LINEは伏魔殿であり悪の巣窟

少し前にLINEについて書きました。
中高生がLINEを使っていて良いことは何一つないという内容です。

そして中学生の殺人が起きました。
悪の仲間にLINEで呼び出され殺された訳です。

皆さんは、この事件、どう思っていますか。

私は前から、LINEは無料で使えるが、そのために、どいつもこいつもスマホで常時繋がってしまい、イジメの温床になってしまっている。

そして、スマホを一日で15時間使う女子高校生がいるのも事実。
スマホをやるために生きているのか?

LINEも元々はこんな使われ方は考えていなかったのかも知れない。しかし、若い子を一日中スマホの番人にさせ、本来の勉強や個人の大事な時間を妨げている。

殺人を犯したガキもガキだが、親もどのような奴だかお察しはつくだろう。

事件は冷静に考えなければならないが、こういう悪事を働くガキは大人になってもロクな事をやらないのは目に見えている。そういう事も踏まえ裁判の結論を出すべきだと思う。

殺された子だけが写真やら名前が実名で出て、犯罪を犯した連中が匿名である。
そのようなメディアの扱いも検討すべきではないのか。
将来的な事を考えれば、顔も名前も出すべきだと思う。

放任主義で子供に高価なスマホを与え、その扱い方は学校、行政に任せるべきとお考えの親は、被害者や犯罪者の予備軍を自ら作っていると言える。

未成年の犯罪=親の責任

親という字は、木の上に立って見ると書く。
少し離れた高い場所から子供を見ながら教育するという事だろう。

子供の犯罪で親が弁護士を付ける。
狂っているとしか言いようがない。
きちんとした親の責任を全うすべきである。

スマホ使用時間が15時間?これじゃ馬鹿が増えるだけ。

今日のinternet-watchのニュース記事に興味がある調査結果で出ていました。

記事はこちら⇔女子高校生のスマホ使用時間は1日平均7時間、1日15時間以上の人も1割弱

◆以下記事の一部引用です。

携帯電話・スマートフォン所有者における1日あたりの平均使用時間は、小・中・高校生全体で3時間。小学生(4~6年生)では男女ともに1.5時間、男子中学生は1.8時間、女子中学生は1.9時間だった。高校生になると長時間化し、男子高校生が4.1時間、女子高校生が7.0時間。特に女子高校生においては、1日に15時間以上使用している人が9.7%いることが分かった。

いやいや、おじさんもビックリの一日15時間ですよ。
寝ている以外はほとんどスマホ状態です。
これじゃ、馬鹿な女子高生が増えるばかりですな。
9.7%という事は10人に一人が15時間スマホですよ。
4時間とか7時間とかでも、どうなのよ!と思うのに倍以上の15時間やっている。
授業中も操作しているという事になりますよね。

そして、この件について、対策や教育が必要であると答えた親が全体の54.6%いるのだが・・・。

このうち「情報モラル教育の強化」と回答した保護者を対象に、情報モラル教育を主体になって取り組むべき対象を聞いたところ、「学校・教育機関」との回答が69.7%で最多。以下、「保護者・家庭」(59.1%)、「政府」(46.2%)が続いた。

自分の子供に何もせず、人任せですよ。
何でも学校、教育機関にさせるべきだと約70%の親が考えている。

普通は、「自分は馬鹿だから子供には賢くなって欲しい」と思うのが普通ではないのか。

親が馬鹿=子供も馬鹿・・・社会的な常識が欠けている連中が増える。

スマホを持たせるのは自由であり、それをどう使うのかも個人の責任である。
その責任を学校や教育機関、政府に押し付ける発想自体が非常識ではないのか。

スマホや携帯は、自分で責任がもてるまで使用禁止にしろといいたい。アップル社のスティーブジョブスが、自分の息子にはiphoneやtabletを使わせなかった理由が良く分かります。

