スーパーカブとハンターカブが売れる理由

スーパーカブは長い期間、デザインを変えずに生産販売されてきました。

どこに行っても知らない人はいません。
新聞屋さんから郵便屋さん銀行員も使ってます。

理由は、耐久性と経済性です。
あれだけガンガン低速で走って、エンジンも酷使しているにも関わらず壊れない。

ボロボロでドロドロの汚れたカブでもエンジンはかかるし、ちゃんと動きます。

言い方悪いですが、これがバリオスだったらとっくに壊れてます。
それだけ、エンジンが良く出来ているのだと思います。

このエンジンは色々な車種に搭載されてきました。

それがモンキーであったりダックスであったりジャズなどもそうです。

最近では、原付2種で110ccや125ccに排気量を上げた車種もあります。
それがスーパーカブ110や125、クロスカブ110等です。

長い事販売されているとファンも多く、中型、大型のバイクを所有していてもセカンドバイクとして欲しくなる存在のようです。

そんな所有欲をくすぐるカブがハンターカブ(CT125)です。

カブでありながらアップマフラー、エンジンガードが付いている。
どこでも走れるカブになっています。

スーパーカブがあり、派生としてクロスカブやハンターカブがある。
ハンターカブが売れたからと言ってスーパーカブは無くならない。
極端な話、モンキーやグロムが無くなってもカブは最後まで生き残るはずだ。

そこが長く生産されてきた証でしょうか。

昔からデザインが変わらない。
何十年経過しようが、人に愛されるかたち。
これから100年経過してもデザインは変わらないだろう。
Made in Japanという表現が一番似合うのはスーパーカブのような気がします。

車で言えば、英国のMINIのような存在です。

時間が経っても人に愛されているところでは同じです。
タイムレスデザインと呼ばれるようです。
デザインが変わらないところに安心感がある

今の車には無い事です。

何でも新しいデザインが良い訳では無い。デザインそのままに新しい機能を取り入れていくような車があっても良いのではないでしょうか。

人気があって売れた車種も二代目・三代目になると変なデザインになり売れなくなるのを何度も何度も見てきました。

それなら長く同じ形で見えない部分を新しくし売れば良いと思う。
部品などは生産数が多くなれば安くなり、結果的には販売価格を安く提供する事にもつながるからである。

車、それも軽自動車さえ購入出来ない人が増えてきている。
それだけ非正規が増え、正社員の給料も減っている。

移動手段としてバイクが見直されるのも当たり前の事なのかも知れません。

アドレス110のアイドリング不調(回転数が高い)を修理する

この土日の休みで調子がイマイチなアドレス110を診てみる事にしました。

私の推測としては・・・・・・・

①アドレスのコンピュータの異常
②インジェクション・コンピューターのソケット等接触不良
③アクセルの戻りが不良

という事を考えました。

私のアドレスは中古で購入しており、外装はそこそこ綺麗ですが、距離は3万キロを超えています。

この5月に購入した際にタイヤ前後交換、プラグ新品交換を行って、10月に駆動系のベルト交換とウエイトローラー(11g~9g)の交換も行っています。

その時に感じた事は、前所有者のアドレスの扱い方です。

外装は綺麗であり、雨にも濡れないで屋根下で駐車をしていた。
プラステック部分が白化していない状態でした。

ただ、駆動系のベルトは1cm以上細くなっており、最高速が伸びない状態であった。
駆動ベルトはスクーターであれば2万キロ前後で交換した方が良い重要な部品ですが、このアドレス110は駆動部分の蓋を開けた形跡が無かった。

だから、内部が赤黒いベルトの削れた屑だらけであった。純正のウエイトローラーも一部削れがあったが、走行距離を考えるとそれ程減っていなかった。

前所有者はメカに詳しくなかったの関係でスピードが出ない理由が分からなかったのだと思う。それで下取りに出したか買い替えたのではないか?と考えた。

機械的な事が詳しい人で無ければ、110ccのスクーターで距離が3万キロを超えてスピードが出なくなれば、「そろそろエンジンの寿命か?」と考えても無理はありません。

車体自体も立ちごけが1度あるのかな?程度の傷があるだけで艶もあり綺麗な物です。

ライトもポジションもLED等付けておらずノーマルのまま。
私と同様におやじさんが乗っていたと私は推測しました。

当たっているかは分かりませんが、多分近い感じではないでしょうか。

そしてインジェクションとコンピュータ周辺を確認するために分解作業をします。

外す部品は・・・・

①足元シート下カバー(ネジ4本+)
②シート下収納ボックス(10ミリ4本・ネジ2本+)

