仕事で使うのにPCを覚える気が無い事務員

仕事していると色々なタイプの人がいます。

真面目に一人でコツコツやる人。
誰かに仕事をさせて自分は電話で話だけしている人。

そもそも、会社では仕事の役割分担が決まっているのですが、その役割分担自体を無視して、勝手に自分が楽な方へ進むために仕事を他人に振る人って多いですよね。

それが同僚だったりすれば、文句を言いますが、これが上司だったりすると文句が言えない場合って結構、あるのではないでしょうか。

挙句の果てに仕事とは関係ない、上司個人の仕事までさせられる場合だってありますよね。

それも、これも上司に好かれているから依頼される場合と足代わりに使われている場合があり、こういう方達の性格からすると後者の方が多いと思います。

一言で言うと「自分勝手な人」ですよね。

なるべくこういう人とは付き合いたくないと思う。
上司だから仕方なくお付き合いするしかない。

その仕事をしたからといって、何も得をする事が無いんですよね。
たまには昼食を奢ってくれるとか、評価を上げてくれるとか、そんな他人に優しい事なんてしません。

だから、他人は使う物という考え方になってしまっているのだと思います。

女性の事務員でも気になるよな人を見かけます。

いつもパソコン(ワードやエクセル)を聞いてくる人。
いつも教えてもまた同じ事を聞いてくる。

その内、その書類作り自体を全部やってもらおうとする人。

やる気を感じさせない無用の事務員です。
若い事務員よりも30.40代の年齢層に多いような感じです。

事務員なのにパソコンを覚えようともしないし、いつも「わからない」と言ってばかりで進歩も無く、自分で努力する気配も感じられない。その癖、他人の足を引っ張るような事だけは達者である。

出来ないなら、出来ないなりの努力も必要だろう。

他の優しい事務員が教えたり、その書類を作ってあげたりしていますが、はっきり言って「その人にやってあげても無駄」と言ってます。

この人は最初から自分でやる気が無く、いかに他人にやらせようかと考えているからです。
その仕事を振る事が自分の仕事だと勘違いしている。

事務員の人達の仕事も大変であると思いますが、自分で考え、出来ない事は自分で調べ、それでも分からない事は人に聞いてみるという普通の流れが全然見えないです。

昔は「人に物事を聞くのは恥である」と教わりました。
今は「人に教えてもらった方が早い」という感じになり、「人にやらせた方が早いし楽である」という風潮になりつつあるのでしょうか。

これでは、何年仕事しても技術的な事(パソコンやソフトの使い方など)が覚えられないという事務員になってしまいます。

今の時代は「即戦力」の人材ばかり求め過ぎではないかと思う。
そんな人この世の中そうはいませんよ。

即戦力になりうる人は、年齢や経験に培った技術や人脈があるからこそ成り立つものだと思う。

同じ事務員でも人事担当の目がしっかりしていれば、上記のような事務員は雇わないだろう。

真面目に仕事をしている人が損をするような仕組みはいかがなものかと思う。

ドンキのジブンPCっておやじ的には・・・

ドンキは安いPC出しますよね。
前にも安いPC出してましたが、今回はタブレットPCであります。

もう19800円という価格なので、パチンコで負けたと思って買った人、キャバクラ行ったと思って買った人もいるでしょう。

たかが19800円、しかし19800円もする。

「欲しいがどうしよう!」と思っている人は沢山いるでしょう。
心配なのは製品のクオリティと中華製品であることでしょうか?

メーカーは恵安であることが分かっています。

元々はパソコンのマザーボードや色々なカードも作っている国は台湾が多かったのです。
ASUS等も同じであり、怪しい中華製品とはきっちり区別した方が良いと思います。

この恵安では自社でも同じようなタブレットPCを販売しています。
価格はジブンPCよりも3000円程お高くなりますが、スペック的には同等と申し上げておきましょう。

気持ち的には、ドンキで買ったという事が自分で怪しい製品と思ってしまう事です。
これが同じ製品でもSofmapで買った!とかビックカメラで買った!となると印象的に普通の電化製品というイメージになるのですが、ドンキで買うとなぜか夜店で買ったように感じる。

私もお店で見ましたけれど心配しなくても大丈夫でしょう。

スペック的にもATOM(x5 z8300 1.44Ghz)の4コアでメモリ2GB、eMMC32GB win10home、Officeも付いている。画面は1280×800、重さは1.2K弱という事です。

windows10のソフトを買っただけでも15000円以上はしますよ。
その上、Officeが付いているなら、家でWordやExcelを使うだけのPCとしても充分です。

