災害時の避難所運営と自治会

思うようにブログの更新が出来ずに申し訳ありません。
4月に入ってから仕事的にも時間が空くかと思ったら逆でした。

やらなくてはならない事ばかり増える。
処理しても次から次へと仕事は増える一方です。

文句言っては始まりませんが、余裕が無いと良い仕事は出来なくなってきますね。
何でも「まぁ、これでいいか」的な処理になってしまいがちです。

さて、前回避難所のお話しを久しぶりに書きました。
LinuxやPCの話題から少し離れますが、また気になった事を書きますので読んで欲しいと思います。

熊本の震災の件では、避難所の問題がニュースや記事に沢山書かれています。

◎動物(犬や猫)がいると避難所に入れない。
◎精神的な病(自閉症など)が家族にいると避難所には行きずらい。
◎女性の着替え等を含めプライバシーを保てない。
◎避難所によって物資が行き渡っているところと無いところがある。

熊本の震災では、二回の震度7によって家が倒壊してしまったり、もう倒壊寸前であったりする人たちの避難者とまた震度7が来るのではないか?という不安による避難者が沢山避難してきました。

そのために、避難所の収容人数を超えてしまっている。

結果的に、「動物に与える水や食料は無い」だの「大声で叫ぶ自閉症などの精神障害者は周りに迷惑がかかる」だの少数の弱者を困らせる事態が起きているのです。

しかし、待てよ!

普段、動物を飼っていれば「災害の時にどう対応するか?」というのも保護者(飼い主)としては家族の一員として考えておく必要性があるのではないでしょうか。ただ単にかわいいからという事では済まされない、災害等でも動物を守る事も考慮するのが飼い主の役目でもある。

また、自閉症などの精神的な障害者については、地区の自治会などで事情を説明して災害時の対応も考えてもらう必要性があると思う。自治会では高齢者の避難や災害時の見守り(一人暮らしの高齢者)もどう対応するのか検討をしているが、障害になっているのは家族の個人情報問題である。

自治会と言っても、会長が年毎に変わる自治会、同じ人が何年か会長職をこなして、次の自治会長に引き継ぐというところもある。そこに高齢者や障害者の個人情報を渡して、どこに保管して、いざ災害が起きた時にどう活用するのかが課題になっている。

私の基本的な考えは「行政が地域自治会に押し付けている」という事ではないかと思う。
災害で死ぬか生きるかのところで個人情報で助けられないという事が起きる可能性だってある。

思うところ・・・・・

◎何でも面倒な事は自治会にやらせる。
◎赤十字の募金、社会福祉協議会の賛助会費の集金などなど。
◎自治会が行政の下請け的な存在になっている。
◎避難所の運営管理まで自治会や避難所運営委員会に任せてしまっている。

今はまだ、60歳を過ぎて仕事を辞めた裕福な高齢者の人達が自治会で地元のために汗をかいて働いていてくれるが、これが5年、10年後ではどうだろう。

1億人総活躍社会となり、高齢者も安い賃金で長時間働かなくては生きていけなくなるので、ボランティアで自治会活動を行う事ができる人は今以上少なくなるのではないか。そう、無償で働いてくれる人がいなくなると思う。そうなれば自治会の役員になる人はいなくなり、自治会を解散するか、他の自治会に吸収合併をするといった事になっていくだろう。

その結果、自治会や自治会連合組織は一部の裕福な人達だけの組織となる可能性が高い。

「避難所は自治会に入っている人(会費を払っている人)しか使えません!」
「ここにある水や食料の備蓄は会員の人達のものなので一般人には差し上げられません」

こんな対応になる事だって考えられるのだ。

我々のような少数派の弱者は、日頃、人や行政に頼らず自分で出来る事は自分で行い、近所の親しい友人などと情報交換をし、何かあった場合の対応も含め検討しておく必要がある。

これは都市部になれば成る程、色々な考え方が違う人種が沢山いるので避難所は避けた方が良い。

それもこれも家族や動物、自分を守るためなのです。

俺は避難所生活は無理かも知れない

九州、熊本周辺の方々は大変な生活を送っていると思います。

毎日のそれも何分か間隔のように来る余震(本震)も精神的に辛いものがあるはずです。
建物の中では休めないから、避難所にゆく、車に泊まるという事になっています。

避難所の風景が映りますが、皆さんはどう見られていますか?

避難所に沢山の避難者が来てスペースが無い。
食料品を含めた物資が足りないようだ。
生ごみ、トイレなど衛生面で病気が心配になってくる。

もう少し安全な場所は無いのか?と思ってしまいます。

避難所については、このブログで以前書きました。

避難所って災害時にどうなる?

