情報収集されないためにもLinuxを使おう!

今はどこのメーカーやソフト会社、ソーシャルネットワーク等、どこからでも情報収集されています。結論的には「無料ほど高いものはない」ということになるでしょうか。

WindowsからレノボからFaceBookやらGoogle,LINEなんて代表的なとこですね。

そのまま、スマホやらWindowsやら使用していたら、馬鹿みたいに筒抜けです。
Windows自体に情報収集用の仕組みが最初から仕込まれているということみたいです。
そんなOSをメインマシンとして使用していたら、大変な事です。
知らない間に、誕生日から家族構成、友人関係、趣味嗜好、クレジット情報、銀行口座などありとあらゆる情報が某所に収集され保管される訳です。

そんなデータにHな動画や炉利の写真なんか存在していたら、日本の法律が変わったら、すぐに白黒パンダさんがお目見得することになります。

前から、私は貧乏人はLinuxを使え!と啓蒙していますが、本当に冗談では無く、今後はメインマシンはLinuxにして、Windowsにはゲームとか音楽とか遊びの情報しか入れない事にした方が良いと考えています。

LINEなんて無料だからと女、子供が愛用しているみたいですが、スマホがどうなっていることやら・・・。他人事と思えないので注意をして欲しいと思います。

2013年という年は、太陽の変化、異常気象、など多い年でもあり、残りの4ヶ月間も地震、津波、火山の噴火、放射能、太陽風、戦争には警戒しておいて損は無いと思います。経済的にもアメリカの問題や中国、はたまたヨーロッパでの問題が今後どうなるか分かりませんし、中東から世界大戦なんて言も有り得ない話では無くなってきています。そうなってゆく環境で個人情報が色々なところで悪用される事もありうるでしょう。

話は逸れてしまいましたが、PCを使うのは個人の勝手であり、情報流出も個人の勝手かと思いますが、自分の身は自分で守るという意識を忘れずにPCやスマホ、タブレットを使用して欲しいと思います。

信用出来るのは自分で考えた事、思った事だけ。

これからのメインマシンはLinuxで情報を保護しましょう。

コメント

コメントする