持ち運びはしないで家で使うとい人は、外付けHDDをUSBに繋げたりして動画や写真などのファイル保存はそちらにするとか、SDカードに逃がすように設定しておく事も必要です。

ネットワークとしては無線LANを使うようになりますが、「家に無線LANなんて無いよ!、有線LANしかないよ!」という人はUSBに有線LAN用のアダプターを別途購入して繋げるようになります。

この有線LAN用のアダプターは1500円前後で買えると思います。

安いスマホだって2万ぐらいします。

これだけ付いていて2万円ならよろしいと思います。

スマートウォッチって流行らないね

出始めの頃はもっと売れるかと思ってました。

でも私の周りには身に付けている人誰もいません。
まだフランクミューラーの方が良く見かけます。

しかし、売れない原因って何でしょうか?

〇そこまで時計に機能を求めていない
〇スマートウォッチ自体がスポーツをする人向けっぽく見える
〇使うのが恥ずかしい
〇値段が高い
〇スマホで充分

以上のような事ではないかと思っていますが、どうでしょうか?

日本人の場合には人が多い社内とかで「俺はSW(スマートウォッチ)使っているぜ!」みたいなパフォーマンスする人ってほとんどいませんよね。

どちらかと言うと陰でひっそりと使う。

その日陰のような時計に大金を使うのも何となく気が引ける=買わないという事になる。

それに時計ってロレックスやカルチェ等のブランド時計が沢山あって、良い時計買うのならブランド時計が欲しいと思ってしまうんでしょうか。

SWの場合には、古くなれば使えなくなる。
それは時代で中身のソフトも変わってくるのでパソコンやタブレットと同様ですよね。

ブランド時計=資産価値がある。
SW=資産価値無し。

ロレックスなどであれば親父が使っていた物を息子が使うなんてあると思うんですよね。
でもSWには多分こんな使い方は出来ないと思います。

買ったその人でSWのライフサイクルは完了という事です。
買ったけど、あまり使わないで引出しの肥やしになっているよ!という人いませんか?

これはSWに限らずある事ですが、特にSWとかあったら便利と思って買ったけど使い切れない人が多いように思います。

私の思う欲しいSWの姿はウルトラセブンに出ていたレシーバーだと思いますよ。
そんなに沢山の機能は要らないんですよ。
何であの形でテレビ電話が出来て、メールが来たら教えてくれる機能の機械作らないのでしょうか。
今のSWよりも日本では受けると思うのですが・・・・。

「アマギ隊員!」なんて言ってみたいですよね。

朝の目覚まし機能でアンヌ隊員からモーニングコールがあるとか、仕事の呼び出しの場合には隊長の声がするとか何かそんなウルトラ警備隊の隊員のような機能があると楽しいと思う。

カシオさんとか円谷プロと組んで作ってくれないかな?

やっぱり「貧乏人はLinuxを使え!」なのか?

このところ真面目?にLinuxの記事を書きました。

本来、こちらの方面がこのブログ本来の内容であるのですが、ついつい自分が好きな事について書きたくなってしまい、バイクの件や音楽の件、社会情勢的な事も書いてしまいます。

Linuxユーザーの方は本当に少ないと思います。

今まで仕事でLinuxを使っている人、それも個人的に使っている人には出会っていません。

SEや技術的な仕事をされている方は結構いるかも知れませんが、趣味でやっている人は、私のようなおやじ世代では本当に少ないと思います。

でも、こんなに面白いのに何でやらないのか?と思います。

おやじ世代においてもパソコン好きな人は多くいますよね。
自作PCやる人からHPを作る人色々いますが、サーバー構築するという人はこれまた少ない。

自宅で使うにおいてサーバーなんて不要だ!

