YUIMETALのいないBABYMETALはどうなのよ

とうとう2018年のBM(BABYMETAL)のツアーが始まりました。

最近は、全然BMの話題に触れませんでしたが、今回はちょこっと書かせていただこうかと思う。

このツアー前からBMのメンバーであるYUIMETALの事が盛んに報じられていました。
というのも、前回のツアーで体調不良になってコンサートを休んだままとなっていたからです。

今年のツアー前から動画でも沢山心配の声が上がってました。

皆さんの心配事となるのは・・・・・・

① YUIMETALは現在元気になっているのか?
② YUIMETALはBMを脱退したのか?
③ YUIMETALの体調不良は深刻なのではないか?
④ YUIMETALのツアーに不参加の原因は何なのか? などではないでしょうか。

では、なぜ2018年のアメリカツアーにYUIMETALは参加しないのか?

この件はツアーの内容にも繋がっているという事であるとアナウンスされている。

しかし、重箱の隅をつっつくような推測をすると、YUIMETALが参加できない何かしらの事情があってツアーの内容もそのように変化させるしか無かったと言える。

不参加の理由が最初から公表されていなかったのも事を大きくした理由の一つである事は間違いないと思っている。

正直なところ、自分が実際にコンサートを見に行くとした場合、3人揃ったBMを見たいと考えだろうし、元々、BMは3人組のユニットなのだから代役ってありなのか?と考えるだろう。

あなたはYUIMETALが出ないとしたらコンサートのチケット購入しますか?
私だったら買わないと思います。

いくらコンサートが物語のように進んで行くものであったとしても、演劇を見に行っているのではなく、彼女たちのパフォーマンスを見に行っている訳で、そのパフォーマンスを劇的にするために物語的にツアーが進んでいくのが普通かと思う。

しかし、主人公の3人の内、一人が欠けているのをBMと言えるのかどうか?

今までの楽曲も3人に合わせて作られているので(もちろん新曲はあるだろうが)YUIMETALの居ないところを代役で済ませるというのはオーディエンスを馬鹿にしていないか。

ここで考えられるのは、主催者側が勝手にSUMETALの歌声があればどうにでもなる。と考えている節があるように思えてならないこと。踊っているのは遠くから見えないし、観客もそれ程気にならないだろうと言う考え方だ。

一口で言うと「上から目線の対応」であるとしか言いようがない。

MOAMETALとYUIMETALの踊りと合いの手があってこそのBABYMETALである。
という考え方の人が日本のみならず欧州のファンもそう思う事だろう。

それだけ、MOAMETALとYUIMETALにはコアなファンが付いている事になる。

元を正せば、最初BMは期間限定ユニットであったように思う。

それが段々と知名度が上がり、海外のフェスで開花した事によって期間限定という事がどこかにすっ飛んでいったしまった。というよりも無かったようになってしまった。

中学生と高校生のメタルダンスユニットだからBABYMETALだったのかも知れない。
それが、高校生となりこのままBMのままで良いのか?という事務所側のジレンマもあるだろう。
でも、海外では広くBMで認知されているし、このまま続けるのが得策であると判断したのだろう。

これも推測であるが・・・。

話を元に戻すと、今回のYUIMETALが参加しないのは筋書以外の何かの要因と考えるべきだろう。

一番考えられるのはコンサートツアーを長く行った関係でストレスによる体重の増減や精神的な問題を抱えている状態に陥っているか、YIUMETALの踊りの動きがシャープであるが故の腰、首、筋肉の疲労によるものではないだろうか。

そしてもう一つ考えられる要因は、YUIMETALと事務所側の契約問題。
YUIMETALは未成年だから契約に関しては親の意見が反映されるだろう。
YUIMETALだけの意見では無くなり、親の意見と事務所側の意見が摺合せ出来ていない状態。

それは高校生で勉強もしなくてはならないのにツアーばかりでいいのかどうか。
ギャラの問題とかも有るのかも知れない。

そうなるとYUIMETALは体調は元気だが問題解決が済んでいないので出す訳にもいかないという状態になる。

これは新しくアメリカでレーベルを作ったマネージメントの影響もあるのではないかと思う。
どんな問題であれ、本当の事は多分これからも伝えられないだろう。

ただ言える事は、我々はYUIMETALとMOAMETAL、SUMETALの本来のBMを見たい、そしてYUIMETALの元気な姿を見たいだけである。

スマホの電池が急に怪しくなる

私のワイモバスマホは契約(使用)してから2年と3ヵ月となりました。

この間は問題なく動いておりましたが、先週あたりからバッテリーが怪しくなってきました。
前は、待機状態ならば減らずに耐えていた電池残量も凄い勢いで減っていく。

朝、通勤前の7時頃に100%の状態で何も使っていないのに9時頃には80%くらいに低下しているではありませんか?

