質問 「私にLinuxは覚えられますか?」

久しぶりに質問が来ました。
超短文で、「私にLinuxは覚えられますか?」という質問です。

差出人さんの情報は何もありません。
年齢や使用しているパソコン、Linuxを入れて何に使用したいのか?という最低限の情報があれば、それなりに答えを出し易いのですが・・・。それは無いという事で仕方ありません。

私の推測は、多分、18~30歳前後、男性、windowsをメーカー製品のパソコンで使用している。
こんな感じの人と想像して書く事にします。・・間違っていたらごめんね。

一番の課題は、本人のやる気次第でしょうか。

やる気があれば、知らない事も自分で調べ、マスターしようと努力をする。逆にそんなにやる気が無ければ、途中で投げ出すという事なんです。私も30歳台に一度RedHatを入れて、勉強していましたが、難しい設定で躓き、放置プレイをしてしまい、投げ出してしまった経緯があります。その時に逃げ出さずに、努力していれば、Linuxに対しての技術は今の知識とは段違いになっていただろうと思います。若い頃に覚えるということは、先々その知識を有意義に使えるという事が可能なのです。

仕事だって、サーバーやLinuxに関係する職種だって選択できたかも知れません。そういう意味で、若い人にはwindowsだけでは無く、Linuxをもっと使って欲しいという事を何度も記事に書いてきました。日本はwindows一色で、どの会社も行政もwindowsだらけであり、一企業のOSが世界標準のようになっている事に、いやらしさを感じています。

実際に私がCentOSを含め、本腰で勉強を始めたのが50歳前後です。
そして自宅サーバーが出来たり、メール、httpd、wordpressなど扱えるようになりました。
投げ出した時との違いは、分からない事は、専門書でもネットでも何でも調べてみる、という事です。
ピンポイントでの答えが無くてもヒント的な事は必ず見つかります。何度も繰り返し作業をする事で、コマンドやファイルの場所を覚え、何となくここがおかしいのではないか?という予測が付くようになります。そうなると作業はとても捗ってきます。

さて、「私にLinuxを覚えられますか?」の質問に戻りますね。

メーカー製のパソコンを使っている人は、Linuxを勉強する前に、用語やパソコンの仕組みを多少勉強する必要があるかも知れません。例えば、自作派の人は、部品を組立て、完成してからOSをインストールする、という一連の作業をしています。このOSをインストールする作業がとても重要で、メーカー製パソコンには無い行為です。メーカー製品は最初からインストールされているので、細かな作業をしなくても使えてしまうからです。

OSをインストールする時には、インストール先の指定(HDD or SSD)、そしてネットワーク(gateway、Localnetwork、DNS)など自分の環境を指定をして使えるようにしますが、そういう大事な作業がメーカー製品ではショートカットされているので、先ずはwindowsくらいは自分で再インストールするとかしてみるべきかと思います。これは安い中古のデスクトップやノートパソコンで試してみるのが良いでしょう。今使っているパソコンでやってしまったら、失敗すると元に戻れませんから、やらないようにしてください。

試験用パソコンは一台あると本当に便利です。
余っているパソコンがあれば、それを使ってみてください。

Linuxを覚えるためには、とりあえずインストールしてみる。
そして毎日使ってみる。という事が大事です。

答えになっているか分かりませんが、私も同様に同じ事を思っていた時期があったので、私自身が答えなのかも知れません。そのためには短時間でマスターするなんて考えずに、windowsの代わりに使ってみるか?レベルで良いのではないですか。使っていれば必然的に覚えてしまう事も結構あります。

パソコン自作やLinuxの趣味は高等である

最近は仕事先のメーカー製品のパソコンを触っている事が多く、自宅で自分のパソコンを触ると、落ち着きますね。仕事先のパソコンは自分の好きなソフトが入っている訳でもなく、CPUやメモリも最初から与えられている条件のままです。

自分のパソコンは機種が古くても、それなりに使えるようにメモリを増設したり、CPUを交換出きるのであれば上位の物と交換したりして、使い易くしますが、仕事で使うパソコンは、そういう工夫無しに、遅くてもそのまま、壊れたら交換というパターンが多く、良いスペックのパソコンでも付いているメモリが少なかったりと残念な事が多いのです。

仕事先のパソコンだから、自分でメモリ増やす訳にもいかず、もったいない感がたまりません。こう思う人結構いるのではないでしょうか?

