プリンター初期不良の交換で・・・

今日は午後になって雷雨になっています。

梅雨時なのにあまり雨が降らないので、この地域としてはよろしいのではないでしょうか。
雨が少ないと今度は水不足になる、多く降れば氾濫、丁度良い塩梅は難しいですね。

さてさて、前回書いていたプリンターの件です・・・・・。

Canonの複合機(インクね)の初期不良を交換しに行ってきました。

箱やドライバーディスク等はそのままに、本体と電源コードとレシートのみを持参していきました。

店舗の隅にあるカウンターでお店のアドバイザーさんが検証します。

アドバイザー「どういった故障でしょうか?」
私「電話で連絡した通りカラーが印字されない現象です」

アドバイザー「いつからですか?」
私「電話でお話しした通り、買ってインクをセットしてからです。」ちょっとむっとする。
アドバイザイー「そうですか?」と言いながら、本体を裏返したり、インク周辺の基盤を外して確認したりしています。

そして、印字テストを行った。
案の定、白黒しか印字されていない。ほら言った通りだろ!

この時点でやっと、レシートの確認をし始め、交換用の同じプリンターを用意してくる。

でも買った当日に電話で状況を伝え、そして今日持ち込む前にも連絡をしたのに、何か私が弄って壊したと思われるようなアドバイザーの動きが何となく嫌な感じがしました。

ポイントカードも確認して、本当に買ったかどうかも確認している訳で、カードの中身を見れば、良く買ってくれるお得意さんであると分かるはずだと思いますが・・・・。

一度、こういう事があると、そこで買う気がしなくなりませんか?
また何かを購入すると初期不良になっているのではないかと余計な心配をしてしまう。
ましては、仕事先で使う機械なので「まぁいいか」という訳にもいかない。

交換してもらって、さっさと仕事先に戻ってきました。

無事に設置、テスト印字も終わり、この件については完了となりました。

使う人達は、ただ単純に新しいプリンターになったというだけなのかも知れませんが、購入設置をする側は、上記のような面倒が起きる場合もある。

縁の下の力持ちみたいなものです。

現場の人達が喜んで使ってくれればそれで満足なんですけどね。

店側の担当者のお客に対する対応の節々で何となくすっきりしない気持ちでいます。

作りが安っぽいから壊れやすい?

仕事先のプリンターが壊れたので新しいプリンターを購入しました。

壊れたプリンターは近くの小さな事務所にあるインクジェットの複合機プリンターです。
メーカーはCanon製品で、フロント側から紙をローディングしなくなるという症状です。

直そうと思えば直ると思われる故障です。

こういう場合みなさんどうしますか?

1.保証期間に関わらず修理をメーカーに依頼する。
2.プリンター自体安いので買い換える。
3.中古屋(ヤフオク等)で安いプリンターを買う

さて、いかがですか?

私はプリンターに関しては迷わず②を選択します。
なぜなら修理費は意外と高いという事と修理してもまた壊れやすいという事があるからです。
その上、修理するメーカー指定の場所まで持ち込まなくてはならない。これがまた面倒です。

せっかく、時間と面倒をかけて修理しても他の部分が壊れて捨てるとなると嫌な感じですよね。その点、新品購入ならそんな事は無いし、あったとしても保証期間で無償で直せるという事ができます。

昭和の時代なら修理して直して使っていたと思われる機械も、今の時代は買い換えるが常識となってしまっている事については悲しいという他はありません。

このプリンター、それもインクジェット型であると使用者が少なくなるとインク自体生産しなくなってしまうんですよ。そうするとプリンターは生きていてもインクが販売されなくなるので、ただの置物化してしまいます。

ザ、オブジェ!です。

機械物であれば、最新の性能と古い時代のその時の性能という違いがあります。

これはプリンターだけではなく、パソコン本体、車、バイク、家電製品全般に言える事です。

クーラーや冷蔵庫などは、買い換えた方が修理するよりもお得という事実。
それは、消費する電力が少なくて済む=省エネ=お得という事です。

最新の家電も性能の割に価格が安い分、当り外れが激しいように思いますがどうでしょうか?