このような現象前に前振りの電源勝手に落ちるという事がありました。

夜、就寝するまえに63%の残量を確認して寝て、朝起きた時に電源が落ちている状態。
えっえっ、使わないのに63%の電源はどこに行ってしまったのでしょうか?

まさか、夢遊病者じゃぁあるまいし、寝ていながらスマホでエロ動画でも見ていたのか?

まさかですよね。

一度、起きた事なので夜に再度ちょこっと充電をして80%くらいで再度実行してみると・・・
やはり電源が落ちている、起動させると10%未満なので自動シャットダウンしたようになっている。

また、電池が悪くなると規格のボルト数が出ていない可能性だってある。
正常なボルト数が出ていないからスマホの動きが鈍くなり、重たいと感じるケースが多くなる。
そうなると電池残量何%と言う表示はデタラメと同じになりますよね。

スマホといい、携帯電話といい、2年で大体、壊れる?(電池がダメになる)ように作られているように思えて仕方ありません。いや、2年でダメになるように工夫されているんだ。日本の電器メーカーが壊れない電化製品を作ったお蔭で商品が売れなくなった事を踏まえているのは間違いないだろう。

別に、スマホが遅いとかダメな訳でもないので電池交換という手段もありますが、修理品としてお願いすると7000円前後かかってしまうようです。

この金額が悩ませるんですよ。

機種変更で違う機種にした方が安上がりという事なんですよ。
いかに古い機種を大事にする私さえも考えさせられる事になってしまいます。

私の家の場合、家内も息子も同じ機種を使っている。
買ったのも同時、使い始めたのも同時です。

使う頻度はともかく、状態としては同レベルかと思います。
私のスマホの様子を家内に話をすると・・・・

家内:「私のスマホも夜50%くらいあっても朝方電源が切れている場合があるよ!」とのこと。
なるべく使わないでいても、勝手に電源レベルは下がっていく。

2年ほど使用すると充電池が80%以下の能力になってしまうらしい。
この80%というのがこの消耗に耐えられるかどうかの生命線のようで、これが70%.75%とかそれ以下になると普通の使用に耐えられなくなるようです。

2年返済の機種代も2年で電池がダメになるように作られているのでは、いつも機種代金を背負って使っている事になるのが非常にいやらしいと思えてしまう。

機種変更しても支払っている総額は大して変わらない上、新しい機種になった満足感も味わえるのだろうが、逆に慣れた使い勝手を捨てる事にもなるし、電池だけで壊れていない物を捨てるという、やってはならない事(悪い事しているような)をしているような気がしてしまう。

2年ごとに交換せねばならないのなら、機種代金はローン扱いするのもどうかと思う。
2年間の使用料として使っているようにすればいいだけです。
2年過ぎたら自分の物になる契約であればいいんですよ。

電池が保たないのなら、保たない也に工夫して使えばいい。
しかし、家の奥さんのような人は、簡単にその工夫が出来ないので困る。

そう考えると、後々面倒にならない機種変更が一番の策になる。

スマホも早く、自作PCのように自作スマホになって欲しい。
CPUもメモリも筐体も自分で選んでいれば分解修理も簡単になる。

どうして出さないのかな?

小さいから手先が器用な人しか自作が出来ないから?

萌えるパソコン部品が無いとやる気が出ないな

今週は雨で寒いですねぇ~。

5月の連休が終わって直ぐにこんな天気だと元々やる気のない仕事がそれ以上にやる気が無くなってしまうように思います。

終わってしまった5月の連休は皆さん、いかがでしたか?