前から自作をしている人は、自分が組み立てる事に関して、そんな技術的な事など考えたりする事は無いと思いますが、メーカー製品を購入している人からすると、パソコンを作る?というのがとても高度な技術を持っているように思えるようです。

特殊な技術?=お宅な知識?

殆どの人は趣味で自分が使うパソコンを作りますが、人によっては、友人や関係者のパソコンの要望を聞いてあげて、それなりの部品を用意して作ってあげる、いわゆる商売的な趣味としている人もいるかと思います。

私も、過去にある会社に収めた自作パソコンが50台以上あって、同じ部品を用意するのがとても大変だった記憶があります。

そんな多くの部品を取り扱うと、中には初期不良で真っ当に動かないMBやHDDも中にはありますが、こういう場合は大口顧客のクレームでHDD数台、MB何枚か予備を提供してくれるようになります。最近はQC(クオリティ・コントロール)されていて、あまり初期不良という言葉は出てきませんが、以前のMB(pentium時代)ではビデオカード含め、多かったように思います。

今は、本当に安い資金で、そこそこのパソコンが作れます。
パチンコしていたら、30分程で無くなるような金額で作る事ができるのです。
そして、Linuxを入れたら、細かな調整で1週間以上悩んだりして、投資した金額以上に頭を使うような事になったりと楽しませてくれます。

そう考えると、自作&Linuxの趣味は高等ですよね。

飲んだり、パチンコしたりしたお金では何も残りませんが、自作パソコンは物も知識も自分に全てが残り、経験値として蓄積されることになります。windowsの知識とは、難しい面をあまり使わせないような技術で出来上がっているように思いますが、ことLinuxに関しては、ネットワークの知識、DNSの知識、色々な専門用語など、それなりに覚えないと出来ない事が多くあります。

そういう面では、トラブルが発生した時には、windows使いの人程、困る事が多くなります。それは難しい面はOS任せになっているので、自分で設定をしていない、自動処理されているので、対応しようが無いという事でしょう。自分でネットワークを構築して、host名を指定して、ゲートウエイ、DNSの設定をする、単純ですが、全て自動化するのはどうなの?と思う時があります。

一つ一つの問題を自分なりに検証して、答えを導き出す。
頭をフルに使い、色々やってみる、一度悩んだ事は忘れない。

こんな大事な要素が自作パソコンとLinuxには沢山詰っています。

安くなった中古デスクトップでLinuxへGoGo!

自宅の自分の作業場所のPC配置が替わって新鮮な気持ちでブログが書けます。
慣れてしまうと、この新鮮さが無くなる、これは異性関係も仕事も同じで慣れてくると結構楽してしまい、色々な面で作業が雑になったり、手を抜いたりしてしまいます。

会社では、こういう事が日常的に起こり、悪循環になる前に人事異動をして、新鮮さを失わないようにしているのかも知れません。ただ、人事異動では仕事も周囲の人間関係の再構築というのは、ローマは一日にしてならずであり、ある程度、時間をかけないとお互いの性格など理解出来ないので、あえて相手を気にして接する思いやりの気持ちが大事です。

話は飛んでしまいましたが、居心地が良いと逆に仕事しなくなるのかもね。
下らないビデオ見たり、リラックスできる場所になっているせいかも知れません。
でも家でリラックスできる場所はとても重要です。ストレス解消ができます。
会社でも家でも居場所がないという人は結構多いかも知れませんが、居場所は自分で作り上げる必要があります。会社でも自分の仕事や地位による位置を作らなくてはなりません。お気楽に居場所ができる場合と苦労して作る場合がありますが、ある程度、仕事面では喜怒哀楽を表現した方が我慢して内に篭もるよりも良いと思います。

