Linuxサーバは誰でも使えるがメンテは誰もできない

今の仕事先にはLinuxサーバが2台あります。
この2台は私が空いていた古いDELLのパソコンにインストし設定したものです。

おのおの部署を変えて、ファイルサーバ(Samba)をメインで使っています。

最初はネットワークの中にあるサーバの使い方が分からなかった人たちも今は、普通にファイルを保存したりできるようになりました。

あればあったで便利なものです。

当初は・・・・

サーバなんて要らない!
サーバの使い方なんて知らない
今の環境で充分!
そんなの誰が使うの?

なんて外野から言われていましたが、今は普通に使っている。

何でも文句を言う輩がいて、結局は使っているんですよね。
こういう輩の頭の構造ってどうなっているのか?と思います。

相手からしてみたら、Linuxサーバなんて知らない、難しい、windowsで充分などと訳の分からない事をこそこそと言っていたのかと思います。

結局は、どこかの会社にお金を掛けて作ってもらわないと使えるサーバにはならないと思っているのかも知れません。

知識が無いのは淋しいものですな。

Linuxは誰でも無料でインストールして使える状態になっている。
勉強しようと思えばいつでも安価に使えることができる。

やる、やらないは貴方次第です。

そこで、時間を掛けてインストールして、ググりながらも覚えてゆく時間があって身に付くものだと考えますが、何でも気軽に使えるwindowsと一緒にしては困る。

今使っているLinuxサーバは皆さんが知らない内に、SSHで遠隔操作をして、updateを行い、稼働状況、エラー状況、メモリの使用状況などチェックをしているんですよ。

忙しくても日々メンテナンスをしている。

文句を言う輩たちは、使えなくなったり、停止したりしたら又大騒ぎするだろう。
そのような事を見越して先に手を打っておく。

どの会社にも足を引っ張る人達がいるので困ったものです。

ただ、作って1年半故障知らずです。
メモリも4GBしか積んでいませんが、3ヶ月稼働しても大丈夫。
この夏の暑い日にも安定して動作していました。

日々、Linuxのコマンドを忘れないような努力もしないといけない。
おやじになると結構忘れっぽくなるので、身近にサーバがあると有り難い。

そろそろ、このサーバに他のサービス機能があるのを告知しようと思っている。

しかし、みんな使い切れないだろうな。

1ヶ月linuxだけ使っていたら慣れるよ

最近、地震多いです。
震源地が茨城とか千葉とか震度4の揺れを起こしている。

関東もそろそろ危険な期間に入ってきているかも知れません。

とりあえず準備できる物は準備しておくのに越したことは無い。

〇車のガソリンは満タンにしておく。
〇飲み水などケースで購入。
〇食料品の備蓄をする。
〇部屋の家具など転倒しないようにしておく。
◎家族と地震がおきた場合の対応を練っておく。

必要な資材、食料などは用意すれば済みますが、◎にした家族との協議を忘れないようにやっておくことが大事です。家族が仕事や学校でバラバラ状態になっている時にどうするか。家族で落ち合う場所はどこにするか?連絡の取り方はどうするか。などなど。

メールは使い難くなっている。
電話はもちろん使えない。

そんな状況下でも家族と申し合わせしておけば、その通りに進むだけで済みます。

 
さて、最近はこのブログの更新が中々思うように出来ない事で見に来てくれる方々やメールで質問してくれる方々に大変ご迷惑をお掛けしています。

ゴメンネ・ゴメンネ~と。

色々と質問される事で1番多いのが「どうしたらLinuxを覚えられますか?」という事です。これは、windowsだけを使っている人が必ず思うテーマみたいな感じでしょうか。

特に最近はwindows10の個人情報の問題もあり、Linux使えたら便利かも・・。と思う人が多いようです。

過去の記事でしつこく書いていますが「Linuxは慣れ」という表現に違和感があるようです。
なるべく簡単にLinuxを覚えたい。
そういう人はLinuxアカデミーで4週間で金を払って覚える方が良い。
学校行ったからって会得できるとは限りませんが・・・。

自分で独学で学びたい、自分で趣味として楽しみながら覚えたい。
そういう人を応援したいと思う。

windowsPCと使い難いLinuxPCがあったら使い易いwindowsPCを使ってしまうのは世の常です。

しかし、そこは我慢、我慢。
腹をくくってLinuxのデスクトップを使ってみよう!