新しい割にプラスチックが薄くてフニャフニャするし、作りが安っぽい。
昔のプリンターは価格も良かったが、本体の作りも見栄えも相応に出来ていたように思います。
新しい物は液晶とか使っているので良く見えますが、作りはちゃちだと思いますよ。

調子が良い物は壊れないが、ダメな物は故障しがちだったりする。
中の部品がロットによって良し悪しが決まってしまうように思う。

全てその家電を買う人のタイミングなんですよね。
運の悪い人(タイミングが悪い人)はダメなロットの時の商品を購入してしまう。

よく自作パソコンのマザーボードでありました。
コンデンサが壊れて起動しなくなってしまったりする。Aopenとか。

逆に何も考えていないが、こういう物を買うといつも当たりを引く人もいますよね。

物を選択する、買う、これだけでも運があるのでしょうか。

そして、仕事先で新しいプリンターを購入した。
同じくCanonのインクジェットの複合機(8030)です。価格は18,000円程です。
本体は前と比較すると一回り以上小型になりました。

インクをセットしてお試し印刷をしてみる。

あれ?カラーが全然印字しないぞ?
もしかして白黒設定(モノクロ)になっているのか?

いや、違う。

これはプリンター本体が持っている機能で印字をしている。
それが印字(カラー部分が白紙状態)しないという事は初期不良です。

直ぐに販売店に連絡をして現状説明をして交換してもらう事にしました。こういう場合、自分の初期設定が悪いから印字しないと思いがちですが、変にいじる前に現状を伝えて、早めに処置をした方が無難です。

やっぱり、買うタイミングあるのかな。

ドンキのジブンPCっておやじ的には・・・

ドンキは安いPC出しますよね。
前にも安いPC出してましたが、今回はタブレットPCであります。

もう19800円という価格なので、パチンコで負けたと思って買った人、キャバクラ行ったと思って買った人もいるでしょう。

たかが19800円、しかし19800円もする。

「欲しいがどうしよう!」と思っている人は沢山いるでしょう。
心配なのは製品のクオリティと中華製品であることでしょうか?

メーカーは恵安であることが分かっています。

元々はパソコンのマザーボードや色々なカードも作っている国は台湾が多かったのです。
ASUS等も同じであり、怪しい中華製品とはきっちり区別した方が良いと思います。

この恵安では自社でも同じようなタブレットPCを販売しています。
価格はジブンPCよりも3000円程お高くなりますが、スペック的には同等と申し上げておきましょう。

気持ち的には、ドンキで買ったという事が自分で怪しい製品と思ってしまう事です。
これが同じ製品でもSofmapで買った!とかビックカメラで買った!となると印象的に普通の電化製品というイメージになるのですが、ドンキで買うとなぜか夜店で買ったように感じる。

私もお店で見ましたけれど心配しなくても大丈夫でしょう。

スペック的にもATOM(x5 z8300 1.44Ghz)の4コアでメモリ2GB、eMMC32GB win10home、Officeも付いている。画面は1280×800、重さは1.2K弱という事です。

windows10のソフトを買っただけでも15000円以上はしますよ。
その上、Officeが付いているなら、家でWordやExcelを使うだけのPCとしても充分です。

持ち運びはしないで家で使うとい人は、外付けHDDをUSBに繋げたりして動画や写真などのファイル保存はそちらにするとか、SDカードに逃がすように設定しておく事も必要です。

ネットワークとしては無線LANを使うようになりますが、「家に無線LANなんて無いよ!、有線LANしかないよ!」という人はUSBに有線LAN用のアダプターを別途購入して繋げるようになります。

この有線LAN用のアダプターは1500円前後で買えると思います。

安いスマホだって2万ぐらいします。

これだけ付いていて2万円ならよろしいと思います。

スマートウォッチって流行らないね

出始めの頃はもっと売れるかと思ってました。

でも私の周りには身に付けている人誰もいません。
まだフランクミューラーの方が良く見かけます。

しかし、売れない原因って何でしょうか?

〇そこまで時計に機能を求めていない
〇スマートウォッチ自体がスポーツをする人向けっぽく見える
〇使うのが恥ずかしい
〇値段が高い
〇スマホで充分

以上のような事ではないかと思っていますが、どうでしょうか?

日本人の場合には人が多い社内とかで「俺はSW(スマートウォッチ)使っているぜ!」みたいなパフォーマンスする人ってほとんどいませんよね。

どちらかと言うと陰でひっそりと使う。

その日陰のような時計に大金を使うのも何となく気が引ける=買わないという事になる。

それに時計ってロレックスやカルチェ等のブランド時計が沢山あって、良い時計買うのならブランド時計が欲しいと思ってしまうんでしょうか。

SWの場合には、古くなれば使えなくなる。
それは時代で中身のソフトも変わってくるのでパソコンやタブレットと同様ですよね。

ブランド時計=資産価値がある。
SW=資産価値無し。

ロレックスなどであれば親父が使っていた物を息子が使うなんてあると思うんですよね。
でもSWには多分こんな使い方は出来ないと思います。

買ったその人でSWのライフサイクルは完了という事です。
買ったけど、あまり使わないで引出しの肥やしになっているよ!という人いませんか?