と思っている人も多いですが、それはサーバーの仕組みやどんなサービスが出来るのか?知らないから不要だ!と言っているようなものです。

ボケッとテレビを見ているのであればLinuxを使って頭の体操をした方が痴呆防止もなると思うよ。

確かに最初は難しいと思いますが、触っているうちに段々と仕組みが分かってきます。
少しでも理解してくるとそこからは早いですよ。

そうなると普通に使うのにもLinuxで充分だ!と思えてきます。

特に最近はパソコンやwindows関係の面白い記事や部品関係の記事も少なくなってきてしまって、新しい内容で伝えてくれる個人のブログって重要だなと感じています。

自分が覚えるためという事と覚えた事を分かり易く、ブログを見に来てくれる人たちに伝える事も考慮しながら勉強するという事が私の技術を習得するための大事な要素にもなっています。

みなさんにLinuxをもっと使ってもらいたい。

そういう気持ちですかね。

Linuxユーザーが増えればソフトももっと増える。
Linuxの仕組みに適したCPUなど部品も出てくるだろし、Linuxがもっと扱いやすくなるだろう。

将来的にはOSの無償化にもなっていく可能性だってある。

サーバー構築、HPを作る、CMSを使うなどの技術は普通にパソコンを使うだけの人なら不要なんですよね。だけどパソコンが好きな人であれば、家に居ればいつでも勉強したりする事は出来る。

専門書も中古で探せば安いですよ。

全てを含んだコストパフォーマンスで判断したらLinux>windows>Macなんだろうな。

年金も少なくなる我々世代にはLinuxのようなOSは必需品になるかも知れん。

やっぱ貧乏人はLinuxを使え!ですよ。

初心者のLinuxのLinuxのための自作PC

前記事で書きましたが、現在ノートPC検討中です。
やはり、ノートPCは処理速度が遅い分、CPUは速いものを選びたいですよね。

中途半端なCPUでは後々ライフサイクルが短くなる。
性能面で高いCPUを搭載したパソコン(ノートに限らず)は多少古くなっても使い道はあるものです。

中古でi7狙いでいくかどうか。

Linuxの場合で考えると、前にも書きましたが、新しいOSをインストールする事を考慮すると、もう4コアは必需品ですよね。CentOS6の頃にはまだ2コアでもそこそこ速く動きますが、CentOS7になると、もうCPUは4コア+SSDで動作させるようにセッティングされていそうです。

Linuxは仮想コアは使用しないので、4コア=4コアでの認識となります。
i7の4コア+仮想コア=8コアという仕組みが使えないんですよね。

という事は別にi7でなくてもi5で充分ではないか?という事になります。

ノートPCで選択するにも、windowsで使うのか、Linuxで使うのかによってCPUも考える必要性があるという事になります。

Linuxをインストールする時は、どうしても「お試し」感覚で使ってみるかという場合と普通にデスクトップPCとして使いたい場合があると思います。

この「お試しインストール」では、旧機種やXP時代のPC、余った部品で作ったPCでLinuxを知るための動作が出来れば目的は果たせたと考えます。

ましては、GUI(デスクトップ)で使用せずにCUIで使う場合にはそれ程古い機種だからと言って問題になるような事は無いと思います。

「CUIでの操作は難しいからGUIで操作したい」

そう考える人は多いと思いますが、GUIで使うにはそれなりのCPUパワーやメモリ搭載量が必要となります。GUIで窓を開いたりするにもメモリは多く消費するし、考えようによっては、無駄なサービスや起動しているソフトにメモリを消費している状態になっています。

これがCUIで使用する事によってこの無駄が解消される。

GUIで使われてしまうメモリが使える上に、CPUもサービスが稼働している物が少ない事によりサクサクと動作する。もちろん起動やシャットダウンも速い。

操作はコマンド扱いになるが、古い機種の能力を最大に生かす事ができる。

よって古い機種はCUIで使うべきである。

「コマンドが難しいから操作できない」

これはやる気になってネットや専門書で調べていけば誰にでも操作は出来ると思う。
自分から逃げ道としてGUIを使うという手段を選んだ時点で負けである。

コマンド操作で動かせるようになってくると、面白さも倍増するしLinuxの良さも理解できる。

話を元に戻しますが・・・・

今までその古い機種を使ってLinuxを使ってきて人が、余り物PCや古い部品PCではなくて、Linux専用の新しいPCを作ることの考え方をしたいという事なんですよね。

そのスペックについては、4コアでメモリは8GB以上、SSD+HDDでLinuxをGUIで普通のwindows代わりに最新のLinuxを使うという条件になります。

もうそろそろwindowsでなければいけないという事ではなくなってきていますし、windowsは家庭に1台あれば充分でしょう。

皆さんも余りPCからLinux専用の新品パソコンを作ってwindows代わりに使ってみようぜ」!

次のページ →