とりあえずwindowsPCは一時的に閉鎖してしまいましょう。
HDD外してしまうとか、モニターからキーボードが配線を全部抜いてしまうとか。
環境を整えるのに時間がかかれば、LinuxPCを否応無しに使うでしょう。

皆さんが質問する「Linuxはどう覚えられますか?」という質問も結構イージーで、デスクトップで使えればいいのか?サーバーのようにガシガシコマンドを叩いて設定できるようになりたいのか?そういう意図も分かりません。

ガシガシとコマンドで操作したい人はそれなりに努力は必要です。
デスクトップで使えればいいと言う人は結構、お気楽に使えます。

但し、最初の関門はインストールを自分でしなくてはならないという点。
自作経験者ならまだしも、メーカー製品を購入していて「OSは最初から使える状態になっているのが普通」と思っている人は考え方を変えなくてはなりません。

OSは自分の好きなLinuxを自分で選択し、自分でインストール用のイメージDVDを作り、自分でインストールをする。この儀式のような作業をするのが普通と言うか当り前です。

この儀式も最初は何を言っているか分からない事も多いのですが、ミスして何回も最初からやり直している内に段々と意味合いが分かってくるようになります。この作業自体がLinuxを覚えるための一つなんですよね。

そこを人にやってもらってはダメ。

面倒だからLinxu詳しい人にインストールしてもらったとか、自分は出来ないからやってもらったとか平気で言う人いますが、これは初めから覚える気ゼロでしょう。

出来上がったLinuxPCがあれば自分が使えると思い込んでいるだけです。
中身は空っぽのまま。

分からなくても、時間がかかっても、ネットでググったり専門書を買って読んだりして、少しずつ前に進んでいく事でLinuxが頭の中の海馬に記憶されてゆくのです。

だから、悩んで作業が止まってもそれはそれで良い時間なんです。

やっと時間を掛けてインストール出来たLinuxPCが起動するのは感動します。
人にやってもらったら、起動して当たり前に思うんだろうね。

OSの使い方はLinuxでも種類があり微妙に違う事がある。
先ずはひとつのLinuxを覚えてしまうと良い。

デスクトップであれば、ubuntu,mintのDebian系、サーバー系CentOS等のRedHat系が良い。

PC好きな人は苦労して覚えても損は無いと思う。

最近のLinuxではKona-Linuxが一番かも・・・

この5月の連休に自作PCを作っている人、中古PCを購入した人多いと思います。

そして作った、買ったPCに何のOSをインストールするか考えていますか?
始めから「俺はwindowsしか入れん!」という人を除いては、Linuxのどのディストリビューションを入れるか?悩むところではないでしょうか。

初めてLinuxをインストールしようと考えている人、何台かLinuxがあり、新しく新調した人、使い方によって、どのLinuxにするのが良いのか?考えますよね。

◎デスクトップ仕様で使いたい・・・・debian,ubuntu系のLinux
◎CUIのサーバー用途・・・・RH系のCentOSなど

大雑把で言うとこんな形になるかと思います。

普通にwindowsのようにデスクトップで使うのであれば、ubuntuやMint系がインストールも分かり易く、細かなドライバー設定をしなくてもネットワークやVGA、WiFi等も自動的に処理してくれる。そんなところが初心者には優しく、デスクトップで使うと思われるソフトも最初から充実していて、後から追加インストールしなくても大丈夫というところもまた良い。

その上、動画再生やMP3等の音楽等のマルチメディア系にも強い。

最近、私の古いPCにKona-Linux3.0xfceをインストールした事は前記事で書きましたが、それから、再度、32bitだったKonaちゃんを64にインストールし直しました。

ハード構成はCPU E8500(core2duo)、メモリDDR2-4GB、SSD240GB(SANDISK)、MBはGIGABYTEです。
そこに新しくGeforceGT640 1GB(Zotac)を装着しました。

別のHDDにはCentOS7がインストールされています。
Grubで起動方法は変えずに、BIOSでbootを変更する方法としました。

このCentOS7ですが、デスクトップで使用していると可もなく不可もなくというOSで、目新しさに欠けるというか、面白さが無いというか、デスクトップであればCentOSらしい何かあっても良いのではという感じなんです。だから消しはしないが他のLinuxも入れてみるか?という気持ちになってしまいました。

