2025年はどうなっているのか?その2

前記事で7年後の2025年はどうなるか?について書きました。
元号が変わり、東京オリンピックが2020年、その後のお話しです。

2025年と言えば、高齢化の波が一番大きくなる年でもあります。
それは、団塊の世代(約800万人)が75歳以上となり、以降は、国民の医療や介護の需要が、さらに増加することが見込まれています。

将来を予測していて何か考えさせられる内容になりますね。

オリンピックが終わり、建築、土地の評価額が下がり、経済停滞、そして高齢者増加による国民の負担増加(税の負担が大きくなる)などなど・・・。

どう考えても明るい未来が見えないのは私だけでしょうか。

この2025年予想については個人的に景気が悪くなる、または現状維持であると予想して書いていますが、皆さんはどういう想像をされますか?

1.景気は良くなっているはず!
2.悪くなっているはず!
3.変わらないと思う

さて、どうでしょうか?

もし、2.の悪くなっているはずとした場合は、ちょこっと税金を上げた程度では問題が解決しそうに思えないですよね。

議員の削減、公務員の削減、天下りの廃止、など税金を使っている部分にメスを入れない限り、彼らは自分達の都合の良いシステムを作り上げますからね。

大体、日本人の人口が減っているので、この減少に応じて公務員も議員も少なくさせるべきです。

基本人口が1億人=100%としたら・・・

人口が9000万人=90%(10%減)
人口が8000万人=80%(20%減) とすべきではないですかね。

それと国会議員ですが、参議院は要らないですよ。
仮に残したとしても3分の1以下で充分でしょう。
衆議院も1人、2人削減したからってやった気になってもらっては困る。

議員もそろそろ年齢制限をした方が良いと思いませんか?
75歳過ぎて脳が委縮しているような人が国を動かすような事しているのはどうかと思う。
大体、年を取ると口ばかりになって行動が伴わない。
これこそ老害ではないか。

そして、年金も基になっている厚生年金や共済年金は全て合算させて一つにまとめる。
こうしないと公務員の特権ばかり作る事になる。そして厚生年金レベルに合わせてもらう。

生活保護世帯には、世帯数に応じた食料購入費と住宅費(水道光熱費)、子どもの養育費は実費として支払うが、その他は現金の支払いはなるべく止めるようにする。
病気や高齢者以外の受給者については追跡調査を行う。
受給資格があるのは税金を納めていた日本人だけにする。

一部の人達が得をするシステム(ばらまき政策)は全て止める。

色々と問題が多い、補助金についても全て凍結。
この補助金を支払うために色々な機関を作り、そこで審査や書類のチェックをする作業が増えて、結果、公務員の天下り先になっている。補助金が一部の人達だけが扱える不明瞭で不平等な仕組みになってますよね。

そういう怪しい部分が介入する補助金システムは全て止めた方が良いのではないか。

そして消費税は10%にする。
その消費税には生活に欠かさない食品関係、医療関係、などを除外する。(贅沢品は10%)
この財源は社会福祉だけに使用する。他の財源に充てない。

高齢者の医療については、基本的に80歳以上の場合は延命処置をしない。
また、尊厳死も認めるようにする。但し年齢制限(例えば75歳以上とか)を取り入れる。

まだまだ色々と思いつく事があるので、次回に・・・。

2025年頃は一体どうなっているのだろうか?

平成も31年3月頃に終了となります。
次の元号はどんな文字になるかは分かりませんが2文字の漢字になる事でしょう。

昭和から平成に変わった時は、いったいどうなるのか?と思っていました。
今回元号が変わるのを始めて経験する人は同じような気持ちなのではないでしょうか。

基本的には「何も変わりません」のでご安心を。

元々、元号を変えるのは天皇が代わった時にと思われがちですが、昔(平安時代とか)は、都に病気が流行ったから元号を変えようとか、都を移したから変えようとか、その時の気分に応じてやっていた時代もあるんですよね。

新しく元号が変わる来年は良い年になるといいですよね。
この平成から新しい元号が変わる2019年と言えば、東京オリンピックの1年前となるのはご承知かと思いますが、国のイベントが2年連続で続くのも珍しいように思います。

しかし、2020年の東京オリンピック後の日本って一体どうなっているでしょうか?

