アドレス110にUSB電源を取り付ける

久しぶりに日曜日に記事を書きます。

本日はアドレスにUSB電源を取り付ける作業を行いました。
緊急事態宣言下で家に居るしか無いので面倒だった作業をする事にしました。

昨日の土曜日はバリオスの掃除とエンジンを掛けてバッテリー保持作業、そして日曜日はアドレスの作業とバイクがあって暇つぶしになります。

USB電源は前にバリオスに付けていた余り物です。

バリオスはシガーソケット付きのUSB電源(VOLT付き)を取り付けたので外して余っていました。

だから予算は0円です。

何でUSB電源が必要なのか?

それは寒さ対策のUSB電源用電熱グローブのためです。
中華製品で1980円ですが、今は無いと困ります。

今まではスマホ充電用のバッテリーを使っていましたが、充電するのが面倒であることやアドレスの小物入れに入れて使っていると振動で飛んで行ってしまいそうな感じがするからです。

バッテリー自体に振動はあまりよろしく無いですよね。

そこで余っていたUSB電源(バリオスのお下がり品)を取り付ける事にしました。
多分、緊急事態宣言無かったら作業はしていないと思います。

★取り付ける事で考えておくこと

・USB電源をどこに設置するか
・電源はどこから引くのか

この2点です。

私の場合には・・・

・USB電源は左の小物入れ(ポケット)の中
・電源のマイナスはバッテリーから、プラスはアクセサリーからとしました。

★事前に用意する物

・プラスドライバー(中)
・USB電源
・配線用端子など

大体、この3点あれば出来ます。

★アドレスの外す箇所

・フロントのカバーだけ
・電源の取り方によってはヘッドライトカバーも外す
・ヘッドライトカバーを外す時はミラーも外す

面倒な方はフロントカバーだけにした方が楽です。
そして私の場合には、マイナスはバッテリーのマイナス端子に接続し、プラスはヘッドライトのロービーム電源から引くことにしました。

ヘッドライトはLEDにしたので電源が充分足りているかないという考えからです。

マイナスは端子をU字型にしてバッテリーの端子を緩めて取り付けます。
プラスはヘッドライトのソケットから分岐用端子を付けて取りました。

ヘッドライト、ローとハイ、USB電源とOKです。

ヘッドライト以外からの電源としては、フロントのお飾りライトであるポジションからの分岐でも大丈夫ではないかと思います。

USB電源の置き場所は左側の小物入れの中にしました。
ここなら雨が降っても濡れないし、水も貯まらない。
ソケットを差すにしてもやり易いからです。

USB電源自体に防水用のゴムカバーも付いているので安心です。

配線も穴を開けないで済みました。
小物入れの上部に隙間があり、フロントカバーを外すと引き込む事が出来ました。
余計な部分に穴を開けなくて良かった。

素人の私が作業しても1時間程度でした。

貧乏で時間がある人は人任せにしないで自分でやってみる事が大事です。

外すフロントカバーだけが固いので注意してください。
※赤丸のねじを外すとフロントカバーが外れます。(見にくいですが)
下に下げるように力を入れるのが大事です。
ガシャと思いっきり外れるのでビックリします。
電熱手袋をUSBに接続してテストをしました!
ばっちりOKです。

明日からバッテリーを持ち歩かなくて済みます。

アドレス110(CE47)のアイドリング安定しました!

この年末年始の休みを利用して問題となっている、「エンジンを掛けると回転数が高くなる」現象を徹底的に調べてみる事にしました。

★状態

・エンジンの始動性は良いがアイドリングが異常に高い
・距離を走ってもアイドリングが高いまま
・アイドリングが高いのでクラッチが切れにくい

という事でちょっと前にFI周辺を確認したが、これと言っておかしい様子はない。
コンピュータの端子が水に濡れた形跡があり、そこの端子部分を磨いた程度であった。

最初はチョークの問題なのかと考えたが、このアドレス110(CE47)はチョーク自体が無く、エンジン始動時にコンピュータが進角を調整して始動し易いようにしている事が分かった。

今回は時間があるのでスロットルボディを外す事にしました。

★原因解明

どうやら、二次エアーを吸っていたようです。

スロットルボディとインジェクションを留めているネジの内側にゴムのパッキンが付いており、そのゴム自体がよれて傷んでいました。

前の所有者もしくはバイク屋で一度スロットルを外していたのかも知れない。

近くの日曜大工センターに行き、似たようなゴムパッキンを購入して取り付けたところ、ばっちりアイドリングが安定しました。

パッキンはゴム製品なので予備買っておいた方が良いかも知れません。
ましては海外製品(インド?)なのでクオリティは日本製の方が良いので形状が同じパッキンを探しておいた方が良いかも知れません。

★アドレス110のコンピュータをリセット

今までアイドリングが高いまま走行をしていたのでアドレスのコンピュータをリセットする事にしました。

リセット方法はバッテリーの電源(+・-)を外して30分~1時間放置するだけ。
V125のようにコネクタをショートさせるような事はありません。

★ついでに

距離を走っているアドレスなので、ついでにクラッチ交換もしました。
純正品は6000円程度です。社外品の方が値段が高かったように思います。
バネなども交換しました。

ウエイトローラー(9g)とベルトも交換したので駆動系はまた2万キロは大丈夫ではないかと思っています。

目指せ!10万Km!!

