和のロックも悪くないと思う

今週は花粉に泣いています。

風邪を引いているような症状で喉から鼻から目まで大変な事になってます。
薬を飲んでもマスクをしても、目薬をしてもダメな物はダメですね。

早く花粉が過ぎ去って行くのを待つしかありません。

さて、今日は音楽の話について書こうと思っております。

私の書きたいと思う音楽はロックやジャズについてなんですが、BABYMETALやX-JAPANで復活しつつある日本のロックについて書こうと思います。

私のようなおやじが思う事は、ギター等の楽器のテクニックについては、日本も海外の人達も、もう差ほど変わりは無いという事でしょうか。

以前の日本のロックは、海外のアーティストに対して、妙に劣等感をもっているような感じがありました。・・・(と私は思っている)

特にギターの弾き方、テクニックについては、誰かの物真似とか、憧れている人に近い感じの音を真似てしまうとか・・。イエモンとかは完全にZEPのような構成であり、意識してますよね。

本当は技術的にも同じレベルであっても意識的に負を背負っているみたいなもんです。

海外アティストとの差は自分達の音楽が世界にひとつである。という自信の無さがパフォーマンスや態度に現れてしまっているように思います。

しかし、最近では・・・・

東洋の・・・それも日本という風土の世界観で演出しはじめてきている。

そう和のテイストです。

BABYMETALのメギツネとか日本楽器の太鼓などで音楽を目でも見せる。
これをクールジャパンというのかは分かりませんが、自信をもって日本の和の音楽を曲に上手く取り入れた独自の世界観を作り上げ、それが受入れ始めている。

私の好きな和のロックバンドと言えば「陰陽座」です。

音楽形態はプログレッシブ、HR/HMという感じでしょうか。

ツインギターでヴォーカルが女性と男性が一人づつ、その男性がベースも弾く。
背が高いベースの人で名前を瞬火(またたび)という。

外見が和で統一されていて、和服を基調にした衣装。巫女を基調にした衣装などです。

最近ではアニメのバジリスクのテーマ曲なども提供しています。
メロディがはっきりしていて、ツインギターがきれいな楽曲であったりします。

女性のヴォーカル(黒猫さん)の歌唱力も凄いですが、ギターもすっきりとした音できれいです。

陰陽座の場合にはアニメのバンド的なイメージになってしまっているのが良い事なのか悪い事なのかは分かりませんが、短い曲でも完成度は高いと思います。

バンド自体を知ってもらうには、やはりアルバムを聴くのが一番です。

最新作「迦陵頻伽」(愛する者よ、死に候えも入っている)の出来がいい。

ロックが好きな方には是非、聴いて欲しい1枚です。

BABYMETALが売れたからってダメなものはダメ

BABYMETALのお蔭で日本国内に留まらず海外でもHR/HMの復活の兆しがあります。

男臭い、首を振っている、もう古いと思われていたHR/HMが日本のバンドによって復活するなんて誰が想像していたでしょうか。

それも若い女の子3人組ですよ。

最初は笑っていた人も冗談ではないと気が付いた事でしょう。

今現在も「こんなのHR/HMではない!」とか「HMとして認めない!」とか色々と個々の意見はあるでしょうが、その答えは「ワールドワイド的に認められた結果」ではないでしょうか。

BABYMETALがHR/HM業界を活性化したのは事実ですよね。

あまりロック調な音楽を聞かない世代にも受け入れられるような環境を作った上、古いアーティストにも陽が当たるようになった。

ロックのレジェンドと言われている人達と撮影した写真が掲載されたりしています。

傍から見れば、「良いおやじが鼻の下伸ばしているのもどうか?」と思うでしょう。
年代にも依りますが、私的には「昔だったら考えられない」というのが本音でしょう。

それもこれも、BABYMETALの活躍で自分達も商売になってきたからです。

CDを作っても売れない時代、その上、HR/HMなんて聞かない時代に現れた救世主ですよ。

北斗の拳で言えばケンシローですよ。

ジューダスにしろメタリカにしろオジーにしろ喜んでくれている。

それは真にBABYMETALを愛する部分と自分達の演奏していた音楽がもう一度聴いてもらえるチャンスを得て、商売になる可能性を作ってくれた、HMを盛り上げてくれたお礼でもあるかと思う。

