一極集中型の都市は危険がいっぱい

コロナの件で、我々の生活や仕事のやり方を見直さざる負えなくなりました。

緊急事態宣言が解除されつつある中で、今後もコロナウイルスの感染力がどうなっていくのか?見守っていく必要性があります。

昭和、平成と東京、大阪などの大都市に集中していた国の機能や企業の機能なども、これから近い将来起こりうる事を考慮して変えていかなくてはならないと思っています。

その背景として・・・・

①コロナ禍で大都市集中型の構造が危険であると分かったこと
②一度に沢山の感染者が増える構造であること
③未知のウイルスだけではなく、自然災害の恐れがあること
④テレワークでも仕事が出来る事が立証できたこと

このような要因があると思っています。

昔も都は何度も変わったという記事を書きました。

★記事はこちら⇒東京に機能が集中しているのが問題

この記事ではオカルト的な内容にしましたが、実際のところオカルトではなく、本当にそうしていかなくては危険であると思っています。

それはウイルス、自然災害などに対して「被害を最小にする方法論」としてです。

今の日本は人口減の真っ只中です。
これを進めるのにも逆に良いタイミングでもあると考えています。

現在の東京や大阪などの大都市圏を遷都して無くすという話ではありません。
色々と近い将来起こるであろう問題に対処するためのものです。

今の東京や大阪に集中している機能の半分でも他地域に移すだけで、通勤通学の電車の混雑や災害時の死亡率も半分に下がる、いやそれ以上下がると思います。

テレワークが進めば、自然と都心に住まなくても仕事は出来る。
重要な機能は地震や災害に強い地域を選んで設置するのも必要かと思います。

今は地球規模で天候が変わったり、地震が多発したり、台風などの被害も大きくなりつつある。

現在のコロナ禍中に他の災害が起きた場合も考慮に入れた考え方をすべきです。

東京は特に、富士山の噴火、首都直下地震、大型台風、コロナウイルス+未知のウイルスという災害が起こる可能性がある。

事前に出来る事はやっておかないと危険な時期に入ってきているのではないか。

真剣に考える事の出来る政治家が現れて欲しいと願う。

5月の連休はSTAY HOMEになるが・・・

2020年の5月のゴールデンウィーク(何だか死語になりそう)は皆さん、家で過ごす事になるかと思いますが、家で何をしようと考えていますか?

えっ!何も考えていない?

とりあえず最初の内は体を休ませる事が大事かと思いますが、何日もゴロゴロしていると逆に体調が悪くなってしまいます。

おやじになって、朝や夕方あたりに一般道路をジョギングしているのもどうなのか?と思っている私にとっては筋トレが一番なのではないかと考えています。

家の中でも出来るし、機械が無くても出来ます。

朝起きて、多少眠くても体を動かしていると段々と体調が良くなってきます。
ここで二度寝してしまうと頭痛になったり肩がこったりするのです。

前にも書きましたが、問題なのは食事です。
これはおやつを含め、体を動かしていないのにカロリーの高い物ばかり食べてしまう。
40代以上の人は粗食にする工夫をする必要があります。

おやじになったら食べ物にこだわらない性格になった方が良いです。
自称美食家をやっているとお金も使うし体も壊します。

さて、ここからが本題となります。

最近、地震が多いように思いますがどうでしょうか?
日本列島の状況を調べているサイトを見ると、現時点では北海道東部、南関東(相模湾沖)大阪周辺が危険となっています。

今はコロナで大変な時期です。
そんな状況下で地震が来たらそれこそ、非常事態宣言では済みません。

家が倒壊したり火災が発生したり津波が襲ったり以外の災害と避難所でのウイルス感染と二重、三重の問題が発生する事になります。

それこそ医療崩壊どころか避難所崩壊、介護施設崩壊となってしまいます。

それを防ぐためにも食料品、水、などを備蓄しておきましょう。
地震があっても避難所に行かなくて済みます。
これだけでも感染症の心配は無くなります。

そして車やバイクにはどこに行かなくてもガソリンは満タンにしておきましょう。
もしもの場合の避難や電気が無くなった場合の携帯スマホの充電も出来ますし、最悪そこで寝る事も出来ます。

車のトランクにキャンプ用品など積んでおくのも一つの方法です。

皆さんが地震に対する備えをすれば地震はやってこないと思います。
事故と同様にちょっとした隙を狙ってやってくる。

考えなくてはならないのはコロナ対策だけではない。

コロナウイルスの対応で分かった事について

段々とウイルス感染者が増えていきます。

我々としてはマスクをしうがいや手洗いをする程度しかできません。
勿論、不特定多数の人が集まるような場所に行くのも控えるということです。

お隣の韓国では倍々ゲームのように感染者が増えています。日本の場合には検査をしていないだけで水面下ではウイルスを保有している人が多いと思います。

こうなると感染するもしないも運次第になってきます。
たまたま乗った電車に感染者が居たとかです。

このウイルスの怖いところは回復後にどうなるか?です。
元気になればウイルスは消えて元に戻るのか?
それとも風邪など引いて免疫力が下がるとまた発症してしまうのか?

