C70M1で久しぶりに自宅省電力サーバーへGoGo!

ASRockから省電力APUのマザーボードが発売されました。
あのC60の後継機となる、C70M1という型番です。

ASRock  → C70M1の詳細はこちら

ATOMやE350の後が続いてなくて、省電力用のマザーボードのおすすめ品が無かったのですが、これからサーバーを自分で作りたい、静かなサーバーにし たい等、価格も安いし(7000円前後らしいです)メモリもDDR3なので、4GBを2枚とか、2GBを2枚とか購入しても良いかと思います。

C70M C70M1 C70M12

◆特徴について

  1. AMD デュアルコア Ontario C-70 APU
  2. DDR3 1333(OC), 2 DIMM スロット, 最大 16GB の最大容量
  3. 統合された AMD Radeon HD 6290 グラフィックス, DX11 クラス iGPU, Pixel Shader 5.0
  4. 1 x PCI Express 2.0 x16 スロット
  5. 4 x SATA3, 8 x USB 2.0 (前面に 4 個、背面に 4 個)
  6. 7.1 チャネル HD Audio (Realtek ALC887 オーディオコーデック)
  7. ASRock XFast RAM, XFast LAN, OMG, 除湿機, UEFI システムブラウザ

VGAでRadeonHD6290がオンボードされていますが、いくら新しいAPUとは言え周波数は1Ghzです。windows等で使用するには過度な期待はしない方が良いと思います。しかし、GUIで使用しないLinuxサーバー用途であれば魅力的な製品です。この高い電気代で常時稼働させるには、やはり運用時のコストが問題です。9Wならば一ヶ月電源ON状態でも、コーヒー1杯程度の電気代で済むのではないでしょうか。処理速度の速い遅いはありますが、自宅サーバー運用面で一番大事な事は、静かでコストがかからない点を重視して欲しいと思います。

除湿機能が付いていたり、LEDランプの制御が出来たりと、おもしろい機能も付いています。

新品の省電力MBを待っていた人、これでLinux–ServerへGoGo!

コメント

コメント(4)

  1. きんさん on

    C-70とか悪くはないんだけど、E350から性能が上がってないからな~
    少々消費電力上がってもいいから、2.4Ghz位で稼動するCPUの方が
    使っていてストレスなくてよい。

    返信

  2. sat0204 on

    自宅鯖の場合には丁度良いと思います。

    確かに周波数は低くパフォーマンス的にはどうかという疑問があるかも知れませんが、鯖で使用するにはメモリの搭載量の方が大事です。
    Apacheなどはメモリの量で動作が全然違います。
    これはApacheの専門書にも書かれています。

    デスクトップで使用するとなると、E350の1.6Ghzでも厳しいところあるので、きんさくさんの言う通り2.4Ghzくらいあるとマルチで使用してももたつく事無く動作すると思います。

    省エネAPUの使い方は微妙だね。
    そう考えると、Radeonをオンボードにするよりも、安物を載せて、その分コストを安くした方が良いのかも知れません。

    返信

  3. きんさん on

    いやいや、Radeon On Board はいいんだよ。
    挿さなくていいから風通しもいいしね。

    それよりも燃費を気にし過ぎて小さなエンジン載せて、
    坂道行ったらヒーヒーしてる軽自動車を連想させるんだよな~

    小さくてもパンチが欲しいでしょ?

    返信

  4. sat0204 on

    確かに無いよりあった方が使い道はあるよ。

    ただ鯖にするだけなら不要かな。
    その分、価格が安い方が良いな。

    でもこのMBはメモリも16GB載せられるし、ATA3なのでディスク周りの速度は速いからそこがATOMと違う利点だね。

    返信

コメントする