コンサートでBABYMETALが同伴すれば客も入る。

何か若い可愛い子三人のキャバクラ行く前に同伴して食事しているようなものですよ。
その後、アフターがあるかどうかは分からない。

海外のロックコンサート最高の同伴嬢です。
ガガ様を連れているよりも何となく品があります。

しかし、このHR/HMの波に乗って「昔の名前で出ています」状態のバンドも結構いるのは事実である。

新しいHR/HMの世界を再構築して出てこいや!
昔と同じ曲を同じにやっても意味がない。
演歌歌手のような動きではいかん。

いくらBABYMETALでHMが復活してもダメなバンドはダメである。

BABYMETALに同行して欲しいバンド

台風が去っても天気は良くなっていません。
毎日、天候が悪いと暗く感じます。

この悪天候の中、BABYMETALが東京ドームでコンサートを2日間行いました。
両日で11万人という動員数だったようです。

この人数を動員できるバンドは数少ないと思います。

sumetal

色々なニュース記事を読みましたが、コンサートの内容は演出も含め大成功だったようです。
BABYMETALのコンサートは何回も見ていますが、今まで外すという事はありません。

そこがBABYMETALの凄いところです。

コンサートには色々な人が関わっているはずですが、演出、歌、動画、など本人達がMCをしない分、凝って作られていますよね。いつも1時間半ほどのコンサート時間ですがチケット代金の割に時間が短いと感じるが、最後には「良かった!」と思わせるところが凄い。

今回は私は参戦していません。(仕事でした (T_T))

12月からはレッチリと英国ツアーを動向するようです。
表向きはゲスト出演となっていますが、どっちがメインだか分からなくなりそうですよね。
もしかして、今度はレッチリから楽曲の提供があるかも知れません。

12月のツアーでバックバンドをレッチリが演奏してやるかも・・・。
(これはあくまでも私の推論です。あまり信じないでください)

今の飛ぶ鳥を落とす勢いのBABYMETALであればどこのバンドも同行して欲しいと思ってますよね。
音楽やっているバンドメンバーとか、あまりにも3人が可愛いので声を掛けにくいのかも・・・。
もう神々しくて、気軽に声を掛けれない。

そんなBABYMETALには大御所のメタルバンドよりも控えめのバンドに同行して欲しいと願ってます。

控えめなバンドというのも変な表現ですが、私的には「良いバンド、楽曲、アルバムなのに日本では売れない、認知度が低い」そんなバンドにも活力を与えてあげて欲しい訳です。

例えば・・・・

①King Diamond
②Riot
③Tribe Of Gypsies
④Impelitteri などなど・・・(知らない人はYoutubeで探して見てね)

①のKing Diamondなんて、違った意味で大御所なんでしょけど、日本では売れないですよね。
ヴォーカルがKing Diamondという人なんですが、何でもできるような器用貧乏的なところがあります。マーシフルフェイトという前身のバンドも私は大好きなんですが、特に「DON’T BREAK THE OATH」は素晴らしいと思います。
あの裏返る声をSU-METALも練習して欲しい。

②のRiotはマネージメントでいつも失敗ばかり、ハードロック的なツインリードでは好きなバンドであるが、良いアルバムを出す時はいつも時期が悪い。このバンドはヴォーカルにも恵まれないバンドでもあるので、その点をカバーできると良いかも・・・。

③Tribe Of Gypsieはサンタナをメタルっぽくしたサウンドですが、このラテン系のリズムのメタルとBABYMETALって何となく新鮮で合いそうな気がする・・・。

④のImpelitteriは速弾きのリッチー的なギタリストのいるバンドですが、ファーストアルバムで結構人気が出ましたが、それ以降はさっぱり。アルバムも何かいつも詰めが甘い印象。
このバンドもヴォーカルにあまり恵まれていない。

・・・以上は私の勝手な思い込みですのでご理解を頂きたいと思っております。

皆さんの中には・・・
「そんなバンドどうでもいいよ!」
「そんなグループ知らないよ!」という人もいるでしょう。

まぁ、硬い事は云わず聞いてみて欲しいと思っております。

BABYMETAL 英ウエンブリーアリーナ公演で

BABYMETALのイギリス・ウエンブリーアリーナの公演は大成功だったようです。

このところコンサート等は無く、BABYMETALロス現象が起きていたのではないでしょうか。
また海外のコンサートが始まるとネット上でも動画上でも大騒ぎとなります。

私も2012年の頃からBABYMETALを見てきましたが、はっきり言ってこんな状況になるとは思いもよりませんでした。というよりもメタルという音楽が世間に受け入れられるとは思ってもいなかったのです。

しかし、BABYMETALは、メタルを一般人にも知らしめた。
そして、アイドルとダンスがメタルにマッチする事も理解させた。ましては言葉の通じない日本語で歌い実証した事実は今までの日本国内のJ-POPの連中に一泡吹かせたに違いない。

1970年、80年、90年と日本語は世界で通用しない言語である。と国内で思われていた。
ロックに日本語は合わない等とロックを演っている連中から出てきた言葉である。

いかに視野が狭かったのか。

BABYMETALが世界に認められた理由とは何か?

