2018年 謹賀新年

明けましておめでとうございます!

今年も「おやじdemo_CentOSを使う」をよろしくお願い致します。

今年のお正月休みはいかがだったでしょうか。
ゆっくりと自宅で過ごした人、旅行に出掛けた人、仕事していた人、様々かと思いますが、私の場合には、年末の30日の夜に忘年会があり、ゆっくり年末が来る時間を過ごすことができなかった感じであります。

元旦から3日になるまでは、駅伝を見ていると一気に終わりますね。

かと言って、正月から一人でバイクに乗るのも気が引けます。
元旦から3日間は天気が良かったから尚更です。

元旦に朝早く(5時頃)に神社にお参りに行く時もバイクが走ってました。
この寒い中、バイクを乗るとは余程好きではないとできないですよね。
私は「寒そう!」と思うよりも「楽しそう!」と思ってしまう。
その寒さの中走るのが良いんですよ。

それよりも乗れない方が辛い。

やりたい事が出来ない時の感覚って嫌ですよね。
車に乗りたいけど乗れないとか、パソコン触りたいのに触れないとか・・・。

まぁ、我慢した分、その行為をした時に良い気分になれると思いますがどうでしょうか。

バイクに関しても今年はメンテでやらなければならない事がある。

それは燃料タンクの錆取り、内部のコーティングです。

コーティングとはガソリンタンクの内部を樹脂で被膜を作るということです。
コーティングする事により内部が錆びて小さな穴があったとしても埋まる可能性もあるし、錆取りが済んでからコーティングすれば錆が燃料に混ざって流れる事がなくなる。

もう25年前のバイクなので燃料タンクを覗くと錆が見える。
錆があるという事は、その錆が流れてキャブを詰まらせてしまう可能性が高い。
下手すると燃料コックのフィルターを詰まらせる事だってある。

タンクのメンテを考えてバリオスA型の燃料タンクの予備を某オークションで一つ落札しておきました。色は赤で同じです。凹みは上部に一か所ある程度で細かな線傷はあるものの痛みは少ない良品だったと思います。

このオークションで仕入れた燃料タンクは上から覗いても錆が見えない。
給油口もきれいなものです。

ただ、同じA型の中古品なので内部がどうなっているか分かりません。
取付ける前に内部がどうなっているのか確認するようだ。

一番楽なメンテ方法は、今の錆びている燃料タンクとこのオークションタンクを交換する方法です。錆びたタンクを外して、燃料を抜き、取付用のゴムやコック、裏側に緩衝用のスポンジを取付ければほぼ完成する。バリオスのマークもちゃんと付いている。

気になる点は給油口手前の小さな凹みと線傷である。

錆びたタンクは凹みや傷が無い。
しかし、内部が錆びだらけでキャブレターを詰まらせてしまう可能性が高い。

この錆をサンポールや花さか爺で取り除いて内部をコーティングするかどうか悩んでしまう。この作業をするにしても2.3日は要するし、錆が取れた後にタンク自体の鉄板が薄くなっていまう事もある。

一度、交換してから考える事にするか。

タンクが綺麗になった状態にしてからキャブを一度清掃し、同調を取れば完璧になるだろう。

バイクの燃料タンクは消耗品であるという事ですよね。
中古車でバイクを購入する時には必ずタンク内を覗いてみる必要があります。少しでも錆が見えた場合には、購入条件で錆取り、コーティングをお願いするとかした方が良いだろう。

タンクを外したり、ガソリンを抜いたりする作業は素人では危険を伴うし配管も間違えたらますい。
仕組みや構造を理解してから作業する内容かと思います。

バイクにも乗りたい、メンテもしたい。

しかし、時間があまり無い。

今年も我慢をしなければならない1年になりそうだ。

あなたならどちらを選びますか?

