久々にRyzen3でサーバーを自作する

3月の年度末から4月に入り非常に忙しい日々が続きました。

会議あり、来期の計画あり、予算ありで書類を作り資料として会議で使いました。
資料を作るのは良いが、印刷して帳合してホッチキスで留める作業は面倒です。

でも、よくよく考えると私のような還暦過ぎのおやじには手先を動かす作業となるので、暇でスマホを動かしているよりは良いのかなと思っております。

さて、久しぶりにサーバー制作の依頼が関連会社より来ました。

現在、リースで入れているwindowsサーバーがリースアップをするので、新しくサーバーを作って欲しいとのこと。

要望としては・・・・・・

・写真の保存が多いのでディスクは大きな物が欲しい。
・リースしていたサーバー本体が大きかったので小さく出来ないか?
・予算としては10万円未満(資産とならないように)

という事です。

一番、きびしいのは予算の10万円でしょうか。

何のマザーボード、CPUを使うか、ディスクは何基必要なのか?
色々、聞き取り調査をしなくてはなりませんでした。

大体、要望を言う人は細かい事を考えていないで言うので、実際に面当向かって話をすると「何でもいい」という結果になる。

安く仕上げるには、ATOMやセレロン等の安いCPUを使う事になりそうだ。

mini-ITX市場も、ここ数年間は需要が無いようで進化した様子も無い上に、ボード自体があまり販売されていない。

このmini-ITXのボードがあれば安価にサーバーを作れるのだが・・・・。
CPUオンボードや安いAPUもめっきり無くなった。

仕方無いので、店舗を回って市場調査に出てみることにした。

店屋にはマザーボード自体あまり在庫を置いていない。
置いてある物だけしか無いようである。

店の隅に人箱だけ気になるシールが貼ってあるボードを発見した。

ASRock A520M-HDV とCPU RYZEN3 pro4350Gが付いている。
CPUはもちろんバルク品であるが、セットで16,000円だった。
たった一つの投げ売り商品でしょうか。

しかし、腐ってもRyzenですよ。

Ryzen3は4コア、8スレッドのCPUである。
VGAがRadeionですし。

どう考えてもATOMやセレロンPentiumよりは格上で速いでしょう。
それなのにMBとCPUがセットで16,000円なら安いではないか。

HDDが6TB、東芝製品がバルクで11,500円、これが2個で12TB。
ケースがSilverStone製品で7,000円のミドルタワー(側面がガラス)
何と、安いケースなのに前後に冷却ファンが付いてます。

電源はThermaltakeの550Wで7,500円、CPUファンがSilverStone製のKR03で3,500円。
メモリはTeam-Group Elite DDR4 2666 4GB×2=8GB

物自体は合計で7万円以下で済みました。
サーバーだから、キーボードやマウスは買っていません。

OSは勿論、Linuxです。
久しぶりにLinux-MINT20.04をインストールする事にしました。

組み立て時間は3時間ほどでした。

新しい製品だけあって、CPUファンも取付簡単ですし、MBの配線も楽ちんです。

しかし、前から変わっていない面倒な事が未だにありました。
それは、HDDランプとかパワースイッチとか、パワーランプ等の配線です。

もうおやじなのでピンの位置の遠近感が無いので上手く差せないんですよ。
これ、規格を決めてUSBみたいなソケット型に出来ないのでしょうか。
小さい癖に電気のプラス、マイナスがあるんですよね。

インストールしている時間もCPUのお陰なのか非常に高速で完了!
SSHやSanba設定、もう一つのHDDの追加をfstabに書き込みマウントさせる作業も完了!

12TBのRyzenファイルサーバーが7万円以下で作れるなら最高ではないですか。

windows10から見たら、Linuxもwindowsも分かりませんよ。

しかし、ファイルサーバーという機能だけでRyzenを使うのはもったいないようにも感じる。

やっぱり安いCPUオンボード製品が進化して欲しいと思っている。

どんなサーバー(スペック)を提案しますか?