するとシート毎ボックスがそっくり外れますので、エンジンが丸見え状態です。
丁度、エンジンの上にインジェクションがあり、後部にコンピュータが張り付いています。

ざっと見ると・・・「そんなに汚れていない」という印象です。
ただ、フレーム等は埃が沢山付いていました。

配線は外さずに手に取りじっくり見て見ます。
線が抜けていたり傷んでいたりする部分はありませんでした。

コンピュータも見てみると・・・・・・
雨に濡れないようにプラで周りを囲んであります。

ソケットを外してみると・・・・・・「う~?」

ソケットのピン6本分ほどに緑青が付いています。
これはどうみても、雨などの水がコンピュータ下部のソケットに入り込んだが、濡れないようにしているプラカバーに水が溜まってしまっていたか?どちらかです。

アドレス110のコンピュータは横型に設置されており、配線ソケットも横にあります。
なので、どうしても下になる配線側のソケットが水等に侵入され易い状態である。
位置を変えようと考えたが配線が短く、最短な横置きの長さしかない。

仕方無いので、シリコンスプレーを使って緑青を落とす作業と緑青で通電が悪くなっているピンを少し磨いておく事にしました。ピンを曲げないように作業するのは大変です。
ソケット内部の緑青はシリコンスプレーを穴に何度も吹いて飛ばすようにしました。

ついでに、インジェクション周辺のゴム、プラグコード、配線ソケットなどにもシリコンスプレーを吹いておきます。

少し放置してボロ布で拭き取り、周辺も簡単に掃除して完了です。
作業的には30分程度ではないでしょうか。

完成後試運転を1時間程度してきました。

始動直後は寒さの関係もあり、アイドリングは高くなりますが、乗っていてエンジンが暖かくなるにつれて回転数も下がってきます。

不思議なのは、このアドレス110のコンピューターは一度スイッチオフにしてエンジンを停止させて再始動すると安定するという事です。回転数がちょっと高いなどあるようであれば、一度エンジンを止めてから再始動するといつものアイドリングになります。

20分ほどでいつものアイドリングに戻りました。
ちゃんと15kmくらいでクラッチも切れます。

今までアイドリングが高かった影響で、低い回転数のアイドリングが止まりそうで不安がありますが、これがいつものスズキのアドレスだと思います。

アドレス110でちょっとエンジンが調子悪い。
アイドリングが高い、不安定であるという人は一度、コンピュータのソケット部分を疑って診てください。

特に屋根無しで保管している方は注意してください。

アドレス110のアイドリングが高いままになる

もう少しで12月に入ります。
2020年も残り僅かですね。

そんな時期にコロナウイルスの第3波が猛威をふるっています。

経済を止めないで感染を防ぐという難しい状態の中で感染者を少なく重症者も少ない状態で踏ん張っていましたが、とうとう抑え切れなくなったようです。

我々に出来る事はマスクをし外食をなるべく避けステイホームする事なのですが、一方でGoToキャンペーンのように経済を動かさなくてはならない事業も政府を行っています。

要は・・・・

感染を防ぐ事は店や個人でやれ!
国は経済を止めないで回すだけ。

と言う事なのだと思います。

もしかすると感染者が今以上増えれば非常事態宣言も再度出る可能性もあります。

せめて、外国からの入国はさせないようにお願いしたいものです。

私も毎日、アドレスに乗って自宅⇒仕事場、仕事場⇒自宅の往復をしています。
どこにも立ち寄らずに家に帰ります。

このところアドレス110のエンジンの調子がイマイチなのでは?と感覚的に感じるようになりました。

だいぶ寒くなってきているので影響もあるかも知れません。
★症状

朝イチでエンジンを始動すると直ぐにかかる。
エンジンは勿論、冷えているのでアイドリングは高くなる。
そのまま走行をするが、10分、15分走ろうがアイドリングは高いままである。
信号待ちで止まると、回転数が高いので駆動が振動している。
一度、エンジンを止めて再度、始動するとアイドリングは低くなる時もあれば、最初低くても徐々に回転数が高くなってしまう時がある。回転数が上がったり下がったりを繰り返す時もある。

