早く隠居生活するために

毎日、「早く隠居したい」と思うようになっています。

22歳で大学を卒業して、途中で退社したりと色々ありましたが、現在の61歳まで39年間も仕事を続けてきました。

営業の仕事からソフト会社の仕事、一般事務の仕事までこなしてきました。

萬屋さんのように何でもやってきました。

家の嫁さんにも「早く隠居させてくれ!」と頼んではいるのですが、家の嫁さんは冷たく「もっと働け!」というようなニュアンスで我慢させようとします。私は何となく、嫁さんとの会話の中で察します。

でも、いい加減、体が辛くなってきているんですよ!!
と家の中心で叫んでも本人には届かず・・・・。

正社員ではなく、パートやアルバイトのように自分の体の調子に合わせた働き方が選べれば続けることは構いませんが、これも私は納得していません。

やはり何もしない、仕事は卒業する、そんな環境がいい。
中途半端にお金を稼ぐのであれば普通に稼がないと損のように感じます。

だから、やらない、やりたくないのです。
毎日が日曜日がいいんです。
サザエさんが始まってもブルーな気持ちにならない。

ほっといて欲しい。

大体、今の世の中、昭和の生き残りの森さんや二階さんのような感覚の人が経営者で多いんですよね。あのような感覚の人に何を言っても通用しません。

最後には精神論のようになって、「死ぬまで働け!」と言いますよ。

昭和イケイケ時代の人は「仕事が趣味」という人が多い。
この「仕事が趣味」の人、どうしょうもない人なんですよね。

趣味が無いから休日の楽しみ方を知らない、自分は仕事してそれを他人にも押し付けたりしようとするんですね。友達と呼べるのは仕事関係者ばかりです。

その上、ケチで利己主義、猜疑心が強い人です。

ケチだから会社の金で食事したりするんですよ。
二階さんがステーキ屋で会食するのも同じです。
それを部下がやると怒ったりする。

自分に甘く、他人に厳しい人なんですよね。

会社や企業は沢山の人間が集まって仕事をしている。
その中で上下関係があり、上の人は自分勝手に振舞っていられる。

その他の面々は我慢しかありません。

一部の面々は自分も早く偉くなって上司のようになりたいと思う人も居るかも知れませんが、私はその人から見えない場所に行きたいと思います。

そんな時間を39年間やってきた。

もういい加減、自由の身になりたい。
ほっといて欲しい。

只今、61歳、健康年齢は男で72歳、あと10年くらいしかありません。

10年なんて直ぐですよ。
お金のために我慢、我慢していたら精神を病んでしまうかも知れません。

俺は年金が少なくても、その年金額に合わせた生活を送りますよ。

しかし、65歳まであと4年もあるのは非常に辛いです。

御同輩の皆さんはどうですか?どうしますか?

コメント

コメントする