新しいパソコンを組んだぜ!とか
新しいサーバー作ったぜ!とか
中古のパソコンにLinuxインストールしたぜ!とか言う人いますか?

パソコン好きな人は、何かしたら新しいアイテムが無いと燃えませんよね。
このところ私には燃えるパーツがありません。

入れたいと思うOSも無いからやる気が無いんですよね。

それよりも、仕事先のサーバー管理やWorpressで作ったHPの記事作成で、家に帰ってきてまでパソコンを触るという事が少なくなっています。

家の代わりに会社のPCを使って遊んでいる(色々と仕組みを試している)状態です。

キーボードいじっていれば何となく仕事しているように見えるし最高です。
いつもそんな事ばかりはしていませんからね。(言い訳ですが)

私はこの連休は休みなく働いてました。
もちろん、この出勤に対して代休なんぞという事もありませんし、休日出勤になるという事も無い。

仕事を選ぶにも休日の多い職種を選ぶ事って大事ですね。
休日が出勤にも関わらず、給与の額は変わらない上に、拘束されている時間も長いと嫌になります。

そんな環境なのでサーバーをいじって遊んでいる時間も必要なのかも知れません。

5月の連休最後の土曜日にバイクで走ってきました。

走行距離は180Kmほど。
午前中の11時頃に家を出て、帰宅したのが夕方4時半頃です。

天気の良い日だったので、手袋も夏用のメッシュで乗ってました。

コースは神奈川県の相模湖から上野原、大月、都留、(R20号)道志、宮ケ瀬、自宅という流れでしたが、途中、道志みちでちょっとした渋滞があった程度で、ほぼ乗り放しでした。

沢山の通り過ぎるライダーの方からヤエーをしてもらいました。

カブやモンキーでツーリングしている人から大型アメリカンやGSXR等の大型SSまで多彩です。
好みのバイクで楽しんでいる感じがします。

私の場合には高速道路を使わずに走っているので125ccクラスでも良いのかなとも思いました。

今度は朝早く起きて、300Kmコースのツーリングをしようと計画を練っています。

それまでにバイクのオイル交換や気になっているクラッチワイヤー、アクセルワイヤーの交換をしておこうと考えています。

ソロツーリングですから壊れないように対策の上、実行しようと思っております。

バイクは一人になれて最高だよ。

高齢者の孤独死とか言うけれど、死ぬ時は一人だからね。
そして、それが悲しいかどうか思うのは家族含めた周りの人の意見ですし・・・。

孤独死した人すべてがさみしい死に方だったとは思っていないでしょう。
問題なのは死んで放置された状態が続き、死臭や腐敗で問題となる事ではないでしょうか。

パソコン好きなお宅の人も孤独を愛する人が多いと思います。

孤独でさみしいと感じている人いますか?
それとも、一人でお気楽だ!と思っていますか?

さて、あなたはどうですか?

ちょっとケチ臭い事言っていいかな

このところ食品等生活に関係する商品の値上がりって多くありますよね。

あまり値上げが無かった商品も値上げされたりしています。

その中で値上がりしないが量が減っている商品って多くありますよね。
これはお菓子とか食品関係に非常に多くあります。

一見価格据え置きと見せながら量を減らす作戦です。

これって皆さん、どう思います?

私が一番気になるのは、バターやチーズなどでしょうか。
商品自体が妙に薄っぺらいものになっていますよね。

グラム数までは書きませんが、チーズとか小さくするとなぜか味まで薄くなっているように感じてしまいます。

その他、袋入り菓子なんかも、量が減っているけど袋を見ただけでは分からない。
買って、食べてみて「なんか無くなるの早いな」と思ったりするんですよ。

私の好きな甘いお菓子でもあります。
そうチョコパイですよ。
9個入りとかで大きな袋(箱?)で売っている。

一つ一つが袋に入っているが、スゲー小さくなった感がある。
大きい口の人なら一口で食べられるかも知れません。

値上げの方法も色々とあるとは思うけど、知らない形で量を減らすのはどうかと思いませんか?

