会社で使うファイルサーバーはやっぱLinuxだべ

忙しい思いで作ったLinux+Sambaのファイルサーバーですが調子は最高のようです。

設置してから1度もシャットダウンしていませんが、すこぶる調子がいい。
我々、設置したシステム担当からすると、ありがたい存在です。

人の手をかけない、黙って着実な仕事をしてくれている。
人間でもなかない居ませんよね。
文句も言わず、ただ黙って自分の仕事をするだけという人は。

このファイルサーバーは2TBのHDDを使用しています。
容量は少なく感じますが、ワードやエクセル等の書類の保管庫なので充分。
動画や画像も保管するのであればディスクを追加すれば良い。

安定していて安価で作れて、やっぱサーバーはLinuxですね~。

ファイルサーバー程度であれば高速なCPUも必要としないし、ましては10台程度のネットワークであればATOMでもセロリンでもOKでしょう。

本当にちょっと古くて余っているパソコンでケースだけ入れ替えて使えば生きると思いますよ。

ケースを替える理由?

それは元々のケースの形状にも依りますが、会社で使うPCってBook型とかの安っぽいケースが多いはずで、このBook型は内部の風通しがよろしく無いんですよ。

これをミニタワーかミドルタワー型のケースに移植すれば風通し良くなりますよ。
インストールさえしてしまえば、DVD-ROMだって不要になるので、付けなくてもいい。
内部の体積が増える分、冷えて長持ちします。

これは会社だけではなくて、自宅でも同じ事です。
常時電源ONのサーバーであれば、小さ過ぎるケースはNGですよ。
ましてはノートパソコンをサーバーにしていたりする人いませんよね。

ノートパソコンは常時電源ONの連続使用で作られている訳ではありませんからね。
バッテリーや内部が熱をもって落ちるか、火が出ますよ。
危険なので直ぐに停止してもらいたい。

テスト用に自分が使う時だけ電源を入れる程度のノートパソコンなら大丈夫。

ノート自体が小さなHDD、小さなCPUファン、サーバーには不向きです。
ケチらずに安いデスクトップを中古で仕入れてください。

それこそ、安いノート以下で買えますよ。

自分のLocalネットワークでLinuxサーバーがあれば、色々なテストも出来るし、一人で楽しめる良い環境になるのは間違いありません。

貧乏人もそろそろCore-i7を・・・・

あと1年もしない内にwindows7の期限が切れる事になります。

切れたからと言っても使えなくなる訳では無く、マイクロソフト側でwindows7のOS更新作業等を行わなくなるという話です。

windowsXPと同様に使い易いwindows7が無くなるのは淋しいものです。新しいOSでセキュリティの高いのは分かっているのですが、非常に無駄に思えて仕方ありません。

家にも仕事先にもwindows10はありますが、使い易さと言ったらwindows7です。

仕事先でもこのwin7のPCがどの事業所にも現役稼働しており、今後windows10に入替を模索していますが、これはどこの会社でも同様に来年の1月までに交換する予定ではないかと考えます。

すると中古市場に沢山のPCが出回る事になります。

会社で使用するPCなので自作PCは無いと思いますが、その中でも性能の良いPCを安価で仕入れる良い機会であるのは間違いなしだと思います。

メーカーのPCだと形状が気に入らない等あるのかも知れませんが、そこはCPUのスペックが高い物でOS無し、HDD無しの状態であれば、それこそ安く買えると思います。サーバーやワークスステーションなんかも同様ではないでしょうか。

私も家でLinuxを使っているPCがATOMであったり、古いpentium-mであったりするのですが、デスクトップもサーバーも本当なら性能の良いCPUで使いたい。ただ予算にも限度はあるし、その予算面とスペックとコスパで成り立っている環境なんですよね。

まぁ、ATOMは省電力という意味で使っているので速さは二の次という使い方ですが、我々、貧乏人でスペックの高いCPUを仕入れるチャンスと言えば、この時期であると思います。

