嘘ニュースが問題となっているが・・・

アメリカ大統領選挙の時に嘘のニュースがネット上に氾濫し、候補者であったクリントン氏が落選してしまうという結果となりました。

嘘・デマのニュースについては、今から始まった事ではなく、古くは「そういう情報がある」とか「そういう噂が流れている」とかソース元が不確かな曖昧な情報でした。

しかし、今回はネット上にそれらしく情報を公開し、閲覧する事によって嘘ニュースを作る人達に利益がもたらされるという事があり、嘘ニュース製作者達が増加してしまった。

色々なデマ・嘘ニュースが配信されている国や地方名はテレ番組でも紹介されていましたが、田舎町の若者が10分程度で考えたデマ・嘘ニュースを記事にして稼いでいるという内容でした。

ネットは全世界が繋がっているので、このデマの拡散は早い。

人から聞いた「噂話」からネット上にそれらしく書いてある「本当の記事っぽい」内容に、スマホを見る程度の人達は信用してしまうのである。

ネット上には前から適当な記事を書く人も多く、話半分で読んでおくのがいい。
それが、書いてあるのが真実だと思い込んでしまい、人から人へと拡散していく。
情報詐欺というべき事なのか。

詐欺と言えば、ショッピングサイトで商品をとても安く販売している偽サイトもあり、お金を振り込んでも商品は届かない(当たり前の話)とか、本家本元の企業のサイトそっくりに作ってあり間違えてしまうケースもある。

問題なのは、「その記事やサイトが信用性あるものなのかどうか」の個人判断が出来ていない事である。ネット上では「疑ってかかる」くらいのタイプで丁度いい。

その個人判断できないのが、子どもではなく大人でも多いという事が問題である。
前述のアメリカ大統領選では、個人の足の引っ張り合いのようなスキャンダラスなニュースで支持率を下げる手法が多く見られました。

自分の支持率を上げる工夫よりも、相手の支持率を下げる工夫をしている事が良い事なのかどうかです。人の悪口や噂話は家政婦が見たではないが、中年女性が三度の飯よりも大好きな事ですよね。それにまんまと引っかかってしまったという事になります。

問題なのは、その嘘・デマニュース記事を自分の利益のために作っている人達がいるという点です。自分たちの権威や知識を見せびらかしたい技術をもった人達ではない。どこにでもいる学生であったりする。

風潮として「仕事が無い」、「給料が安い」というところから始まっていると考えられる。
特に若い人程「楽して金を稼ぎたい」という思いが強く、悪い事であっても「自分の稼ぎだからしょうがない」という意識で行っており、悪(罪である)という意識は全くない。

日本では戦国時代に隣国の大名を貶めるような噂を流したりしてのし上っていくような事ありましたよね。戦国時代にはネットなんか無いし、全てが人から人への伝達方法や大名側近の告げ口とかで嘘・デマが伝わっていく。

罪もない、優しい、民思いの大名が嵌められたりしたんでしょうね。
そんな嘘情報で「お家とり潰し」なんてなったら死んでも死にきれないですよ。

それが今は、スタイルを変えて存在しているという事です。

ただ、前から言っているが「ネット上には本当も嘘もデマも氾濫している中で、自分で正しい情報かどうか吟味してゆく」という事が必要です。

その吟味するという意味は、科学的な根拠であったり、記事のソース元であったり、ライターであったりする訳です。

もしかすると隣国で戦争が起きるかも知れない。

そんな状況下である事も考慮して正しい情報を得るようにしたい。

中古品の下取価格と販売価格

今日のニュースでブックオフの経営状態が思わしくないという記事がありました。

ブックオフはこのところ社長の交代が何度かあり、それでも経営は上向きになっていない。
経営状況が思わしくなくなると銀行やコンサルタント会社から経営者が派遣されてきたりしますが、それでも良くならない要因って何でしょうか?

