令和の時代は「一人・ボッチ」がキーワード

私は昭和生まれですが、人付き合いが面倒くさいと考えるタイプです。

人と一緒にいれば自分はとても気を使ってしまうタイプです。

だから、一人でいた方が楽なんです。
昭和生まれの最先端を生きてきたのかも知れません。

家の奥さんも私が一人で音楽を聴いたり、本を読んだり、PCをしたり、バイクに乗ったり、一人で居る事に関して文句は言わなくなりました。

若い頃には、「自分だけ・・」とか良く文句言われてました。

一人でいる事、一人ボッチという表現もありますが、私にとって一人ボッチとは、自由そのものだと思っています。

他人に忖度しなくてもいい。
自分の好きな事を好きな時間に何でもできる。

一人で好きな事をやっていても誰にも文句は言われない。

それが趣味であろうと仕事であろうと一人で熱中してやっている。

バイクに乗る時も一人が当たり前。もちろん、ツーリングも一人。

「さみしく無いですか?」と良く人に言われるが、自分では一人でいた方が全然気が楽であり、楽しいと思える。また、「友達いないのですか?」という訳の分からん事を言う奴もいるが、面倒なので「居ない」と言っておく事にしている。

休日も一人で好きな事をしていると「休息を取った」と感じるのである。

一つ言えるのは、このボッチの世界には「押し付け」は無い。
イヤイヤやっているような事も無い。

全ては自分が好きでやっている事なのである。

楽しいか楽しくないかは全部、自己責任なんですね。

唯一、条件を付けるのであれば、「他人様に迷惑はかけない」という事でしょうか。

令和時代は、過去の考え方、生き方を捨て、やりたい事をやる時代になる。
いつまでも拝金主義に乗せられていてはいかん。

人生は一度しかない。
死んだら終わりだよ。

最近、若い子の自殺など心が痛いことばかりである。
日本人の人口自体が減っているのに自殺なんてするなよ。

私は現在61歳手前にいます。
人生80年と考えれば、生きている時間は20年弱しかありません。

そんな短い時間を「お金」で縛られたくないし、「自分の嫌いな事」もしたくありません。

前から言ってますが、「ボロは着てても心は錦」ですよ。

コメント

コメントする