8月 082015
 

家に余っているPCでLinuxをインストールして使う人もいれば、安い中古のPCを買ってインストールして使ってみようと思っている人もいるのではないでしょうか。

中古PCの条件的な事は何回かブログで記事にして書いてきたので省略しますが、現時点ではCore2Duo、Core2Quadあたりが安くパフォーマンス的にも満足できると思っています。CPU的にはE8400、E8500、Q9450、Q9550、Q9650が良いと思います。

さて、直ぐにインストールして使いたいという気持ちは分かりますが、とりあえず中古PCの状態を確認したり、箱の中を覗いてみるという作業が必要(というよりも大事)です。

なぜなら、ケースの中を見ればMBの状態やメモリ、CPU、ファンの状態、ハードディスクも何が付いているのかメーカーや容量なども分かりますし、ちゃんと掃除がされているかどうかも分かります。

普通であれば販売する前に、ちゃんと掃除をして売られていると思いますが、外側だけ掃除して中は何もやっていない状態で売られている商品も少なくありません。そういう事もあり得ると思った上でケースを開けて状態を確認してみましょう。

PCを自作された事の無い人でも箱の蓋を開けて中を覗く程度は出来ると思います。CPUファンに埃が詰まっていたら、掃除機で吸い取ったり、ケースの中もやさしく掃除機で吸い取ってあげてください。自作をされていない人でもメモリやCPU、ハードディスクがどの機器なのかは分かると思います。一度に全部を分解するのではなく、ひとつの部品だけを外し、元に戻すという作業をすれば分からなくなる事はありません。

最初にスマホで接続されているケーブルや位置など写真を撮っておくのもありです。

インストールして、ディスクが壊れたりした場合、自分で取り替えるなんて事が一度ケースを開けて見ていれば自分でも出来ると思います。

難しい事はありません。

Linuxマシンを作る前に。長く愛用できるパソコンにしておく事も大事です。
中古PCとは言え、自分でインストールして、設定して使えるようになると愛着が沸いてきます。せっかく時間をかけて作ったLinuxマシンが中古のハードディスクで直ぐに壊れてしまった!なんてならないようにする事もありです。

せめて、ディスクは安い物でも構わないので新品を付けよう!
余ったディスクを予備にしておけばいい。

安い中古品のメモリで充分です。メモリもなるべく多く搭載しよう。
そうすると段々、中古PCといえども良い仕様になってくる。

そうなるとCPUも交換してみようか?と欲が出てくる。

少しずつ着実にハードの知識とLinuxの知識を身に付ければ良い。

焦らず、ゆっくり楽しみながらやりましょう!

5月 132015
 

音楽好きな人はパソコンにもMP3形式でファイルを保存して、ネットをしながらとか、ワードなど書類を作りながら聞いている人は多いのではないでしょうか。

せっかく保存した音楽ファイルなんで良い音で聞きたいと思う。

しかし、パソコンのスピーカーってなんか音がしっくりこない。
安いスピーカーを使っている影響かも知れないが高音ばかり出てしまう。
PC周りは狭いので大きなスピーカーも置けない。

そんな環境なので、音楽ファイルを保存しているミニノートパソコン(Acer ASPIRE-ONE)を家のミニコンポに繋げる事にしました。繋げ方はCDプレイヤーなどと同様です。再生する時にはコンポのアンプをAUXに合せればノートパソコンで再生している音楽がミニコンポを経由して音が出てきます。

aspire3
やっぱり、出力が大きいコンポで再生すると奥行きのある味わい深い音が出ますね。

このミニノートですが、OSにLinux-Mintを使っています。

メモリはSo-DIMMの2GB(本来は1GB)を購入して入れてあり、SWAPするほどの作業はしないのでLinux上にはSWAP領域は作っていません。音楽再生専用機です。このAcerはミニコンポ脇に置いても邪魔にならない大きさとATOM搭載のノートなので省電力でもある。長時間再生するのにも適しています。

aspire2
一時は流行ったネットブックPCですが、その頃はOSがWindowsXPだったので持っていても使えないと思っている人が多いかも知れませんが、XPのままMP3再生専用機にしてもいいし、Linuxを入れてネットも見るという使い方も悪くはありません。いちいちCDを入れ替えなくても音楽が聞けるし、アルバムを連続して再生できるのもうれしいです。

現在は動画が主流ですが、夜は音楽を聞くとリラックスします。
古いPCは色々な仕事をさせないで、専用マシンにする事で生きる事もあります。

そんな無駄の無い使い方をして欲しい。
古いから捨てる、それでは機械がもったいない。

4月 292015
 

最近はクラウドでファイルを保存している人多いと思います。

仕事で作成中のファイルも自宅で作業できる。
一見、とても良さそうに見えますが、問題もあります。

それは・・・・・

1.仕事で使うファイルをクラウドに置いていて大丈夫なのか?
2.そもそも仕事を家でもする事自体がどうなのか? という事です。

個人の考え方、忙しいので仕方が無い、等の意見はありますが、やはり、仕事はなるべく就業時間内にこなす事が大事なのではないでしょうか。
そして、クラウドにファイルを保存するにしても、その会社で決められた方針(どこのサーバーしか置いてはいけない)を守って利用しないと後々問題になった時に個人の責任が問われる事にもつながります。