世の中、賢い子供と馬鹿な子供が両極端になる。
そうなると、今以上の格差社会になってゆく。

スマホやっている15時間を勉強に充てれば東大だって入れるかも知れない。
4.5時間、専門的な勉強をした方が将来的に本人のためになる。

そのことを親は絶対、気が付かないし、もちろん言わない。
使っている中高校生本人が自分で覚醒してもらうしかないだろう。

LINEはやっぱり悪の巣窟だな

今日の産経新聞に埼玉県の教諭がLINEを使って教え子とみだらな行為をしていたという記事が掲載されていました。まぁいつもの事だなと思ったりしますが。

ただ今回の件で、埼玉県はLINEを使って教諭と生徒の私的連絡を禁止したという事です。

どうせなら、LINE自体を全面禁止にすれば良いと思う。

LINEは無料で手軽に知り合い、友達と繋ることができる。
その反面、無料で使えることによる条件が存在する。
ここではあえてその条件には触れないが、このブログで何回も書いているので、しつこく書いても仕方無いし、いくら書いても、馬鹿な奴は使うと思う。

そもそも、LINEがあって良かった!という事よりも、LINEのせいで嫌な事を味わった人の方が多いように感じている。LINEでのいじめのせいで、自殺した人だって何人いたことか。

そして、未成年の少女をたぶらかしている輩も多い。
今回の産経新聞の記事では埼玉県立高校の先生であった訳だが、一般の悪い輩を含めたら、俗に言う「伏魔殿」状態ではないのか。

無料であることによる代償が大きいシステム。

前にも書いているが、小学生、中学生、高校生にスマホはいらん。
使うならスマホでなく、PHSで充分。
大体、中高生でスマホに嵌っている奴はどうしようもない奴が多い。
LINEは大学生以下使用禁止でいいのではないか。
ガキはLINEでロクなことしないのはもうご理解頂けるだろう。

その浮いた通信料で本を買って読み、CDを買って音楽を聞く方がよっぽど本人の感性や知識が向上するだろう。人生の中で一番感受性の高い時期にスマホやLINEなんて使う時間がもったいない。

そう考える親がいないのがおかしいと思う。

LINE傍受について(どうでもいいんだけどね)

LINEの話については、色々、私なりの意見を書かせてもらっています。
2.3日前にも「乗っ取られて信用を失う」という記事も書きました。
そんな事で新しいニュースが出ておりました。

◆記事はこちら ⇔ 韓国国情院がLINE傍受 (Facta onlineより)

内容的には、韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析しているという事なんですが・・・・。

皆さんはどう思っているのでしょうか?

私は全然、驚かないし、中国製スマホと同じく違った意味でデータは活用しているという事です。
それが、韓国国情院だったという話です。
まぁ、データがあれば使いますよね、普通は。
それに、集めたデータ(収集されたデータ)をどう使おうが、利用者は規約を読んで理解した上で使っているのですから、致し方ない部分もあります。これが無料・無償の代償という事になる訳です。今の平和な時代ならともかく、これが中東のような事態になれば、集められた情報は一体どうなるんでしょう。うぅ~怖い。

しかし、「やらせはせん!!」
yarasehasen

嫌になったら「使わなければ良いだけ」です。
IDも捨てれば、乗っ取られませし、金品も友達も失いません。
そして、抜かれたデータも国情院で分析されなくて済みます。
大事な時間をLINEに潰されなくなり、一人、悠々と好きな事が出来るようになります。

えっ?人とLINEで繋がっていないと心配?
それは気のせいです。
周りの人は自分の事以外考えていません。
人の事を考えるのは「悪口を言いたい」時だけです。
そんな余計なつまらない話や文章を見たところで、無駄な時間を費やすだけで得はありません。
ましては、自殺するなんて奴は馬鹿のやる事です。
LINEで精神的に追い詰められているなら、携帯電話やスマホを解約して無くす事です。
そして「携帯(スマホ)無くしたから出来ない、金が無いから買えない」と言っておけばいいんです。
1.2週間でLINE上では忘れさられます。
見えないところで、いくら噂されてもへっちゃらですよ。
馬鹿同志勝手にやってればいいんです。

その間、色々な事を勉強して見返してやるんです。

「少しはやれるってところ見せておかないとね」と。
crou2

このクロウ(牙狼~makainohana 第5話 星図より)のように一人でも強く生きる事が出来ます。

そろそろ、偽の繋がりは止めようぜ!!

