2月 192015
 

Linuxに慣れている人ならば、色々な工夫をしてインストールしにくいパソコンにもLinuxをインストールする技術を持っていると思います。

これは、普通にパソコンが好きという事だけではなく、分からない事をネットで調べたり、そのLinuxのフォーラムなどで色々と検索して勉強をしてきた結果でもあると考えています。

何でも直ぐに人に聞けば良いというものでもない。
逆に、分からない時間が長いほど答えが出た時にはその事を忘れない。
分からなくても、自分で考え、推測し実践をしてみる、研究者のような作業です。
好きでなくては出来ない事かも知れません。

初心者の方は「最初はインストールで戸惑う事の無いような機種を選びたい」と思う気持ちは良く分かります。逆に考えると、そのインストールしたいLinuxに合わない機種を探してみるという手法もあります。その目的のLinuxのユーザーが集まる掲示板などで情報は得られる可能性はあるし、個人のブログでも特定の機種なら問題点などを記事として書いてくれているところもあるはずです。

クリアに行きたいなら、インストールする前に事前調査は必要という事ですね。

機種的にはLinuxはx86のPCであればインストールが可能であり、そのメーカーの特殊な機器やボードでない限りは本来入れられるはずです。日本製のパソコン(例えばNECや富士通)はその会社独特のボードであったり、付加価値として何かしらオンボードで意味の無い機器が付いていたりする場合があります。

なるべく特殊な部分が無い機種を選ぶ。
日本製よりもIBMやHPなどDOS/V規格に忠実なパソコンが良い。
自作PCであれば最新のボードよりも1世代前あたりが無難だと思います。

古い機種であれば、インストールは問題ありませんが、最新のバージョンを選んだりは出来ない可能性が高いので、そのスペックに見合った軽いLinux(puppy,Linux-Bean,eco-Linuxなど)を選択する方法もありでしょう。

何台もwindowsを使っている人は、その中の1台でLinux使ってみてはいかがですか。

windowsと違い面倒な部分もありますが、使い方の概念の違いなど味わう事ができるし、PCの違った意味の面白さも味わう事ができる。

中古PCなら安く購入できて、長い時間頭を使う。
ボケない脳みそを作れるかもしれない。

若い人だけではなく、PC好きなら高齢者も挑戦すべきOSではないかと思います。

2月 082015
 

最初からLinuxがインストールされているサーバーも販売されています。
インストールされていれば、設置して設定するだけで楽チンですよね。

しかし、新品でLinuxがインストールされたサーバーはそれなりに値段も高い。

特に初めてLinuxを触る、初めてサーバーを構築してみるという人は、新品のサーバーに高いお金を出して作るのが正解かどうか分かりませんが、先ずは壊しても良い気持ちでガシガシ動かしてみる中古のパソコンを利用したサーバーを作るというのが良いのではないでしょうか。

私も最初は、windowsで余ったパソコン(確かpentium3の頃)にLinuxをインストールして、GUI(gnome)を入れ弄っていたように思います。それからサーバーとして動かすためにはどうしたらいいのか?ネットや専門書を読み、CentOSで初めてサーバーを作ったという流れでした。現在は省エネATOMのLinuxサーバーになっています。

では、サーバーにするには、どういった中古パソコンを選べばよいのか?という事になります。
今回のサーバーは小規模な事務所や自宅専用という事を前提とします。
また、サーバーを何に使うか?という点では、ホームページ公開(httpd)とファイル共有(samba)を動作させるという事を考慮した性能の物を選択する事とします。

中古パソコンであれば・・・・・
◎古い機種=中古価格が安い=性能が低い
◎新しい機種=中古価格が高い=性能は高い という事は分かるかと思います。

しかし、サーバー用途で使うと上記以外にも・・・・・
◎音が静かである。
◎消費電力がなるべく少ない(省エネである)。という事も必要不可欠となります。

なるべく安くサーバーを作りたい、その上、それなりの処理速度が欲しい。
全てを満足させるようなサーバーを作るのは難しい、どこかを切り捨てる必要性がある。
そうしなければ、高い機械を購入する事になる。

◎選択のポイントは自分が決めることである。

1万円以下でPCを買いたい。
2万円以下でメモリが2GB付いているPCを探す。

その予算によって、購入できるCPUやメモリ搭載量、HDDの容量でそのPCがお買い得なのかどうかの判断がついてくるようになると思います。はじめてのサーバー挑戦であれば、1万~2万円以内のPCで充分ではないでしょうか。

この金額であれば、Core2Duoなどの機種が選択できるでしょう。
省エネCPUであれば、ATOMやE350(AMD)なども範囲に入るかと思います。

大きさはブック型よりもタワー型の方が良い。
それは本体内部の体積が大きく、熱がこもり難いという事です。
普通のパソコンと違い、サーバーは常時稼動なので、熱、空気の流れ(吸気・排気)は大切です。

HDDの容量は100GBほどで充分でしょう。
最近のPCのように1TBとかは必要ありません。
HDDを交換するのであれば、今一番安いHDDで充分と思います。

メモリに関しては、CPUやチップセットにも依存しますが、サーバーにするなら最低でも2GBは欲しいところです。中古PCでは512MBとか1GBとかのメモリを搭載している物も多いので、そこは注意して機種を選択して欲しいと思います。後から追加するにしても、メモリは挿せるスロットの数がマザーボードによって制限があるので、DDR2であれば2GBを2枚で合計4GBとかで検討をすべきです。

