市民の事を考慮しない役所という場所

現在、10万円の特別給付金の申請について問題が溢れています。

前からやることがスピード感が無しと言ってきました。
それがスピード感が無いだけではなく、申請自体にも障害が沢山出ています。

★問題点

1.ネット申請でパソコンを使う場合カードリーダーが無いと出来ない
2.何度も申請が出来てしまうこと
3.マイナンバーカードの暗証番号を忘れてしまっている人が多いこと
4.高齢者が申請するには入力が面倒なこと
5.高齢者に写真付きの身分証明書を持っている人が少ないこと
6.間違えて入力してしまうこと

ネットからの申請となるので、もう少し本人確認が簡単に出来る内容にすれば良いのにと思っていました。案の定、役所はネット申請の登録済みの検証で大変だそうです。

検証するにしても申請内容を紙に印刷して、人がそれ一人ずつ確認する作業です。
気が遠くなりそうです。

せっかくネットで電子申請したのに、アナログで確認作業をしているのです。

これじゃ、時間と人が足りなくなりますよね。

ネット申請の方法については、日本の都道府県、どこの同じですよね。
と言う事は、どこの役所も大変な事態になっているはずです。

確認作業を専門の人を何人か他部署から回すか?非常勤で雇わなくてはならなくなります。

この給付金のプログラムとデータベース(世帯主情報)を併せる事が出来なかったのでしょうか。

①ネット申請を開始する前に、世帯主のDBを作り、uniqueな番号と暗証番号を新しく割り当てる。unique番号がキーとなる。
②その内容を世帯主個人宛に郵便で送り、ネットもしくは専用ソフトを介して接続する。
③申請画面で割り当てたユニーク番号と暗証番号を入力し、DBと照合を行う。
④イコールであれば、世帯主+家族の情報が表示される。
⑤身分証明となる写真を添付すれば完了

殆ど、入力をさせなくても済むかと思いますが、いかがでしょうか。

役所機関は、高齢者がスマホもパソコンも疎いのは分かっているはずです。
それを知りながらわざと面倒処理をさせている。

その結果、入力ミスが多くなり、自分たちで申請内容をアナログで照合しなければならないという悪循環になっている。

焦って、煽られてスタートしている関係もあるだろうが、システムに関わる事については冷静に検討して欲しいと思う。

国民・市民が優先である事も考慮したシステム作りをお願いしたい。

コメント

コメントする