システム管理者が居るか居ないかで大きな違い

私の勤務先には色々なPCがあります。

基本的には事務処理用のPCとして使っているために、どちらかと言うと低スペックのPCがやたらと多いのが特徴です。

普通なら仕事用で買わないCeleronなども普通に使っています。
モニターにPC機能内蔵の物まであります。

挙句の果てに「使っていて非常に遅い!」と言う事でPCを見てみるとwindows10でありながらメモリが2GBしか搭載されていなかったりするPCもあります。Celeronでメモリ2GBで動画編集は大変ですよ。

事務処理用なのでワードとエクセルとメールが出来れば充分なんですね。

しかし、最近はと言うと・・・・・

ZOOMを使った会議や動画を使った講習などに使う事が多くなり、これらのPCではスペックが低すぎて駄目だという事をはじめて理解した人もいます。

安いから買った!とか
出入りする業者に薦められたから・・とか
格好が良かったからとか

まぁ、色々と言い訳は出てきます。
どちらにしても安物買いの銭失いには間違いありません。

やはりこういう場面においてはハード担当のシステム管理者が居るか居ないかで社内の環境は大きく変わってきます。

小さな会社であれば、それだけの事でシステム担当を置くという事は難しい面があると思いますが、後々の事を考えればやはり居た方がいい。

これは新しく導入する機種を選択するだけではなく、調子の悪いPCを整備したり部品交換をして修理をしたり、ネットワーク環境も作れるからです。

そしてLinux等の知識もシステム担当者が持ち合わせていれば、社内サーバーの構築や社内で使うソフトやファイルの保存についての統一も計れると思います。

大体において現在は紙は少なく、なるべくファイルで保管するという形態にしている企業は多いと思いますが、このファイル保存に関しても問題点が多い。

部署、支店毎にファイルの保存について決まり事が無く、個人が適当にフォルダーを作って場所も適当に置いています。

酷い人になるとデスクトップに全てのファイルを保存している人もいて、デスクトップ上のファイルが500GBを超えていました。

普通では考えられないような使い方です。

ファイルを保存するにしても会社全体で統一した保存形態を決めておくべきです。

そうしないと他の部署に異動したりした場合には、必要なファイルがどこにあるのか?いちいち前任者に聞かないと分からないという事になるし、大事なファイルが誰にでも見れる場所に置かれていたりするケースが出てきます。

何だかんだ言っても経営者や上層部が現場のPC環境について知識が無いとシステム担当者の存在価値やファイル保管についての統一化も出来ません。

そういう事を含めて日本の国はデジタル化が遅れているなと思っています。

もし若い方でPC知識があり、統一化が計れていない、システム担当が居ないという企業は意見具申しても良いのではないかと思います。

そのためにPCやソフト等、知識を得るために日々の努力は必要かと思っています。

迷惑メールの拒否について

※今回はメールソフトの迷惑メールについての説明となります。 初心者向けに分かり易く書いたので「もう充分知っているよ!」という方はスルーをお願い致します。

 