今、サーバーで使うならCentOS-6が良いのではないでしょうか。
OSは好みもあるので、自分の好きなディストリビューションを使ってください。

先ずは、自分でインストールして、SSHで遠隔操作する。
ここまでを目指してやって欲しいと思います。

11月 102014
 

11月に入って寒くなってきました。
パソコンにしてみるとCPUとVGAで熱を出しているので、寒い方が安定しているように思えますが、唯一、寒くなって不安定になるのがケース内の電源です。

この電源は、メーカー製品も自作も規格に則った大きさで作られています。
出力が150Wや300W、最近では600W、700Wの物などあります。

そして、その電源からマザーボード(本体)に電気が流れ、パソコンが動いているのですが、これが寒くなると出力が小さくなってしまう場合が多い。暖かい時期には問題が無かったが、寒くなってくると、それはいきなりやってくる。

①電源のスイッチを入れるとビープ音がなり起動しない。
②起動している最中に固まる。
③負荷がかかった時にパソコンが不安定になる。
④固まりやすい。

こんな症状が出ている人は、電源の交換時期です。

人によっては、電源を本体から外して、分解・清掃するという人もいるかも知れませんが、基本的には交換がお奨めです。この電源はファンと同様に消耗品と考えた方が良いと思います。

パソコンを置いてある場所にもよりますが、埃を吸い込んでいて、ファンも凄い状態になっているケースが多く、あまりパソコン内部を掃除機で吸い取ったりしていない人はCPUファン、吸気・排気ファン、ビデオカードのファン、そして電源のファンととんでもない状態になっていると思います。

気になっている方は、パソコンの蓋を開けて一度、見てみる事をしてみてください。
これは自作派以外の人でも簡単な作業なので、2.3ヶ月に一度は清掃して欲しいと思います。

中古のデスクトップPCも同様なのですが、電源の場合には、作業している最中、もしくは起動途中に不安定になるので、記憶装置(HDDやSSD)にも悪い影響を与えます。

もしかして・・・?と思ったら交換してください。

値段的には、500Wで4000円~7000円前後でしょうか。
私の場合には、ショップで安売りしている電源をいつ予備で1個を購入しています。
大体、安売りでも350~500Wで4.000円くらいです。

本来であれば、何年か使用したパソコンは、こういう状態になる前に保険的に交換すべきです。

先ず寒くなってパソコンが不安定になった人は電源を疑ってください。

7月 072014
 

中々、自分の手に馴染むようなキーボードやマウスってありません。
何度も買い換えたりしていますが、少し使っては、前のキーボードに逆戻りなんて良くあります。

今回は、Linuxをインストールする時のキーボードのお話です。

最近のキーボードは古い時代(95.98の時代)に比べてキーが多くなっています。
電源オンオフのキーやwindowのメニューを起動させたり、太陽のマークであったり、月のマークであったりと絵柄のキーもあります。
でも、windowsでも、こういうキーって皆さん、割り当てて使っていますか?

結構、最初は物珍しく設定したりするのですが、間違ってキーを触ってしまい、勝手にスリープしてしまったり、勝手にシャットダウンとか、クソ忙しい時に限ってやらかしてしまったりします。こういう経緯があって、慣れてくると、こういう特殊キーの割り当てってしなくなります。

所謂、あっても無くても良い存在です。


(c) .foto project

ゲームで使用したりすると、キーボードの左側のAやSやD周辺のキーばかりが手光ってしまい、その部分だけ傷みが激しい物になってしまいます。ゲーム専用の価格高いキーボードであれば、キーを交換出来たり、一度に押して認識するキーの量も違い、ゲームに有利な構造になっていたります。

しかし、ゲームをしない人にとっては不要なキーボードです。

現在、私が使用しているキーボードは安物で980円のアイボリー色の物です。
ちょっと奮発して2.3000円のノートパソコンのようなキータッチのボードを買いましたが、この安物キーボードの配置(enterの大きさとか)に慣れてしまい、このキーボードを使うと、enter周辺の「や」のキーを間違って押す事が増えてしまい、使うのを止めてしまいました。

安物でも長く使うと手が馴染んでしまいます。

良く使うキーは光ってきてしまいましたが、これは最初から自分で使っている事による経年劣化とでも言うのでしょうか。
塗装が少し傷んできているが味のある旧車という雰囲気さえあります。
これからも使うことになると思うので、飲み物をこぼして汚したりしないように使いたいと思います。

さて、話は戻りますが・・・・・

Linuxの場合には、インストール時も含め、余計なキーが付いていない、オーソドックスのキーボードが良いです。
英字やマークの配列などが、特殊なキーがある場合に表示しない事もあり、探すのが大変になってしまいます。
ましては、Shiftキーを押しながら表示させるような記号では、インスト作業している最中にとても厄介になります。

こういう場合も安物の980円でマウス付き、のような物があると便利です。

特にメーカー製品のパソコンでテレビ機能が付いていたとか、そういうマルチメディア系のパソコンのキーボードは使いにくいので、980円の何の変哲も無いキーボードにして、インストールをした方が間違いありません。

量販店に行けば、色々なキーボードが並んでいて、触わる事も出来るので、好きなタッチ、色、を見て、特殊キーの少ない物を選び、Linuxマシン用として使って欲しいと思います。

無償のOSには、980円のキーボードが似合う?
まさか、そんな訳無いですよね?