Googleの勝手にCM止めて欲しい!!

最近はYouTUBEで動画を見たりする事が多くなりました。
下手したらテレビ見ているより、自分の好きな情報だけを見ることができるので、そういう事になっていると自分では判断しています。

しかし、YouTUBEを見るときに右側のサイドバーの上に勝手にCMのビデオが流れたり、CMの画像が出てきたりしませんか?
腹が立つので、どうやってキャンセルするのか?調べてました。

何しろ、好きな動画を再生して見ている最中に、右上で別のCMの動画が勝手に流れてきて、動画はみにくくなる、音まで混じってしまいます。
まぁ、LinuxのFirefoxをつかっているのでこの関係でしょうがないのか?と思っていましたが、CMの右上にGoogleのマークがあり、Adsenceなとかと書いてあり、そこのサイトに行くと・・・

Google の Ads Preferences Manager では、ブラウザに関連付けられているカテゴリを編集したり、パーソナライズされた広告を表示しないように設定したりすることができます。と書かれていました。

そこでAds Preferences Managerのサイトへ行くと・・・・・

ウェブ上の広告
パーソナライズを無効にしました。この設定はいつでも有効にできます。

広告表示設定を使用するように設定すると、表示するインタレスト ベース広告をカスタマイズできます。

Google は Network Advertising Initiative に参加しており、オンライン広告に関するプライバシーの業界標準を採用しています。aboutads.info choices ページでは、インタレスト ベース広告に使用されるこの Cookie と他社の Cookie を使用しないように設定できます。Keep My Opt-Outs プラグインをインストールすると、NAI に参加するすべての企業からインタレスト ベース広告の表示が行われないよう設定を維持することができます。と書かれています。

そこでKeep My Opt-Outs プラグインをインストールしようとおもいましたが・・

別の小窓が立ち上がり・・・
アプリケーション、拡張機能、テーマをインストールするには、Google Chrome をご利用ください。 Google Chrome をダウンロード

と出てくるではありませか。ふざけているのいい加減にして欲しい!

ましては・・・・Cookie を利用したオンライン広告カスタマイズをブラウザで永続的に無効にすることができます。と書いてある。

何よ!これ!、結局はテメエのところのブラウザを入れない限りは永遠に出てくるのか。頭に来たのでインストールするの止めました!

自分の情報がGoogleに漏れるのが嫌なので。

ちなみにインストールしないでopt-outしてみましたが、全然変わらずです。

勝手に人の情報盗んでCMを出す、姑息なやり方すんじゃねぇよ。

Firefoxのアドオンに良い物が見つかりました。
Ad-Block edge 2.0 というソフトです。

インストールはツール→アドオン→アドオン入手→一番下の左側に赤いマークでABEと書かれています。

ツール→アドオン→拡張機能で設定ができます。

これを入れてみたらシャットアウト出来ました!
困っている方、一発いかがですか?

コメント

コメント(4)

  1. きんさん on

    Googleもひどいが、Yahooはもっとひどいな。
    結局ネット社会では情報を発信しても受取はしないみたいな、
    一方通行状態を維持しないと無理なのかもね。

    まぁ、知らん人は情報じゃじゃ漏れで仕方ないよ。
    武器を持たずに戦場に出向いているのと同じだし。
    勉強しないしな(笑

    返信

  2. sat0204 on

    しかし、GoogleといいYahooといい、一般市民がシステム的な事が分からない事を良い事に何でも許されるような事は大企業としてどうなんですかね。

    はっきり言って詐欺同様の手口だよ。

    Windowsだって、どこまで中の情報が守られているのか分からないと思いますよ。

    返信

  3. きんさん on

    まぁ火狐が一番いいやね。
    メモリ喰うけど。

    返信

  4. sat0204 on

    古いPCにはLinuxでFirefox動かしているのが楽しいよ。
    CentOSならpentium4(3.0)でもさくさく動きます。
    AGPで128MB以上のgeforceとかなら動画も大丈夫。

    画面も以前のGNOMEと比較するときれいです。

    このところXPより、使用頻度が高い。

    返信

コメントする