VersaProのその後について

久しぶりのノートパソコン改造作戦でした。

これと言って改造という改造ではありませんが、SANDISKのSSD120GBとメモリを増設した程度でLinux-MINTをインストールしてみてどう動くか?という事です。

簡単な作業なので、1時間で改造完了し、2時間でインストール完了、その後、Linuxの個人設定などを1時間程度やらかして、合計4時間の作業となりました。

そして、結果ですが・・・・

一言、「普通に使えます!」

私もびっくりでした。

起動もそこそこ(デスクトップのHDDよりも速いかも)だし、動画も見れます。
カクカクもしないし、Firefoxの起動も速いです。
終了も1秒で電源切れますよ。

このマシンのCPUはCeleron-M520だよね?たかが1.6GHzのCPUですよ。
その上、Radeonも付いている。

家のネットワークに繋げて、samabaでファイル共有設定をしてみましたが、すんなり接続です。
SSHでwindows機からの操作も大丈夫です。

可も無く不可もなく、普通に使えるノートパソコンとなりました。

このVersaProですが、筐体が黒のプラスティックで出来ているので、ビジネスモデルなのかも知れませんね。装飾に無駄が全くないという感じですか。

せめてSDカードスロットぐらいノートパソコンなので付けてくれても良いように思います。
不要なカードスロットはあるんだよな。

今時、カードスロットなんて使わんでしょう。
それよりもカメラやビデオで使うSDカードぐらい付けるべきでしょう。

文句を言っても仕方ありませんが・・・。

さてさて、ここまできたら、このCeleron-Mを換装するしかなくなってきました。

調べたところ、このCeleron-MはSoket-Mである。
上手くいけば、Core2Duoが乗る。

現在1.6GHzであるので、そのソケット形状とBIOSが合えば上位のCPUに換装が出来る可能性がある。

閃いたのは、Core2のモバイル用の、T5600、T7200あたりのCPUである。
この頃のCPUはSoket-PとSoket-Mが混在しており、FSBも800と667とある。

どうせ換装するなら周波数として、2GHzは欲しい。
そうなると、Core2Duo T7200しかない。

このCPUが乗れば、もう少しパソコンとして使える期間が延長できるような気がする。

と言っている間にヤフオクでT7200をポチってしまった!!
・・・600円程度だけどね。

CPUが届くのを待って、換装してみる事にします。

 

ロクに使われていないで古くなったノートパソコン

台風が近付いて来て、折角の3連休も台無しです。
土曜日関東地方ではまだ天気が保つと思われていましたが、雨降ってました。

今後、台風が日本海側に避けてくれると良いのですが・・・・。
こんな雨の日はパソコン弄りをするのが一番です。

さて、久しぶりの中古ノートパソコンについて書きたいと思います。

そのノートパソコンの名称は、”NEC VersaPro”です。
私のあまり好きくないNECの製品です。
黒いプラスティックで出来ている筐体が安っぽく見える。

スペックはCeleronーM 1.6GHzでメモリが1GBです。
VGAにATIのRadeonが付いています。
画面は横長の今どきのような風貌ですが、Celeron_mなんですよ。

う〜ん、どうするか?

ただ見た感じ、キーボードも本体も使われていたという形跡があまり感じないノートなんですよね。
キーボードもテカリが殆ど無い、モニターも色焼けしていない。HDDも普通に生きている。
裏蓋を開けて中を覗いて見ましたが、案の定、汚れていませんでした。

中古車で言えば、10年前製造で走行距離が1万キロみたいな車と同じですか。
でも、中古車となると、安いグレードは廃車するしかない。

これが、Core2とかなら気合が入るのですが、Celeなんでどうするか悩んでしまう。

とりあえず基本OSのWindowsXPを入れ直して起動してみました。
これはスペックの速度を計るためのもの。

XPだからかも知れませんが、速度的には使えないレベルではない。
X40よりも速度的には速く感じます。(X40はPentiumーm 1.2Ghzですからね)

このようなあまり使われていないパソコンって何か悲哀を感じてしまいますよね。折角、発売当時はそれなりのスペックで販売されていたのに、その時期に満足にオーナーに使われないで、そのまま高齢化してしまった。そして時代が変わってしまった。

婚期を逃した女性のようなものです。
不憫なものです。

まぁ、時間はあるので、この幸の薄いノートパソコンを復活させるための作業をすることに決めました。
あえて、何か必要な部品を買い集めてという事はしません。
今、家にある余り部品で復活させる。

用意した部品は以下の通り。

1. SUNDISK SSD 128GB
2, メモリ DDR2 2GBと1GBの合計3GB
3, OSはLinuxーmint MATE 64bit
4,  電源が無かったのでX40の電源を使う (大丈夫だった)

これで今日は午後から改造及びインストール作業を開始します。
結果はまた後ほど報告いたします。

GoPro使う人って多いと思いますか?

