社会から開放された自由

このところまた土曜日、日曜日あたりが雨になるという悪い循環が続いてます。

天気予報をみても週末あたりに必ず雨マークが付いています。

私の場合には、花粉症もあるので雨が降った方が症状は軽くなるのですが、どうしても仕事に行くときにバイクで行けなくなるのが辛い。
小雨で夕方には雨が上がる予定の場合には強行して乗っていきますが、バイク自体を雨の中に置いておくのも辛く感じます。

乗っていて雨が降るのと乗っていないのに雨ざらしとは意味が違います。

通勤にはアドレス110を使ってますが、プラが多く使われているスクーターでも嫌な気がします。
もうバリオスなんて雨の中は乗りたくない、雨ざらしにしたくない。

元々このバリオスは雨ざらし近い状態で保管されていたようで、細かな部分の錆が多く、アルミ部分も白っぽい白錆だらけで、この錆をとる作業を少しずつやってきて今の状態になっています。

古いバイクは一度、全分解をしてフレームから何から錆をとり、アルミ部分は白錆が出ないように塗装をする方法が一番なのかも知れませんが、分解バラバラに出来る場所や工具が無い。

一番の問題は作業場所です。
多分、これはバイク好き、車好き皆さんの悩みごとではないでしょうか。

工具は少しずつ買い集めて揃える事が出来ても場所だけは無理です。
いくらバイク、車好きでも広々とした場所で作業出来ている人はごく少数かと思います。

家が賃貸の場合には、車庫が広い家や駐車場が広い家を探したりは可能です。
ただ、それで100%選択出来る訳ではありません。

駅から徒歩圏内かつ嫁さんの意見もあり、賃料を考えると非常に難しい。

私のようなパソコンも好き、バイクも好き、音楽も好き、オーディオも好きみたいな多重趣味者はその時、その時で欲しいと思う環境がコロコロ変わるのも問題です。

今はバイクが中心だが、乗れなくなる頃にはまた違う趣味に移行している可能性が高い。
仕事が無くなれば駅の近くに住む必要性も無くなる。

現在のコロナ禍同様に住む、住みたい環境が年相応、仕事相応、趣味相応で変化する。
息子が結婚でもして家を出たら尚更の事だろう。

仕事を辞めて年金生活に入ると「老けてしまうよ」と言う人がいます。
社会との繋がりが無くなり、人と接する事が少なくなるからだ。

でも、そんな事言う人はただ家でテレビを見てのんべんだらりと生活している人だ。

私は仕事を辞めた時にやっと社会から開放されたと感じると思う。
22歳から仕事をして現在61歳、65歳まで働けば43年間も社会奉仕をしたのだ。

毎日が日曜日であれば雨も気にする必要は無くなるだろう。
雨が降れば次の日やればいい。

ただ、それだけである。

老ける老けないは個人の問題。
DNAの問題かも知れない。

ただ、会社に高齢者になってまで仕事はしたくない。
年金が少なくても、それに見合った生活をすべきだ。

お金が無くても社会から開放された自由の方が私にとって大事である。

このご時世65歳まで働くのは辛いな

皆さん、仕事してますか?

私は花粉症で鼻水を垂らしながら頑張って仕事をしています。
還暦過ぎたおやじが花粉症というのも絵になりませんが、本当の話です。

さて、今はコロナ禍で会社から「あなたとは仕事の契約を延長しません」とか肩叩きに合っている人もいらっしゃると思います。

こんなご時世なので辞めたら直ぐに仕事にはあり付けません。

ましては、還暦過ぎのおやじにはどこも興味は示さないでしょう。

ただ、特殊技術があったり、顔が広かったりする場合には、上手く伝手を探って最低賃金の仕事にありつけるのかも知れません。

どこのどいつだよ70歳まで働け!!と言い出した奴は・・・・。

この年齢になると、仕事は誰の指図も受けず、与えられた環境の中で上手くこなす事が出来る環境でないと仕事がやりにくい。

いちいち、指図を受けてるのも腹が立ちます。
もう新入社員では無い、百戦錬磨の仕事の達人になってきているんだよ。

という事を私は考えてしまうのです。

でもこれから70歳まで今の仕事にしがみつくのであれば、考え方を変えるべきなのか?それともただ我慢をして時間が経過するのを待つのか?

多分、正解は無いでしょう。

人、それぞれ、生き方もそれぞれ、人生いろいろ。島倉千代子

みんなの共通で言えるのは「体力・気力の減退」でしょうか。

私も61歳を過ぎてから何となく仕事に集中出来なくなりつつあります。
自分の体力などにも何となく自信がもてなくなってきました。

それは勤めている企業の体質であったり、業務内容であったり、人間関係であったり、仕事の大変さであったりする訳です。

「こんな大変な事をやっているのに」という会社の理解度も低く感じてしまいます。

でも、そんな事はどうでもいい。

65歳までは何があっても俺は働かなくてはならん。

ここで弱音を吐いて辞めてしまったら、未来の楽しい隠居生活が苦痛の隠居生活になってしまう恐れがあるからだ。

自分だけではない、家の嫁さんも巻き添えにしてしまう。

だから頑張らなくても65歳まで働き続けなくてはならない。

65歳まであと4年程である。

一日、一週間、一か月、一年の短さを考えると直ぐに4年間は来るだろう。
ただ、働いている苦痛の事ばかり考えると非常に長い4年間となってしまう。

バイクに乗って嫌な事を忘れたりする時間も大事な事である。

ご同輩!頑張らなくてもいい、65歳まで現状維持すべし!! べし!べし!

