早く仕事を辞めて毎日が日曜日になりたい

神奈川県は朝方雨が降っていましたが、晴れました!!

これで道路の水分が抜ければバイク日和になります。
今日は文化の日で祭日ですから、外出する人も多いかと思います。

私は勿論、仕事をしています。

基本的な休みは土日以外ありません(T_T)
夏休みもありませんし、年末年始も必ず3日までとなっています。

もう少し休日が増えると有難いと思っています。

何しろ平日が休めないので医者に行きたいと思ったら年休を使うしか方法が無く、60歳過ぎた私にとっては辛いものがあります。

定年を過ぎて60歳以降も働く事にするとなれば、パートやバイト的な時間給の仕事の方が無理が無く良いのかも知れません。

正社員で60歳を過ぎて働いていると、それなりの責任は問われますし、色々な面倒な作業的な事もやらねばならなくなり無理をする事になってしまうからです。

今は正社員で単一の仕事だけしていれば良いという時代ではないですから・・・。

皆さんの中には私のように「早く隠居したい」、「仕事を辞めて自由になりたい」などと思っている人沢山いらっしゃると思います。

60歳を過ぎれば何となく体力や頭(記憶や回転)が劣っている事が自覚できるようになります。私の場合には53.4歳の頃に何となく自覚しました。

そこを無理やり老後の生活のために貯金をしなければならないとか、家族(奥さん)のためにお金を残してあげたいとか考え始めると会社を早く辞めるという選択肢が自分の頭の中から無くなってしまうんですね。

体や頭が不自由になってきているのに、仕事を辞められない。

これがまた最高のストレスを生む事になってしまいます。

自分の父親は自営で自転車屋をしていましたが、死ぬまで現役でした。
仕事が好きであったとは思いますが、生活するという面で仕事を辞める決断が出来なかったのだと今は思っています。

自営なので年金は国民年金で額が少なく、少しでも生活が楽になるように仕事を細々続けていたと思うと早く隠居させてやりたかったと。

結果、お店で転倒してから急に体が弱くなった。
そして風邪を引き、肺炎で亡くなりました。
きっと頭の中には、仕事を辞めて好きな釣りをしたかったのだと思います。

今の社会は人間関係が非常に面倒です。

もうそんな人間関係の中に居たくはないし、無理をしなくても普通に付き合える友人などと居た方が楽であるし、精神的にもリラックス状態になれる。

老後の生活のために精神や体を壊してまで仕事をするべきではない。
自分の寿命を縮めるだけなのである。

後は、年金を開始時期をいつにするか?である。
繰り上げをすれば、額が少なくなる、でも65歳まで待っていられない気がする。

そうなると、仕事の携わり方を変更するしかない。正社員を辞めてパートやアルバイトに変わり、自分の好きな日数、時間だけ出勤する方法である。

問題は同じ会社にパートで居れば、同じ仕事をやらされるのがオチである。
前の仕事の縁が切れず、何かと使われてしまう恐れがあることだ。

我慢をして仕事を続けるか?
一発奮起をして辞めるか?
それとも働き方を変更するか?

非常に悩ましい選択をしなくてはならない状況である。

コメント

コメントする