2.3日前から本格的に花粉症の症状が出てきました。

夜なのにくしゃみが出る。
鼻水が止まらない。
薬を飲んでも鼻水は止まらない

仕事をしている最中でもお構いなしです。

もう鼻の粘膜が一撃でやられてしまっているので、ちょっとした刺激でくしゃみが出て、続いて鼻水が出て来てしまいます。

私が花粉症になったのは、自分では中学生の頃だと考えています。
その頃は花粉症という言葉も無く、ただ鼻水を垂らすだけの存在でした。

あれから30年以上毎年、この花粉症に苦しめられています。
20年か30年経過すると抗体が出来るとか話がありましたが、全然出来ません。

もしかすると花粉もウイルス同様に変化をしているのかも知れません。

同様に苦しめられている人も多いはずで、今のコロナ禍でくしゃみや鼻水は近隣の人から嫌がられる傾向にあります。
本当にきつい時には微熱も出ます。

困るのはアレルギー体質で無い人には分からない事です。

体の調子が悪くなると益々鼻炎は悪化するのでお互い注意していきましょう。

さて、今日は祝日で天皇誕生日となります。
でも、仕事をしている人は沢山いらっしゃいます。

私もその中の一人であります。

バイクを弄りたい、乗りたいと思いますが仕事では仕方ありません。

我慢、我慢です。

今日は関連会社から依頼されたサーバーについての仕事をしようと出社しました。

現在使用中のサーバーはリースで導入をして5年目となり、リース後もそのまま使い続けるか?新しく入れ替えるかの相談を受けました。

本体はDELLのタワー型でOSはWindows Serverです。

リースで新しくすると月に45,000円程の費用がかかります。

使い方は主にクライアントPCのデータバックアップ関係のファイル保存です。
近くにこの会社の営業所があり、共通してこのサーバーを使っています。
接続形態はYAMAHAのルーターを使用したIPsec(VPN)です。

ファイルは画像(写真)関係とワード、エクセルの書類で、データは今現在2TB位です。サーバーに外付けHDDが接続されており、サーバーHDDのバックアップを自動的に取っていると話をしていました。

ただ、サーバー周辺の整理整頓がされていない上に外付けHDDが数台接続されているので、見た目が汚く埃も多い嫌な環境です。黒い本体ケースが灰色っぽくなってます。

自分としてはあまり触りたくない雰囲気です。
鼻水全開のこの時期は埃のある場所に行きたくありません。

使っている人達の話も聞きながら、私から新しいサーバーについての提案をします。

★考えられる方法

・新しくwindows serverでリースを組む
・このままリースを再継続して安い料金で使い倒す
・Linuxで小型のファイルサーバーを作る
・費用を掛けてwindows severのサーバーを作る
・余っているPCでサーバーを作る、OSはLinux

という提案が考えられます。

データ保存、保管という面と安全性(HDD破損など)を考慮すると再契約や余っているPCをサーバーにする方法は妥当ではありません。

小型で安いサーバーを作るか?
高いwindows serverを買うか? どちらかの選択になります。

私が一番面倒臭くない方法は、windows serverを新しくリースする事ですが、これでは私に依頼してきた意味が無い状態になってしまいます。

費用だけではなく、ちょっとした工夫も必要なのか。

皆さんであれば、どんなサーバー(スペック)を提案しますか?

段取りが悪いと時間がかかる

この土日の休日は皆さんいかがでしたか?

緊急事態宣言下で雨や雪であれば外出する事もありません。
家でのんびりとされた方が多いかと思います。

私もその一人で、晴れていたらバリオスやアドレスのメンテでもしようか?と思っていましたが、前日に雨の予報で止める事にしました。

焦る事はありません。
次の休日に回せば良いだけの事です。

ただ、家の中にいても何もしないでテレビを見ているのでは呆けてしまします。

そんな事もあり、家で久しぶりにThinkpad-X200のLinuxインストールを行いました。

久しぶりだったので作業の段取りが悪い、分解清掃に必要な資材(ドライバーやシリコンスプレー、掃除道具)などいちいち探して取りにいく始末です。

自分の部屋、そして作業する場所の大切さが良く分かりました。

いつ何時にも、どこに何がある、必要な機器や資材は置き場所を決めておく、これは非常に重要です。いざ作業を始めてから探し物をするようでは時間の無駄、動線の無駄が多くなります。

ケミカル用品や道具等はしっかり揃えて、いつでも使用可能にしておくべきですね。
探し物をしていると気持ちが萎えてしまいます。

そして作ったX200についての感想ですが・・・・

・HDDでも思っていたよりも起動が速い
・LXLE-Linuxが軽く、メモリ消費も少ない(メモリ4GBの内使用は1GB以内)
・Chromeも使えてGUIとしても違和感無し
・CPUのCore2Duo-P8600はT型とは違って意外と速いと感じた