LINEでIDを乗っ取られて信用を無くす

LINEで色々と犯罪が起きています。
特に多いのが、なりすましで他人のIDに入り込み、その友人関係、会社の同僚などに、WebーMoneyの購入を依頼して騙しとるという手口です。これは一例ですが、他にも色々とLINEだけではなく、FB等のSNSにもなりすまされている可能性があります。

◆やはり、IDとパスワードの使いまわしは止める。

LINEの場合には、もちろんデータも抜かれているので、どこでどうパスワードが漏洩しているかなんて分かりません。私的には、ただ、単純にIDとパスワードをDDos攻撃のように探り当てるような事をやっているようには思えません。どこからかデータの流出があったのではないか?と思っています。

無料のLINEなんで文句言えないですよね。

しかし、色々調べていく内に、仕事で使っている人があまりにも多いのが気になります。

どうして情報流出しているよ!という話を何度も何度も書かれていても平気で仕事で使えるのでしょうか?そこまで仕事の内容って情報的には大した事はないのか?

結果的には、このような犯罪や事件があって、長年培ってきた信用を無くす事だってあるし、いくら無料で使い易い、みんなが使用しているから、という理由で使用するのはどうなんでしょうか。

見ず知らずの人から誹謗中傷だって、なりすましであればいくらだって可能です。
仲良く、友達同志で使っていても、いつ仲間外れになるか分かりません。
誰もなりすまされている事なんて教えてくれません。

仕事でパソコンを使い、書類を作ったり、DBを作ったりは必要ですが、仕事にLINEやFBやTwitterって必要なんでしょうか?会社も使うことに対して推奨していれば別なんでしょうが、まさか推奨している会社なんて無いと思います。勝手に無料で使い易いから個人、個人が使っているだけでしょう。

◆いつまでも無料のまま使わせているだけでは済まなくなる。

LINEは便利な道具なのかも知れませんが、最近のニュースでは犯罪の温床になっています。これだけ沢山の無知な人達が利用しているという背景があり、悪さをする奴等も、そういう事は熟知している。

私は、LINEやTwitterも使っていませんが、普通に仕事もしていますし、友人や仕事先の同僚、上司など人間関係も悪くありません。中には私がLINEを使っていない事を不思議と思う人もいるようですが、いつも「LINEは使うつもりはない」と言っています。理由は聞かれれば意見として話はしますが、あえて自分からは言わないようにしています。

使っても、使わなくてもいられる物なら使わない方が良い。
それにスマホばかりが気になって仕方がない生活はごめんだし、自分の時間は好きな事をやっていたい。人間は生まれる時も一人、死ぬ時も一人だから、そんなに人と繋がってばかりいなくても全然、平気ですよ。

逆に一人でいる時間は重要な時間だと思います。

教育や躾にスマホもLINEも要らないだろう

世の中だいぶ変わって来ているようです。
私が古い人間なのか分かりませんが、あえてそんな物使わなくても良いのではと思いますが・・・

皆さんはどう思いますか?

◆参考記事① ⇒ 知育もしつけもスマホの時代!(dot. 6月8日(日))

こどもにスマホで遊ばせるのは、親個人の自由ですが、これは教育や躾というよりも、ただ単にこどもが面倒だからスマホを与えているという事のように思えます。こどもが少なくなってきている中で大事なこども達には何か違うような・・。そんな事しなくても、小学生の高学年になればスマホや携帯を持たされる事になるので、小さな間は親が愛情をもって接する方が良いと思います。

小さなこどもにスマホの電磁波は悪影響の方が心配です。
結局は親がガキだとロクな事やらないという事です。

小さなこどもでいる時間はあっと言う間に過ぎていきます。
そんな大事な時間を大変だと思わないで、スキンシップを図りながら大事に育てて欲しいと思います。

そして次は・・・・・・

◆参考記事② ⇒ 女子大の授業でLINEを導入してみた!(ダイヤモンド・ザイ 6月5日(木))

そして今度は大学生です。
昭和女子大学がLINEを授業に取り入れているという話ですが・・・・
こちらもLINE否定派の私としては、入っていない女子大生まで加入させて使用させるという事が許されるのですか。と思ってしまいました。
FacebookやTwitterにも入っていない人が約半数いた、という事ですが、良い事じゃありませんかね。

