初級者から急に上級者になる専門書

毎日暑い暑い。

こういう時は水分補給を忘れずにお願い致します。

最近のニュース記事で読みましたが、日に焼けるとビタミンDが不足するようです。
営業の方や外の仕事が多い人はビタミンDの多く入っている食べ物を摂ると良いようです。

Linuxの専門書について書きます。

このところ私は、amazon等でLinuxの専門書を沢山購入しています。
もちろん値段が高いものは購入しませんが、ちょっと気になるLinuxのディストリビューションについての説明書、セキュリティに関するもの等です。

ディストリビューションについては、CentOS6やScientificLinux6、redhat,Debian、ubuntu関係でしょうか。

OSの説明や経緯は大体、同じような事が書かれています。

読んでいて、いつも思うのは欲しい情報の部分だけがなぜか詳しく書かれていない。
そこを調べるために、また違う本を探すという事になっていまいます。

PC関係の専門書って、こんな感じとても多いですよね。

Accessを勉強し始めた時もクエリーについて、VBについて、不明なところ書き方はどうすればいいのか?という事について説明がされていない本が多く、何冊、Accessの本を買ったことか。

〇〇日で極める何とかとか、〇〇日で覚える何とかは買ってはダメな本ですよね。
でも初心者の人は、この本買うんですよね。

誰もがさらっと読むと簡単で分かり易い、カラーで見易いが中身はうすい。(本が薄い訳ではない)

そしてLinuyの本については・・・・

1.Linuxの概要
2.OSの種類
3.インストールの仕方とコマンドの使い方
4.良く使うサービスの設定
5.windowsからSSHを使う方法

こんな流れで書かれています。
で、どの本も1.2.5は同じなんですよね。
3.4も使うコマンドやログインの方法、Suになる方法がちょっと違うだけでほぼ同じ。

となると、中身が違うところだけ、安く売ってくれれば済むんですけどね・・。
でもそういう訳には作者が違いのでいかない。

では何で同じような内容になってしまうのか?これが問題です。

何冊もLinux関係の専門書を購入すると誰もが気が付くと思うのですが・・・・。

初心者向けの本が多過ぎるということ。
そして、初心者以外の本は急に上級者向けの本になってしまうということ。

私の様な中級者向けの本が少ないんですよ。

Linuxをインストールして設定はできる。
各種サービスの設定もできる。
簡単なセキュリティ(iptablesなど)もできる。

この内容が出来ている人向けの情報を提供している専門書が少なくて、急に完全に分かっているような上級者向けの本になってしまうんですね。

となると、中級者はここで立ち止まってしまい進化しなくなる。

Linuxの勉強について、停止状態になってしまうんですよ。

人に依っては、この上級者向けの専門書で頑張ってやろうとする人もいらっしゃると思いますが、私の様な飽き性の人は、「まぁ、ここまで出来ればいいか」と思ってしまうんですよね。

難しい専門書買ってみるかな。
本棚の肥やしにならなければいいが・・・。

 

夏の棒茄子でバイク用品を購入予定

久しぶりの更新となってしまいました。
見に来てくれた方、申し訳ないです。

毎日、暑いですが体調はいかがでしょう?

ここ最近は、バイクに乗ったりして外にいる時間が長くなったので、思ったよりも日差しや温度に耐性が出来てきているようで良い感じでやっています。

一番問題なのは、暑くなって冷たい物を飲み過ぎて食欲が無くなる人です。
冷えた飲物はなるべく避けて、常温の飲物を摂取するのが良さそうです。

そして、早めの睡眠です。
夜、眠れない、眠りが浅い、そんな人も注意です。

仕事も大事ですが、身体は仕事よりも大事ですからね。

 

さて、さて、皆さんはボーナスはもう出ましたか?

ボーナスが出たら、皆さんは何に使うか決めていますか?

