古いパソコンは捨てるだけなのか?

windows7の更新も終了してしまいました。

仕事関係で使用するパソコンは全てwindows10となりました。

未だにwindows10には慣れていませんが、それなりに使っています。
windows7と比較すると文字とかがきれいに表示されているように感じます。

私の仕事としては事務関係とシステム関係の仕事を主にやっています。
その関係でwin10への移行もすべて私が作業をしました。

こういう仕事をしていると、社員の方、パートの方々より自分のパソコンがwin10に出来るかどうか相談を受ける事も多々あり、気安く相談にのってあげるようにしています。

そういう人達に「そのパソコンのスペックは?」と聞いても殆どの人が答えられません。

CPUが何でメモリがどの位ででハードディスクの要領がどの程度なのか?

分かるのはwindows7であったりwindows8であったりwindowsXPというのもあります。

皆さんも分かるかと思いますが、win7やwin8であれば、余程の低スペックで無い限りwindows10に移行ができると思います。

もちろん、使い方にもよりますが・・・・。

問題なのは、今時、XPのPCと言う人です。

「おいおい、windowsXPと言ったら、もう何年前にupdate終わっているんだよ」
そう思いますよね。

私:「もしかしてそれ、そのまま使っていたの?」
相手:「うん、そうですよ。」
私:「もしかしてインターネットでも使っていたの?」
相手;「引っ越してからネットが無いから年賀状作るだけでした」

それを聞いて安心しましたよ。
いくら無知と言っても、そのまま使用するにも限度がありますからね。

その人にはwindowsXPの終了時期や、今回のwindows7の終了について、終了後の危険性についても説明をしておきました。

パソコンに興味が無い人にとっては「そんなの関係ねぇ!」ですかね。

ただ、その人がパソコンを会社に持参して処分する方法を教えて欲しいと尋ねて来たときに本体を見てびっくりしました。

すごく綺麗な筐体のまま保存されていたんですよ。

それはノートパソコンですが、箱もあり取扱説明書もあり、CDやDVDに至るまで全部購入した時の状態で残されていました。

パソコンのスペックを確認すると・・・・

CPU・・・pentium-m 1.5GHz
mem・・・512MB
HDD・・・120GB
OS・・・windowsXP-HOME

もうLinuxでも使えないレベルの仕様となっています。

触ってみると、ちょっともさいが普通には使えるレベルです。
wordやexcel、年賀状作成には丁度良いのかも知れません。

問題なのは完璧な中古パソコンですが、捨てるしか無いという現実です。

このようなロースペックパソコンでも何か役に立つ使い道が無いのか考えてみる事にしました。

もったいないと思うのは簡単ですが、この個体を何かに使えればと考えた方が、捨てるよりも良いし、いつかXPが必要な時も出てくるのではないか?と考えたりもする。

逆にwindows2000とかのOSを入れるという方法も有かも。

皆さんならどう使い道を考えますか?

windows7のパソコンどうしてますか?

1月14日にupdateが終了win7ですが、皆様どうしていますか?

私の家のパソコンでは私のデスクトップpcがwin7のままです。
というのも引っ越してからは押入れの中なんです。

もっぱらノートPCのwin10とLinuxーmintで十分なんですね。

今後はLinuxに入れ替えるかにしようと考えています。

ただ、家の作業用PCとしてはwin7のままでも十分ですし、ネットに繋がらなくても作業する事は可能なのでそのままでも良いかなとも思っております。

ただ、win7しかPCを持っていない人はwin10にした方が懸命です。

win7のPCでも旧型でメモリも2GB以下、CPUもceleronとかAtom、pentium-dualcore等はちょっと厳しい感じがします。まだメモリを追加出来たり、CPUを交換できるマザーボードであれば良いのですが、部品を交換したりする面倒さを考慮すると安い中古のPCを買った方が安く済む場合もあります。

狙い目は前の記事にも書きましたがCPUがcorei7です。
多分、中古で第2、第3世代のCPUが出回っているはずです。
windowsを使う場合にはやはりcorei7の能力は高いと思います。

そしてLinuxに入れ替えを考えている人。

何度もLinuxをインストールしたり使っている人は問題ありませんが、やはりwindowsとは似ていても非なるものです。インストールする事自体は簡単であってもネットワークの設定や自分が使い易い環境にするにはある程度勉強も必要となります。

ただ、PCを弄るのが好きな人には向いていると思います。
デスクトップにしなくても自宅のサーバーにしたりする事もできます。
悩みながらも勉強したい人向けでしょうか。

インストールして直ぐにwindowsと同じように使いたいと思ってはいけません。
あくまでもLinuxを覚えたい、勉強したい人向けでしょうか。

そして最後にwin7をそのまま使う人。

updateが終わったからと言っても使えなくなる訳ではありません。
今までと同様に普通に使えます。

ただし、今後時間が経過するに危険度が増してきます。
外部からの攻撃を受けやすい状態になっていくという事です。
ただ、外部と繋がっていなければ問題ありません。

インターネットに繋げない環境設定をしておけば良いのです。

今の時代、ネットに繋がっていなければ動画もニュースもブログも出来ません。
wordやexcelやるぐらいならこれで十分です。

家のデータ(例えば、音楽ファイルや動画ファイル、個人情報など)を保管して使いたい時だけ電源を入れて見たり調べたりするPCの使い方としては最適でしょう。

何しろインターネットに繋がっていないPC程セキュリティ最強なPCはありません。
大事なデータがある人は危険なPCに保存せず、このようなPCだけにデータを保存するのが一番です。

現代はスマホ中心のネット社会になっています。
スマホの中にも大事なデータが沢山あるはずです。

危険なスマホの中にデータをそのまま放置しないで、ネットに繋げていないwin7を家族のデータバックアップ用にするのも良いかと思います。

古い、役目が終わったPCでも何かに役立つ事があります。

直ぐに捨てないで第2の生き方をPCに与えてはいかがでしょうか。

今さらwin7を再インストールする人いる?

