ホームページの作成や更新で思う事

仕事で会社のホームページの作成更新を行っている人や仕事でホームページを作っている人も読者の中にはいらっしゃるかも知れません。

少し前のホームページは固定のページが多く、HTMLや専用のソフトで作っていたと思います。

それが今はWordPressに代表されるような動的なホームページが主流ですよね。

未だにWordPress等のソフトを使ったホームページを作っていない会社は、ネットに公開しているホームページをあまり更新しないような会社であると思っています。

特にPCやネットの知識が無い経営者の場合は、こんな事が多々あると考えています。

こういう経営者のいる会社って大体が作る時だけで更新する等の作業を考えていないんですよ。
今はホームページ(以下HPとします)は更新しなくては、見に来てくれなくなるのは当たり前です。

ちょっと更新をしないだけでも閲覧数はがた落ちしますよね。

「とりあえず作っておけばいい」みたいに思っている会社や企業は結構多いんですよね。

そして現在の主流になっているWP等は一度作ってしまうと、どこのパソコンからもネットの接続さえ出来れば、更新などの作業もできるようになっている。

極端な話、スマホでも出来ます。

世の中のHPは半数以上がWordPressを基本に改良、改造されたページを使用していると考えます。

業者さんも、その方が行程を短く出来て、やり易いという事だと思います。

このWP等は使用するにあたって、多少の知識が必要となります。

データベースとしてMySQLを設定出来る事。
WP本体をインストールして環境設定。
サーバーのPHPのVer確認などなど・・・。

素人の人が使いたいと思ってもちょこっと勉強しないと使えないという敷居があります。

Linuxでサーバーを作り、ApacheでWWWサーバーの設定をしたりすると、勢いでMySQLを導入し、WPが使えるかどうか確認したりして遊びます。私がそうでした。

結果、個人で楽しんで遊んで作ったサーバー、Linux、WPの知識が今現在の会社で生きているという事実であることは間違いありません。

ローカルネットワーク上にあるサーバーにもApacheを設定しWPを動かしています。

これは、練習、作業用途として職員の練習や勉強用、HPの案として便利に使用しています。
その他には、社内の伝達用掲示板(CGI)としても使っています。

個人でサーバーは難しいと思っている人はレンタルサーバーを使用すると結構、比較的簡単にWPをインストールして使う事が可能です。その上、レンタルサーバーは安いです。年間で5000円くらい払えば、使い切れないような容量が確保出来ます。

インストール後は、WPのどのテーマを使うのか?
デザイン、色合いはどするか?
記事は?固定ぺージは?

面白い楽しい事が沢山です。
えっ、面倒臭い?

いいえ、面倒なのは部品(写真やロゴや絵などを作っておくこと)の方が私は面倒臭いと思いますよ。それと部署で資料を出せとと言っても出さないとかの催促のとか・・・。

このWPを本格的に使いたいと考えるとPHPを勉強する必要があります。
でも、標準形で使ってもそこそこのHPは作れると思います。

興味のある人は挑戦してください。
後々、知識として生かせると思います。

Office365soroを更新するべきかしないべきか?

段々と寒くなってきましたね。!

今週は急に寒くなりました。
半袖ではもう今年は終了という感じです。

今の時期は日によって気温が高くなったり、寒くなったりするので、服装もどちらに合わせた方が良いのか考えてしまいます。

秋冬仕様ではちと暑い。
夏秋仕様ではちと寒い

この中途半端な季節が一番困ります。

先ずは寒いが一番困るので、少し厚着をして外出するのが良いと思います。

 

さて、今日はOffice365soroの話です。

個人でもOffice365は使っていますが、最近は家でOfficeを使った仕事をしないので更新をせずに放置プレイとなっています。

ちょっとした仕事であれば、旧型のOffice2003とかで済んでしまうんですよ。

困るのが、最新のOfficeで作られたファイルです。

最新のOfficeでは開けない場合も考慮して保存形態を旧型に合わせてファイルを渡してくれれば済むのですが、そんな気を効かして保存してくれる人、なかなかいません。

その新しいOfficeで作られたファイルを開くためだけにOffice365を更新するのもどうか?

今はOffice365soroを買うのにも12000円もしまうからね。

えっ?高くない?安い?

この12000円を1年間365日で割り算をすると1日当たりの費用が出てきます。

1日当たり@33円ですよ。
1ヶ月にすると990円ほど。
この高いか安いか微妙なところの設定がいやらしい。

私的には、Office自体はもうwindowsのOSに無料で付いてくるソフトで良いと思っているので、とても高く感じます。

最新のOfficeを入れないとファイル開けなくなりますよ~
そんな不安を感じながら使っている人もいるんでしょうな。

その上、Office365の更新って非常に面倒である。
1年前にインストールした時のメールアドレスや暗証番号なんて忘れてますよ。
それも無料のHotmailか何かの設定だったような。

ご丁寧に、Office365のライセンス番号のカードにメアドとかパスワードを書いておいたつもりだが、そのカード自体が行方不明となっている。全然意味が無かった。

要望として、Oneドライブとか要らんから本体価格をもう少し安くする手段も考えて欲しいですよ。

最新Officeで作られたファイルが開けない場合は・・・・

LinuxのLibreOfficeで開けばいいんですよ。LibreOfficeが使い難ければ、一度ファイルを開いて、保存を別名でOfficeの古いタイプにして保存すればいい。

出来上がったファイルをWindowsに持って行き、Office2003とかで開けば完了ですよ。

まぁ、面倒と言えば、面倒である。

しかし、このためだけに12000円は使いたくない。

そうしてケチって、中古のパソコンを買う資金にするおやじです。

 