Youtubeの動画撮影にはよくGoProが使われています。

GoProって何?っていう人も居るかも知れません。
小さなビデオ(写真)レコーダーです。
大きさは昔のマッチ箱のぐらいの大きさでとてもビデオカメラとは思えません。

小さい軽い上に本体を入れる防水ケースを使うと水中でも使える。
カメラを取付けるアタッチメントも多くあり、バイク、自動車、ヘルメット等に取り付けて撮影したりする事も可能です。

F1のオンボードカメラとか、ヘルメットに取り付けた映像はGoProが多いと思います。

最近では、このGoProモドキも多く売られており、安い製品だと5000円前後で買えたりします。
もちろん、安い分、どこか本物とは違い、壊れ易かったり、映像のピントや色合いが今一であったりする訳です。

★GoPro(ウエアブルカメラ)の良いところ

1.本体が小さく軽いので持ち運びに便利である。
2.SDカードに録画するので、複数枚持っていても身軽である。
3.電池も別売りであり、交換する事により長時間使える。
4.アタッチメントが豊富にあり、工夫次第で色々な物、人に取り付けられる。

GoProのお蔭で、今まで見れなかったスポーツの視点が臨場感ある映像で見れる事になりました。

でも、まだまだ一般化していません。

GoPro自体「そんなもん知らない」という人多いでしょう。
また、知っていても「そんなもんスマホがあるから要らない」という人もいると思います。

何か趣味があって、その動画を撮影して見たいとか、何か目的が無いとあえて欲しいと思わない商品なのかも知れません。

★GoProもどきが売れる理由

私もGoProもどきのウエアブルカメラを使っています。
価格的には1万円弱の値段でした。

本家本元のGoProカメラの値段が高いからでしょうね。

その上、スポーツで使うと転倒などした際に壊してしまう可能性も考慮しての事でしょう。
「この程度だったら、GoProもどきで充分」という考え方ですよね。

本家本元の価格は5万円ぐらいします。

これで頑丈で壊れなければ良いのですが、これも個体の良し悪しがあるようで、ダメな個体はすぐに壊れたりするわけです。

しかし、本家本元のGoProですから映像や音声はもどきには無い良さがあるのは事実です。

余裕があるのであれば本家本元を買うべきですよね。

★ お試しするなら・・・

安いもどきウエアブルカメラでも良いのではないでしょうか。

自分で撮影した動画を見て、それなりに満足であるかどうかは本人次第です。
映像だけではなく、音声もどうなのか?判断すべきでしょう。

ウエアブルカメラはミニUSB経由でピンマイク(外部マイク)を取付ける事も可能です。
安いもどきカメラにはこのUSB端子が無かったりもします。

自分の使い方でどのレベルのカメラにするかは個々お財布と相談して決めてください。

私の場合には、Gitup1という機種を使ってバイク動画を撮影しています。

まぁ、無いよりもあった方が色々と使えるのは事実です。

 

プリンター初期不良の交換で・・・

今日は午後になって雷雨になっています。

梅雨時なのにあまり雨が降らないので、この地域としてはよろしいのではないでしょうか。
雨が少ないと今度は水不足になる、多く降れば氾濫、丁度良い塩梅は難しいですね。

さてさて、前回書いていたプリンターの件です・・・・・。

Canonの複合機(インクね)の初期不良を交換しに行ってきました。

箱やドライバーディスク等はそのままに、本体と電源コードとレシートのみを持参していきました。

店舗の隅にあるカウンターでお店のアドバイザーさんが検証します。

アドバイザー「どういった故障でしょうか?」
私「電話で連絡した通りカラーが印字されない現象です」

アドバイザー「いつからですか?」
私「電話でお話しした通り、買ってインクをセットしてからです。」ちょっとむっとする。
アドバイザイー「そうですか?」と言いながら、本体を裏返したり、インク周辺の基盤を外して確認したりしています。

そして、印字テストを行った。
案の定、白黒しか印字されていない。ほら言った通りだろ!