皆さんは考えた事ありますか?

私は最近、この元号が変わり、新しい天皇が即位し、翌年に東京オリンピックという流れの後に何かがあるように思えてなりません。

今は、オリンピックに向けて建築ラッシュであったり、ホテルが足りない、民泊を増やすとか言ってますが、この大きなイベントが終わった後どうなるのでしょうかねぇ。

一気に、ホテルが空き室が目立ち、海外から来る観光客も減り、建築する建物も少なくなり、経済的な問題が噴出するように思えてなりません。

そんなこんなやっている内に、お隣の大国のバブルが崩壊したりする事も考えられる。

そんなオリンピック終了後の2025年ってどうなるんだ?

2025年と言えば、今から7年後の事になります。
私が現在58歳なので、+7歳として65歳になっています。

65歳と言えば、年金を受給できる年齢ですよね。
しかし、これだって確実なんてありません。
もしかすると、70歳からの受給に変わってしまっているのかも知れない。

一番、考えられる事はオリンピックが終わって建築ラッシュも終わり、都内の高層マンションとか日本の土地の価格が急激に下がる事も考えられますよね。

何しろ、日本は人口は減る訳で、今までじじばばが住んでいた土地や建物が空き家になってしまい困るような現象が地域によっては現在でも起こっている。

私の予想だと、今、家やマンションを買うのは非常に危険であると思っている。
ましては住宅ローンで25年とか35年とか・・・。
本当に駅前とか歩いて数分の立地であれば良いが、そんな場所はそうはあるまい。
2年後のオリンピック後に土地の評価額が一気に値下がりする事が考えられる。

そう考えると、買うにしても東京オリンピック後に様子を見ながらが良いのではないのか。
逆に土地の評価が下がる事、そして人口が減り賃貸物件も多く空きが出るようになったりすると、安い賃料で比較的良い条件の物件を借りれる事が出来るようになるかも知れない。

20年30年先に自分の勤めている会社があるかどうかだって分からない。
ましては、不動産の借金返済に退職金をあてには出来ないだろう。

全てはオリンピック後の日本の国内経済がどうなっているのかにかかっている。

 

年末年始はもっと休暇を取るべきではないかと思う

1月も中日を過ぎてしまいました。
時が経過するのは早いものですね。

思い出すと、今年のお正月ほど正月らしい雰囲気が無かったのではないでしょうか。
箱根の駅伝、ニューイヤーとお正月の陸上競技はありましたが、何となくそう思ってます。

大体、正月の三賀日くらいは全店休業というスタイルでよろしいのではないでしょうか。
私が子どもの頃はどこの店舗も全部閉まってました。
不思議とその事で不便と感じた事は無かったように思います。

年末年始くらいは、一般の店舗やコンビニ、飲食店は営業しなくても良いのではないかと思います。
最近は、どこでもバイトを使い、長時間労働を強いている状態で、休める時を作ってあげるのも経営者側の仕事ではないかと考えています。

一番困るのは、365日動いている仕事です。
ホテルや交通機関、病院や介護施設、色々あると思いますが、順番で休暇を取る仕組みになっている業種です。これが一番たちが悪いのではないか?