WordPressでBuddypressする

仕事先のHPでSNSのタイムラインのような写真と記事を投稿するページが欲しいという相談があって、色々と話を聞いてきました。

単純に言うと、スマホで撮影した写真を直ぐに簡単なテキスト文と一緒にアップできないか?
また、扱い方が簡単であること、一般の人には見えないように簡単なログイン画面を作るという内容でした。

普通にWordpressでも大丈夫のような気がしますが・・・・
そこまで色々と機能がある必要性はない。

特定の人がログインして閲覧できればいい。
扱う人が簡単にスマホから投稿できればいい。そんなイメージです。

ふと思いついたのが、Buddypressというプラグインです。

このBuddypressはWordpressにインストール(プラグイン)するとSNSのような使い方ができるようなソフトになっている。Twitterで言うとタイムラインのようなものでしょうか。Buddypressではアクティビティという表現になっています。

インストールして使ってみるが、要カスタマイズです。
色々な部分のカスタマイズが必要でそのまま使う事ができません。

それにBuddypressの情報もネット上では非常に少ない。

WordPress本体とプラグイン形式のBuddypressのPHPがあり複雑になっています。

SNSと言えば、登録できて、友達、いいねなど機能も必要となります。
本体の機能と追加プラグインでどうにかできるものがありそうですが、そう簡単に自分が思っている通りのサイト構築には時間がかかりそうです。

Buddypressが扱えるようになるとWordpressの使い方もだいぶ変わってくると思います。

しかし、難しい。

これからちょっと真剣に取り組んでみようと思っています。

最新Officeのファイルが開けない人は・・・

家ではまだ古いOffice2003とか使ってます。

私の場合には、Office365があるのでいつも最新Officeが使えます。

この古いOfficeで困るとこと言えば・・・・

新しいOffceで作られたファイルが開けないという事ですよね。

作った人が古いOfficeでも開けるように配慮して保存形式を2003とかにしてくれれば済む事なんですが、無造作に最新で送られて来ても困ってしまう人いるのではないでしょうか。

相手に連絡して「ふるい形式で再送して欲しい」というのも面倒である。

買うにしてもOfficeは高いですし、古いからと言って使い方が良くなる訳でもないソフトに高額なお金を出したくありませんよね。

一番楽なのは、新しいOfficeで一度開いて、保存を2003.2007で保存し直すという事です。

困るのは新しいOfficeが無い家です。

新しいOfficeだけではなく、お金も無い、家の様な貧乏な家です。

仕事の関係の書類なので放っておく訳にもいかん。

そういう場合にはどうするか?

そうです。

Linuxに付いているOpenOfficeとかLibreOfficeで開けばいいんですよ。

Linuxが無い人は(windowsの人は)無料ダウンロードでインストールして使えばいいんです。

Dawnloadはこちら ⇒ https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-fresh/

※32bitと64bit間違わないようにしてください。

インストールが完了して、ファイルを開いたら、名前を付けて保存を選択して、2003.2007形式で保存を選択すれば完了ですだ。

この保存したファイルをUSBメモリで移動して使えばばっちりでしょう。

ただ複雑な書式やマクロがあったりする書類は、きれいに再現できているか?確認するようにして欲しいと思います。

何でも最新のソフト買えば良いわけではないからね。

インストールしたLibreOfficeをそのまま使うようにして慣れてしまえば、MS社のOfficeはもうお買う必要性なくなりますので・・・。

何でも慣れです。

毎日使っていれば、普通に使えるようになりますから・・。

 

無償のボランティアでプログラムを教える

ニュースを読んでいて「ここまで来たか}という印象を受けました。

大阪で小学生や教師などにプログラミングを教える事業者(講師)を募集しているようですが、これが全て無償のボランティアだった。

ボランティアはボランティアでも何かあった場合の損害賠償もある。

何か狂ってねぇ?

自分たちは何もせず(そういう知識も経験もない)、無償のボランティアの選択だの、責任転嫁等の事ばかりで上から目線ですよね。

「あなたたちは金をもらって公務員している、無償でボランティアをする事業所を探すよりも、あなた達がプログラミングを勉強して教えるべきではないのか?」

一般企業であれば、普通に何をするにも資金が必要である。

ましては、同じ講師である教師や保育士には賃金を払い、一方、新しい事業であるプログラミング教育についてはボランティアってどうなのよ。そんなに簡単で単純なものなのか?

同一賃金(教えるという立場の仕事として)という観点からしてもおかしくないか?

やっぱ、公務員は一般常識知らず。

これからの公務員は一般企業に5年以上勤務した経験がある人などを試験して採用した方がよろしいのではないですかね。今いる人材は一般企業に出向させて、世間が今どうなっているのか?経験させるべきである。新卒で公務員になられても周りが世間知らずの奴らばかりなんで勉強にならんだろ。

ダメな奴は辞めさせればいい。
もしくは、無償のボランティアでもやってもらえばいいのではないのか。

きっと、プログラミングの世界を甘くみてますよね。甘く見ているというのは、今まで自分達のシステムを作るにしても入札など上の立場で業者を選択をしている事で自分達の立場の方が上だと思っているのではないか。

そう言うちょっとした事が「募集要項」の内容で分かる。

大体、ITやプログラミングの知識はどんな人だって学校等で自らお金を掛けて習得したり、個人でも自分の時間を割いて独学で覚えてきている。それが賃金に対する対価の元になっているのではないか。

自分たちは何もせず、無償でやらせる仕組みを勝手に作る。

技術者及び事業者を馬鹿にしている行為としか思えん。

始めから出来ない事をやるな!

次のページ →