アドレス110のアイドリングが高いままになる

もう少しで12月に入ります。
2020年も残り僅かですね。

そんな時期にコロナウイルスの第3波が猛威をふるっています。

経済を止めないで感染を防ぐという難しい状態の中で感染者を少なく重症者も少ない状態で踏ん張っていましたが、とうとう抑え切れなくなったようです。

我々に出来る事はマスクをし外食をなるべく避けステイホームする事なのですが、一方でGoToキャンペーンのように経済を動かさなくてはならない事業も政府を行っています。

要は・・・・

感染を防ぐ事は店や個人でやれ!
国は経済を止めないで回すだけ。

と言う事なのだと思います。

もしかすると感染者が今以上増えれば非常事態宣言も再度出る可能性もあります。

せめて、外国からの入国はさせないようにお願いしたいものです。

私も毎日、アドレスに乗って自宅⇒仕事場、仕事場⇒自宅の往復をしています。
どこにも立ち寄らずに家に帰ります。

このところアドレス110のエンジンの調子がイマイチなのでは?と感覚的に感じるようになりました。

だいぶ寒くなってきているので影響もあるかも知れません。
★症状

朝イチでエンジンを始動すると直ぐにかかる。
エンジンは勿論、冷えているのでアイドリングは高くなる。
そのまま走行をするが、10分、15分走ろうがアイドリングは高いままである。
信号待ちで止まると、回転数が高いので駆動が振動している。
一度、エンジンを止めて再度、始動するとアイドリングは低くなる時もあれば、最初低くても徐々に回転数が高くなってしまう時がある。回転数が上がったり下がったりを繰り返す時もある。

この時に信号の手前で減速をすると普通は15Km以下になるとクラッチが解放されてニュートラルのような状態になるのが普通だが、信号手前で減速してもニュートラル状態にならない。(でもアイドリング時に前に進む訳でもない)

★整理すると・・・

①エンジンの冷却時及び暖気時において始動性は良い
②自動チョークが利いているが中々チョークが切れない
③一度、エンジンを停止させて再始動するとアイドリングが戻る事もある。
④暖気後のアイドリングが上がったり下がったりする場合がある。
⑤低速時にニュートラル(クラッチ解放)していない。

というような症状です。

これが「普通だよ」と思うか「ちょっとおかしい?」と思うかは乗っている人にとって感じ方が違うと思いますが、私は「おかしい」と思ってます。

この症状が原因でエンジンが止まる、加速が悪いという事はありませんが、燃費には悪影響を与えているのは事実かと考えています。

アドレス110はF1(フューエルインジェクション)なので、アイドリングもコンピュータが調整をしているはずです。

アイドリングが高い、不安定な事とクラッチがニュートラルにならない症状は別に考えた方が良いのか?