その中で、私は以下のように書きました。

以下一部引用抜粋

防災は個人の意識の問題であり、何事も行政がやるからいいだろう、みたいなお任せな輩が多いので、本当に災害が起きたら避難所、避難場所などは大騒ぎ状態で「早く、食い物だせ!」やら「毛布が無いぞ!」みたいなわがままじじばばや若い奴が吼えまくる姿が想像されます。

なんと言っても、「避難所には行かず、1ヶ月自給自足できる備蓄をする」ことを勧めます。もちろん備蓄品は家族により多い少ないはあると思います。

避難所に行けば、病気の人から衛生面悪化により感染症が増える可能性があります。
また、平和ぼけしている行政も多いので備蓄もいい加減で沢山の避難者が来た場合には食糧、水、毛布など物が足りずに取り合いが始まる事も考えられます。

日本人はそんな事は無いと思っている方も多いかも知れませんが、生きるか死ぬかみたいなサバイバルな状態と災害の精神的な状況下で、きちんと並んで配給を受け取り、弱い者を助けるという美しい姿でいられるかどうか。
住んでいる家が壊れて住めなければ避難所を頼るしかない。
ただ、余震でいつ壊れるか分からない状態で壊れていない家にも住めない。

困ってしまうのは、避難所のような共同生活に不慣れな人達です。
不慣れというよりも一人が好き、一人でいる方が精神的にも楽という人達です。
家も無い、アパートも壊れた、行く場所が無いが、人と上手く接する事が苦手である。
避難所ではボランティアとして一生懸命動く人もいるが、自分は何をどうしていいのか分からない。
何もしない不謹慎な奴を思われているのではないか?と考える。
ボランティアの手伝いをしたくない訳では無い、ただ足でまといにはなりたくない。

どちらかというと私もそんなタイプだと思う。
「お前はあれをやれ!」だの「あの荷物ここに運べ!」など命令など出来ない。
ましては、人と人との間に入り調整するなんて無理。
ただ、私は独身の人と違い、息子や家内がいる分、無理をしても動かねばならなくなる。

「私のような性格の人は他の人や行政に頼らない」という事を念頭に置いて、災害(地震や台風など)時に何が起きても耐えられるだけの装備や備蓄をする必要があるという事。私は常々、息子や家内にも言い聞かせている。

家やアパートが倒壊しても食べ物や必要な資材を潰れないで取り出せる箱に保管するとか、車のトランクの中にキャンプ道具一式など置いておくとかする。

食材、水は2週間以上、人や行政に頼らなくても大丈夫な量を保存する。
人が居なくて静かな安全な場所を見つけておく。(これが結構大事)
自己責任の究極の姿ではないか。

はっきり言って一人サバイバル状態。

しかし、淋しくは無い、一人でいる方がお気楽なのである。
食べたい時に食べて、眠たい時に寝る。
情報はラジオやスマホから得られれば良い。
一人生活だからウイルス等の感染症も防ぐことが出来る。

共同生活では絶対に出来ない当たり前の事ができるのだ。

水が無い、食料が無い、燃料が無い、薬が無い、の無い無い状態では究極の自己責任は果たせないので日頃から備蓄をしておくようにしたい。

9月の防災の日で思うこと

とても涼しくなり過ごし易くなりました。
暑かったり、寒かったりと気温の差が激しいので体調には気を付けて欲しいと思います。
今回はPC関係の記事ではありませんが、読んで頂ければと思います。

9月と言えば、「防災の日」特に各地で防災訓練など盛んに実施されているのではないでしょうか。この訓練も一種のパフォーマンス的に行っている自治体や自治会もあり、本来の訓練よりも、訓練をしたという事だけの内容が多く、実際に災害が起きた場合の対処としては、もう少し検討しておく必要性があるのではないかと思っています。

8月には、広島や北海道で大雨による土石流の災害がありました。
山の麓に作られた住宅地が被害を受けてしまいました。
被害にあわれてしまった人たちは避難所生活を強いられ、これからの生活をどうするのかという事も含め、二重、三重の苦労をしなくてはならないと思うと心が痛みます。仮設住宅や市営住宅の仮住まいも半年間という短い期間を無償で貸し出すという説明がされていましたが、どうなんでしょう。

若い人たちならともかく、高齢者の人達も数多く被災している中で、家のローンなんて組めないし、東日本大震災と同じような状況になってしまいます。日本という国は近隣の国には何億、何兆というお金を出すのに、日本国民が災害で困っていても、仮設住宅や市営住宅を半年間無償で貸し出すという事しかしないというのはどういう事なんでしょうかね。

マスコミの取材方法にも腹が立つし、災害が起こる度に嫌な気分になります。

防災の日では避難所の訓練なども行われる地域があると思いますが、若い人もできるだけ、自分の地域の避難所がどこで、一時避難場所(いっときひなんばしょ)がどこであるのか?年に一度の訓練でもあるし、状況を見ておいても損は無いと思っています。