私のスマホやPCメールには沢山の迷惑メールや営業メールが届きます。

これは多分、皆さんのメアドにも同じように届いていると思います。

先ずは、これが不快と感じるかどうかです。

私の場合には、不快と感じるのはスマホ、どうでもいいと感じるのはPCメアドとなります。

PCメアドと言っても、yahooやGoogle等の無料で扱えるメアドと自分専用のプロパイダーから与えられたメアド等があると思います。

yahooやGoogleなどは、色々な場面でメアドを公開するケースがあり、そこからメアドが漏洩したり、企業に使われたりする訳です。

問題なのは、それが詐欺やフィッシング用に使われるようになることです。

メアドも種類によって、大事にするメアドと営業メールに利用されても仕方が無いというメアドを持つ必要性があります。

自分専用のメアド(スマホ・PC)は無料サイトの登録等余計な事で使用しない事です。

無料で使うために会員登録をしなくてはならない・・・とか
メアドで本人確認を取ってからでないと使えない・・・とか

はっきり言って、これらのサイトはメアドを収集するためのものです。

これに自分のスマホのメアド等で登録したら、次の日には沢山の迷惑メールと営業メールが届く事になります。

大体、女性は無料という言葉に弱く、言われた通りにメアドから電話番号まで登録してしまう人がとても多いという事です。

それなのに・・・・
「急に迷惑メールが沢山来るようになった!」と言う。

「何か無料サイトとか登録した?」と聞くと「した」と言う。

一時的な事で後々面倒な事になるという事を踏まえた上で利用すべきである。

そうなった場合には迷惑メールフィルターで防御するしかない。

スマホやPCも使うメールソフトによってフィルターが違う。

迷惑メールと決めた時に・・・・・

①件名で拒否する
②メアドで拒否する
③ドメイン名で拒否する

という選択方法があるはずだ。

この中で一番強力なのが③のドメインで拒否である。
ドメインとは・・・@以下(@google.comとか@yahoo.co.jp)などである。

ドメインが同じであれば@の前が違っていても全て拒否という事になる。

迷惑メール配信業者もドメインにも限りがあり、使えなくなると新規でドメインを作り取得しているはずだ。

メアドなんてドメインがあればいくらでも作る事が出来る。
件名など、内容を変えれば届いてしまう。

拒否設定をする場合には、必ず「ドメイン」で拒否をする。

設定をすれば少しの間、迷惑メールは届かなくなる。

しかし、少し時間が経過すれば相手も新しいドメインを取得し再度、送信してくるようになるが、これもすかさず「ドメイン拒否」をする。

イタチごっこになるが、不快だと感じる人、リソースを勝手に使われるのが嫌だと感じる人は設定をすると良い。

これによって、詐欺メールやフィッシングメールも抑える事ができる。

amazonのフィッシングメールについて

昨日は迷惑メールについての記事をちょこっと書かせてもらいました。

相手は日本国だけではなく、海外から日本人をターゲットに送られてくる。
私のところにも良く来る、amazonを語ったメールがあります。

以下はメールの画像です。
件名はお支払い方法の情報を更新となっています。
ここでやってはいけない行為は・・・・

①メール上のショートカットをクリックしてはいけないこと
②もしクリックした場合には、表示されたサイトに個人情報は入力してはいけません。

直ちにメールを削除してください。

このメールの概要で調べてみます。

以下、受信概要です。

Return-Path: <amazon@amazon-co-jp-com.xyz>
Delivered-To: info@****.**.jp
Received: (qmail 88373 invoked from network); 12 Aug 2020 12:46:07 +0900
Received: from unknown (HELO ***.***.ne.jp) (***.200.***.220)
by 0 with SMTP; 12 Aug 2020 12:46:07 +0900
X-SBRS: -3.7
IronPort-PHdr: =?us-ascii?q?9a23=3AcxksJhCLvvpCEt6BhteYUyQJPHJ1sqjoPgMT9p?=
=?us-ascii?q?ssgq5PdaLm5Zn5IUjD/qs33kXAVobd5uhIzrfavau5CD9I7ZWAtSUafYZJWg?=
=?us-ascii?q?Ufjt9e3wYpDIaABFbgJfHnKDc7E8JLSEJ/8jm1NlJQEdq/ag=3D=3D?=
X-IronPort-Anti-Spam-Filtered: true
長いので省略———————————————————————–
X-Spam-Status: Yes
Received: from e-znet.com (HELO racknerd-5dfc19) ([64.27.30.34])
by ****.****.jp with ESMTP/TLS/ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384; 12 Aug 2020 12:46:06 +0900
Received: from rakuten.co.jp (unknown [123.162.215.127])
by racknerd-5dfc19 (Postfix) with ESMTPA id 97BD9C2566
for <info@****.**.jp>; Wed, 12 Aug 2020 09:46:36 +0800 (CST)
Authentication-Results: racknerd-5dfc19; dkim=permerror (bad message/signature format)
From: Amazon.co.jp <rakuten.co.jp>
To: info <info@****.**.jp>
Subject: =?iso-2022-jp?B?GyRCJCo7WUonJCRKfUshJE4+cEpzJHI5OT83GyhC?=
Content-Type: multipart/alternative;
boundary=”—-=_NextPart_000_0E49_0142DDFC.1B4D2740″