そろそろ年末年始で帰省や旅行に行かれる計画を立てている方多いと思います。
私は家が地元なので生涯に帰省するといった事は一度もありません。

夏休みや年末には友人が「田舎に帰る」といった話をしているのが羨ましかった。
本人になると「ただただ面倒なだけ」と言うでしょう。

そして、旅行です。
海外に行くよりも、日本国内に旅行するのが私も嫁さんも好きなので、なるべく自分の運転で車で移動したいと思うタイプなんですよね。だから、車を移動するためだけにつかうのではなく、泊まれるような工夫もそれなりにしていました。

最近では、軽自動車のキャンピングカーがあったり、車自体がミニバンで大きいサイズのものが多いので寝る事には困らないような車が多いです。維持費を考えると、年に一度行くか行かないのか分からない旅行に大きなミニバンを買うのもいかがなものか?と思ってしまう私。

最近では軽自動車もサイズや内部空間が広くなってきており、工夫次第では立派に2名の車中泊ができるような車になっています。

youtubeの動画で、「車中泊してみた」とか「雪の中車に泊まってみた」とか面白い動画が沢山アップされています。

それぞれ、車の中の空間を上手く使ったミニキャンピングカー仕様になっていて、改造するのが好きな私はついつい見入ってしまいます。

そこでお聞きしたいのですが・・・・

皆さんは、国内旅行するなら自分で車を運転して車中泊してみたい人ですか?
それとも、面倒だし危ないから旅行会社のツアーにする人ですか?

さて、どちらでしょう。

私も嫁さんも電車に乗って移動るのが嫌いな人なんですよね。
そう、人ごみに疲れてしまう。ちょっと疲れても休む場所が無いのも嫌いな理由です。

そういう点で、嫁さんと私は車で遠くに行く事に関して賛成派なんです。
その流れで、車中泊するという事であれば多分、OKではないか?と思っています。

観光地周辺には道の駅もあって、車を停められたり、お風呂が入れたりトイレがあったりと不便になるような事は昔と違って無いのも女性が車中泊で納得する理由の一つになると思っています。

私が車中泊する理由は予約をしなくていい、経済的に安くできる。逆に楽しい。という理由なんですが、元々、アウトドア派ではないんですよ。

キャンプしたりするのは好きだが、嫁さんは虫が嫌い、風呂に入れないのが嫌なタイプです。
わざわざ、身体が痛くなるような地面に寝たくないと言う。流石に私もこの年になって、身体が痛くなるような冷え込む地面の上に銀マットをひいて寝たくは無いと思う。

車中泊ならば後席を工夫すれば冷えた地面と違って暖かく過ごす事も出来ます。

現在57歳、65歳の定年後に嫁さんと一緒に軽自動車で日本一周とか良いかも知れない。

この先、何か楽しい事をする夢のような話は沢山、嫁さんとしておこうと思う。
それまでに車中泊できる車を選び、改造するのが面白い。

勿論、それまでの間は赤兎馬(バリオス)でツーリングにも行きたい。
欲を言えば、400ccの4気筒のバイクも欲しい。

段々とやりたい事増えてきますね。

スマホの速度を勝手に落とすってどうよ!

とうとう風邪を引いてしまい2日間も仕事を休んでしまいました。

発端は、喉のかすかな痛みから始まり、夜中に熱が出始めました。
2日目は無理やり仕事に行きましたが、熱っぽくだるかったので早退です。

この土日の2日間休んでやっと元気が出てきました。

もう50を超えると、風邪を引いたり等簡単な病気で寝込んでしまうと体力が本当に落ちる気がします。横になっていた分、筋肉が衰えるのでしょうか。

やはり病気にならないようにするのが一番、そのためには無理をしない、食事も考慮する。
そんな節度ある生活が若い頃と違って必要になってきそうです。

この年になると長く寝ているのも大変なんですよね。
肩がこってしまったり、頭痛になってしまったりする。
自分は鼻も悪いので、口呼吸をしてしまい、いびきをかいたり、歯ぎしりをしたりする。
体の疲れが精神の疲れと伴っていない場合に良く起きる現象です。

鼻もいつもどちらかが詰まっているし、鼻炎もある。
これはもう中学生の頃からである。
40年過ぎても免疫が出来ないのかと考えるが、きっと新しいアレルギーにもなってしまっていて、新しく作られたアレルギーには免疫が出来ていないのか?と勝手に思ったりもする。

子どもの頃は杉の木が沢山ある近くの野山で遊んでいたが、こんな事は無かった。
いつの間にアレルギー性鼻炎になってしまったのだろうか?