前の商品が良い印象として残っているのが悪い印象になってしまう。
これが商品としては致命傷でしょう。

小さくなれば、満腹感や満足感が減少する。
「あれ?これってこんなだっけ?」と思います。

量を少なくする値上げ作戦よりも、量は維持して普通に値上げした方が私は良いと思う。

一時的に「高くなったな」と思うかも知れないが、買って食べてみて「やっぱり高くても美味しい、満足する」という事になると思うんですよ。

そもそも値上げする前に工夫って考えるべきではないでしょうか?

例えば、大袈裟な包装は止めるとか、無駄な入れ物は使わないとかです。
チーズだったら外箱っていらんですよね。
おせんべいとか1枚1枚袋にいれておく必要ってありますか?
私なんか「連続して食うのに面倒」と思っているだけですよ。

私の好きなチョコパイも・・・
一つ食べるとプラゴミが出る。2.3個食べたら、無くなったら、結構なプラゴミとなりますよね。

そしてこの包装を簡素化すればお安くできる可能性がありますよね。

包装が簡易になった分、賞味期限の問題は出るかも知れません。
でも、行政で行っているゴミ回収も量が削減出来ますよね。

昭和の時代の魚屋さんや八百屋さんのように新聞でくるんで帰ってくればいい。
お菓子なら袋にいっぱい詰めてくれればそれでいい。
どうせすぐに食べてしまうんですからね。

私の意見としては、そこまで衛生面を気にする必要はないと思いますよ。

皆さんはどうお考えですか?

ブック型PCのサーバー化は温度が辛いな

今日は平日なので仕事をしています。
私の場合には祭日関係なく出勤なので、今週は祭日がありますが仕事に出ています。

今週は連休的な感覚での出勤なので気持ち的にお気楽な仕事という感じです。
逆に店舗系の人やサービス関係の仕事の人は忙しいのではないか?と思います。

仕事先のサーバーでもメンテするか!
と思い、SSHで接続して確認してみると・・・・。

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:       +40.0°C  (crit = +120.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:      +59.0°C  (high = +78.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:      +59.0°C  (high = +78.0°C, crit = +100.0°C)

げげげっ!

CPUの温度が60℃近いではあ~りませんか。

普段(2.3月頃)でも51.2℃を指していましたので、気温の温度がオンされているように思います。

まぁ、ブック型のケースそのままサーバー化にしてある関係で、外気の温度が高くなってくると筐体内部の温度も高くなるのは分かっていましたが、ちょっとこれではきびしい感じがしますよね。

そのままでもいいか。
そう思ったりもしますが、やはりHDDが逝ってからでは遅いです。

内部のファン関係の掃除が必要のようです。

CPUの温度が高い理由としては、冷却装置に付いているグリスの劣化も考えられます。
かと言って今は新しいグリスなんぞ仕事先には無い。

とりあえず分解清掃をすべきです。

皆さんもブック型のパソコンをお使いの人は熱に注意が必要かと思います。
ケース本体の体積が少ない分、内部空気の温度上昇が早い上に、空気のINとOUTの流れが無い。
あるのは小さな電源からの排出ファンのみかと思います。

一番良いのは、使わないDVD-ROMを外してしまう事なんですよね。
すると、この空間からフレッシュな空気が内部に流れて温度が下がるという仕組みです。
DVD-ROMは外付けキットを安く買って、USBで使う時だけ繋げる方が良いと思いますよ。

なんたってDVD-ROMも壊れないし埃まみれにもならない。

そして、もう1台のLinux-Mintサーバーは・・・

$ sensors
acpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:        +40.0°C  (crit = +120.0°C)

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:       +49.0°C  (high = +86.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:       +48.0°C  (high = +86.0°C, crit = +100.0°C)

こんな感じで10℃も低い状態です。

こちらは元々ブック型だったものをドスパラの安物ミドルタワーケースにMB毎入れ替えたものです。

ケースだけで10℃も違うんですからね。
その上、Mintサーバーには2TBのHDDが2台もシステムHDDとは別についているんですよ。

それでこの温度ならよろしいんではないですかね。(もちろん、エアコンは付けていません)

やっぱサーバーにするならミドルタワーがいいね。
小さなケースで使うのであればATOMとか省電力のCPUでないと温度が気になってしまいます。

本格的な夏が来る前にPC/サーバーの点検を・・・。

← 前のページ次のページ →