最新のCPUはコア数が4から6とか8とか増えています。

我々貧乏人の現状スペックってどうですか?
私のPCの貧乏人スペックは未だにCore2Duoが現役です。
コア数で言えば、2が主流です。

この現状をどうにかしたい。

家のデスクトップ(win7)はCore2Quad(9450)です。
ノートPCは3台、最近中古買ったダイナブックがi7で速い。後はNECのCore2Duo2.0G、X40のpentium-m1.2Gです。X40はなぜかスタイルがお気に入りでキーボードが使い易いので、このブログの記事を書いたりする専用PCになってます。

あとは押入れに閉まってあるゲーム専用windows98マシンとLinux-MINTのCore2Duoがあります。息子のPCも未だにCore2Quad(9400)です。

一概にCPUを良くするという事は、メモリもマザーボードも交換しなくてはならないし、既存のwindowsが入った状態で変更するのもちょっと面倒です。新しくしたPCは、やっぱwindowsもLinuxもクリーンインストールしたいですよね。

多分、これから来年の春頃に沢山の中古PCが世に出てくるので、我々貧乏人も古いCPUからの脱却を図り、動きの良いLinuxマシンとして使える環境を整えていきたい。

貧乏人にもi7!!

1ヶ月linuxだけ使っていたら慣れるよ

最近、地震多いです。
震源地が茨城とか千葉とか震度4の揺れを起こしている。

関東もそろそろ危険な期間に入ってきているかも知れません。

とりあえず準備できる物は準備しておくのに越したことは無い。

〇車のガソリンは満タンにしておく。
〇飲み水などケースで購入。
〇食料品の備蓄をする。
〇部屋の家具など転倒しないようにしておく。
◎家族と地震がおきた場合の対応を練っておく。

必要な資材、食料などは用意すれば済みますが、◎にした家族との協議を忘れないようにやっておくことが大事です。家族が仕事や学校でバラバラ状態になっている時にどうするか。家族で落ち合う場所はどこにするか?連絡の取り方はどうするか。などなど。

メールは使い難くなっている。
電話はもちろん使えない。

そんな状況下でも家族と申し合わせしておけば、その通りに進むだけで済みます。

 
さて、最近はこのブログの更新が中々思うように出来ない事で見に来てくれる方々やメールで質問してくれる方々に大変ご迷惑をお掛けしています。

ゴメンネ・ゴメンネ~と。

色々と質問される事で1番多いのが「どうしたらLinuxを覚えられますか?」という事です。これは、windowsだけを使っている人が必ず思うテーマみたいな感じでしょうか。

特に最近はwindows10の個人情報の問題もあり、Linux使えたら便利かも・・。と思う人が多いようです。

過去の記事でしつこく書いていますが「Linuxは慣れ」という表現に違和感があるようです。
なるべく簡単にLinuxを覚えたい。
そういう人はLinuxアカデミーで4週間で金を払って覚える方が良い。
学校行ったからって会得できるとは限りませんが・・・。

自分で独学で学びたい、自分で趣味として楽しみながら覚えたい。
そういう人を応援したいと思う。

windowsPCと使い難いLinuxPCがあったら使い易いwindowsPCを使ってしまうのは世の常です。

しかし、そこは我慢、我慢。
腹をくくってLinuxのデスクトップを使ってみよう!

とりあえずwindowsPCは一時的に閉鎖してしまいましょう。
HDD外してしまうとか、モニターからキーボードが配線を全部抜いてしまうとか。
環境を整えるのに時間がかかれば、LinuxPCを否応無しに使うでしょう。

皆さんが質問する「Linuxはどう覚えられますか?」という質問も結構イージーで、デスクトップで使えればいいのか?サーバーのようにガシガシコマンドを叩いて設定できるようになりたいのか?そういう意図も分かりません。

ガシガシとコマンドで操作したい人はそれなりに努力は必要です。
デスクトップで使えればいいと言う人は結構、お気楽に使えます。

但し、最初の関門はインストールを自分でしなくてはならないという点。
自作経験者ならまだしも、メーカー製品を購入していて「OSは最初から使える状態になっているのが普通」と思っている人は考え方を変えなくてはなりません。

OSは自分の好きなLinuxを自分で選択し、自分でインストール用のイメージDVDを作り、自分でインストールをする。この儀式のような作業をするのが普通と言うか当り前です。

