2021中古パソコン買う場合の最低スペックとは

windows7が終了した事で中古PCも種類が多くなり安価になっています。

これはデスクトップに限らずノートパソコンも同様です。

中古PCと言えば、今まで発売されたパソコン全てになる訳ですが、いかんせん安くても買ってはいけない物もあります。

私が目を付けるのは「OS無し」の中古品です。

元々、中古PCはLinuxをインストールすると決めているので、中途半端にOSが入っていない方がいいし、その分安くなっている。

HDDもSSDに変更したりするのが基本なのでHDD無しでも基本OKです。

そして今、買うにしても線引きをしています。

その線引きとはスペックです。

中古であえて古いCPUで昔のLinux入れる必要はありません。

SSDにして今のPCと比較して普通に動作すべきPCを選びます。

その最低ラインとは・・・・

私は、Core2Duoの2.0GHz以下はアウトにしています。

特にノートパソコンはCPUを交換出来ない機種もあるので、CPUは周波数の高い、そしてコア数の多い物を選択するべきです。

★却下

・atom
・cleron
・pentium M
・pentium duall core
・core2duo 2.0GHz以下

★最低ライン

・Core2Duo 2.0Ghz以上
・メモリ4GB

これが今現在私の最低限レベルのスペックに設定をしてあります。

★最低ラインのOS

・LXLE Linux
・Lubunt
・Linux lite
・ZorinOS

これらの軽量Linuxを選択します。

最新のLinuxもインストール出来ますが、やはりこのスペックには大きく重たい。
軽いOSと少ないメモリでも余裕があるOSを使うのがベストです。

基本的にはDebian系のLinuxが軽量タイプには似合っていそうです。
GUIとしても使い易いと思います。

世代はともかくi5やi7であれば最新Linuxをインストール出来ますし、この先も余裕をもって色々なLinuxを試す事が出来るスペックです。

やはり4コアは欲しいところです。

使用者のメインPCがあり、そのPCから遠隔操作(SSH)するなら、最低ライン以下のスペックでも良いかと思います。この線引きは、単独PC機としても使用する考え方です。

最近、X200を友人から頂きまして、スペックがCore2Duo P8400(2.4GHz)なのでどうするか?悩んでいます。

SSDを購入して、DebianかLXLEでもインストールして使おうかどうか。

いかに中古と言えども分解して清掃したりは必要不可欠です。
特にノートパソコンはCPUファンの汚れやファンチェックしないと熱暴走もあります。

自宅待機や不要不急な外出が出来ない今、Linuxでも勉強するに良い機会かと思います。

コメント

コメントする