こうなるとエイズにも似てウイルスは死滅しないで体内に少数生きている事になります。
宿主が弱ってくると活性化して発病するという最悪のケースです。

エイズの薬が効くというのも気になっています。

後は日本が誇る薬であるアビガン錠でどうなるか?
特効薬として効き目はどうなのか?です。
副作用もあるようですが、死ぬか生きるかの場合にはそんな事も言ってられません。

ニュース自体が新型コロナウイルス一色になってます。

ところで、日本の対応ですが、どうでしょうか?
海外から見て批判が多く寄せられています。

もっと早めに中国人の入国を禁止すべきだったのではないか?
海外からの帰国者についても隔離が必要だったのではないのか?

等など意見があります。

コロナウイルスがこれだけ騒がれている現在においてもスポーツ開催や海外に行く人、TDLなどに遊びに行く人、盛り沢山ですよね。

放射能の時と同じで、危険と思う人、平気だと言う人と似ています。

日本人の意識自体が平和ボケしてしまっているように思えます。テレビで大袈裟に説明しない事を真に受けて自分は大丈夫と思い込みでもあるのでしょうか。

それもこれも東京オリンピックがあるからですかね。
だからマスコミも大きく取り上げない、他人事のような話なんですかね。

しかし、日本の対応は海外が見ています。

「ちゃんとコントロールできてます」と言ったところで信用されませんよ。

私が、今一番懸念している事は、こんな状況下で大きな地震が発生したらどうなるかです。

町にはウイルスが溢れ、食料も無い、水も無い、怪我人は多数、日本終わりませんか?

地震で建物が倒壊すれば病院も重篤者の受け入れなんてしませんし、できません。
機器があっても電気が生きているか分かりません。

今回のウイルスの件で日本政府は一般市民の事まで考慮しない。という事が分かりました。
と言う事は、大地震があっても同じであるということです。

マスクが無い、消毒液が無い、というレベルではありません。

生きていくための水、食料が無いという事になるんですよ。
今現在、道路が倒壊している訳でもなく、工場も稼働しているのにマスクすら入荷しない。
地震であれば交通網が遮断され、工場も動かない、そんな状況になるんですよ。

だから、皆さん、何があってもいいように備蓄してください。
避難所へ行っても食料などは直ぐに底をつきます。

結局、自分、家族、身内を守れるのはあなたと関係する人たちだけです。
国や政府、市町村を当てにしても無駄ですよ。

「もう勘弁してください」

NHKで地震に関しての内容を放送しています。

何でこの時期に?

そう考えてしまいます。

2020年はオリンピック開催の年は昨日の記事でも書きましたが、一部の予言?陰謀論?では東京オリンピックは開催されない(開催できない)という話もあります。

その要因は「東京直下地震」が原因であるらしい。

これはかの有名なイル◎ナティのカードに銀座の時計台の付いたビルが倒壊して人々が逃げ回っている表現がされていたりするからでしょうか。

その他にも様々な災害が考えられます。

①富士山の噴火
②東南海地震
③相模湾地震
④宮城県沖地震(東日本地震と同じ)

地震と火山は付き物なので地震が起きて火山が噴火という二重災害も考えられます。

私自身は、災害を予言したり未来人が掲示板に書き込んだりする事で災害が起きる事を煽るような事、信用するような事はありません。

但し、これは自然現象としての災害です。

今は人工的に地震を起こせるのか?と考えるとどうなのか?と思います。

もしそうだとしても何で日本だけいつも被害者にならなくてはならないのか?
地震を引き起こすのは日本が言う事を聞かないから・・・?
日本人は優秀な物を作るから、時々痛めつけないと敵わないから?

日本は色々な意味で世界的に金を出せ!と言われていますよね。
温暖化やらクジラやら国連まで。
買いたくない国債まで買わされています。

その金は全て国民からの税金です。
消費税を10%にして近い将来20%になるでしょう。

お蔭さまで、日本国民は中流がいなくなり、若者は非正規が拡大し、高齢者が増え、ボロボロの状態です。若者は将来の夢など考える事ができないでしょう。こんな状況になっているのに適した方策を実施しない国にも疑ってしまいます。

これって、じわりじわり国民を弱らせているのと同様ですよね。
ボディブローのように段々と効いてくる。
そして地震災害がきたら、もう日本は立ち直れません。
もうこれ以上、日本人の人口を減らす訳にはいかない。

言いたい事はひとつです。

「もう勘弁してください」

戦後70年が経過して、充分敗戦国として出来る事はやってきたでしょう。

「日本をこれ以上責めないでください」

何があっても驚かない。
あとは、日本国民全員で「気」を送って災害を阻止するしかない。

次のページ →