高速道路上での煽り運転と事故について

本当に雨が続きますね。

その上、非常に寒い。
通勤時には冬用のジャンパーを着て自転車に乗っています。

バイクではないけど手が冷たくなる。

ちょっと前までは半袖で汗かいて外を歩いていたのに急降下爆撃機です。

皆さんも風邪引かないように暖かくして欲しいと思います。

さて、最近ニュースで話題になった高速道路上での喧嘩で死亡事故の件です。

ちょっと前までは老人の高速道路逆走とかブレーキ、アクセルの踏み間違えとかのニュースが沢山出てましたが、ここ1.2週間は車の煽りとかそんな内容が多くなってますよね。

マスコミが出しているのも、本当につい最近だけの事であって、煽り、煽られという行為は前からあって、話題にしなかっただけだと思います。

今は少し前と違って、車の数も若者が車、バイク離れをしている関係で少なくなっている、という事は道路を走っている車やバイクも少ないという事になりますよね。

渋滞しているところは、相変わらず渋滞しているので、そこだけ見ると分からないと思います。

煽ったりされるのは、要因があり、大体が急な割り込みや、相手の車に危険な行為をしている等があると思いますが、女性や車にあまり乗らない人が運転すると、そういう行為自体を自分が犯したという事に気が付いていない人も多く、自分が何で煽られているのか?分からない人もいるのではないでしょうか。

でも、今回の事故は「自分から要因を作っている」事ですよね。

誰かしらターゲットを見つけて、人のせいにして逆切れをする。

こいつ、何回もやっているというが、「当たり屋」的に相手から金でも巻き上げていたのではないのか?その味を知ってしまい、ターゲットにいちゃもんを付けて恫喝して謝らせ、金を巻き上げる。

何故に九州、山口周辺にいた輩が東名高速の山北PA上に居たのかも何かしらの意味があるだろう。
ターゲットを物色しながら高速を流していたに違いない。

今回の事故では、そこまで行く前にトラックと衝突してしまっただけ。
ネット上では日本人では無いという噂まで立っている。

普通に車の後ろを安全に走っていても、気になる走りをする人は多くいます。

でも、いちいちそんな輩に腹を立てていたら、せっかくのドライブも台無しです。
普通の人ならば、一時的にむかっとしても、すぐに冷静になると思います。

それが出来ない人は、余程ストレスが溜まっているか病気の人でしょうね。

それを私は勝手に基地外と読んでいますが・・・・。

高速道路のそれも追い越し車線に車を停止させるってどういう神経しているのですかね。
これを基地外と呼ばずに何と表現すればよろしいでしょうか。

ただ、今回の事故で分かった事は、「自分の身を守るためにもドライブレコーダーを装備する」という事なのではないでしょうか。

これは車だけではなく、バイクにも取り付ける必要性があると思います。
みんなMOTOブログやっているよ!と思ったらドライブレコーダーという事です。

無理な追い越しや追い抜き、すり抜け、割り込みは注意をしながら、譲り合いの精神と挨拶を忘れずに乗って、双方、気持ちよく走れれば最高だと思います。

一部の基地外さんには、煽り行為などの刑を厳しく取り締まってほしいと思っています。

コメント

コメントする