ガラケの人は授業受けられないの?
もしかして、LINEのために買い換えたりしたのでしょうか。
無駄な世界に足を踏み込まなくても良いのではないでしょうか。

そして55人の授業はLINEを使うことになったらしいのですが、入る気が無い人まで引き摺り込んで大学の授業なんて・・。大学ではLINEを使った時どのような問題が起きる可能性があるのか?情報流出や情報の提供に対して、個々がどう思っているのか?という事を先に生徒全員を含め検討した上で使用するべきかと思います。今まで情報流出が怖いと思って入らなかった女子学生がいるのも事実なので、そこは授業だからという上からの命令のようなスタイルは止めた方が良い。

最初のうちは、授業に使っていても、結局は誰かが仲間はずれのような事態が起きて、イジメの対象者が出てくる。慣れてきたら、そちらの方に一生懸命になる馬鹿が出てくる。
そうなった場合は、この先生どう責任取るのでしょうか?

大体、授業にパソコンは必要でも、スマホでLINEは要らんでしょう。
何でも新しい物を取り入れる事が良い授業と思い込んでいる。最初から半分の生徒はLINEやFBの使用なんて望んでいないという事だし、あえて生徒の情報をLINEに提供するような事をさせなくてもよろしいのでは?

勉強する事自体が本来は一人で行う事。
学校で皆さん仲良くLINEで繋がって、質問はLINEでなんて、そんな情報まで流出する訳ですよ。
学校で韓国企業に情報提供なんて、すばらし過ぎます。何でも新し物を取り入れれば良い訳では無い。ましては、先生が自らLINEやFB等のSNSに対して、何ら勉強も背後関係も調べずに、ある雑誌を見て取り入れたというレベルでは話になりません。

大学の授業も落ちるところまで落ちているようです。

お父さんはLINEなんかどうでもいいんですよ!

まぁとりあえず読んで見て下さい。
どんな物にも表と裏があります。
良い側面ばかり見ていてよいのでしょうか。

ITmedia Mobile 4月23日(水)より以下引用です。

「家族とLINEは当たり前」「お父さん抜きの家族グループがある」――イマドキ女子のLINE事情

“ケータイ小説”や“プロフ”など、昔から若年層はモバイル関連のネットサービスの中で独自のカルチャーをけん引する存在だったといえる。そんな若年層の生の声をお伝えすべく、ITmediaでは若者のガジェット事情について意見交換をするためのグループ「アンテナ喫茶」を結成した。「いろいろなものにアンテナを張って、お茶をしながらざっくばらんに語り合う」のが主な活動内容。アンテナ喫茶のメンバーには定期的に集まってもらい、イマドキの“スマホ事情“について取材をしていく予定だ。

今回は、都内私立高校の女子高生中村朱里さんと中谷里奈さん(品川女子学院高等部2年生)、現役女子大生の庭野李奈さん(立教大学3年生)と百武凛那さん(成蹊大学2年生)、社会人1年目の丹下恵里さんと古川愛さん(リクルートホールディングス)の6人に話を聞いた。第1回では「家族とLINE」をテーマに紹介したい。

LINEも若年女性を中心に幅広い世代に支持されているが、彼女たちはLINEをどう使っているのだろうか。1988年生まれの筆者は彼女たちとあまり年齢差がないはずなのだが、その使い方を聞いて驚くことも多かった。ITmedia Mobile読者の中には、10代後半~20代前半の娘さんがいる人もいるだろう。そんな世のお父さんたちが涙なくして聞くことができない(?)ようなこともざっくばらんに語ってもらった。今回のテーマは「家族とLINE」だ。

女子高生や女子大生のスマホ事情については、以下の記事も参考にしてほしい。

●「家族でLINEは当たり前」「お父さん抜きのグループもある」

集まってもらった6人全員が最も利用頻度の高いアプリとして満場一致したのが、無料通話・メッセージアプリ「LINE」だ。起床後、LINEの未読メッセージをチェックすることから彼女たちの1日はスタートするという。通勤・通学中や休み時間、退勤後や放課後、就寝前など、彼女たちは絶えず「呼吸をするように」(中村さん)LINEを使う。

LINEを始めたきっかけは、人によってさまざま。周りが徐々に使い始めて自然に利用し始めた人もいれば、「Wi-Fi接続だけで利用できることもあり、遠距離恋愛していた彼氏に勧められました」(庭野さん)という意見や、「連絡手段として便利だからという理由で、お父さんにインストールされました」(中谷さん)という女子高生ならではの意見もあった。