要因はひとつではなく、複数の要因が重なり合って出来ていると思います。

ブックオフ(以下、BOFとします)は100円(108円)で文庫本や漫画本が買える事で重宝がられ、沢山の町に出店しています。途中から家電から衣服まで扱う総合中古屋的な店となりました。

先ず、ここで失敗のような・・・

知識の無いバイトが中古家電の価値が分かるのかどうか。
1.2週間の研修で機械物の知識が得られるのかどうか。
他人が着た服を沢山の人が買うのかどうか。

この知識と言うのが問題ですよね。
初代の社長さんは、中古本を安く流通させる事を考えて起業した訳で、今までの中古本屋さんの勉強や調査はしていたはずです。

その社長さんの傍にいれば、必然的にそのような知識を身に付けられたと考えます。

しかし、色々な地域に出店をはじめてバイトや社員のスキルが上がらないまま店の運営を始めたのだと思います。すると何も知らない良く深い社員は、「中古の本売るのだから、中古の家電やパソコンも扱えばいいのではないか?」なんて軽く言うんですよね。

社員やバイトにそんなスキル無いでしょう。
そこで精神論「やればできる」みたいな。

そうなって、母屋(中古本)の経営まで怪しくなってくる・・・。

こういうのをことわざで、「軒下貸して母屋取られる」と言います。
スキルの話をしましたが、後から来た経営者も同じ事。
この業界が好きで色々と知っているとか、中古を買うのが趣味とかいう経営者居ないでしょう。
逆に「そんな他人が使った中古品なんて使えるかよ!」と考えるタイプではありませんか。

最近の店作りを見て思う事は・・・・

店の配列をちょこちょこ変えてばかりで探すのが大変。
漫画本中心的な配列。
108円以外の本の値段が高い。

そして一番の問題点は・・・・買取価格が安いという事。

古い本で汚れているとか書き込みがあるとかならまだしも、何も基準が無いような、1冊5円とか10円ではその内、誰も下取りに持って来なくなりますよ。

108円で売っている本ならば、30円前後でもよろしいんじゃねぇ?
加工するのに20円かかっても50円の利益があります。
粗利益100%ですよね。

それが、1円とか5円で仕入れ、108円や200円とかで販売されるのを売った人が見たら、それりゃぁショックですよね。

中古CDの主であるDISKユニオンさんでは、CDの価値がレーベルとか帯の有無とかできちっとデータ化されていました。だから素人の人が買取をしても大よそ近似値の値段が出る。

もちろんBOFにもデータ化された下取り価格表は存在するのだろうが、入れ替わるバイト、社員がそこまで目を通して理解しているとは思えない。本の種類も沢山あり、初版、再版の価値があるのかどうか。CDやレコードと違って本にはそんな価値があるように思えないですよね。

経営が悪くなった要因は、色々な中古品に手を出し過ぎ。
そして、本業の中古本の扱いを疎かにした。
文化レベルの低い地域に出店した。
経営者・社員・バイトの知識レベルの低下。
買取価格の適正化

不要な贅肉を切捨て、本業のみに切り替えるのが一番ではないですかね。

SNSの投稿減少は「放っておいてくれ」症候群

少数派の皆さん、こんにちは。

今日が終われば週末なのでウキウキです。
天気も悪くなさそうですし、バイク弄りには最高になりそうです。

バリ子には乗りたいし、整備・洗車もしたい。
やりたい事が沢山詰まっています。

趣味のバイクはただの交通手段ではなく、自己満足が高い乗り物なので外見も年相応というよりも綺麗に仕上げた状態で乗りたいと思っております。

うす汚れた、族車のように雑に扱われているのを見ると、小さな子どもが虐待を受けているようにさえ見えてしまう。もう少し大事に扱ってあげて欲しいと思います。

今日のニュース記事でFacebookの投稿記事が減少しているという内容がありました。
Facebook(以下、FBとします)使う人と使わない人って差がありますよね。

FBを使わない人は全くと言っていい程何もしない。
ただ、IDが存在するだけ。

使う人はほぼ毎日のように誰かしらの誕生日とか友達からの投稿とか、写真が掲載されています。
投稿記事が少なくなった要因ってなんでしょう?

