スマホ肘・首と指の痺れのその後について

痛みが始まったのが8月31日の朝でした。

朝起きた時には、肩甲骨の内側、肩、肘、手の痺れがありました。

そこから2週間は痛みが取れずに夜も何回か目を覚ましていました。

整形外科には2回、接骨院にも2回行ってきました。

1か月を経過して痛みは10.20%程度です。
指(親指・人差し指)の痺れはまだ残っています。

怪しい接骨院にまた行こうかどうか悩んでいます。
というのも怪しいからという理由ではなく、保険が利かないので一回の治療に4000円もかかってしまうからです。

本来であれば、2週間に一度行くのがベストらしいが、2回分の8000円は私にとって非常に重たい金額になります。毎週行っていたら16000円以上かかる計算です。

今まで悪い姿勢を長く続けてきた関係で脊髄から腰が肩が歪んでしまっている。
それを矯正するので時間がかる。

貧乏人ならではの悩みとなってしまっています。

そして整形外科ですが・・・・

こちらはいつも高齢者で大混雑をしているので行くのが面倒になってしまっている。

最初に診てもらった時に首のレントゲンを撮影して、痛み止めの薬と湿布をもらった位で特に2回目も何も診察をしないで薬をもらった程度だったので行くのを止めてしまいました。

だから今は、自分一人で人知れずストレッチをして頑張っています。

スマホ首を治すストレッチや肩、肩甲骨に張り付いた筋肉を剥がすストレッチをメインにやっています。

これはスマホ肘、スマホ首に限らず肩凝り、歯痛、頭痛にも良い効果がありそうなので、皆さんもyoutube等でストレッチをやってみてはいかがでしょうか。

特に50代、60代の人達は体が硬くなってきているので風呂上りなど体が温まっている時にやると良い効果が得られると思います。

何しろ、これには費用はかかりません。

必要なのは自分の「やる気」だけです。
それで体の具合が良くなるのであれば一番良い事だと思います。

痛みの症状が出てからでは遅い。

スマホ、PCを一日2時間以上やっている人は予防ストレッチを始めましょう!!

コメント

コメントする