この時点でやっと、レシートの確認をし始め、交換用の同じプリンターを用意してくる。

でも買った当日に電話で状況を伝え、そして今日持ち込む前にも連絡をしたのに、何か私が弄って壊したと思われるようなアドバイザーの動きが何となく嫌な感じがしました。

ポイントカードも確認して、本当に買ったかどうかも確認している訳で、カードの中身を見れば、良く買ってくれるお得意さんであると分かるはずだと思いますが・・・・。

一度、こういう事があると、そこで買う気がしなくなりませんか?
また何かを購入すると初期不良になっているのではないかと余計な心配をしてしまう。
ましては、仕事先で使う機械なので「まぁいいか」という訳にもいかない。

交換してもらって、さっさと仕事先に戻ってきました。

無事に設置、テスト印字も終わり、この件については完了となりました。

使う人達は、ただ単純に新しいプリンターになったというだけなのかも知れませんが、購入設置をする側は、上記のような面倒が起きる場合もある。

縁の下の力持ちみたいなものです。

現場の人達が喜んで使ってくれればそれで満足なんですけどね。

店側の担当者のお客に対する対応の節々で何となくすっきりしない気持ちでいます。

作りが安っぽいから壊れやすい?

仕事先のプリンターが壊れたので新しいプリンターを購入しました。

壊れたプリンターは近くの小さな事務所にあるインクジェットの複合機プリンターです。
メーカーはCanon製品で、フロント側から紙をローディングしなくなるという症状です。

直そうと思えば直ると思われる故障です。

こういう場合みなさんどうしますか?

1.保証期間に関わらず修理をメーカーに依頼する。
2.プリンター自体安いので買い換える。
3.中古屋(ヤフオク等)で安いプリンターを買う

さて、いかがですか?

私はプリンターに関しては迷わず②を選択します。
なぜなら修理費は意外と高いという事と修理してもまた壊れやすいという事があるからです。
その上、修理するメーカー指定の場所まで持ち込まなくてはならない。これがまた面倒です。

せっかく、時間と面倒をかけて修理しても他の部分が壊れて捨てるとなると嫌な感じですよね。その点、新品購入ならそんな事は無いし、あったとしても保証期間で無償で直せるという事ができます。

昭和の時代なら修理して直して使っていたと思われる機械も、今の時代は買い換えるが常識となってしまっている事については悲しいという他はありません。

このプリンター、それもインクジェット型であると使用者が少なくなるとインク自体生産しなくなってしまうんですよ。そうするとプリンターは生きていてもインクが販売されなくなるので、ただの置物化してしまいます。

ザ、オブジェ!です。

機械物であれば、最新の性能と古い時代のその時の性能という違いがあります。

これはプリンターだけではなく、パソコン本体、車、バイク、家電製品全般に言える事です。

クーラーや冷蔵庫などは、買い換えた方が修理するよりもお得という事実。
それは、消費する電力が少なくて済む=省エネ=お得という事です。

最新の家電も性能の割に価格が安い分、当り外れが激しいように思いますがどうでしょうか?

新しい割にプラスチックが薄くてフニャフニャするし、作りが安っぽい。
昔のプリンターは価格も良かったが、本体の作りも見栄えも相応に出来ていたように思います。
新しい物は液晶とか使っているので良く見えますが、作りはちゃちだと思いますよ。

調子が良い物は壊れないが、ダメな物は故障しがちだったりする。
中の部品がロットによって良し悪しが決まってしまうように思う。

全てその家電を買う人のタイミングなんですよね。
運の悪い人(タイミングが悪い人)はダメなロットの時の商品を購入してしまう。

よく自作パソコンのマザーボードでありました。
コンデンサが壊れて起動しなくなってしまったりする。Aopenとか。

逆に何も考えていないが、こういう物を買うといつも当たりを引く人もいますよね。

物を選択する、買う、これだけでも運があるのでしょうか。

そして、仕事先で新しいプリンターを購入した。
同じくCanonのインクジェットの複合機(8030)です。価格は18,000円程です。
本体は前と比較すると一回り以上小型になりました。

インクをセットしてお試し印刷をしてみる。

あれ?カラーが全然印字しないぞ?
もしかして白黒設定(モノクロ)になっているのか?