一番、危険なのは無料の物を使う事です。
無料ほど怖い物はありません。

無料で使って良い物は、個人のどうでも良いファイルの保存やあまり使わない過去の資産ではないでしょうか。
何でもイージーに保管出来てしまうので、利用する前に自分なりのデータをどう保管するか考えておく必要性があります。

自分のデータは使っているパソコンやUSBメモリ、SDカード、DVDメディアに保存されていると思います。
その保管してあるデータの重要度によって保管方法も変えるべきだと思います。

家であれば、各個人の大事なデータ、家族のデータ、音楽ファイル、動画ファイル、住所録、などなど。
PCの設定用データ(回線のIDやパスワード、プロパイダの設定等)もあるかと思います。

HDD(ハードディスク)もSSDもUSBメモリも全てが絶対ではありません。
いつか壊れ、読み取りが出来なくなる時期が訪れる。
災害と同じで、忘れた頃にやってくる。

その場合に備えて、安全でありアクセスもし易い方法を検討すべきです。
DVDメディアに焼くという手もありますが、大事な時にメディアが見つからないという事ありませんか?
その上、メディアは扱い(保存)が悪いと使えなくなる事もある。
USBメモリはSSDと同様、記録できる回数問題もある。

家で個々バラバラにデータを保存するのは経済的にも問題がある。

一番の良い方法は、外付けのハードディスクを購入して大事なデータはそちらに移す。
1TBや2TBのUSB接続のタイプでも1万円前後で購入出来る。
普通の家ならば2TBあれば充分事は足りると思う。

この外付けハードディスクは常時パソコンに繋げないで、バックアップする時、ファイルを呼び出す時だけ接続すれば、ディスクの消耗は防ぐ事ができるだろう。何気ないファイルを保存して後々、これが生きたファイルとして使えた経緯が私には結構ありました。

容量の大きな外付けハードディスクを保存するファイルの種類によってディレクトリ、ホルダーを作り、後から見ても分かり易く保管するという事も必要になってきます。何でも入れておけば良いという考えでは無く、ディスク内も整理整頓しておけば困った時に慌てなくても済む。

Linuxのサーバーを運用していると、自分の設定したファイルの内容やID、パスワードなどもメモで保管しておくのも便利です。紙媒体の物はスキャンしてPDFファイルとして保存する。
家族で使うなら、使い方、保管方法、ディレクトリ構造についても説明をして理解してもらおう。

安全、安心が1万円程度で得られるなら安いと思う。

4月 282015
 

5月の連休に入ります。
年末年始と5月の連休は皆さんも楽しみにしているのではないでしょうか。

この5月の連休に、自作PCを作る!、中古PCでLinuxをインストールしてみる!
そういった行動を考えている人も少なくないのではないでしょうか。

このご時勢なので、投資は少なく、見返りは大きくと考えると、自作PCといっても大金を掛けてまで作るのもどうかと思いますし、メインマシンがあり、そこそこ動作するPCであれば、やはりMini-ITXのセカンドマシンや中古まPCを買って、自分なりにチューニングをするというのもよろしいのではないでしょうか。

Mini-ITXのマザボであれば、CPU(APU)は付いているので、ハードディスク(SSD)とメモリとケース(電源)があれば組立てることができますが、予算的には25,000円~30,000円と言うところでしょうか。

中古PCであれば、15000円前後のデスクトップ型を購入して、メモリ増設とディスク交換(SSD)というやり方もあります。この金額ならば、Core2duoE8400やE8500、Core2Quadも狙える金額です。

Mini-ITXは4コアになったとは言え、デスクトップでGUIを動かすのには多少もたつく場面もあるが、中古PCのE8500前後であれば全然問題はないと思う。省電力のセカンドマシンにするか多少、電気は食ってもそこそこ動くPCにしたいのか?そこが分かれ目かと思います。

Linuxを導入してサーバー(CUI)にする。
Linuxのデスクトップ(gnomeやKDE)で使う。
普通にwindowsで使いたい。

それぞれの使い方によっても変わってきます。
サーバーでCUIで使うのであれば、Mini-ITXのATOMでも充分動きます。
デスクトップで使用するならE350以上は欲しい。
中古PCのE8500ならグリグリ動く。

そこは見極めてもらい、検討して欲しいと思います。

初めてLinuxに挑戦するなら、デスクトップでwindowsのような使い方よりもCUIで端末を使い、windowsから操作するようなスタイルで覚えてもらった方が知識は増えると思います。

そうなると、中古のMini-ITXのATOMを安く買うのも悪くはありません。
最新のCentOS-7やubuntuを動かしてみたい人は、スペックもそれなりの物が必要です。
最初は勉強用として、後々自宅サーバーにもできる省電力ATOMで良いのではないでしょうか。

中古のATOMならば3,000円程度から購入出来ます。
ATOMはATOMでもデュアルコアのATOMを選ぶようにしてください。