あの36協定って廃止すべきだと思いませんか?
会社側に都合の良い事ばかり並べて、経営者側に親しい人から協定書承諾印をもらったりしている。
一般会社員が知らない内に36協定が締結していたりするんですよね。

自動車工場とか大きな会社は独自のカレンダーを作っていて全体を停止させて休める期間を長く作ってある会社もありますが、ほとんどの中小企業は順番で休みを取る形態かと思います。

すると、休める人と休めない人が必然的に出てくるんですよね。

ましては人材不足のサービス業の飲食業界や介護業界は順番で休まれるとローテーションがままならなくなる。よって、責任感がある人は休みたくても休めない状況が出てきてしまうんですよね。

人出不足の問題はそこで働いている末端の人の問題ではなくて、業界、会社側の問題であると思うんですよ。その経営者側はゆっくり長く休みを取って、末端の社員もしくはバイトを働かせているという状態なんですよね。

それも安い賃金で・・・。

仕事に出たら正月手当とか残業手当などの給与面もしっかりしていれば問題ありませんが、大体、こういう企業は、そんなもの払わないはずです。払う気もありません。

そして、「別にローテーションで休んでいるから」と他の人に訳の分からん話をしたりする。
してあげた行為が全然、経営者に伝わっていない。
逆に当たり前のような態度だったりする訳です。

こういう自己中で小心者の経営者が多いということですよ。

また、こういう経営者の特徴は人の良い所よりも悪い部分を見るという事もあります。

「あいつはあーだの、こーだの」人の文句を言う。
その人の良い所を褒めたりは一切しない。
挙句の果てに非常にケチであったりする。

そんな経営者のいる会社は今後長く存続していられるかどうか分かりませんね。

沈没する前に避難行動を取るようにしましょう。

 

打たれ強いPC、その名はDELL-Inspiron

爆弾低気圧の関係で北かた寒気団が押し寄せてきています。

その影響で日本海側や九州地方では雪が降ったりと寒い状況となっています。
私の住んでいる関東地方(神奈川県)は天候は良いのですが、気温は低く、風は冷たい。

やっぱり冬は辛いですね~
まだ雪が降らないだけマシなのかもと思っております。

皆さんも風邪とインフルには気を付けていきましょう。

今日は会社の私が使っているPCについて話をしようと思います。

会社では主に事務とシステム(HP製作・更新・管理、社内サーバー管理)の仕事をしています。どちらかというと事務の仕事が割、しすてむ系の仕事が2割、その他雑務が1割というところでしょうか。

システム系の仕事を社内では唯一私だけが担っているのですが、使っているPCは前からあったDELLのCPUがi3の古いものです。機種はInspiron-580s(i3-550-3.2Ghz,メモリ4GB)です。

このところ朝仕事に来て、PCのスイッチをONにしてもなかなか起動がしてこなくなってきました。
500GBのHDDも結構な領域を使っており重たくなってきている上、前の使用者が適当な使い方だったようでメンテナンスは何ひとつされていない状態のPCでした。

仕事に来て、朝のミーティングが終わって30分以上経過にしているに関わらず、一応、起動はしているものの、HDDランプは点灯し放し状態で動きが悪い。

いつもは気を長くしてほっとくのですが、忙しい時には困るんですよねぇ。

メールを早くチェックしたい。
書類を印刷したい。

人から書類の提出を求められたりするのですが、何しろ画面が切り替わらず遅い状態が続く。
使い易いと思うのは、OSがwindows7である事だけでしょうか。

しかし、このDELLのPCはしぶとい。普通はここでエラーを起こしたりブルー画面になったりするのですが、壊れないんですよ。不思議と埃まみれになっていたのに、DVD-ROMも壊れない。

ぼろい車ほど傷が付かないというジンクスと似ているような。

この頑丈さが原因で仕方なく使わなくてはならない状況になってしまっている。

ところが最近になって、この症状を知った上司から「PCを新しい物に替えなさい!」と言う指示がきました。どうせ、安物のi3とかi5、A10等のCPUを積んだ、いわゆる安物PCなら欲しくはないのですが、「性能の良いPCを買って良い」とのこと。

しかし、そう言われても一番高いCPU積んだPCの値段を知ったらどうなるのか?
とか、くだらない事を考えてしまいますよね。

妥当に10万円前後の中級者向けPCにしておこうかと考えたりもします。

今はCPUでも6コアとか8コアとか出ていますよね。
AMDのRYZENとかもある。
8コア16スレッドなんていうPC使いたいですよね。

ただ、仕事の内容からすると、ビデオ編集をする訳でも無く、サーバー管理もSSHで操作する程度で大体の処理は出来るし、HPの更新もつい最近WorPressで作ったばかりなのでそう必要とはしない。

結局、ボンビーは必然的にボンビー仕様のPCに落ち着くんですよ。安物PCの方が気を使わないで使い切る事ができる。壊れても、「元々、安いから仕方が無い」で済むが、これが値段の高いPCならばそうはいかんだろう。

皆さんだったら、どんなPCを選択しますか?