いや、やらかしてくれました。

仕事先のPCですがHDDが亡くなりました。また富士通かよ~

先に言っておきますが、「私のPCではありません」・・。
それもwindows7ですよ。

うちの会社の人達は女性も含めせっかちの人が多くて困ります。
windowsが起動している最中からクリック・クリック・クリック・・・・。

これではSSDでも壊れますよ。(今回壊れたのはHDDです)

急ぎで修理してくれと依頼されました。

修理してくれと言っても交換用のHDDが250GBの古いHDDしかないよ!
元が200GBだからねぇ~

50GBも多いからこれでいいだろう。という安易な気持ちでwin732bitを再インストールしました。

インストが終わり無事に起動したがupdateが出来ない。

何故?

あれれ、ネットにも繋がっているのにIEで表示もされない。
ローカルエリアの他のPCは全て見える。
pingもルータに通じている。

もしかしてIE?
調べてみるとIE9ではないですか。

仕方無くChromeをインストールしてネットの正常起動を確認。
以後、なぜかIE11へのアップグレード表示があり無事にIE11もインストール完了。

しかし、セキュリティエッセンシャルとwindows updateが出来ない状態は続いている。

これってwindows7-32bitが古すぎてダメなのか?と考えMS社のサイトに行き、SP1のupdateやら細かなupdateを手動で行うことに・・・。

何回か入れて確かめてを繰り返し、2.3時間後ようやくupdateが出来ました。

多分、普通の人なら匙を投げてますよ。

もうwindows7は更新終了なので、ファイルをダウンロードできるサイトもだいぶ使えなくなってきていて大変でした。

win7を今後、再インストールしたりして使うつもりの人は先に必要なファイルを保存しておいた方が良いと思いますよ。

MS社はOSが終了すると一気にダウンロードできなくなりますからね。

こんな面倒で時間がかかるのであれば、windows10にした方が早い。
DSP版でSSDとセットで購入するには2万円位(250GBSSDとセットで)からとなる。

2万円で今後も使えるなら安いと言えば安いのか。

毎回、再インストールして思うのは、昔のようにwindowsもofficeもDVDで提供してくれた方が有り難いなという印象です。HDDが壊れると、その中にある修復boot用も使えなくなる可能性が高いので早めにリカバリーDVDを作っておいた方が無難です。

と思っていてもやらないんだよな。

後、少しの間、このwin7を使ってもらう事にする。

windows7が期限切れで家や会社のPCはどうする?

来年の1月でwindows7の保守サービスが終了となります。

使えないという事ではないがMS社で脆弱性に対応するためのソフトは提供されなくなるために必然的に危険なOSとなってしまいます。

このwindows7ですが、XPと同じくユーザーから好かれているOSです。

また使い易いOSが使えなくなる運命を辿る事になります。

実際、仕事先で使っていても良く出来ているOSだと感じますし、XPからの使い勝手も残っていて古いOSから使っている人には分かり易いOSでもあると思います。

自宅も仕事先のパソコンはwindows7からwindows10にしなければならなくなります。

仕事先のパソコンはリース製品であったりするので事前に調べておく必要もありそうです。

問題なのは、今あるパソコンのOSだけを入れ替えるか?
それとも、windows10がインストールされたパソコンを新たに購入するか?という事です。

今年の年末等に慌ただしく準備するのも難しい面もあり、この春先から順次入替をしていくか、また買い換えるかをしておく必要がありそうです。

まぁ、自宅の自分のパソコンにおいては、「おれは少しの間、このまま使う」という人もいるでしょうし、windows10買っておけばいい話という人もいるでしょう。

なるべくなら、今使っているパソコンをそのまま使いたいですよね。
無駄にOfficeまで買わないとダメみたいになるのが非常に困る。

悩ましいのが古いCPUでwindows7を動かしていた人ではないでしょうか。
具体的には、core2duoとかでしょうか。

core2quadは全然問題無かったです。
但し、9400とか9450とか9550とかですかね。

ついでにハードディスクの人は、SSDに替える良い機会かも知れません。

古いCPUでも新しいCPUでも効果は抜群です。
まだ経験したこと無い人はこのタイミングで経験してみてはどうですか。

♪気持ちぃぃ~! となりますよ。

問題なのは、どこのレベルまでOSアップグレードで済むのか?という点です。
core2duoの人、celeronの人、atomの人は買い換えた方が無難だと思います。

折角、アップグレードしても無駄な投資になってしまう可能性があるからです。
無理やり古いCPUのアップグレードをしたりしても、ちょっと延命させるようなものです。

OSの切り替えタイミングは古いパソコンの交換サイクルの目安にもなります。
今のパソコンを5.6年以上使っているのであれば、元は取れているでしょう。

それなら気持ちよく新しいパソコン買ってGo!Go!してください。
その際には中途半端なi3とかCeleron等は止めて、i5やi7のCPUを搭載したパソコンを購入すれば、長く使えるパソコンになると思います。

また、ここで安物買うと、次回また捨てるようになりますよ。

また、Linuxで使うからという人が現れるのかな?
MINTもubuntuもCentOSも悪くはありませんけどね。

冒険者が出てくると嬉しい限りです。

次のページ →