これはSWに限らずある事ですが、特にSWとかあったら便利と思って買ったけど使い切れない人が多いように思います。

私の思う欲しいSWの姿はウルトラセブンに出ていたレシーバーだと思いますよ。
そんなに沢山の機能は要らないんですよ。
何であの形でテレビ電話が出来て、メールが来たら教えてくれる機能の機械作らないのでしょうか。
今のSWよりも日本では受けると思うのですが・・・・。

「アマギ隊員!」なんて言ってみたいですよね。

朝の目覚まし機能でアンヌ隊員からモーニングコールがあるとか、仕事の呼び出しの場合には隊長の声がするとか何かそんなウルトラ警備隊の隊員のような機能があると楽しいと思う。

カシオさんとか円谷プロと組んで作ってくれないかな?

初心者のLinuxのLinuxのための自作PC

前記事で書きましたが、現在ノートPC検討中です。
やはり、ノートPCは処理速度が遅い分、CPUは速いものを選びたいですよね。

中途半端なCPUでは後々ライフサイクルが短くなる。
性能面で高いCPUを搭載したパソコン(ノートに限らず)は多少古くなっても使い道はあるものです。

中古でi7狙いでいくかどうか。

Linuxの場合で考えると、前にも書きましたが、新しいOSをインストールする事を考慮すると、もう4コアは必需品ですよね。CentOS6の頃にはまだ2コアでもそこそこ速く動きますが、CentOS7になると、もうCPUは4コア+SSDで動作させるようにセッティングされていそうです。

Linuxは仮想コアは使用しないので、4コア=4コアでの認識となります。
i7の4コア+仮想コア=8コアという仕組みが使えないんですよね。

という事は別にi7でなくてもi5で充分ではないか?という事になります。

ノートPCで選択するにも、windowsで使うのか、Linuxで使うのかによってCPUも考える必要性があるという事になります。

Linuxをインストールする時は、どうしても「お試し」感覚で使ってみるかという場合と普通にデスクトップPCとして使いたい場合があると思います。

この「お試しインストール」では、旧機種やXP時代のPC、余った部品で作ったPCでLinuxを知るための動作が出来れば目的は果たせたと考えます。

ましては、GUI(デスクトップ)で使用せずにCUIで使う場合にはそれ程古い機種だからと言って問題になるような事は無いと思います。

「CUIでの操作は難しいからGUIで操作したい」

そう考える人は多いと思いますが、GUIで使うにはそれなりのCPUパワーやメモリ搭載量が必要となります。GUIで窓を開いたりするにもメモリは多く消費するし、考えようによっては、無駄なサービスや起動しているソフトにメモリを消費している状態になっています。

これがCUIで使用する事によってこの無駄が解消される。

GUIで使われてしまうメモリが使える上に、CPUもサービスが稼働している物が少ない事によりサクサクと動作する。もちろん起動やシャットダウンも速い。

操作はコマンド扱いになるが、古い機種の能力を最大に生かす事ができる。

よって古い機種はCUIで使うべきである。

「コマンドが難しいから操作できない」

これはやる気になってネットや専門書で調べていけば誰にでも操作は出来ると思う。
自分から逃げ道としてGUIを使うという手段を選んだ時点で負けである。

コマンド操作で動かせるようになってくると、面白さも倍増するしLinuxの良さも理解できる。

話を元に戻しますが・・・・

今までその古い機種を使ってLinuxを使ってきて人が、余り物PCや古い部品PCではなくて、Linux専用の新しいPCを作ることの考え方をしたいという事なんですよね。

そのスペックについては、4コアでメモリは8GB以上、SSD+HDDでLinuxをGUIで普通のwindows代わりに最新のLinuxを使うという条件になります。

もうそろそろwindowsでなければいけないという事ではなくなってきていますし、windowsは家庭に1台あれば充分でしょう。

皆さんも余りPCからLinux専用の新品パソコンを作ってwindows代わりに使ってみようぜ」!

次のページ →