コミュニケーションを取る相手のほとんどは友だちや恋人かと思いきや、意外にも6人中5人は家族と頻繁にLINEでやり取りしていた。LINEは複数のメンバーでメッセージのやり取りができる「グループ」機能を備えるが、「家族全員が参加するグループがあります」(中村さん)という意見には、ほか全員が同意。

その事実に筆者が素直に驚きの感想を述べると、「LINE以外で、どうやって家族と連絡を取るんですか?」(中谷さん)と素朴な疑問をぶつけられてしまった。筆者は家族とのやり取りにキャリアメールを利用しているが、裏を返すとキャリアメールを使う相手は家族だけになってしまった。女子高生2人を始め、6人全員がほとんどキャリアメールを使わないということだったので、その代替的な役割をLINEが担っているのだろう。

また、グループについては家族間で複数存在するという気になる話も。どういうことかと尋ねると、「お父さん抜きのグループがあるんです」(庭野さん)という回答。お父さんが聞くとショックを受けてしまいそうな話だが、なぜ家族で複数のグループを作るのだろう?

「お父さんはその事実を知りません。グループの名前は、お父さんに見られても分からないようにしています。会話の内容は『今日お父さんいないの? やったぁ』というものや、お母さんが上機嫌で『今日何を食べに行こうか?』などです(笑)」(中谷さん)。6人全員ではないものの、世のお父さんにとっては悲しい会話が繰り広げられていた。

そのほか、家族とどういったやり取りをしているのかを聞いてみた。お姉さんと二人暮らしの中谷さんは「おはよう」や「おやすみ」といったあいさつを始め、両親とは毎日のように連絡を取り合っている。中村さんも帰宅が遅くなるときにはLINEでお母さんに一報を入れるという。仲のいい友だちとは意味のないやり取りもできると話す彼女たちだが、家族に対してはあくまで連絡ツールとしてLINEを利用しているようだ。

また、おばあちゃんっ子の庭野さんと中村さんは、おばあちゃんともLINEをする。なかでも「新しいモノ好き」だという中谷さんのおばあちゃんは若者顔負けの“スマホ使い”。「おばあちゃんは78歳なんですけど、デコメも送るし、FacebookとLINEを使います。でも同年代でスマホを使う友だちがいないので、私や姉の友だちにメッセージを送っているんです。シニア向けではない普通のスマートフォンを使っていて、『今日サンマ食べた』とか、LINEのタイムラインに投稿してます」(中谷さん)。

一方で、「お母さんが最近LINEの使い方を覚えました」(丹下さん)や「おばあちゃんは携帯電話を使えないです」(古川さん)という意見もあった。後者がいわゆる一般的なシニア層の実態に近いだろう。

今回は、家族とLINEをどう使っているかについて話を聞いた。どの家庭でも両親ともにスタンプはカジュアルに使う傾向にあることも分かった。LINEはもう若年層だけのツールではないようだ。次回は彼女たちが学校や職場の友人、知人とLINEでどのようなやり取りをしているのかを紹介したい。

[村上万純,ITmedia]

さてさて、皆さん!どう思いますか。
便利だし無料だから使う。
使うのは構いませんが、ちょっとでも「なぜ無料なのか?どういう仕組みになっているのか?」考えて欲しいと思います。前からしつこい程述べておりますが、女、子供に高齢者も加わって情報だだ漏れ状態どうしますか?

お父さん抜きのグループで大いに結構。

しかし、お父さんのアドレスはスマホから抜いておく事も忘れないようにしてくれよ。
もし、入っていれば、お父さんはLINEを使わなくても情報は娘のスマホや母親のスマホから抜かれています。ましてはお婆さん、娘から教えられるまま、クレジット番号など登録していないですよね。そして、Facebookなんかも登録してあれば、すべてがバレバレじゃぁないですか。

そんなに毎日、LINEで人と繋がっていないといけないのですかねぇ。
私なんか、なるべく一人でいた方が楽だと思いますよ。
24時間スマホが気になって仕方無い生活なんて御免です。

日本はこの先、情報だだ漏れ一家と情報が制御されている家庭に分かれそうです。

情報だだ漏れ一家の運命やいかに。

次のページ →