私は、バイクのタイヤを交換しようと思っています。
バイクを乗っている時、一番気にしていたタイヤです。

経年劣化で溝は沢山残っているが、ひび割れ、ゴム自体が硬化してしまっている。
タイヤ本体がもう非常に古そうな感じです。

乗っている時に「バーストしないか?」とか「空気圧は平気なのか?」等と余計な心配をしなくてはなりませんでした。(・・バーストする速度では走っていませんけどね・・・)

ネットでタイヤの値段を調べたら、そんなに高くはない。
逆に、海外製品のIRCやDUROなら1万円前後で買える物もある。(中華製は避ける)
交換する工賃を入れても、2.3万で済みそうである。

そして、バイクに乗る時の靴です。
皮のブーツはありますが、この時期は暑いし蒸れる。
もう少し、カジュアルに普通に履いていてもおかしくないライディングシューズを買おうと思う。

そして、ブレーキパット。これも乗り始めてから替えた事の無い消耗品です。
こちらも止まるという大事な部分を占める部品なので、ヤマがあろうがなかろうが交換する事にします。こちらは、工賃を含め7.8000円程度です。

夏のボーナスで考えていた事は以上のような感じでしょうか。

とりあえずバイクに乗っている時の心配事は無くなり、遠出が出来そうです。

後は、どこに行くか?ですよね。

そうそう、バイクで高速道路が2日か3日間乗り放題で2500円と言うのがありましたよね。

これが気になるんだよね~!

でも事前に受付か何かしないとダメらしい。
それにETCがバイクには付いていないからな~。

2500円で関東圏だけではなく、日本全国の高速道路で対応して欲しいと思います。だって、バイク自体は車と違って、道路を傷める訳ではないし、もっと安くしてもいいのでは?と思います。

今回の乗り放題でどうなるか・楽しみです。

バイクという乗り物は、本当に好きな人でないと分からない部分が大きいです。

この暑い中にヘルメット被って何で走っているのか?考える事があります。
走っている最中は風でとても涼しいのですが、信号待ちで止まると地獄となります。

だから、なるべく信号が無い道路を走りたい。
となると、町中はダメですよね。
山は高度が高くなればなるほと気温も低くなり、涼しさを感じられます。
海に行けば、水着のギャルが見れるかも知れない。

バイクに乗るむさ苦しい格好で、海に目の保養に行って来ようかな。

使えなくなるメールアドレス

大雨で九州は大変な事になっています。

本当に最近は一部の地域でゲリラ的な豪雨が多くなってきています。
梅雨時というのに関東地方ではそんなに雨が降っていないといのもこれから夏にかけて水不足になる可能性や稲等の作物にも影響が出なければ良いのですが・・・。

この大雨で注文をつけたい事が2つあります。

ニュースで天気情報を伝える時に、あえて大雨の中、濡れて実況しなくても良いのではないですかね。途中で傘が壊れたりしてずぶ濡れになりながら実況しているが、ここまでしなくても映像で分かりますよね。逆に実況している人の方が危険ですよ。

台風とか大雨の時に、必ず川を見に行って流されたり行方不明になる人がいますが、何で危険な場所にわざわざ自分から行くのでしょうか?家族も止めたりしないんですかね。

こういう状況下では家から出ないとか避難するとか決めておいた方がよいですよね。

さて、今日の話題の「使えないメールアドレス」ですが・・・・

私の場合にはレンタルサーバーがあるのでメアドはいくらでも作れる環境にあります。

サーバー連絡用、ブログの問合せ用、仕事用、個人の遊び用、友達と連絡専用、通販専用等・・。
なるべく、捨てメアド(ヤフーなど)は使わないようにしています。

問題なのは、通販専用メアドです。
商品を購入する時のやり取りをして物が届けば完了になりますが、問題はこの後です。

勝手に営業メールが色々な店から送られてくる。
買ってもいない業者からも送れれてくる。

知らないうちに、1日で50通くらい来るようになってしまいました。

こうなると見る気がしなくなりませんか?
全部見ないでゴミ箱へGoGo!となります。

知らない内に300Mの容量を設定していたのが目一杯になってます。
仕方無いので消したりしましたが、心配なので500Mに増設しました。

問題は、通販を利用した時です。
このスパム的な大量のメールの中に連絡用メールが埋もれてしまって探すのが大変です。

amazonとか登録用メアドを変更すれば済むのですが、これがプチ面倒なんですよね。

大体、人のメールに営業メールを許可した覚えが無いのにどこから来るのか?

どこで私のメアドを知ったのか?
無料アカウントなら理解できるが、自分のレンタルサーバーのアドレスなんだよね。

それに、自分が興味のある商品をなぜか送ってくる。
これって、どこか以前に商品を買った業者がリークしている?

