間はあるので、この幸の薄いノートパソコンを復活させるための作業をすることに決めました。
あえて、何か必要な部品を買い集めてという事はしません。
今、家にある余り部品で復活させる。

用意した部品は以下の通り。

1. SUNDISK SSD 128GB
2, メモリ DDR2 2GBと1GBの合計3GB
3, OSはLinuxーmint MATE 64bit
4,  電源が無かったのでX40の電源を使う (大丈夫だった)

これで今日は午後から改造及びインストール作業を開始します。
結果はまた後ほど報告いたします。

【iphone8/X】全てが物真似スタイルなんだな

今日のテレビでiphone8とiphoneXの発表会が流れていました。

良くある新商品をCEOのお偉いさんが身振り手振りで商品案内をするパフォーマンスです。

この発表会のスタイルを確立したのがアップル社のスティーブジョブズ氏ですよね。
ラフなGパン姿で商品を手に持ち、的確な言葉で新商品の良さを伝える。

現在のアップル社もこのやり方を継続しているように見えます。

これがアップル社の発表会のスタイルですよね。

丁度、前日に中国のシャオミというスマートホンメーカーも新しい機種の発表会をやっていました。

iphone8/iphoneXに対抗するスマホの発表会です。

このシャオミのCEOさんもラフな格好で商品の説明をしておりました。

しかし、なぜか違和感が・・・・

これって何でだろう? ♪何でだろう?、何でだろう?(ちと古いな)

この違和感は「アップル式の発表会の物真似」であると感じたからでしょうか。

そう感じたのは私だけなのか?

それとも業界では、このようなスタイルが定番となっていて「当たり前」だから違和感何て感じないなのか?

商品も似ているが、「発表会のスタイルまで真似なくてもいいんでねぇの?」そう言いたくなります。

シャオミはシャオミなりのやり方で発表すれば良い。
中途半端に東洋人が外国人の真似したところで格好が悪いんですよ。

外国人がラフ格好なら、ちゃんとスーツを着て発表するとか・・・。

もう真似た時点で格下のイメージが出来上がってしまうんですよね。
真似れば真似るほど、本家本元のステイタスが優位になるように感じます。

一般消費者は商品本体のスタイル・色・スペックで判断をしている。
一番重要な事が、どこのメーカーで作られているか?という事である。

私自身は別にアップル社だから性能が良いとか、リンゴ神話を信じていないタイプなので、あえて高額なiphoneシリーズは買うつもりもありません。

一般消費者は、イメージ戦略でiphone=高級感という事が植え付けられているんだと思っています。

ましては、シャオミ社は中国メーカーですよね。
中国では値段の高いiphoneが金持ちのステータスになっている。

その点も考慮した発表会からのイメージ戦略が必要なのではないか?と思う。

それは日本メーカーも同じ事である。

身の丈に見合った発表会を独自なスタイルで行う事も大事ではないかと思う。

PCが出来ない上司がいると周りが迷惑する

この9月は色々仕事の書類の整理をしています。

書類には大事な書類やどうでもいいコピー等ありますが、大事な書類をきれいにまとめる作業という事になります。

最近では、パソコンで作った書類はファイルのまま保存するとかPDF形式で保存しておくという方法もあるかと思います。

しかし、社内に年寄りとかPCに疎い人がいると、こういう方法だと困ってしまう時ありますよね。

急に書類が欲しい時、すぐに見たい時、これらの人達はPCが使えないので人任せになる。
そう、自分でやろうとしないんですよ。

「俺(私)はパソコンが使えないから直ぐに印刷しろ!」
とか言って、出来ないのに偉そうにするんですよ。

だから、私はファイルをサーバーに保存する形態と紙で保存する形態の2種類を同時に使っている。

まぁ、効率が悪いと言えば効率が悪いと思う。

しかし、後々に誰かがこういう人達のために自分の時間を割いてプリントアウトしたりファイルを探したりする時間を考えるとまだましなような気がする。

このような事もPC出来ない害というのかどうか。

このPC出来ない人の考え方もどうにかならんものかと思う。
Linuxのサーバーを構築しろ!と言っている訳ではない。

ただ、単純にワードやエクセル、アクロバットで出来ているファイルを開くだけの作業である。
何でこんな簡単な事も出来ないのか?

そう、彼ら(彼女ら)は初めからやるつもりはないのだ。

自分で面倒な作業を初めからやるつもりは無い。
よって、PCを中途半端にも覚えたくないという感情になっているのだと思う。

中途半端にPCをやると、分からない時に若い子に頭を下げて教えを乞わなければならなくなる。

この頭を下げる行為自体が嫌なのだ。

きっと他の仕事でも同じような事をしているだろうと推測ができる。
自分で何もせずに、口だけ番長のような仕事ぶり。

自分が経営者なら生き残れるのかも知れないが、普通の会社員であれば定年で首を切られるだろう。

定年近い人達は謙虚に仕事をする姿勢も必要だろう。

GoPro使う人って多いと思いますか?