この時期も鼻水や熱っぽさが風邪の症状と似ている為にどちらも疑う事になる。
鼻水とくしゃみ、喉の痛み、風邪は感覚と臭いで判断するのが一番である。

これからインフルエンザが一番、流行する季節になるので、皆さんも注意して欲しい。
なるのは簡単だが戻すのが大変と考え生活するようにお願いしたいと思います。

 

さて、今日のニュースでアップル社が古い機種のiphoneの速度を落としていたという事実が判明したとありました。

・・・私はAndroidなんで関係ないのですが。

アップル側は、新しい機種を売るためにそういう事をしていたではなく、古い機種はバッテリーの劣化があり、急なシャットダウンを起こさないような配慮であると説明している。

しかし、旧機種にユーザーの電池を考えるならば、安く電池を交換できる仕組みを作ってあげた方がまだ利益も上がると思うし、ユーザーも喜ぶのではないか?と考えますよね。

それを知らずに使っているユーザーからは・・・・
「俺のiphone最近遅いんだよな」とか
「もう電池も古いからかな?機種交換した方がいいのか?」
と少しずつ思うようになるのは当たり前の話のように思いますが、どうでしょう。

ひとつ言える事は、新しいiphoneはあまり人気が出ていない。
まぁこれは値段が高いという問題もあるかとは思います。
この年末にかけて、もう少し売り上げを伸ばしたいと考えてしまったのか。

iphone6や7を使っている人はそんなに不自由を感じていないんでしょうね。

その不自由を感じてしない人達に「不自由を味あわせてやろうか?」という考えがあったとしても仕方が無いように思います。(何か、お前も蝋人形にしてやろうか?みたいな)

その不自由=速度だった事なんですよ。
古い機種でも速さが同等ならばそんなに苦痛にならない。
そこをCPUでいうランクを落としたような速度制限を掛けられたら自分の機器のせいと思いますよね。

今の時代、販売元は何でもありですよね。
客のデータを覗き見る。
速度を勝手に変更する。
遠隔操作をする。

スマホは持っていない方が、自由であり個人を守れるような気がします。

 

パソコン好きは虚弱体質?

このところ咳をする人が沢山います。
空気が乾燥しているので、喉が弱い人はやられてしまうんですよね。

一見、風邪を引いたように見えるが喉が荒れてしまっているだけ。
ただ、咳を常時していると体力を使って疲れてしまいます。

咳って寝る時に出る事が多いので眠れなくなるという悪循環もありますよね。

こんな時はお風呂を締め切って湿気の多い空気を口から、鼻からと沢山吸い込んで養生するという方法があります。なるべくお風呂内は窓とか換気とかしないで、水蒸気で煙っている状態の方が良いです。出てくると喉がすっきりしてきますよ。

さてさて、前回はバイクの防寒処置後の経過について書かせてもらいました。

バイクが好きな人、自転車ロードバイクが好きな人は必ず何かしらの防寒対策をしていると思います。全てが万人に合うかとというとそうではなく、これも人に依ってという事ですよね。

根本的に寒さに強い体の人、寒さに弱い人、暑さに強い人が居るのも事実です。

私なんぞへっぽこなので、冬は寒さに弱く、夏は暑さに弱い、虚弱体質なんですよね。
何もしないでパソコンばかりやっていると血液の循環も悪くなって寒くなり易い。
そして、座ってばかりでエコノミー症候群にもなりやすくなる。

適度の運動はやっぱり必要ですよね。

特にパソコン関係でLinuxを使ってサーバーを作ったり設定している時には、動かない事山の如し状態で、2.3時間は平気で画面の前に座ってしまいます。

なるべく水分を摂取しながら血液が固まらないようにしなくてはなりません。

俺なんか若いから大丈夫!

そう思っている人、若いも中年もありませんよ。
逆に若くしてなったら、最悪ではありませんか。

机に座って1.5時間を目安にちょこっと散歩をするようにする。

体を動かさないと血液の循環が悪くなって、脳に血液も流れにくくなり頭の回転も鈍ってきます。
5分程度でも歩き回ってくれば、エコノミー症候群にもなりにくくなるし一挙両得です。

