一家に一台ネットに繋がないPCも必要

家のATOMサーバー(CentOS6.4)ですが、毎日のようにApacheとmailサーバーに攻撃があります。
今年に入って攻撃してくる回数も多くなっているように思えます。
アクセスログを見ると同じようなIPを使用しているケースも多く、会社などのサーバーやパソコンが乗っ取られていて、一度、そのIPが遮断されても他のIPを使って攻撃をしているように感じています。

サーバーを運用されている方は細心の注意をして欲しいと思います。

さて、今回は一家に一台ネットに繋がないPCが必要という題にしてみました。
XPもサポート終了でネットに繋げないで使用を継続してゆく、という考え方も出来ると思っています。家で使用する作業には「ネットを見る」、「SNSを書き込む・読む」、「ゲームをする」、「メールを書く・読む」、「書類を作成する」など個人個人違った使い方であると思います。

XPがサポート終了になった場合には、ネットワークから切り離し、スタンドアロンのマシンとして使用すると考えている人も多いはずです。今までXPを使用していた時のデータやソフト等の資産がそのまま生かされますし、特に仕事面(ワード・エクセル・アクセス等)の書類作成には打ってつけかと思います。

ただし、これはXPマシン以外にもパソコンを所有していないとダメです。
家ではスマホとタブレットでネットするから不要だ、という人なら大丈夫です。
他に最低でも1台ネットに繋げるパソコンがあればこのような環境でもOKだと思います。

何しろ、どこから情報が漏れているのかわからない。
ウイルスだって、ちゃんと検閲されているかも分からない。

そんな状況下でクレジットカード情報やID、パスワード、個人情報などを入れておくのはどうなんでしょうか。ネットで遊ぶ事を目的としたパソコンには重要なデータを登録やファイルを保存をしておかない事です。

それであれば、お金を掛けない一番の方法はネットを遮断して、単独PCとして使用することです。そうすればLinuxを入れなくても、windows7を入れなくても、そのまま使用する事ができますし、いままでと同じソフトも使用することが出来ます。

特に高齢者の方は、家でめったに使わない場合には、こちらで充分。
複数台パソコンを所有している人は、大事なデータはXPに移動させて、必要な時にそのデータを見る、管理するという手法でいけば安心・安全です。一年に何回かしか使わない年賀状の印刷とか、そんな作業なんかそれで充分ですよね。

私の家には、windows2000もまだありますし、XPもスタンドアロンとして1台は残そうと思っています。というのが、word,excelの最新版が使いにくいからです。くだらない作業に時間をかけたくないので扱い易いソフトで動かし、USBメモリをウイルスチェックをした上でファイルを移動させて使うようにします。・・・USBメモリを媒介して感染するウイルスもあるので安全と思わず、必ずウイルスチェックをするようにしてください。

家ではあまりネットを見ない人はこれで充分です。

だけど、ネットに繋げたい、と言う方はLinuxにするか、windows7かwindows8に入れ替えるか、新しいPCを購入するかはお財布と相談して進めて欲しいと思います。

コメント

コメントする