Youtubeの動画撮影にはよくGoProが使われています。

GoProって何?っていう人も居るかも知れません。
小さなビデオ(写真)レコーダーです。
大きさは昔のマッチ箱のぐらいの大きさでとてもビデオカメラとは思えません。

小さい軽い上に本体を入れる防水ケースを使うと水中でも使える。
カメラを取付けるアタッチメントも多くあり、バイク、自動車、ヘルメット等に取り付けて撮影したりする事も可能です。

F1のオンボードカメラとか、ヘルメットに取り付けた映像はGoProが多いと思います。

最近では、このGoProモドキも多く売られており、安い製品だと5000円前後で買えたりします。
もちろん、安い分、どこか本物とは違い、壊れ易かったり、映像のピントや色合いが今一であったりする訳です。

★GoPro(ウエアブルカメラ)の良いところ

1.本体が小さく軽いので持ち運びに便利である。
2.SDカードに録画するので、複数枚持っていても身軽である。
3.電池も別売りであり、交換する事により長時間使える。
4.アタッチメントが豊富にあり、工夫次第で色々な物、人に取り付けられる。

GoProのお蔭で、今まで見れなかったスポーツの視点が臨場感ある映像で見れる事になりました。

でも、まだまだ一般化していません。

GoPro自体「そんなもん知らない」という人多いでしょう。
また、知っていても「そんなもんスマホがあるから要らない」という人もいると思います。

何か趣味があって、その動画を撮影して見たいとか、何か目的が無いとあえて欲しいと思わない商品なのかも知れません。

★GoProもどきが売れる理由

私もGoProもどきのウエアブルカメラを使っています。
価格的には1万円弱の値段でした。

本家本元のGoProカメラの値段が高いからでしょうね。

その上、スポーツで使うと転倒などした際に壊してしまう可能性も考慮しての事でしょう。
「この程度だったら、GoProもどきで充分」という考え方ですよね。

本家本元の価格は5万円ぐらいします。

これで頑丈で壊れなければ良いのですが、これも個体の良し悪しがあるようで、ダメな個体はすぐに壊れたりするわけです。

しかし、本家本元のGoProですから映像や音声はもどきには無い良さがあるのは事実です。

余裕があるのであれば本家本元を買うべきですよね。

★ お試しするなら・・・

安いもどきウエアブルカメラでも良いのではないでしょうか。

自分で撮影した動画を見て、それなりに満足であるかどうかは本人次第です。
映像だけではなく、音声もどうなのか?判断すべきでしょう。

ウエアブルカメラはミニUSB経由でピンマイク(外部マイク)を取付ける事も可能です。
安いもどきカメラにはこのUSB端子が無かったりもします。

自分の使い方でどのレベルのカメラにするかは個々お財布と相談して決めてください。

私の場合には、Gitup1という機種を使ってバイク動画を撮影しています。

まぁ、無いよりもあった方が色々と使えるのは事実です。

 

WordPressでBuddypressする

仕事先のHPでSNSのタイムラインのような写真と記事を投稿するページが欲しいという相談があって、色々と話を聞いてきました。

単純に言うと、スマホで撮影した写真を直ぐに簡単なテキスト文と一緒にアップできないか?
また、扱い方が簡単であること、一般の人には見えないように簡単なログイン画面を作るという内容でした。

普通にWordpressでも大丈夫のような気がしますが・・・・
そこまで色々と機能がある必要性はない。

特定の人がログインして閲覧できればいい。
扱う人が簡単にスマホから投稿できればいい。そんなイメージです。

ふと思いついたのが、Buddypressというプラグインです。

このBuddypressはWordpressにインストール(プラグイン)するとSNSのような使い方ができるようなソフトになっている。Twitterで言うとタイムラインのようなものでしょうか。Buddypressではアクティビティという表現になっています。

インストールして使ってみるが、要カスタマイズです。
色々な部分のカスタマイズが必要でそのまま使う事ができません。

それにBuddypressの情報もネット上では非常に少ない。

WordPress本体とプラグイン形式のBuddypressのPHPがあり複雑になっています。

SNSと言えば、登録できて、友達、いいねなど機能も必要となります。
本体の機能と追加プラグインでどうにかできるものがありそうですが、そう簡単に自分が思っている通りのサイト構築には時間がかかりそうです。

Buddypressが扱えるようになるとWordpressの使い方もだいぶ変わってくると思います。

しかし、難しい。

これからちょっと真剣に取り組んでみようと思っています。

≪バリオス≫よい季節になってきました!

少しの間、更新できませんでした。

休みの日はバイクに乗りたい、触りたい。
平日は仕事が一杯。

なかなか思うようにいかないのが人生でしょうか。

若い頃と違って、勢いでやるという事が50歳を過ぎると減少してきます。
朝まで何かするとか、そういう事が出来ない身体になってくるように思います。

さて、先週の日曜日にお馬さん(バリウスA2)に乗ってきました。
150km近くうろうろ走ってきました。

いつもの如く、休憩場所で動画撮影してきました。

エンジンもすこぶる調子が良く、アイドリングも安定しています。
走行距離も25000Kmを超えました。

バイクのエンジンの寿命は排気量によっても違うのかも知れませんが、250ccの4気筒であれば5万キロが目安になっているように思っています。

もちろん乗り方やエンジンオイルの交換歴などによっても変わってくるでしょうし、最初から調子がいい当たりエンジンと調子の悪い外れエンジンがあるのではないでしょうか。

どうしても4気筒だとレッドゾーン近くまで回してみたくなる。
バリオスだと19000回転になりますが、年中、レッドゾーン回していれば寿命も早くなってしまう恐れがあります。逆に回さなく走っても調子が悪くなるという相反する部分もあります。

バイクはやっぱり1週間に一度は必ずエンジンをかけて乗ってあげるのがいいと思います。

これからの時期はバイク乗りには良い季節になりますね。

事故や転倒に注意して楽しもうと思っています。

次のページ →