それともアイドリングが高いからクラッチが解放されないのか?
その関係性も分かりません。

この土日に1.2時間とちょっと長めにアドレス110に乗ってみて、エンジンの状態、クラッチの状態がどうなのか?判断しようと思います。

同じような症状の方、いましたら教えて下さい。

GoToでの感染者は少ないらしいよ

11月18日、19日と連続で東京都のコロナウイルス感染者数が500名ほどになりました。

今まで多くて300名前後でした。
一気に急上昇したようです。

GoToで旅行やら食事をやっていれば人も移動するし食事も楽しいから会話もしてしまいます。

そうなると危険な3密になってしまう。

GoToを使うという事はコロナと背中合わせで感染しても仕方が無いという気持ちで予約をして使っていれば良いのですが、感染したらしたでまた大変なんですね。

GoTo使ってコロナに感染した場合には、GoTo費用は返金するとかどうですかね。
他人に移しても移されても返金する。

GoToが終わっても2週間以内に発症した場合には返金しなくてはならない。

上手く3密を避けて感染しなかった強者だけがGoToの補助金が受けられるとか。

GoTo自体が何となく不公平感が満載で仕事を休めない人、使いたくても使えない人、そんな不平等な仕組みなのではないか。

それであれば、通勤のサラリーマン等に危険な地域で働き、食事もする手当として食事代500円を補助するとか・・・・

1か月20日勤務で10,000円程度ですよ。

これなら土日だけではなく、平日もお店にお金は落ちますよね。

業者の考え方って補助金が出るから、そんなに使うつもりが無い人にも営業をして使わせるように促すんですよね。

基本的には補助金と言っても税金ですからお金に余裕がある人であれば、そんな補助を受けなくても良いと思います。

気持ち的に「使わなければ損」的な考え方が違うように思います。

年金も「繰り上げでもらうと何歳で抜かれる」とか損得勘定で判断しているような記事が多く見受けられます。

確かに1円でも10円でも多くもらいたいと思う気持ちはありますが、人間の命までは分からんでしょう。

人間欲をかいたら負けですよ。

結局は「自分で決めた事を信じていくだけ」です。

旅行会社や航空会社、飲食店などはコロナウイルスの煽りを多大に受けています。
それを解消するための施策としてGoToをやっている。

でもそれが要因でまたコロナウイルスが蔓延してしまっている。

経済を止める訳にもいかないのは充分承知の上だが国内にウイルスを蔓延させてしまうような施策はどうなのかなと考えていまします。

それとも来年ウイルスが蔓延するとオリンピックが開催出来ないから今のうちに流行らしてしまって収束させようという捨て身の作戦なのでしょうか。

何でもかんでも税金で補助をすれば、そのお金は国民全員で返済しなくてはならない。
違った意味で新しい税負担が増える事にもなる。

コロナウイルスの影響は全ての人にある。
補助金(税金)は、一部の困った業種や人達の助けのために使われる。

こんな時こそ一握りの裕福なお金持ちの人達が何か活動しても良いのではないか。

そんな声が何一つ聞こえないのが日本である。

結局は貧乏になりつつある国民からまた搾り取る作戦なんでしょうね。

今の政治はやはりどこかおかしいと思いますね。

屋上のキャバクラって駄目なのか?

皆さん、この土日はいかがでしたか?

巷ではまたコロナ感染者が増え続けています。
しかし、経済は止める訳にもいかず非常に困った事態になっています。

GoToで浮かれて食事に行って感染したり・・・・
GoToで浮かれて旅行に行って地元の人に感染させたり・・・

人で混雑している場所には行きたくないと思うのが我々中高年ではないでしょうか。

ただ、一つ言えるのは今人気の「鬼滅の刀」の映画で非常に混雑している映画館でクラスターが発生していないというのは凄いと思います。

映画館関係者の努力は勿論、感染しないようにしている仕組みは今後、色々な場所で広がると良いと思います。

この感染防止システムが完成すれば、劇場、ライブハウス、コンサート会場でもアレンジをしながら開催できる見込みが立つのではないでしょうか。

言い方が悪くなるかも知れないが、やはり長時間同じ密閉された場所でマスクもしないで会話をしている状態は非常に危険であるということ。

それが飲食店であり、どちらかというと「飲み」のお店であると言えます。

黙ってお酒だけ飲んで帰るという事はキャバクラに行ったら考えられませんよね。
ここぞとばかり喋るは飲むはでしょう。
お酒が入って異性が横にいればコロナウイルスなんて忘れてますよ。

それも暗く閉鎖的なビル内です。
今まで私が行ったキャバクラで風通しの良い場所なんてありませんよ。

暗いから分からないけど、明るかったら埃とか舞っているような感じです。

そこに一人でも保菌者が居れば、もう全滅になってしまいますよね。
喋るな!と言っても無理です。

テーブル毎にプラの仕切りを付けたところで内部空間は同じです。
舞ったウイルスは部屋中に散り、他の人も吸ってしまうでしょう。

問題は「時間」だと思います。
1時間を超えると危険地帯で2時間以上でアウトの宣告でしょう。

例えば30分で切り上げて料金も安くしてもらい直ぐ飲んで喋りたい事は事前にまとめておいて30分以内に切り上げれば感染は防ぐ事が可能かも知れません。

店に長く居て、お金を落としてもらう事自体がアウトなんですよね。

私の想像では体に入ったウイルスを自分の免疫機能で処理できる数があるのではないでしょうか。

それが時間的に1時間ということ。
近くに保菌者がいてウイルスをばら撒いていても1時間以内の接触であれば健康である体の免疫機能がフル回転してウイルスを殺してくれる。