ロックミュージャンは今まで「俺の作った音楽を聴け!」みたいな押し付け的な部分があったのではないか。そこにはプロデュースをする専門のミュージャンもいるが、日本の場合には皆無であったと思う。自分で楽曲を作り、演奏する。そこまでの話で、そこからどう売っていくのか?バンドの個性とは何か?考えられて演出されたバンドは数少ないのではないのか。

売れてからでは無いと自分の本当に演りたい音楽が出来ない。
そういった日本国内の環境問題も大きいだろう。

海外では、トッドラングレンやアルクーパー、アランパーソン等プロデュースが得意な人もいる。

BABYMETALはバンドでは無いが、神バンドと踊り、舞台演出、広告宣伝などトータル的に管理され、今まで無かったメタルとアイドルの融合を行った。

前例にパフュームの例があったのも良い参考になっていたのではないか。

だが、売れたのはそれだけではないだろう。

やはり本人達の努力があってからこそ今の立場がある。
メタルでは無い表現方法をした。
メタルでは有り得ない可愛い女の子3人組。

イントロBabymetal Deathが始まると一気にボルテージが上がる。
この流れはメタルの様式美と一致する。

一生懸命、歌い、汗をかいて健気に踊る。
それをメタルファンが見て何かを感じたのであろう。

売れた楽曲では、「ギミチョコ!」が1番世界的に知れた歌である。
しかし、個人的には「イジメ・ダメ・ゼッタイ」がメタルらしい流れで好きだ。
最近はこの「ギミチョコ!」の流れの楽曲が多いが、やはり「イジメ・ダメ・ゼッタイ」のようなメタルらしい、ツインリードの音色がきれいな楽曲も作って欲しいと思う。

アイドル寄りのメタルではなく、メタル寄りのアイドルでいて欲しい。

「世界征服」はショッカーも出来なかったが、BABYMETALは征服するであろう。

BABYMETALのカラオケは最高に盛り上がる!

皆さんの勤め先ではもう忘年会終わりましたか?

私の勤務先は先週の土曜日に忘年会がありました。
久しぶりに外で飲む事もあり、3次会までお付き合いしてしました。
お蔭で翌日の日曜日は午前中死んでいる状態でした。

今回は飲み会の話ではありません。

その3次会で行ったカラオケ屋での話です。

12月12日に行われたBABYMETALの横浜アリーナのコンサートで始まる前にしきりにモニターの大画面でBABYMETALの曲がカラオケでかかっていまして、チョコとか4の歌とか・・・。

その事を思い出して行って直ぐにBABYMETALの曲を調べてみました。

どこのメーカー製か分かりませんが「まま音」という表示がされていました。
どうやら武道館公演のLIVE映像のようです。

入って直ぐに皆さんが歌う歌を決める間に「BABYMETAL DEATH」を選択しスイッチオン!
もう酔っているので爆音状態でDEATHを聞くことができました。

元々、BABYMETAL DEATHは歌う箇所が無いので最高です。
ゆっくり見て、盛り上がれます。

このLIVE映像ですが、ちゃんと本人の歌入りです。
へたくそが歌わなくても大丈夫です。
逆に歌わないで盛り上がった方が楽しいかも知れない。

BABYMETALを知らない人もLIVE同様の音響で楽しめるし最高でした。

結局、イジメダメ・赤月・メギツネと入力して聞いてしまいました。

こんな仕組みならば、友人たちと忘年会(新年会)をやる時はカラオケBOXでBABYMETALを聞きながら酒を飲むというのも楽しいひと時になるのではないでしょうか。

男が歌うのも(特に親父が・・・)どうかと思うので、見て楽しむ、大きな音量で臨場感を味わうのには最適な場所かと思っております。

BABYMETALファンの方、一度お試しあれ!

横アリのBABYMETALの個人的な感想

横浜アリーナに参戦してきました。

今年最後のBABYMETALのLIVEですが、今回は2階のアリーナ席だったので開場時間に合わせて友人のsaku氏と待ち合わせをして合流しました。夕方の4時でしたが新横周辺はBMの人達でごった返していました。

この時期のLIVEなのでまさかBMのTシャツ姿はいないだろうと思っていましたが、沢山いらっしゃるではありませんか?
私のようなオヤジでも着ている(頑張っている)人がいる。

4時20分頃に現地に到着です。
IMG_20151212_163000もう入り口周辺は人、人、人。
周辺一帯はBMで埋め尽くされております。
アリーナ席は指定席なので一所懸命並ばなくても、普通に入場させれば良いのにと思うのですが、なぜか長蛇の列になっていました。