自作派の方であれば、mini-ITXで作ろうか!
という事にもなりますが、自作派で無い人達もいますので、自作して作れば!と言うのは簡単ですが、作った事の無い人には気持ち的な敷居が高いように思えます。ましては、LinuxというOSも敷居が高いと思っている上に、その前に自作という壁が立ちはだかっていては、先に進めなくなるように思えます。

そこで、自作派で無い人は、現在、安く中古で購入できるデスクトップやノートパソコンを使って、Linuxを勉強して欲しいと思います。自作は興味があれば仕組みが分かるので、挑戦して欲しいと思いますが、先ずはLinuxを扱う環境を先に作り、何しろ早く自分で日常の中にLinuxを使うという習慣をつけるというのが大事だと思います。

中古PCの値段については、スペックによって様々ありますが、あえて値段の高い最近のスペックを買う必要性は一切ありません。逆に2.3世代前のCPUがLinuxにとって安定しているし、勉強用に最初に高い金額を出す前に、色々試せるパソコンとして無駄にならない範囲の物を購入して欲しいと思います。

私の勝手な意見ですが、10,000円~20,000円の範疇で購入できる中古で充分です。
現在はXP終了でCore2DuoやCore2Quadも選択できると思います。
省エネタイプであれば、安いPentium-Mでも良いかも知れません。
ただし、メモリはケチらず最低2GB、普通に4GBは積んで欲しいと思います。
狙い目はCore2-E8000シリーズとQuad(どのモデルでも良い、9450や9550なら尚良い)

PCの中古屋も沢山ありますが、ショップに依っては、商品があまり掃除されていないとか、現状渡しとか(中古車みたいな)、メモリを少量搭載してあり、本体が安くてもメモリを増設すると高くなるように計算されている店もあるので注意が必要です。

◎私が良く見る店 ⇔ ALEX-PC

x40の壱号機はこのお店で5000円で購入しました。
OS無しモデルも多くあり、最近では24インチモニターが5000円で売っていたりと、時々、相場の価格を見るようにしています。
デスクトップ本体は重たいので、配送してもらった方が楽チンです。
秋葉原に時間と交通費をかけて行くよりも良いではないでしょうか。
そしてwindows-7搭載の中古も安いと思います。

◎CPUによるLinuxの選択方法 ⇔ 初心者の方はパソコンの機種と使い方でLinuxを選ぶ

LinuxのOSに関しては、windowsと違い色々なデストリビューションがあるので、試すのが一番ですが、表示の好き嫌いについては個人の感受性によって違うので、色んなLinuxを見て、調べ、インストして欲しいと思います。

最初からLinuxがインストールされたパソコンも販売されていますが、こちらに手を出すのは簡単ですが、インストールをして悩むのも悪い事だとは思っていません。最初は大変でも自分でインストしてみる事はとても重要な事です。苦労せずパソコンを使いたいという人はwindowsを使うべきです。

難しいが慣れると使い易いOS、そして無償で使えるOSがLinuxです。
無償である分、少しの努力は必要となります。

【初心者向】Linuxサーバーにするには何のパソコン(MB)が良いのか?

久しぶりにLinuxに関係する質問がきました。
質問の内容ですが、「Linuxを初めてインストールしようと思っていますが、どんなパソコンや自作するならマザーボードが良いでしょうか?具体的に書いてもらえるとうれしいのですが」という事です。最初はどんなパソコンを使って良いのか悩みますよね。

◆基本的にはどんなパソコンでも良い。
◆ノートパソコンはサーバー適していない。

考えなくてはならない事は、Linuxを覚えるためのサーバーにしたいのか?、それとも趣味と実益を考えたサーバーにしたいのか?それによって機器の選択が変わってきます。初めての方であれば、Linuxの練習用として、WindowsXPなどで余ったメーカー製のパソコンの再利用でも構いません。また古いPentium4やCore2Duoのマザーボードや余っているHDDなどで組み立てた自作パソコンでも大丈夫です。中古本体(5,000円~10,000円前後)を購入しても良いかも知れません。ノートパソコンは常時稼動という点では熱が篭もり易く耐久性という事では安心できないので普通のデスクトップが良いと思います。