すまん、CentOS7!
Konaちゃんに浮気してしまいます。

・・・へっ、へっ、へっ(やっぱり若い子は良いのう~)

冗談はさておき、Liveで起動させてインストールアイコンを押すだけでOKです。

黒を基調としたデスクトップです。

お洒落な感じですよ。
ログインする時の背景は女性が出てきます。(もちろん外人さん)

Kona-Linuxはコーヒーの名称から由来しているので、コーヒーカップだとかコーヒー豆とかコーヒー飲んでいる外人さんとか、そんな画像が多いです。

32bitで使っていた時よりも起動も立ち上がっての動作も64の方が速く感じます。
特にブラウザの動きが全く違います。(これはVGAのお蔭かも知れませんが)
ブラウザも最初からChromeが入っています。

32bitしか入れられないPC以外は64入れた方が良いみたいです。
64だけどメモリ消費は少なくてサイコーです。

4GBのメモリがあればSWAP不要です。
あえてSWAP領域はデスクトップ使用では要らんと思います。

CentOS7のデスクトップに飽きたあなた。
ubuntuの名称に飽きたあなた。

今度はKonaちゃん入れてみませんか?

やっぱLogWatchって必要だと思う

久しぶりにCentOSサーバーの不調(samba)の記事を書きました。

普段、調子の良い時は何も感じる事がありませんが、サーバーの不調はいつ起きるか分かりません。
SSH等で遠隔で見れば良いと思っていても、中々SSHを動かせない時もある。

そんな時にはやはりサーバーの履歴を送ってくれるlogwatchって有効ですね。

今回のサーバー不調でlogwatchを導入しました。
前日までの内容(log)をメールにしてくれて送ってくれます。

インストールは簡単です!

# yum -y install logwatch と打てば良い。

ファイル関係は、/usr/share/logwatch/にあります。

変更する箇所はほとんどありませんから、このまま起動でOKです。
SSHで見たい場合には、# logwatch –printとコマンドを打ち込むと表示されます。

そして、cronを使って毎日1回メールを送ってもらう事にします。
# vi /etc/cron.daily/0logwatch

logwatchについては以上なのですが、今回この設定をして気が付いたのは、当サーバーにはメールサーバーの設定がありませんでした。

httpdとFTP、そしてsambaだけ動作させていたローカルサーバーだったので設定していませんでした。仕方無く?postfix&dovecotを設定してroot宛のメールは私個人宛に送るようにしました。

これは2日程の作業(仕事の合間を見て設定)で完了しました。
内部だけのメールサーバーなので、簡単と言えば簡単です。
極端な話、メールの受信だけ(logwatch)出来れば良いので・・・・。

何だかんだで、段々とサーバーらしくなってきてしまった。
本当はひっそりと余生を過ごすはずだったのに・・・。

最初は、ファイルの共有オンリーからグループウエアの追加となり、そしてメール、普段あまりサーバーを使わないのももったいないので、squid+clamavで社内のプロキシー設定までしてしまいました。

うぅ~余計な事をしてしまったか。

でもこんな事をやっている内に、仕事先のDellの安物PC(vostro200)ですが、愛着わいてきますね~。

CPUがpentium-dualcoreの2.0Ghzだったのを、家で余っていたcore2duo E6600(2.4GHz)に格上げしてあげました。普通に認識してsensorsで温度状態も確認できています。

# sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1: +40.0°C (crit = +120.0°C)
coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0: +43.0°C (high = +78.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1: +42.0°C (high = +78.0°C, crit = +100.0°C)

温度的には40℃~45℃くらいでしょうか。

そして以下が現在のサーバー内容です。

◆Dellvostro200マシン サービス一覧
CPU C2D-E6600 メモリ4GB HDD-500GB SATA

・httpd(グループウエア・webmin・swat・wordpress)
・samba(ファイル共有)
・CUPS(リコーのコピー機をプリンターに設定)
・postfix&dovecot(メールサーバー)
・squid+clamav(プロキシーサーバー・ウイルスチェック)
・ftpd(vsFTP・ファイル転送)
・SQL(mySQL・postgraceSQL)