この儀式も最初は何を言っているか分からない事も多いのですが、ミスして何回も最初からやり直している内に段々と意味合いが分かってくるようになります。この作業自体がLinuxを覚えるための一つなんですよね。

そこを人にやってもらってはダメ。

面倒だからLinxu詳しい人にインストールしてもらったとか、自分は出来ないからやってもらったとか平気で言う人いますが、これは初めから覚える気ゼロでしょう。

出来上がったLinuxPCがあれば自分が使えると思い込んでいるだけです。
中身は空っぽのまま。

分からなくても、時間がかかっても、ネットでググったり専門書を買って読んだりして、少しずつ前に進んでいく事でLinuxが頭の中の海馬に記憶されてゆくのです。

だから、悩んで作業が止まってもそれはそれで良い時間なんです。

やっと時間を掛けてインストール出来たLinuxPCが起動するのは感動します。
人にやってもらったら、起動して当たり前に思うんだろうね。

OSの使い方はLinuxでも種類があり微妙に違う事がある。
先ずはひとつのLinuxを覚えてしまうと良い。

デスクトップであれば、ubuntu,mintのDebian系、サーバー系CentOS等のRedHat系が良い。

PC好きな人は苦労して覚えても損は無いと思う。

最近はKona-Linuxばかり使っているよ

ご無沙汰してました。
今週は個人的に色々あった週でした。

さて、ボーナスシーズンになりましたが、皆さんの会社はいかがですか?

◎ボーナスが出ても家のローンの支払いで無くなる。
◎ボーナスと言っても雀の涙程度しか出ない。
◎儲かるのは経営者だけ。
◎ボーナスが出るだけまし。

色々と意見あると思います。

私なんて、ここ何年間ボーナスの出ない会社に居たのでボーナス自体のもらう感触を忘れました。
出なければ、出ないでその環境に合わせたライフスタイルを考えるしかない。

そこで私は、中古のPCで遊んだり、無料のLinuxを使って楽しんだりしていました。
お陰様でボーナスが無い事が幸いして、Linux、サーバー構築が覚えられたという事になります。
人間、他人の畑は良く見えるものですが、人は人、自分は自分、ぼろは着てても心は錦です。
貧乏でも誰かを妬んだりする前に前を向いていきましょう!

ここからがメインの話になります・・・。

色々なLinuxをインストールしては削除しながら、より良い自分に見合ったOSを探しています。
CentOSから始まり、ubuntu、Mintなどデスクトップは数多く触ってきました。
CentOSは今現在もサーバーで使用しています。

問題なのはデスクトップとしてのLinuxはどれがいい?って事です。

CentOS(RedHat)系はサーバー向けでデスクトップがつまらなく感じる。
普通に使うとしても色々と自分でソフトを追加したり、設定が面倒なことがある。
それと比較してDebiian系(ubuntu,mintなど)はデスクトップで使用するソフトや設定などがインストールの時に思った以上に認識をして、きっちりインストールがされるので、利用者としては面倒、不便さを感じない。

機械的な事が好きな人は、「俺は自分で端末で設定するのが好きだから、それでいい。」という意見もあるでしょう。

しかし、デスクトップは使い勝手を考えたらイージーにインストールでき、設定もある程度自動化出来る方が万人に受けるだろう。沢山の人がLinuxを使って良さが分かれば、ネットPCはLinuxで充分という事になり、windowsのシェアだって少しずつ変わってくる、そしてLinux向けのソフトだって充実してくるに違いない。

初めからLinuxがインストールされたパソコンが安く手に入るようになる。

普段からLinuxを触るようになればサービスの設定だって出来るようになる。
商売として技術を売るようなことではなく、自宅環境を自分が欲しいより良い状態を作ることができる。

これからは、家庭でも小型サーバーが必要になる時期は来ると思う。
外部のクラウドなんて信用してはならん。

自分の身を守るのも、自分の技術があれば出来ることだ。

ボーナスが出なくても技術は磨くことは出来る。

現在、私はKona-Linuxばかり使っています。
ubuntu系ですが、お洒落で素敵なOSです。

次のページ →