最初に考えるのが、この遅いCPUで平気なのか?という事です。
今時、Pentium3とか使用する人は少ないと思いますが、ネットワークで使用するサーバーはCPUの速さよりもメモリの搭載量の方が重要です。普通のデスクトップと違い、常時動いているサーバーはメモリ管理がきっちりされていて、あればあるだけ安定したマシンとなります。ネットワークを介するのでCPUの速度については、一般の我々が使うような用途のサーバーであれば古いCPUでもこなせると考えています。Apache(httpd)は専門書でもCPUよりもメモリ搭載量を増やす事を推奨しています。

◆練習用であれば、XPなどの古いパソコンの再利用で充分。
◆CPUの速さよりもメモリの搭載量の方が大事。

自作派の人がLinuxサーバーを作りたいという事でも同じです。
余った部品で組み立てて、HDDなど記憶装置が心配な面があるので、これだけは新品を購入するのが良いかと思います。Linuxサーバーなら300GB~500GBあれば本当に充分なので、安いHDDを見つけて交換するのが良いでしょう。メモリなどは中古で安い物を選んでフル実装しましょう。

◆HDDは交換しておく方が長く運用する事を考えると安心である。
◆メモリはなるべく多く搭載する。

次は、サーバーの目的です。
どんなサーバーにしたいのか?そのサービスによっても変わってきます。
家で使うファイルサーバー、wordpressを使ったホームページを開設したい、メールの送受信を行なえるようにしたい、等々あるかと思います。単品で考えるより一台で全てのサービスを動かすスーパーサーバーにするという手もあります。

◆サーバーの目的によってCPUやメモリ搭載量を考える。

私の使用しているサーバーはATOM510です。メモリは現在DDR2の1Gが2枚=2GBで運用中です。
HDDは500GB、OSはCentOS6.5_x86_64です。
httpd、postfix+dovecot、vsFTP、MySQL、などのサービスを動かしていますが、メモリは2GBでSWAPしないで稼動するのが3週間ほどでしょうか。SWAPしても、それはメモリ上であまり使用していない物を一時的にSWAPさせているような形なので、1ヶ月は再起動しなくても大丈夫かと思っています。頻繁にサーバーに攻撃があったりすると無駄なリソースを使うようでメモリも消費が激しいように感じています。

今時のメモリ搭載量は、DDR2のパソコンなら、2GB~4GB、DDR3のパソコンなら、4GB~8GBあると安心できるサーバーになるのではないですか。32bitのLinuxをインストールするのであれば2GBで良いと思います。ATOM等はメモリがデュアルチャンネル(同じ容量のメモリが2枚で1セットでスピードが上がる)ではないので、1GB+2GB=3GBという使い方でも良いとおもいます。

◆自宅サーバーでは静穏・省電力を考慮する。
◆設置場所や本体ケースの大きさも考慮する。

メーカー製のパソコンはケースを選択する事は出来ませんが、静穏化するためにファンを交換したりという工夫は出来ます。自作派の方はサーバーのケースは余っているケースを使うという事になるかと思いますが、もし新しいケースを購入するのであれば、内部に熱が溜まらないような形状のケースを選択して欲しいと思います。ケースの大きさもなるべく体積の大きな物の方が良いでしょう。Mini-ITXなどの省エネマザーであれば、インストールしたらDVDーROMを外したりして内部の空間を広げる工夫をしてください。もちろん排気ファンは静穏を選んでください。

◆夏の暑さ(常温)でも耐えられるサーバーにする。

消費電力の大きいCPUでは、問題は夏の暑さです。
これからが、その季節となりますが、自宅サーバーのために一日中エアコンを付けておく、なんて無駄な事は出来ませんので、発熱量の大きいCPUでサーバーを作る方は吸排気ファン、日陰で涼しい場所に置くようにしてください。私のATOMは常温の締め切った部屋の中でも大丈夫でした。省電力CPU(ATOMやE350、C60、C70)などは、そういう点ではとても安心できるマザーボードであると言えます。