この時に信号の手前で減速をすると普通は15Km以下になるとクラッチが解放されてニュートラルのような状態になるのが普通だが、信号手前で減速してもニュートラル状態にならない。(でもアイドリング時に前に進む訳でもない)

★整理すると・・・

①エンジンの冷却時及び暖気時において始動性は良い
②自動チョークが利いているが中々チョークが切れない
③一度、エンジンを停止させて再始動するとアイドリングが戻る事もある。
④暖気後のアイドリングが上がったり下がったりする場合がある。
⑤低速時にニュートラル(クラッチ解放)していない。

というような症状です。

これが「普通だよ」と思うか「ちょっとおかしい?」と思うかは乗っている人にとって感じ方が違うと思いますが、私は「おかしい」と思ってます。

この症状が原因でエンジンが止まる、加速が悪いという事はありませんが、燃費には悪影響を与えているのは事実かと考えています。

アドレス110はF1(フューエルインジェクション)なので、アイドリングもコンピュータが調整をしているはずです。

アイドリングが高い、不安定な事とクラッチがニュートラルにならない症状は別に考えた方が良いのか?

それともアイドリングが高いからクラッチが解放されないのか?
その関係性も分かりません。

この土日に1.2時間とちょっと長めにアドレス110に乗ってみて、エンジンの状態、クラッチの状態がどうなのか?判断しようと思います。

同じような症状の方、いましたら教えて下さい。

日本の名車が無くなる日は近い

日本車が海外でブームになっています。

特にアメリカではNISSAN-GTRの人気が高く、古いR32タイプのGTRも人気がある。

アメリカでは中古車を輸入出来るのは生産から25年経過された車しかできません。
それが丁度、R32スカイラインGTRの初期型が25年経過して日本からの輸出が始まったのです。

それだけではない。

AE86からホンダのTYPE-Rまで日本車の名車と呼ばれる車が輸出されている。
一時、NISSANのセフィーロ(A31)が沢山売れたが、今は本当に見なくなった。
海外でアウディに似ているという事で人気が出て、中古車は輸出されてしまったのだ。

だから、最近道端の中古車店ではスポーツカーが無い。

ロータリーエンジン搭載のRX7も同様です。
頭文字Dの影響でFCとFDの型の車が人気であるようだ。

昔はロータリーエンジン搭載の中古車は捨て値だったのに。

元々、ロータリーエンジンは燃費が悪い、エンジンの耐久性が低いと言われていた。
これはロータリーエンジン特有の問題でピストンリングに当たる部品の耐久性に問題があり、圧縮が抜けてしまうからである。

それが、あの独特の甲高い排気音とチューニングし易さで評判となった。
私もSA22CのRX7とガンメタのRX3(AP)に乗ってました。

そんな日本の宝である旧車が消えている。

中古車の価格が上がり、国内で購入しようと考える人が少ないからだ。

今まで100万前後で販売されていたのが300万、400万となれば、もう中古車ではない。
今では、NISSANのシルビア(S15)までも、この領域に入ってきている。

消えているのはスポーツカーだけではない。

軽トラも市場から消えている。

アメリカで軽トラの人気が出てしまい、古い錆びた軽トラまでもが輸出されている。
アメリカの広い農場で活躍をしている。

きれいに改造された軽トラを仲間内で自慢している。
日本国内の農家の爺さんと変わらない。

アメリカでは25年規制はあるものの、旧車に対して国の対応は税制も含めて良い。
25年過ぎるとクラシックカー扱いになり車検が無くなる。
カナダでは15年だ。

排気ガス規制も21年経過した車には免除である。

だから自然と古い車はアメリカに集まっていくのだ。

日本は逆に車大国でありながら旧車を叩きまくっている。
税金をどんどん年数で仕切り上げている。

若者が古いスポーツカーを安く購入して練習する。なんて光景はもう絶対に見られないでしょう。古いスポーツカーが高くて買えない、買っても税金が高く維持が難しい。

日本という国は、口先だけ「もったいない」と言う。

車・バイクと日本を引っ張ってきた産業なのに古い物を大事にせずに虐めるだけ。

車に関する税金だけでどのくら払っているのか。
ガソリン代だって全然安くならないよね。(高速道路出来たら廃止だったような)

国民を騙してまで税を取る人達に、旧車の良さなんて分からんか。

次のページ →