 

【バイク】今年の初走行(やっぱ楽しいね)

今年ももう1週間が過ぎました。

しかし、早いですね。
そんなこんなで1月はあっという間に過ぎて行きます。

会社はスタートしましたが、この年末年始のグータラ状態で本調子になっていない人もいるかも知れません。3日以上仕事を休むと勘が鈍ってしまいます。

普段の生活リズムに早く戻さなくてはなりません。

1月と言えばインフルエンザが流行する月でもあります。
ちょっと異変を感じたら医者に行ってタミフルをもらうようです。

さてさて、この週末の日曜日に今年初のバリオスに乗って走ってきました。

宮ケ瀬から秋山渓谷、、そして都留方面に向かい、道志道に戻るルートです。
天気は良かったのですが、やはり寒いです。

気温は6℃だったのが3時過ぎには4℃になってました。
そんな気温の中、丁度、お昼の12時頃から夕方自宅に戻る5時頃まで、ほとんど走り放し状態で、途中止まったのは缶コーヒータイムを2回で15分程度でした。

もう楽しくて面白くて一人で走り回ってました。
距離は165キロ走行しました。

大体、午後からバイクに乗り出すと夕方までに150~170キロ前後の走行距離になります。
この位の距離が体にも目にも丁度良い感じですね。

今は寒い時期なので、1時間半走って缶コーヒータイムで手を温めるようですが、気温が10℃前後になれば休息を取らなくても走っていられそうな感じがします。

「この寒さの中、山の方にバイクを乗る人なんていないでしょう!」と家内が言いますが、これがまた沢山走っているんですよ。

この時期にあえてバイクに乗っている人は本当にバイク好きなんでしょう。

一人で山道を走っていると、自分のペースで安全に走行するように心掛けているので周りの景色を見ながらのんびりと走行している時もあります。

町中を走っていると250ccでもパワーを持て余しているような感じですが、山道を走っているとやっぱり250ccではパワーが足りないなと思う事もあります。

400ccの4気筒バイクにも乗りたいなと思いながら、「自分ではこの大きさが体にも丁度良い」と弁解しながら走っています。これは400ccのバイクに乗ったところで、今度は大型バイクにも乗りたいと思うようになるのと同じかと思います。

体に見合ったバイクに乗るのが一番ですし、もし転倒しても起こせないのでは困る。
女性でも大型バイクに乗っている人を見かけますが起こせるのか?と心配になります。

92年式の古いバリオスですが、エンジンも調子よく、吹き上がりも満足、そして燃費も165キロ走行して消費燃料は7リッター程です。リッター23キロ走行しています。山道でストップアンドゴーが無い分、燃費がいいのかも知れませんが、キャブレターのセッティングもここにきてようやく合ってきたのではないかと思っています。

走行中にエンスト等、最近は全然ありません。
エンジンが調子良いと走っていて安心感が違います。

服装は上下、ワークマンのイージスを着ていましたが、寒さは全然気になりませんでした。
冷えるのは指先(手袋)だけです。私の場合には皮の手袋とネオプレーン製の手袋を二つ持っていき、片方が冷えたら取り替えて走るようにしています。

でも、安い電気手袋(USB電源から電気を供給するタイプ)が欲しい。
夕方、陽が落ちても手が暖かいともっと走ろうかなという気分になりますしね。

今度は朝一からバイクに乗って、夕方6時頃まで走ってみようか?と考えています。
目標は、1日で300キロ(高速を使わない)だな。

次のページ →