それともAIが勝手に想像して商品購入候補を送りつけてくるのか?

何はともあれ、メールアドレスも使っては捨てる時代なんですかね。
好きなメアド名は安易に使えないですよ。

沢山の営業メール(電話は勿論)は相手に悪い印象を与える方が大きいですよね。
せめて、週一くらいの割合にすべきではないでしょうか。

毎日、毎日定期便のようなどうでもいい内容は送って来なくて結構。

ただのリソースの無駄使いです。

8月でモンキー発売終了でどうなる原付

来月にはもう発売が終了になってしまいます。
限定の500台はもう完売になっているのでしょうか。

私はモンキーに乗った事はありませんが、同じようなエンジンを搭載していたJAZZという原付バイクに乗っていた事があります。

とても静かで燃費も良かった記憶があります。

同じエンジンを搭載しているという事ではカブも同様です。
新聞配達から銀行マンの営業車だったり、郵便局の配達でも使っているバイクです。
最近は商用車というよりも、若者にも変わらないスタイルで人気があります。

このカブの方は生産中止という声が聞こえないので生産は継続されるようです。

原付=50cc未満の排気量
規制=30Km以下、二人乗り禁止、2段階右折

この50ccという排気量が日本国独自のガラパゴス設定であります。
海外では125cc以下が原付と同様の扱いになっているようです。

今回のモンキー販売終了については、以前にも書きましたが、EURO4という排気ガス規制に合わせるためには、排気ガスをクリーンにする触媒を取付けなくてはならなくなり、この装置を取付けたりするとなるとバイク本体の値段が非常に高いものになってしまう事が要因だそうです。

しかし、ここで疑問があります。
日本独自の排気量規格である原付がなぜEURO4に合わせなくてはならないのか?という事です。

日本でしか売らない、乗れない車をどうしてEURO規格に合わせなくてはならないのか?
EURO圏で売るならまだしも、日本国内しか売らないのであれば、日本の勝手でしょう。
日本原付規格でも勝手に作ればいいんですよ。

そう思いませんか?

何でも世界標準にすればいい訳ではないですよね。
日本はバイクの4大メーカーが揃っている国ですよ。
それが、ロクなバイクも作っていないEURO圏に合わせる必要ないだろうと思う。

嫌なら乗らなければいいんですよ。

日本の車やバイク等の機械物は壊れないし耐久性が高いから非常に評価されている。
だから何もしなければ全部日本車になってしまう恐れがある訳ですよ。

税金を高くするとか、そういう負荷だけではなく、車、バイクメーカーに色々な規制を押し付ける事も一種の嫌がらせみたいなものですよね。

日本は何でも上手くやってしまうので、世界中の人達から攻撃対象になってますよね。

海外で販売するバイクや車はともかく、日本国内の排気ガス規制は独自規格を作ってもらい、面白い自動車やバイクを作って欲しいと思います。それだけ強力なメーカーが揃っているのだから、ロクでもないメーカー等の言い分は聞く必要ないよ。

ロータリーや直6ターボエンジンなど音といい、最高ですよ。

海外からも「日本に行くと凄い車に乗れる!」という事で観光客も沢山くるぞ!

 

以下追加(7/4 午後4:45)

書き忘れた事があって追加する事にしました。

2000年を超えたあたりからバイクや車離れが進んできました。特にバイクに関しては、危ない、暴走族、悪い人が乗る乗り物というイメージが定着してしまっていて、乗る人口が減り、販売台数が激減してしまっています。

排気ガス規制の問題もありますが、この販売台数が減った事により生産維持が出来ない事が終了の元になっているようです。

普通に車の流れと同じに走っていれば、そうそう危険な乗り物でもありませんし、逆に法的な知識も無い状態で乗っている自転車の方が無法地帯になっていると私は思っています。原付の悪い所は、この車の流れにのって走れないから危険であると思っています。

通勤・通学でバイクが増えれば交通渋滞も緩和できるし、都内や駅周辺にもバイクを停める事の出来る駐輪場の確保も出来るようになると思います。

バイクも税金を納めている以上、上記のような社会的な整備も必要であると思っております。

夏に向けてバイクと車のメンテナンスをしよう!

