やばいよ・やばいよ~第2波が来る~

緊急事態宣言が解除されてまだ数日です。

なのに北九州や東京などでは感染者が二桁を超えています。

一度は少なくなった感染者がまた増え始めてきている。

中国も韓国も同じように増えていて歴史は繰り返されています。

しかし、まぁ、同じようになるのが分かっているが止められない。
病気になるのも困るが、これ以上経済が停滞してはもっと困る。

日本の場合には、延期された東京オリンピックがあるので感染者は増やしたくないが、経済的にもうレッドゾーンに入ってしまっている状態なのかも知れない。

感染する奴は感染する。
この理論が正解であれば、経済優先で成り立つが、困るのは感染するかも知れないという行動をしないで感染してしまった人達です。

いつ・どこで感染したか分からない人が増えている。

新型コロナウイルスの無症状キャリアが増えている証ですかねぇ。
発病はしていないが、菌は保有している。
体の免疫機能が弱れば発病する状態。

元々、この新型コロナウイルスはSARS+AIDSのウイルスを改造して作られたという情報がありました。まぁ、この情報も正しいのかは分かりませんが、もし、そうであればAIDS特有の発病する期間やキャリアとして普通に生活している点では同様です。

今現在、このキャリアで無症状の人達がどのくらい居るのかが全く分からない。

本人は熱や風邪の症状も無いので自分がキャリアだと思わないだろう。
だから、普通に出掛け、菌をまき散らすようになってしまう。

そう考えると怖いウイルスであると思います。

エボラもエイズも自然界で出来たウイルスでは無いらしい。
そうなると、このウイルスも怪しいとしか言いようがない訳です。

ここでまた感染者が増加するとどうなるのか?

また緊急事態宣言が発令されるのか?
それとも都道府県だけで対処する事になるのか?

国もほっとく訳にはいかんよね。

「緊急事態宣言を解除するのが早かった、申し訳ない」と頭は下げないだろう。

しかし、感染数が上がり、第2波が来た時には再度宣言を出すべきだと思います。
人から人への感染でウイルスの変異も考えられます。

もう今年は無かった事にしたらどうかな。

コメント

コメントする