65歳以後の事は65歳になって考えれば良い。

怒りの収め方を知らない大人たち

朝のテレビを見れば、煽り運転、ネットを見れば人の悪口、現代人は自分の怒りの矛先を向けるターゲットを常時探しているかのようです。

・ちょっとした事で腹を立てる
・自分勝手な言いがかりをつける
・思い通りにならないと人に当たる
・寄って集って怒りの言葉を投げつける

ネット上では、自分の名前が匿名になっている関係で強気な言葉が目立ちます。

私はそれらを読んでいてあまり良い気持ちにはなりません。

これは、体が大人でも精神的に未熟な子どもなんですよ。

大人であれば、最初から人を貶めるような怒りの文句は抑えるはず。
それが輪を掛けてどんどんエスカレートしていくのは病的でしかない。

小学校、中学校、高校、大学でも同じような事は起きる。
大人である会社員や公務員でも起きる。
大人社会でもイジメがあるのに学校で無くなる訳が無い。

こうなったのも育った環境によるものなのか。

自分の置かれている環境や立場に納得をしていない人が、そのストレス発散のために怒りをぶつける人を探している。

人間だけではなく、弱い動物にも当たる奴もいる。

「永遠に大人になり切れない未成熟な人間」とはヒットラーの予言である。

ズバリ言い当てていると思う。

核家族化が進み、少子化となり、親が子供を馬鹿可愛がる。
子どもは何の苦労もせずに、高価な物を与えられ、何不自由もせず大人になる。
体は大人でも精神的には子どものままだ。

煽り運転についても、あれだけテレビで報道されドライブレコーダーで記憶されてしまうにも関わらず、それでも怒りを収める事が出来ない性格。

警察に捕まったりするのが分かっていても一時的な怒りを収められない。
怒りに身を任せて行動をしている。
分かっているが止められない。

そんな人が、車、バイク等の乗り物を運転すれば凶器である。

池袋の事故も同じであり、自分の非を絶対に認めない強情さと物(車)への責任転嫁である。

社会的な地位があってもその中身は、「永遠に大人になり切れない未成熟な人間」という事を見せつけてしまった。

大人だから常識人であると思わない方が良い。
逆に子どもでも成熟した人格者がいるという事であろう。

人に怒りをぶつけたりする人は人生の経験値が低い証拠でもある。

早く隠居生活するために

毎日、「早く隠居したい」と思うようになっています。

22歳で大学を卒業して、途中で退社したりと色々ありましたが、現在の61歳まで39年間も仕事を続けてきました。

営業の仕事からソフト会社の仕事、一般事務の仕事までこなしてきました。

萬屋さんのように何でもやってきました。

家の嫁さんにも「早く隠居させてくれ!」と頼んではいるのですが、家の嫁さんは冷たく「もっと働け!」というようなニュアンスで我慢させようとします。私は何となく、嫁さんとの会話の中で察します。

でも、いい加減、体が辛くなってきているんですよ!!
と家の中心で叫んでも本人には届かず・・・・。

正社員ではなく、パートやアルバイトのように自分の体の調子に合わせた働き方が選べれば続けることは構いませんが、これも私は納得していません。

やはり何もしない、仕事は卒業する、そんな環境がいい。
中途半端にお金を稼ぐのであれば普通に稼がないと損のように感じます。

だから、やらない、やりたくないのです。
毎日が日曜日がいいんです。
サザエさんが始まってもブルーな気持ちにならない。

ほっといて欲しい。

大体、今の世の中、昭和の生き残りの森さんや二階さんのような感覚の人が経営者で多いんですよね。あのような感覚の人に何を言っても通用しません。

最後には精神論のようになって、「死ぬまで働け!」と言いますよ。

昭和イケイケ時代の人は「仕事が趣味」という人が多い。
この「仕事が趣味」の人、どうしょうもない人なんですよね。

趣味が無いから休日の楽しみ方を知らない、自分は仕事してそれを他人にも押し付けたりしようとするんですね。友達と呼べるのは仕事関係者ばかりです。

その上、ケチで利己主義、猜疑心が強い人です。

ケチだから会社の金で食事したりするんですよ。
二階さんがステーキ屋で会食するのも同じです。
それを部下がやると怒ったりする。

自分に甘く、他人に厳しい人なんですよね。

会社や企業は沢山の人間が集まって仕事をしている。
その中で上下関係があり、上の人は自分勝手に振舞っていられる。

その他の面々は我慢しかありません。

一部の面々は自分も早く偉くなって上司のようになりたいと思う人も居るかも知れませんが、私はその人から見えない場所に行きたいと思います。

そんな時間を39年間やってきた。

もういい加減、自由の身になりたい。
ほっといて欲しい。

只今、61歳、健康年齢は男で72歳、あと10年くらいしかありません。

10年なんて直ぐですよ。
お金のために我慢、我慢していたら精神を病んでしまうかも知れません。

俺は年金が少なくても、その年金額に合わせた生活を送りますよ。

しかし、65歳まであと4年もあるのは非常に辛いです。

御同輩の皆さんはどうですか?どうしますか?

次のページ →