もう7月になってしまいました。
平成29年度も半分経過というところです。

この時期になると夏休みの予定とか計画されている人が多いと思います。
海外旅行とか国内旅行とか、いいですよね~。

ここ最近は欧州とかの海外旅行はテロの関係で少なくなっているように感じます。
かと言って身近なお隣の国にはあまり行きたくないですよね。

やっぱり安心安全な国内旅行ですか・・。
日本国内も京都・奈良とか大阪とか有名な観光地には何度か行った事はありますが、まだまだ行っていない日本の地方は沢山ありますので、こちらに行った方がいいですよね。

私の場合には、ここ何十年と夏休みにどこかに家族で出掛けるという事がありません。
それは、家族の仕事の関係でしょうか。
上手く休みが取れる期日が一致しないという事です。

一致する日程があったとしても、盆休みとかで混雑するのが分かってしまっている期間だったりして家族全員の意見として「行くのは止めよう!」という事になる。

せっかくの休日も混雑の中、疲れに行くことは無い。という意見で一致しています。

その分、近くをちょこっとドライブしたり、食事をしたりしています。
奥さんからも「今年はここに行きたい!」なんて言わないし、息子はお宅なので家が好きみたいです。そんなこんなで今年も無計画なんですよね~。

しかし、個人的にはバリオス(バイク)がいるので、一人でプチツーリングをしようと思ってます。
朝早起きして行けば、夜に帰ってくるまで楽しむことができます。
プチツーリング用にバックとか小物を揃えようかなと思ってます。

一人ツーリングって楽ですよね。
仲間内と一緒に行くのも楽しいですが、どうしても一人が飛ばしたりすると焦ってついて行かなくてはならなくなったりするので、自分のペースを維持できなくなったりして疲れます。

その点、お一人様だと休みたい時にバイクを停める事も出来ますし、行きたい場所も自分で決める事が可能です。デメリットとしては、バイクの故障とかあった時など全て一人で解決しなくてはならなかったりする事でしょうか。

そういう部分では、日頃メンテをしておく事が重要です。

これはバイクに限らず、車も同じです。

高速道路を走るのであれば、タイヤの空気圧からOILの量、ラジエターの水の量などチェックをしておく必要性があります。これでも最低条件ではないでしょうか。

高齢者や女性の場合には、この最低限のチェックもしないので乗ることが多いので、故障したり立ち往生して渋滞を巻き起こす要因となっていますよね。ガソリンの量もチェックしない人いるんですからね。

勿論、日頃からメンテを欠かさなければ、こんな問題は起きません。

新しい車って、TEMP計(水温計)が無い車多くなってますよね。
私的には、この水温計が付いてないと不安でたまりません。

この水温計が付いていない車は警告ランプになっているんですよね。

通常の温度80℃~100℃でラジエターの電動ファンが回転して、温度を下げる、これが故障すると何度になってもファンが回らなかったり、ラジエターの水が無くなっていたりすると急激に水温が上昇してしまい、オーバーヒート状態になってしまう。

オーバーヒートならないように水温計、警告灯が付いているのですが、警告灯の場合には徐々に高くなりつつある水温が分からぬまま、警告灯が点灯する事になります。

警告灯が点灯した時点ではもう水温が上がり過ぎている状態であり、事前に走行を停めて、アイドリング状態を維持して水温を下げたりする事になるのですが、点灯して直ぐにこの行動ができる人ってそう多くはいないと思います。

だから私は、警告灯よりも水温計で見ていた方が状況を把握しやすいという事なんですよ。
メーカーも水温計取り付けるよりも、警告灯を付ける方がお安いですしね。

水温計に限らずOIL-TEMPとかOILプレッシャー等のメーターも取り付けて欲しい。
昔の車は6連メーターとかで色々なメーターが標準で付いていました。
今の車はスポーツカーでもあまり付いていませんよね。

外付けで取り付けるよりも標準でメーターパネルに格納されているメーターが良いんだな。

こういう一見、運転手には優しいような技術、エンジンからの情報まで知らせないようにする事で運転手に余計な心配をかけさせないためなのかも知れませんが、個人的にはどうかと思います。

何の知識も無いまま運転して、何もかも人任せで運転するだけ。

車は新しくなっても、エンジン音や異音、メーターの内容で何が起きているのか判断する、そういった事も乗る人には必要な事ではないでしょうか。

← 前のページ次のページ →