いや、違う。

これはプリンター本体が持っている機能で印字をしている。
それが印字(カラー部分が白紙状態)しないという事は初期不良です。

直ぐに販売店に連絡をして現状説明をして交換してもらう事にしました。こういう場合、自分の初期設定が悪いから印字しないと思いがちですが、変にいじる前に現状を伝えて、早めに処置をした方が無難です。

やっぱり、買うタイミングあるのかな。

ドンキのジブンPCっておやじ的には・・・

ドンキは安いPC出しますよね。
前にも安いPC出してましたが、今回はタブレットPCであります。

もう19800円という価格なので、パチンコで負けたと思って買った人、キャバクラ行ったと思って買った人もいるでしょう。

たかが19800円、しかし19800円もする。

「欲しいがどうしよう!」と思っている人は沢山いるでしょう。
心配なのは製品のクオリティと中華製品であることでしょうか?

メーカーは恵安であることが分かっています。

元々はパソコンのマザーボードや色々なカードも作っている国は台湾が多かったのです。
ASUS等も同じであり、怪しい中華製品とはきっちり区別した方が良いと思います。

この恵安では自社でも同じようなタブレットPCを販売しています。
価格はジブンPCよりも3000円程お高くなりますが、スペック的には同等と申し上げておきましょう。

気持ち的には、ドンキで買ったという事が自分で怪しい製品と思ってしまう事です。
これが同じ製品でもSofmapで買った!とかビックカメラで買った!となると印象的に普通の電化製品というイメージになるのですが、ドンキで買うとなぜか夜店で買ったように感じる。

私もお店で見ましたけれど心配しなくても大丈夫でしょう。

スペック的にもATOM(x5 z8300 1.44Ghz)の4コアでメモリ2GB、eMMC32GB win10home、Officeも付いている。画面は1280×800、重さは1.2K弱という事です。

windows10のソフトを買っただけでも15000円以上はしますよ。
その上、Officeが付いているなら、家でWordやExcelを使うだけのPCとしても充分です。

持ち運びはしないで家で使うとい人は、外付けHDDをUSBに繋げたりして動画や写真などのファイル保存はそちらにするとか、SDカードに逃がすように設定しておく事も必要です。

ネットワークとしては無線LANを使うようになりますが、「家に無線LANなんて無いよ!、有線LANしかないよ!」という人はUSBに有線LAN用のアダプターを別途購入して繋げるようになります。

この有線LAN用のアダプターは1500円前後で買えると思います。

安いスマホだって2万ぐらいします。

これだけ付いていて2万円ならよろしいと思います。

スマートウォッチって流行らないね

出始めの頃はもっと売れるかと思ってました。

でも私の周りには身に付けている人誰もいません。
まだフランクミューラーの方が良く見かけます。

しかし、売れない原因って何でしょうか?

〇そこまで時計に機能を求めていない
〇スマートウォッチ自体がスポーツをする人向けっぽく見える
〇使うのが恥ずかしい
〇値段が高い
〇スマホで充分

以上のような事ではないかと思っていますが、どうでしょうか?

日本人の場合には人が多い社内とかで「俺はSW(スマートウォッチ)使っているぜ!」みたいなパフォーマンスする人ってほとんどいませんよね。

どちらかと言うと陰でひっそりと使う。

その日陰のような時計に大金を使うのも何となく気が引ける=買わないという事になる。

それに時計ってロレックスやカルチェ等のブランド時計が沢山あって、良い時計買うのならブランド時計が欲しいと思ってしまうんでしょうか。

SWの場合には、古くなれば使えなくなる。
それは時代で中身のソフトも変わってくるのでパソコンやタブレットと同様ですよね。

ブランド時計=資産価値がある。
SW=資産価値無し。

ロレックスなどであれば親父が使っていた物を息子が使うなんてあると思うんですよね。
でもSWには多分こんな使い方は出来ないと思います。

買ったその人でSWのライフサイクルは完了という事です。
買ったけど、あまり使わないで引出しの肥やしになっているよ!という人いませんか?

これはSWに限らずある事ですが、特にSWとかあったら便利と思って買ったけど使い切れない人が多いように思います。

私の思う欲しいSWの姿はウルトラセブンに出ていたレシーバーだと思いますよ。
そんなに沢山の機能は要らないんですよ。
何であの形でテレビ電話が出来て、メールが来たら教えてくれる機能の機械作らないのでしょうか。
今のSWよりも日本では受けると思うのですが・・・・。

「アマギ隊員!」なんて言ってみたいですよね。

朝の目覚まし機能でアンヌ隊員からモーニングコールがあるとか、仕事の呼び出しの場合には隊長の声がするとか何かそんなウルトラ警備隊の隊員のような機能があると楽しいと思う。

カシオさんとか円谷プロと組んで作ってくれないかな?

次のページ →