第1に、色々な面で自分の情報を開示するのが良いか悪いか考え始めたのでは?と思っています。
そして第2にSNS全体的に面倒になり飽きてきているという事ではないでしょうか。

これはゲームの世界でも同じかと思います。

畑耕すゲームとかパズルゲームとかSNSとセットになって遊べるものが沢山生まれましたが、人がやらなくなってもやる人っていませんよね?

そう、誰かしらに見て欲しい、その事で声をかけて欲しいという願望があるのだと思います。

FBだって、自身の本名で書いている関係もあり迂闊な内容も書く事も出来ない。
ましては、友人と呼べる人からの投稿や連絡も無視する訳にもいかない。

私のように「放っておいてくれ!!」という人には無用の長物です。

この「放っておいてくれ!!」タイプの人が増えてきているのではなかろうか。

毎日、毎日仕事をして疲れて帰り、神経を休ませたいと思っているとSNSから連絡がある。
今までは疲弊していても対応してきたが、もういいや!という気持ちになっている。

いつもネット上で親切丁寧に振る舞うのは疲れます。
ちょっとしたイザコザも起こしたくない、友人と下らない事で言い合いもしたくない。

そう考えると「やらないのが一番」です。
やらなければ、イザコザも言い合いも喧嘩も起きる要因とはなりません。

こんなネット、スマホ時代の環境下で「放っておいてくれ症候群」の人が増殖中である。

別にスマホやパソコンが嫌いな訳ではない。
だけど、色々な連絡や対応をするのは仕事だけでもう満腹です。

自分の時間はネットで繋がるよりも静かに一人で居させて欲しい。

そして私は一人でバイクに乗る。

Googleの検索方法が変わった事による効果

今日のニュース記事でGoogleの検索アルゴリズムを改良したという内容を読みました。

記事はこちら ⇒ Googleが検索アルゴリズムを変更・・・

Googleとしては検索上位に良質のコンテンツのあるサイトを出したいという意向のようです。
勿論、それは物真似ではなく、オリジナルコンテンツである事なんですが・・・。
という事は、今まで検索上位にランクされていたサイトとはどうなんだろうと思います。
検索上位にくるようにSEOを商売にしている企業だってありますよね。

いくらSEOをやっても、中身が伴わなければ上位にランクしないという事になるのかな。
また、人のふんどしで相撲をとるようなおまとめサイトも問題かと思いますよね。

所詮、人間なので自分がオリジナルであると思っていても、過去に見たことがある内容とか写真とか絵とか文章を自分が気が付かない状態で作っている事もあるかも知れません。

やはりオリジナルが大事である事には変わりはないと思います。

私のようなチンケなブログで中身の無い文章を書いていますが、沢山、読みに来てくれる人の中で一人でも面白いと思ってくれれば、私的には大大満足です。

当初はLinuxの難しい説明を書くブログにしようと思っていましたが、技術的にはそういうブログで親切丁寧に説明されているサイトが沢山ある訳です。そのサイトと同じような内容で書いても、ちっとも面白くないと感じて、Linuxを使おう!的なサイトにしようと思った訳です。

所詮、私のような中年でLinuxを個人的に覚えた話なんて聞きたくもないよ!という人もいるでしょうし、Linux自体に興味が無い人もいるでしょう!、そこで趣味の音楽の話題(BABYMETALとか)バリ子(バイク)とか自分が一番気になっている事を書くようにしました。

あくまでも商売としてブログの記事を書いている訳ではないし、同じような感覚の人に楽しんでもらえればという個人的な感情です。

毎日、仕事をしながらブログを書くというのも結構大変なんですよね。
最初の1.2ヶ月は「頑張ろう!」的な意識で書けますが、3ヶ月以降は今まで自分がやりたかった内容を全て記事に書いてしまい、やる事が無くなってしまうんですよ。