LXLEの評価としては・・・・

・インストールは簡単で時間も短い
・デスクトップは軽量Linuxの割に格好が良い
・Officeは訳の分からないソフトが入っているが軽くて意外と使い易い
・Linuxの特徴であるインスト後の処理が日本語関係だけなので楽である
・2コアのCPUでも普通に動く

興味のある方は ⇒ ダウンロードサイト(LXLE-Linux)

古い機種であるX200ですが横長のディスプレイと使い易いキーボードで今まで使用してきたX40の良い後継者になってくれそうです。

我々のような60歳を過ぎた年金生活前の人間は、一日一日の動きが大切だと考えています。

それは、テレビを見たりぼけーっとしていても一日は過ぎ去っていきます。
60歳過ぎれば、元気で健康でいられる時間はそう長くはありません。

下手したら新型コロナに感染して重症化してジエンドになる可能性だってある訳です。

先ずは呆けないように脳みそを鍛えていきましょう!

そして歩く事、運動もそこそこやりましょう!

X200にLXLEーLinuxを入れる

本日はあいにくの雨だったのでバイクも弄れず家の中に居ました。

少し前に友人のsakuさんから頂いたPCであるThinkpad X200を使えるようにしました。

X200はCPUがCore2dio P8600、周波数2.4GHzでメモリが4GBの仕様です。
ぎりぎり今のLinuxでも使えるスペックです。

IBM系のデザインはすごく優秀ですよね。
X40しかりキーボードが打ちやすい!
デザインもいい。

放置しておくのがもったいないです。

ただ、最新のLinuxを入れるのはしんどいです。
インストールは出来ても動きが散漫では使い物になりません。

やはり軽量Linuxを入れることにしました。

先ずは掃除から・・・・
キーボードの手垢が凄い状態でキーに手垢がこびり付いています。
濡れた雑巾でゴシゴシとやると以外にきれいに取れました。

裏側のネジを緩めてキーボードを外し、CPUファンも清掃し、シリコンスプレーでファンが静かに回るよう吹いておきました。

掃除はこの程度です。

最初にHDDをそのまま使うか?
それとも安いSSDにするか悩みましたが、軽量LinuxならHDDで充分と判断しました。

インストールするLinuxは「LXLE-Linux」です。
Debian・ubuntu系です。

普通にGUIで使うのであればDebian/ubuntu系の方が使いやすいです。

他のPCからISOでダウンロードして4GBのUSBメモリに入れて起動させればインストールは簡単です。
お試しに起動してインストールするアイコンをクリックするか、最初からインストールしてしまう方法を選ぶかはUSBで起動した時に選択が出来ます。

インストール自体は難しくありません。

ただ、今回途中でひっかかったのがWiFi設定です。
BIOS上ではONになっていてもOS上では無効になっている。
いくら設定を見直しても動かない。

よ〜く本体を見ると、WiFiのスイッチが本体左側に小さく付いている。
これをスライドさせてハード的にONにしないとWiFiは使えない。
いくら、F5とFNキーを押したところでスイッチはONにならない。

そして、有線側の機能もBIOSで切っておいた方が良い。
勝手に有線を優先的に繋げようとするからだ。

この事で1時間以上無駄となってしまった。

LXLEはインストールした後に日本語環境を整える必要性があります。

それは日本語入力であったり、表示の日本語化です。
ブラウザーもseamonkyという日本ではあまり知られていない物が標準なのでこれも考える必要性があります。

私の場合には・・・・

・ブラウザーはFireFoxとGoogle-Chromeを追加インストール
・日本語入力はFcitx/mozcを入れる
・テキストエディターはgeditを追加
・officeはLibreOfficeを追加
・動画視聴用にVLCを追加
・端末用にvimを追加

という内容です。

google-chromeは今まで軽量のブラウザしかインストール出来ませんでしたが、今は普通のchromeがダウンロードでき、インストールすることが可能になっています。

段々とwindowsのように何でも出来る環境になりつつありますね。

やはりキーボードが打ちやすいですね〜!

これでX40もそろそろ引退で隠居させてあげる事ができます。
何となく私のようだな。

次のページ →