________________ここまで

先ず情報として分かること・・・・

①メアド:amazon@amazon-co-jp-com.xyz
②配信元IPアドレス 123.162.215.127
③配信経由 IPアドレス 64.27.30.34

FromがAmazon.co.jp <rakuten.co.jp>となっており、メール受信のソフトの表示を考慮した文字数で上手く表示されるように仕組まれています。

そして配信元IPアドレスは・・・・

IPアドレス:123.162.215.127
大陸:アジア??
国コード:CN CN
国名:中国(第三方??数据:中国)
地域名:河南(第三方??数据:河南)
都市名:Zhumadian(第三方??数据:??店)
市の緯度:32.979439
市の経度:114.029442
郵便番号:463000

インターネットサービスプロバイダー:ChinaNet河南省ネットワーク
ドメイン:chinatelecom.com.cn
ネットワーク速度:DSL(ブロードバンド/ケーブル/ファイバー)?
IDDプレフィックス:86
エリアコード:0396
携帯国コード:460
モバイルネットワークコード:03
モバイルブランド:China Telecom
使用タイプ:ISP / MOB(固定回線ISP /モバイルISP

となっています。
そして経由先が・・・・

ホスト名 e-znet.com
住所タイプIPv4 ASN AS35916 MULTACOM CORPORATION
組織 マルタコム株式会社(multacom.com)
ルート 64.27.0.0/19
市 ロサンゼルス
領域 カリフォルニア
タイムゾーン アメリカ/ロサンゼルス

となっており、一度アメリカのサーバー経由で日本に送られて来ています。
多分、メアドやIPアドレスも沢山の種類があり、一つを拒否しても他のメアドやIPアドレスから送られてくると考えられます。

やはり中国からという事ですね。

その分、非常に危険でもあるという事ですのでご注意ください。

また、この件については、お子さんがいらっしゃる場合には、分かり易く伝えて注意を促すようにお願いしたいと思っております。

市民の事を考慮しない役所という場所

現在、10万円の特別給付金の申請について問題が溢れています。

前からやることがスピード感が無しと言ってきました。
それがスピード感が無いだけではなく、申請自体にも障害が沢山出ています。

★問題点

1.ネット申請でパソコンを使う場合カードリーダーが無いと出来ない
2.何度も申請が出来てしまうこと
3.マイナンバーカードの暗証番号を忘れてしまっている人が多いこと
4.高齢者が申請するには入力が面倒なこと
5.高齢者に写真付きの身分証明書を持っている人が少ないこと
6.間違えて入力してしまうこと

ネットからの申請となるので、もう少し本人確認が簡単に出来る内容にすれば良いのにと思っていました。案の定、役所はネット申請の登録済みの検証で大変だそうです。

検証するにしても申請内容を紙に印刷して、人がそれ一人ずつ確認する作業です。
気が遠くなりそうです。

せっかくネットで電子申請したのに、アナログで確認作業をしているのです。

これじゃ、時間と人が足りなくなりますよね。

ネット申請の方法については、日本の都道府県、どこの同じですよね。
と言う事は、どこの役所も大変な事態になっているはずです。

確認作業を専門の人を何人か他部署から回すか?非常勤で雇わなくてはならなくなります。

この給付金のプログラムとデータベース(世帯主情報)を併せる事が出来なかったのでしょうか。

①ネット申請を開始する前に、世帯主のDBを作り、uniqueな番号と暗証番号を新しく割り当てる。unique番号がキーとなる。
②その内容を世帯主個人宛に郵便で送り、ネットもしくは専用ソフトを介して接続する。
③申請画面で割り当てたユニーク番号と暗証番号を入力し、DBと照合を行う。
④イコールであれば、世帯主+家族の情報が表示される。
⑤身分証明となる写真を添付すれば完了

殆ど、入力をさせなくても済むかと思いますが、いかがでしょうか。

役所機関は、高齢者がスマホもパソコンも疎いのは分かっているはずです。
それを知りながらわざと面倒処理をさせている。

その結果、入力ミスが多くなり、自分たちで申請内容をアナログで照合しなければならないという悪循環になっている。

焦って、煽られてスタートしている関係もあるだろうが、システムに関わる事については冷静に検討して欲しいと思う。

国民・市民が優先である事も考慮したシステム作りをお願いしたい。

次のページ →