【訃報】チックコリア氏 死去

2月9日にガンで死去(79歳)されたそうです。

チック氏は私にとってフュージョンというジャンルを教えてくれた人です。

最初に聞いたのは16歳の時、1977年頃に「第七銀河の賛歌」というアルバムを購入してレコードが擦り切れるくらい聞きました。

JAZZなのにエレクトリックでロック調のリズム、そしてバンド全てのミュージシャンの演奏技術が高く、日本のフュージョン、クロスオーバー系のミュージシャンに多大な影響を与えた人ではないかと思います。

日本ではフュージョン、クロスオーバーという歌無、演奏のみの音楽はどちらかというと好まれない傾向にありますが、バンドをやっていた人、楽器を演奏する人にとってみるととても勉強になる部分があると思います。

私はチック氏が演奏するローズのエレクトリックピアノの「キラキラ」感がとても好きで、この音がフュージョンの音であると思っていました。

色々なアルバムを出していますが特に好きなのは・・・・

・Return To Forever
・第七銀河の賛歌
・銀河の輝映
・浪漫の騎士

この4枚はレコードもCDも持っていて私のフュージョン音楽のバイブル的な存在になっています。

16歳で知り、61歳の今現在も聴ける音楽、古さを感じさせない。

これからもずっと死ぬまで聴くと思います。

合掌

家でも聴けるJAZZとは・・・

首都圏は早くて8日にも「緊急事態宣言」が出されそうです。

そうなると会社では在宅勤務になる人が増える事になるでしょう。

それでなくても正月もどこも行かずに家で過ごした人も多いのに、日本列島1億人お宅計画とでも申しましょうか。

でも、お宅になるのは悪くはありません。

無駄なお金を使わないで済みます。
そして人と接触が少なくなるのでウイルスの感染率も下がります。
嫌な上司の顔を見なくて済みます。

逆に悪い面は・・・・

家に居る事自体飽きる。
やる事が無い。

そうです。
仕事以外の時間の使い道が無いのです。

それでなくても今までの在宅で自分のやりたい事はやってしまった。
自分には残された時間を潰すアイテムが無い。

そんな人が多くなっているはずです。

独り者であれば自分の好きなように出来るが、奥さんが居ればまた面倒である。
話し相手にもならなくてはいけない。
妙に変な作業を押し付けられたりする。

「ほっといてくれ!」と言いたくなります。

そんな時にはやはり音楽を聴く事をお勧めします。

音楽と言ってもクラシックやジャズ、ロック、歌謡曲、JPOP等色々なジャンルの音楽がありますが、私がお勧めするのはジャズです。

ジャズと言っても、これまたフリーとかハードバップとかジャンルがありますが、初心者にとっても聴きやすい、何か作業をしている最中でもバックグラウンドで流れていても違和感を感じないようなジャズ音楽です。

音楽と言うと歌があるものという印象が強い方が多いと思いますが、歌は無く演奏だけの音楽がいい。

特に夕方から夜に流れるジャズの音色は格別である。

私が特に好きなジャズCDをピックアップしておきます。
ちょっと興味がある人は聴いてみてください。

ビルエヴァンス、エリックドルフィーはもう名盤です。

チックコロアとメゾフォルテはエレクトリックなジャズが楽しめます。

バックで流れていても良い雰囲気です。

日本の音楽に飽きた御同輩、いかがですか?

・・・良かったら第2弾やります。