会場に入れたのが5時あたりです。
モッシュ(1階)はA・B・C・Happyという形になっていて、私達が会場入りした頃にはAグループの人達の入場が終わりBグループが入場している最中でした。その後Cグループが入場完了するまで開演の20分前(5時40分)かかったように思います。

Hisilicon K3

横アリでは、BMの新しいファンの人達が多く目立ち、中年の女性が多く見られました。
小さい子供から髪の毛の薄くなったオヤジまで多彩です。
みんな同じようにBMのTシャツを着ています。

ステージはエジプトのツタンカーメンのようなキツネが3体中央に位置しています。
口からは煙を吐いている。
BMこんな感じのイメージですが、アイアンメイデンの「パワースレイブ」というアルバムのオマージュのようです。この顔の部分がキツネ様だと思って頂ければと思います。

そしてこのコンサートのあくまでも個人的な感想です・・・・・

①新曲を入れたセットリスト
②神バンドのギタリストが一人変わった。
③最初から最後までほとんど休みなしの展開(座る暇なし)
④Suメタルが時々音程を外していた(めすらしい、音響が悪く聞き取りにくかったのか)
⑤4の歌の煽りが可愛かった。
⑥次の展開(来年以降)の話題が紙芝居にならなかった。
⑦BABYMETAL DEATHはやらなかった。(残念)
⑧最後の方ではギターのチューニングもずれていたように思う。

先ずは曲の流れが今までと違った印象を受けました。
新曲を3曲かな?入れた関係で、やらなかった歌があり乗りが中途半端な感じ。
LIVE前に新曲の流れが掴めないと乗りにくいですよね。
空手の正拳突きのようなダンスが結構良かった。

本日も横ありでLIVEありますが、セットリストが同じなのか?次の展開の発表があるのか?気になります。
最後の曲は「ONE」、公演終了は19:30です。始まったのが18:10前後なので実質1時間20分のステージでした。
横アリ内は熱気で暑く、Tシャツでも充分でした。

ももクロも桜散る!紅白の悲哀

BABYMETALは出場しないという事は何となく理解出来る。
しかし、ももクロが落選とは・・・。
NHKの紅白の場合には基準が曖昧なので正式なダメ理由は分かりません。

色々と想像してみると・・・・・

BABYMETALが出場しないという事は、人気がない、能力がないという事ではなく、BABEMETALの音楽的な特性から来るものであり、本人達や事務所のマネージメント側を理解している事だろう。

しかし、ももクロの場合は違う。

ももクロは当初、紅白に出場する事を夢見て活動をしてきた。
念願かなって2012年から2014年と3回連続紅白に出場する事ができた。
残念だったのが、1番盛り上がった2011年に出場出来なかった事だろう。
momokuroここ1年のももクロの活動をみると、コンサートを行えば人は集まり、人気はある。
しかし、以前とは何かが違う。

ももクロの良さとは、アウェーOKの何でもやります的な面白さがあった。
売れ始めて曲の世界観も変わった。
問題は何と言っても怪盗少女以上の曲が出ないことだ。
この曲が彼女達の良さを一番現している曲ではないだろうか。

ももクロとBABYMETAL。

最初は、圧倒的にももクロの優勢であったが、布教活動と思想で差が付いた。
海外での人気を別にしてもBABYMETALはメタルという音楽一筋にやってきた。
メタルという音楽思想でのマネージメントをデビュー当時から貫いている。
今は技術に裏付けされた神バンドの演奏力と相乗効果で本物のメタルの雰囲気が漂う。

「BABYMETALはテレビというマスメディアを物事の中心に据えていない」という事だろう。

だから別段、紅白なんてどうでも良いのだ。
YOUTUBEがあれば世界的に広告宣伝ができる。

一方、ももクロの場合には売れ始めた路線を直ぐに止めた。
色々なジャンルの曲を提供してもらうが、売れ始めた以前の曲以上のものは未だに出ていない。
全てが中途半端な感じがする。

これは、明らかにマネージメントの失敗ではないのか。

ももクロがダメになった他の理由もある。

他の競合アイドル達が出てきたからだ。
色合いも同じような、「アイドルだけどこんな事もやります」的なアイドル達だ。

BABYMETALを真似すれば直ぐに分かる。
彼女達が一貫してきた「オンリーワンな存在」なのである。
音楽の新しいジャンルも作り上げてしまったのだ。

アイドルとは一定の賞味期限が切れると悲しいものがある。
世間は冷たく、次から次へと違うアイドルに乗り換える。

ももクロにはめげずに頑張って欲しいと思う。

次のページ →