そうなると更新が疎かになる。

私が見て、面白いブログだな!とか為になるな!というブログもやっぱり続いて1.2年で更新が止まってしまっています。早いサイトだと2.3回の記事を書いただけで更新されていないというのも良く見かけますよね。

これは仕事や家庭環境における自分の時間の少なさとブログにかける意識の低下など色々と要因はあると思いますが、サービス精神が豊富な人と面倒だからもういいやと言う人で分かれるのだと考えています。

ただ、長くブログを書いていると自分の仕事の一部としてルーティン化されていて苦痛にならなくなるという風に思います。

やはり「石の上にも3年」ですよ。

これから春には新しい仕事に就く人もいるでしょう。

継続するというのも大事な事であるというのも頭の片隅に置いてもらえればと・・・。

馬鹿はどんな大学にもいる

慶応大学の広告学研究会の性的暴行事件でサークル解散命令となりました。

この研究会以前にも問題を起こしておりました。

我々からしてみると、東京大学、早稲田大学、慶応大学、京都大学などなど偏差値が高い大学に通っている人達は真面目で勤勉なイメージをもっておりますが、結論的には「馬鹿はどこの大学にもいる」という証明になったような気がします。

私は元々、馬鹿高校、三流大学出身なので「馬鹿でも仕方ない」とう感覚でいましたので、他人から「あ~!この大学ね」なんて小馬鹿にされても仕方ない立場でおりました。
馬鹿と自称している分、気持ち的には楽なもんです。
周りからあまり期待されないし、出来ないような事が出来るとビックリしたり。

社会に出れば、方程式を解くわけでもないし、偏差値よりも一般常識が必要である。
一般常識とは、世間一般当たり前の知識、経験、判断力である。
これがずれると非常識という事になる。

しかし、どこの学校(偏差値が高い、低い関係ない)でも馬鹿はいるな。
これは大学に限らず、高校でも同じ、いくら進学校であっても馬鹿な奴はいる。
馬共鹿は集まって、ロクな事をしない。という事がしみじみ分かりました。

不思議と馬鹿共は同じような馬鹿が自然と集まるんだよね。
汚れた水が自然と水たまりを作るのと同じような事でしょうか。

馬鹿が多くなる理由もある。
正式に試験を受けて大学に入る奴が少なくなったという事だ。

何でも推薦で楽して入学しようという発想自体がどうか。
やはり、人知れず努力をして受験する覚悟があって、入学できた嬉しさがあるだろう。
楽して努力もせず入学した奴らは、遊びに夢中になり、中途退学等になるのがおちだろう。

そして、馬鹿は大学の学生だけではない。

いわゆる高齢者馬鹿だ。
非常識な発言、自分勝手な意見を押し付ける馬鹿者だ。

「残業100時間で過労死は情けない。」と勝手な意見を述べている。
若い子が亡くなっている事に対して非常識極まりない。

それも武蔵野大学の教授ですよ。
自分の立場で上から目線の発言ってどうよ。

こういう人も、勉強は出来て教授にもなったが、馬鹿と同じ。
人の気持ちを理解してあげる事も出来ない、心の偏差値が低い人なのであろう。

そして何でも自分主張ばかりを言う人達。
近所に保育園建設の予定があれば「反対する」

「子どもの声がうるさい!」やら「道が細いから保育園に適していない」とか・・・
自分達は子どもの頃が無かったような意見ですよ。
もう高齢者で毎日年金生活でやる事が無いのであれば、近所の保育園周辺の安全安心見守りなど出来ないものなのかと思う。

何でもそうだが、文句を言う奴に限って何もしない連中なんだよね。
世の中の、せめて近所の役に立つ何かをしてあげるのも悪くはないでしょう。

今のご時世、せこい、非常識な高齢者、政治家、公務員で物事が動いている。

もう少し、日本人らしく、人に優しい世の中が作れないものかと思う。

次のページ →