だが、1時間を超えるとウイルスの数も多くなり免疫機能だけでは対処できなくなり、発病してしまうのではないでしょうか。

もちろん、体の弱っている人は30分でも発病するでしょう。

いっそうの事、ビアガーデンのようなビルの屋上で席を離してコートでも着ながら飲むようなアウトドアスタイルのキャバクラでも作った方が良くありませんかねぇ?

雨が降っても各席に庇(タープ)を張って営業する。
寒い場合には小さなテントでも傍に設置しておいて、そこでも飲めるとか。

屋上ならば使用料安く済むし、風通し良いし、・・・・。

人に見られずに良いと思いませんか?

都会に居ながらキャンプ気分をきれいなおねえさんと一緒に味わえますよ。

それでいて料金も安い。

そこに住んでしまうキャバクラのおねえさんが出てくるかも知れない。

お宅になっているのが一番

11月近くになって急に寒くなってきました。

朝のバイク通勤ですがワークマンのイージスを着て乗るようになりました。
イージスの下はワイシャツなんですけどね。

最近、通勤で使用しているアドレス110の燃費を計算していました。

この半年間の燃費平均は・・・リッター当たり43.5Kmでした!

私の場合は燃費重視で走行してはしていないので非常に満足しています。

裏返せば、燃費重視の走行をすれば45Km以上は走る計算です。

43.5Kmも街乗りでの燃費なのでツーリング等に使用すればもっともっと燃費は向上すると思います。

少し前に駆動系の消耗部品は交換をしたし、少しの間はオイル交換程度で乗る事ができるスクーターとなっています。

オイル交換は入っているオイルの量(660ccかな)と少ないので早め早めの交換をするようにした方が良さそうです。

アドレス110は空冷エンジンなのでこの寒い時期の方が燃費は良いかも知れませんね。

さて、今年もあと2か月となります。

皆さんは、今年の年末年始の予定を何か考えていますか?

GoToとかで予約したとか・・・
考えている人も多いかと思います。

コロナ禍でどこに行くにもマスクは装着しなくてはならない。
どこに感染者がいるのかも分からない。
3密にならないように心掛ける。

友人等に会えば自然と3密になってしまいます。

世間ではコロナに関して、だいぶ意識が薄くなってきており、これからも注意すべきなのか、それとも以前と同様の生活スタイルに戻していくのかを考えさせられます。

世界的に見てもコロナ禍はまだまだ収まっておりませんが、日本国内では気持ちだけ収束に向かっているような状況になっているように思えます。

我々、中高年の人間は今後とも感染に対し注意をしなくてはなりません。

「もう、病院も空いているし重篤にはならないから大丈夫」
という意見もあるかと思いますが、やはり感染しないのが一番です。

感染してウイルスが身体から消えても後遺症に悩んでいる人も多く居ます。

身体の疲れが取れない
肺が痛い
だるい

血栓が出来てしまっていたらそれこそ大変です。

だから、若い人も決して甘く見ない方がいい。

普通に生活をしていて感染してしまったら仕方が無い。
感染しそうな場所に行き、3密を繰り返していたら自己責任です。

安易な行動で家族や会社の同僚たちに感染を広げてしまう事は避けなくてはならない。

私のような還暦を過ぎたおやじは感染しそうな場所には行かないようにしている人が多いかと思います。

年末年始はボッチでバイクに乗る程度かなと考えています。

何か宅内でやる事を決めて準備して、お宅になっているのが一番です。

次のページ →