Windows2000で当時を再現する

当初はPuppy-Linuxのboot用にと思っておりましたwindows2000ですが、そのままにしておくのも忍びないという事で、office2000やら一太郎やら当時のソフトをインストールしたままになっていました。

このPCをネットで使う訳ではありませんが、何も出来ないOSでは意味が無いので、スタンドアロンの半仕事用にしようかと思ってます。この頃のソフトは結構色々な物があり、VB6とか・・・。とりあえずインストールしておけば勉強も出来るなという感じでやっておきました。、とても古いOSですが基本はXPと同じような物で、逆にこんなにスペックが低くてもサクサク動作するのは今使っているXPより良い印象を受けます。

ダンボール箱の中にある古いCDを漁り、windows2000の最後のアップグレード版SP4をインストールして、ノートンもとりあえず気休めに入れておきました。CDを漁っていたら、古いゲーム(信長さんとかルナドンさんとか)出てきて、こちらにも興味が沸いてきました。その頃のゲームって最後までやってないから、丁度良いのかも知れません。(今なら多少の時間はありますので)

ネットでwindows2000の事を調べていたら、結構生息しているみたいです。
ただし、ネット用とかそういう使い方ではなく、ある特定の仕事用とか機械を動かす制御用とかです。
まさかNTとかもう無いかとは思いますが、2000はまだ生きているんですね。

マシンの部品も当時物、OSも当時物なんで全く違和感ありません。
逆に飾り気の無いデスクトップが妙に新鮮に感じます。今までは、ダンボール箱の中にバラバラで入っていて使われていなかった部品で動いているので、動かせる物はいつも動かせる状態にしておけば何かの際に役立つかも知れませんし、ソフトやOSでサーバー設定やアクセスでデータベースを作ったり等生かせるのではないでしょうか。

これを読んで、暇だから俺もやってみよう!と思った人は本当にPC好きな方だと思います。

くれぐれも、このOS環境でネット接続はしないように願いしたいと思います。

コメント

コメントする