これでBINDを設定すればスーパーサーバーになりますよね。
段々と他のPC1台をスレーブサーバーにしたくなってきました。

今更ジローなんですが、これだけのサービスを動かすのであればHDDを1TB以上の物にしておけば良かったと反省しています。最初は個人的なファイルサーバーだったのが、なぜか普通のファイルサーバーになってしまったのが要因です。

これでまたHDDを換装するなんて、面倒な事はしたくない。
だけど残りが250GBを切っている状態です。
良くを言えば、メモリも8GB欲しい。

サービスを増やせば増やしたなりにメモリの追加やHDDの容量の問題が出てきますので、最初にサーバー作る時に先々の事を考えてパーツを構成すべきです。

最悪はDVD-ROMを外して、この空きスペースに新しい追加HDDを入れて、マウントし/home2とかの名称にして、このドライブにsamba用のshareホルダーを移設しようかと考えています。

まぁ、今ある物を有意義に使うという点ではOKなのではと思います。
作って8ヶ月の稼働ですが1日も電源がOFFになった事が無い状態です。
OFFにしたのはCPUを交換した時だけです。

今まで使われていなかった古いDellのPC(名前もvostro)ですが、今はフル稼働。
本人もビックリしているだろうな。

今時、サーバー費用をリースで組むのはどうなの?

仕事先のLinuxデスクトップマシンもプリンターが使える状態になったので一安心です。

何でもそうですがドライバーが合わないのが一番面倒な作業です。
使えないというのなら、それで納得するのですが、使えているという事が検証されていると、自分のやり方、設定の仕方が間違っているという事なので、「どこがいけないのか?」自分で考え、調べ、作業をするしかありません。

ただ、焦って作業をすると良い事は無いので、諦める時は素直に諦めて、別の日にまた考えてみるというような大らかな気持ちでいる事が大事だと思います。日を改めて行うと、すんなり動いたりするのもよくある事です。

仕事先のネットワーク環境もだいぶマシになってきました。

使っているデスクトップの整理整頓を指示し、ファイルサーバーになっているリースのwindows-server機の中身もディレクトリをスッキリさせました。何でもルートにファイルを置くのは勘弁ですよね。
折角、きれいにしたサーバーが台無しです。一時的に置くにしても、必ず後から関係しているフォルダーに保存して欲しいと思います。

散らかす人がいれば掃除する人もいる。
その掃除する人が私なんですね。

デスクトップがファイルのアイコンだらけ状態を、Cドライブ内にホルダーを作り、そこへ全部放り込んで、「デスクトップにあったファイル」という名称にして、そのショートカットをデスクトップ上に置き、「1ヶ月以内に整理しなければ、この中に入っているファイルは削除します。」と付箋を置いておけばOKです。残っていたファイルはゴミ箱行です。

きれいなデスクトップを見て、皆さんビックリします。

・・・当たり前の事かと私は思うのですがいかがなものでしょうか。

Serverの中身を見れば、大体システム管理者の素質が分かるように思います。

そして、今回のターゲットになっているのがwindows-serverマシンです。
3月末日にリースが切れる時期となり、どうするか経営者の方から相談を受けています。

私的には「使っている内容がファイル保存程度であれば、新しくリース組むのは無駄」と説明をしておきました。こんな程度の使い方しかしていない企業にUPS付のwindows-serverを押し付け、高い契約とメンテナンス契約を結ぶというのが無駄ではないのか?ということ。

極端な話、ATOMとかE350とかC70とかのMini-ITXでCentOSを使い、ファイルサーバーにしていれば、金はかからないし、ハードの費用なんて鼻クソのようなものです。それに2TBとかのHDDを2台繋げるとかしておけば充分です。

2台のサーバーのリース費は5万円ほど。
年間7万くらいのメンテナンス費用も払っている。(高いか安いか分からん)
月5万で年間60万円+7万=67万円です。

こんなリース費を5年間も払うのは、今の時代どうなのよ!と思う。
無知な経営者を騙すのもどうかと思いますよ。

小さな会社、個人経営の会社などこういうケース多いのではないですかね。
誰かしら、Linuxが使えローカルネットのサーバーを作れる社員がいれば本当にすぐに解決できるような事ばかり。

何もしていないのにメンテナンス費用って何だろうと思います。

多分、小型サーバーを作り、以上のような展開になると思われるので、またご案内したいと思っています。ついでにhttpdも作って2台体制にする提案も検討中です。

次のページ →