家では、家族と災害時の対処方法について意見を一致させておく事が大事です。

1. 災害が起きた場合は、どこに逃げるのか?(待ち合わせ場所の確認)
2. 水,飲料水,薬,食料の備蓄(1~2週間分を検討する)
3. 家にいる人は、災害が発生したら、水などを風呂ややかん等にすぐ確保する

傾向としては、避難所に一時的な避難と、避難所生活とは別物であり、避難所生活は、家が倒壊もしくは倒壊する恐れや災害を受ける可能性の高い人が仕方なく避難をする場所であって、食料や水、毛布などを無料配給する場所ではありません。家が住める状態ならば、家で生活をする事が前提です。何でも避難所に行けば良いという考え方をしている人は改めるべきです。そういう人達がたくさん集まってしまうと避難所に被災者が入れなくなり、いく場所が無くなってしまいます。そして、食料などの配布については自治体が援助するのが当たり前と思っている人も多いのですが、災害が起きて最初の2.3日は自分たちで賄はなくてはなりません。そして避難所などは自治会の関係者が集まり無償で働いています。ただ単に食料と水をもらうだけではなく、避難所に来た人全体で協力をし合い運営をする必要があります。

災害が起きたら・・・・

◎自分の命・家族の命を最優先に行動する
◎その次に、近隣の人達がどうなっているか確認する(怪我や被災していたら援助活動をする)

この2点は自助・公助という表現でも使われますが、最近は高齢化している地域も多く、いわば災害弱者の人達を誰かしらが助けなくてはなりません。地域の自治会も役員の成り手が少なく、役員自体の高齢化が進んでしまい、災害時に運営ができるのか?という心配な面もあります。実際に災害が起きれば、行政が対応して当たり前と思っている人は避難所と同様に考え方を改めるべきで、誰かしらが地域のために動かなくてはなりません。

◎自分のできる事で協力する気持ち

「俺なんか何も出来ないよ!」と言う人も多くいますが、避難所に行けば、怪我人の応急処置、食料の炊き出し、食料・生活用品の搬入、仮設トイレの組み立て、水のろ過作業、避難者の情報カードの整理など、仕事は色々とあり、中には年寄りでは出来ない仕事もあります。

災害が無い事が一番ですが、もしも災害が起きたらという事を考えておく必要はあります。

先ずは、2.3週間暮らせる備蓄品を整えるべし!

これからはUPS(無停電装置)も必要かも・・・

2回連続の大雪で道路も渋滞、スーパーやコンビニには食料品が届かず棚がからっぽの状態です。
今日はようやく多少、品が増えた感じです。

このところ、地震や雷、竜巻、今回の大雪と自然災害が脅威となってきています。
北極の地軸もずれてきているという情報もありますが、実際はどうなんでしょうか。
地球温暖化でこのような自然災害が増えているとニュースで説明していましたが、私は逆に太陽の異変による太陽光の弱さで地球が寒冷化しているように思えます。地球に届いている太陽の熱量が少なくなってきているという感じでしょうか。インドネシアの火山の噴火も気になるところです。

まぁ、オカルト的な話題はともかく用心するに越した事はありません。
つい最近では、大雪で停電とかありました。
皆さんの家の地域は大丈夫だったでしょうか。

家でパソコンを使いネットを楽しんでいたところで停電ではハードディスクやSSDもいかれる可能性が高くなります。自宅でサーバーを運用されている人も急な停電では対処しようもありません。

前にUPS装置(無停電装置)は必要なのか?と考えた時には「いらないな」と思いましたが、このところの自然災害など考慮すると大雪だけではなく、地震や竜巻などもいつ、どこで発生するか分からないし、そう考えるとUPSはこれからの時代に必要な機器かも知れないと思いました。

UPSがあれば、急な停電でもシャットダウンさせる時間が稼げるし、自動的にシャットダウンさせる機能もあります。価格は充電池の大きさや通電できる時間によってまちまちですが、最低10分稼動してくれればサーバーや大事なパソコンを止めたりする時間の猶予が出来ます。高価な機材で組んだ自作パソコンも小さなUPSを取り付けておけば、今回のような大雪で急な停電になっても安心です。

自然災害でなくても、家のブレーカーが急に落ちるなんて事もありますし、あれば重宝する一品です。

パソコンやサーバーを高速化する事ばかりに目を奪われがちですが、今回の大雪で家の備蓄品(食料・水・燃料・薬など)も検討せねばと考えさせられたり、パソコン・サーバーにも小さなUPSでも取り付ける必要性があるなと感じた次第です。皆さんも、最低1週間過ごせる食料などの備蓄品と余裕があればUPSを検討して欲しいと思います。

HAARPが反応してます。

10月に入ってから地震が増えてきています。
HAARPも反応しています。

富士山の噴火、地震には少しの間、注意が必要と思われます。

 

次のページ →