特に今の季節は空気が乾燥しているので、こまめに水分を取るようにしましょう。

暖かい部屋から冷たいトイレやお風呂等にも注意ですね。

私を含めパソコン好きな虚弱体質の方はくれぐれも座りっぱなしにならないようにお願いします。

バイク防寒用具の検証について

今朝も寒かったですね。

昨日の日曜日は愛馬(バリオす)に乗ってきました。
家内からは「この寒い中バイクに乗らなくてもいいのに・・・」と言われました。

普通に考えるとその通りですよね。

しかし、今回はワークマン「イージス」とバイクに取り付けたカバーやグリップの評価もあり、100Km以上は走るぞ!と決めていました。

バリオスはバイクですが一応神話に出てくる馬の名前です。
兄弟車でザンザスという400ccのネイキッドバイクがありますが、これも兄弟のようなものです。
ザンザスは別名 Xanthos(クサントス)とも呼ばれていてポセイドンの所有のお馬さんです。
バリオスとザンザス、そしてペーダソスという3頭でアキレスの戦車も引いた事があります。

これはあくまでもギリシャ神話のお話しなので実在したかどうかは分かりません。

有名な馬と言えば、三国志に出てくる「赤兎馬(せきとば)」なんていう馬もいます。
これは曹操が関羽に送った馬でも有名です。
一日で千里を走る能力があったそうです。

前田慶次の「松風」も有名ですし、黄金騎士GAROの愛馬である「轟天(ごうてん)」も最近では有名になってますよね。

昔は自動車が無かった時代ですから、愛馬との関係は本当に動物以上ものがあったと想像します。

私のバリオスは赤いバイクなので「赤兎馬」と名付ける事にしようと勝手に考えている。
一日、千里を走れるんですよ。

えっ?1里の距離が分からない?
そうでしょう、1里=3.9Kmです。
千里=3900kmですよ。凄い距離ですよね。
きっと、アジア大陸(ユーラシア大陸)の話なので、そんな距離になったのかと思います。

ちなみに家の赤兎馬はリッター21Km走ります。
ガソリン満タンで300Kmというところでしょうか。

前置きが長くなりましたが、結局160Km走ってきました。

上下をワークマンのイージスを着て行きました。
なんと、イージスの下はカラーワイシャツと長袖のヒートテックだけ。
ズボン側は下にパンツとタイツだけです。

走った時の気温は平地で8℃くらい。山側で2~3℃という状況です。

走った場所は・・・・

愛川~宮ケ瀬ダム~ヤビツ峠~菜の花台~246経由で丹沢湖~自宅へ戻るという流れです。
高速道路を使わないで150Km以上走るのは結構大変なんですよね。

平地では全く寒くありません。逆に気持ちいいくらいです。

1時間を過ぎたあたりから手袋の指先が段々と冷たくなってきました。
1時間半を超えたあたりで、手袋を皮からネオプレーンに変更。
このネオプレーンで一番寒いと思われるヤビツ峠(気温2℃)を走りました。

不思議な事にイージスで下はワイシャツなのに体側は全然寒くありません。
ズボンもGパン+タイツでは太ももが寒くなるのですが、これも大丈夫です。

ワークマン、イージス恐るべし!!
これが6800円というのも凄いことです。

バイク本体に取り付けたグリップカバーとレバーゴムですが、印象としては直接風に手袋が当っていない分、30~1時間しか保てない(指先の冷たさが)のが1時間半から2時間我慢できるようになったというところでしょうか。

直接風には当たらないが、少しずつ手袋が冷たくなっていくのは変わりありません。

という事は、結論的に、この仕様では1時間半から2時間連続走行が可能であるという事です。
何も対処しなければ、1時間しか走行出来ないという事になります。

秦野:菜の花台

秦野:菜の花台から海側

丹沢湖のダム

バイクのエンジンで外側を温めてから帰路に着きました。
後は、2.3個の手袋を持参していき、冷たくなったら交換するのが良いのかも知れません。
タンクバックの中に手袋とホカロンを入れておけば最高でしょう。
私は皮手袋(ロング)とネオプレーンと2つの手袋を使い分けて行きました。

イージスに関しては何も言う事ありません。
予備にワイシャツの上にパーカーとかセーターとかベストとか着ておけば完璧でしょう。
高速に乗る人はイージスがバタバタと風でバタつく可能性があるので、ウエストポーチとか腰に付けておいた方がいいかも知れません。

気温が低い中、バイクで走るのは苦行のように感じる事があります。
しかし、帰ってきて、少し時間が経過すると、またこの苦行がしたくなるんですよね。

寒い中、バイクに乗るのは暖かければこんな気持ち良いことは無いと思います。

← 前のページ次のページ →