最新のMini-ITXであれば、J1900のクアッドコアを使ったサーバーなんて最高ですね。
メモリも4GBを2枚で8GB搭載すれば安心です。
新品で全てを揃えても3万円前後で済むでしょう。
OSが無償である点は本当にありがたいと思います。

暑さに耐える自宅サーバー構築で、GoGo!!

CentOSのバージョンは何を基準に判断すれば良いのか?

久しぶりにこのブログを読んで頂いている方から質問のメールが来ました。

Q.「XPの後にLinuxをインストールしようと考えていますが、Linuxはバージョンが沢山あるのでどれを選択して良いのか分かりません。パソコンはCPUがpentium4の2.4ghz、メモリが2GB、HDDが120GBです。使い方はデスクトップで使用したいと思っています。メモリは1GBでしたが中古で購入して2GBにしました。」

という事なんですが・・・・。

では私のおすすめのCentOSで説明をしたいと思います。
現在のCentOSは5シリーズと6シリーズがあります。(BMWではない)
そして、両者には32bitと64bitがおのおのあります。
CPUを基本に考えると、CentOS-5をおすすめします。
そして、メモリ搭載量を考慮すると、32bitが良いと思います。

windowsからLinuxにする場合には、どうしても最新のバージョンをインストールしたいという気持ちになるかと思いますが、CPUによってはインストールできない物もあります。例えばX40はCentOS-5しかインストール出来ません。6をインストールしようとしても途中で停止してしまいます。6であれば2コア以上のCPUでないと満足な動作を望めませんし、普通に使う分であれば、5も6もそんなに変わる物でもありません。2コアのCPUでも周波数が低いATOMやCore2duoの4000シリーズ等は5を選択した方が6より動作が軽いし、メモリの消費も抑えられています。

CentOS-6にする場合の判断基準です。(あくまでも私の個人的な意見です)
CPU・・・Core2duo E4600より上。以下はcentOS-5にすべきです。
メモリ・・2GB以下 もちろん32bitを選択するべき。
例えばpentium4などはメモリが搭載されていても2GB、普通は1GB程度のパソコンが多いと思います。
無理に重たい方のOSを選択する必要もありません。
その後の使いやすさ、操作性を考慮するべきで、pentium4,pentium-m,celeron,等は5にして下さい。

以上の事は、兄弟OSのScientific-Linuxでも同様です。
Core2duo-E6600にScientific-6.4_64bitのデスクトップ(gnome)を使用していますがメモリが2GBではきついです。何も動作させなくても2GBの内、1.3GBを消費しています。(勿論、キャッシュやバッファーもありますが)そこにFireFoxを起動させると一気に1.6GB以上になってしまいます。複数のホームページを開いた状態にすると、SWAPしているケースもあります。E6600でもメモリが4GB以下の場合は32bitにするべきだったと反省をしています。

次回、再インストールする際には、迷わずScientific-Linux-5を選択します。

メモリが少ない場合には、必ず不要なサービスは停止させるようにしましょう。
無駄にリソースを消費しては、元々少ないメモリが大変な事になります。

初めてLinuxをインストールする人は、何回か間違えたりして再インストールしたりする事があるかと思いますが、繰り返している内に段々と意味やコツが分かってくると思います。インストールする時には、インストールタイプをデスクトップにしないとX-windowが起動しないので注意してください。サーバーにするのであれば、webサーバーを選択すれば良いと思います。ただし、サーバーを選択してしまうと黒い画面の認証で止まります。いくら待ってもx-windowは起動しませんので注意してください。IDとパスワードでログインして、Xが使えるように端末で操作設定をするか、再インストールするしか方法はありません。

最初からwindowsのように扱えると思わずに、悩みながら設定して欲しいと思います。

次のページ →