ただ、駆動系の汚れ(ベルトの削れかす等)が酷いので5000km毎に蓋を開けて掃除するようにしようかと考えています。

★結果

やはりとても静かです。
クラッチも時速15kmでちゃんと切れるようになりました。
スーッとエンジンブレーキが利き、15km程でカチッと惰性で進みます。

アイドリングもスズキ特有の止まりそうで止まらない回転数です。
粘り強い印象です。そこそこ距離を走ると安定します。

スクーターと言えど、やはり調子が悪いと乗っていて不安になるし、楽しくありません。
エンジンに関係する故障は早めに特定して修理をしておきたいものです。

スクーターにもUSB電源が必要か?

今週は一段と寒くなりました。

えらい寒さです。

毎日、スクーターで通勤していると寒さが身に堪えます。

特に手です。

体の方がワークマンのイージスを上下着ているので寒さは感じませんが、手と足が冷たくなってしまいます。

それでも手には皮のグローブ、足タイツを履いています。
今まで靴が寒いと感じた事が少なかったが、この寒さで寒いというよりも冷たくなる感じがしました。

冷たい空気に手袋と靴が触れているので走り出して、ほんの2.3分で冷たさを感じるレベルです。

う~ん、これは考えなくては・・・・。
毎日、乗るものですから工夫するしかない。

手はバイク用グローブをしていますが、これは電熱グローブで対応するしかない。
靴はブーツにする訳にはいかないので、雨、風に強いワークマンの靴にしようと思っている。

その電熱グローブだが、バリオスでは安い中華製のグローブを購入し、電源はバリオス本体にシガーソケットを増設して、そこから電源を取っている。

だが、アドレス110にはシガーソケットは無い。
そもそもアドレス110には防寒、防風対策など何もしていない。

近場を走行する目的であるがゆえに、スマホ充電用USB端子の増設もしていない。

アドレス自体に機器を取り付けるスペースも無いというのもある。
ハンドル周りにゴタゴタ取り付けるのも何となく嫌なのです。

そこで考えたのは「アドレスは改造しないでそのまま使う」という事にして、手袋は電熱グローブのUSB給電式の安い物を購入し、電源はスマホ充電用のバッテリーを購入するというものです。

物をちょっと調べたら結構安い。(勿論、高い商品もあるが・・・)

★電熱グローブ(yahooショッピングにて)1980円
★スマホ充電用バッテリー15000Ah 1280円

合計で3000円ちょいです。

ポイントもあったので使用すると1000円程で入手出来ました!!

バッテリーは15000Ahあれば12時間はもつようです。

スクーターで使用するには充分ですよね。
その上、もしもスマホの充電が切れた場合にもスマホ充電用としても使えます。

そして利用価値はもうひとつあります。

自転車や外に散歩したりする時にバッテリーをポケットに入れておけば、暖かい手袋が使えるということ。

私が使わない時は、家内が自転車で使えます。

だからバッテリーはあまり大きな容量を選ばなかった。
本当は10000Ahでも良かったが、これだと7時間しか使用できなくなる。

これではちょっと心配ですよね。

地震や災害時にもバッテリーが一つあれば何かと使えると思いますし・・・。

それが2.3000円で買えたと思うとちょっと嬉しいおやじでした。

使い勝手はまた皆様にご報告します。

御同輩、くれぐれもこの寒さに注意してください。

アドレス110のアイドリング不調(回転数が高い)を修理する

この土日の休みで調子がイマイチなアドレス110を診てみる事にしました。

私の推測としては・・・・・・・

①アドレスのコンピュータの異常
②インジェクション・コンピューターのソケット等接触不良
③アクセルの戻りが不良

という事を考えました。

私のアドレスは中古で購入しており、外装はそこそこ綺麗ですが、距離は3万キロを超えています。

この5月に購入した際にタイヤ前後交換、プラグ新品交換を行って、10月に駆動系のベルト交換とウエイトローラー(11g~9g)の交換も行っています。

その時に感じた事は、前所有者のアドレスの扱い方です。

外装は綺麗であり、雨にも濡れないで屋根下で駐車をしていた。
プラステック部分が白化していない状態でした。

ただ、駆動系のベルトは1cm以上細くなっており、最高速が伸びない状態であった。
駆動ベルトはスクーターであれば2万キロ前後で交換した方が良い重要な部品ですが、このアドレス110は駆動部分の蓋を開けた形跡が無かった。

だから、内部が赤黒いベルトの削れた屑だらけであった。純正のウエイトローラーも一部削れがあったが、走行距離を考えるとそれ程減っていなかった。

前所有者はメカに詳しくなかったの関係でスピードが出ない理由が分からなかったのだと思う。それで下取りに出したか買い替えたのではないか?と考えた。

機械的な事が詳しい人で無ければ、110ccのスクーターで距離が3万キロを超えてスピードが出なくなれば、「そろそろエンジンの寿命か?」と考えても無理はありません。

車体自体も立ちごけが1度あるのかな?程度の傷があるだけで艶もあり綺麗な物です。

ライトもポジションもLED等付けておらずノーマルのまま。
私と同様におやじさんが乗っていたと私は推測しました。

当たっているかは分かりませんが、多分近い感じではないでしょうか。

そしてインジェクションとコンピュータ周辺を確認するために分解作業をします。

外す部品は・・・・

①足元シート下カバー(ネジ4本+)
②シート下収納ボックス(10ミリ4本・ネジ2本+)

するとシート毎ボックスがそっくり外れますので、エンジンが丸見え状態です。
丁度、エンジンの上にインジェクションがあり、後部にコンピュータが張り付いています。

ざっと見ると・・・「そんなに汚れていない」という印象です。
ただ、フレーム等は埃が沢山付いていました。

配線は外さずに手に取りじっくり見て見ます。
線が抜けていたり傷んでいたりする部分はありませんでした。

コンピュータも見てみると・・・・・・
雨に濡れないようにプラで周りを囲んであります。

ソケットを外してみると・・・・・・「う~?」

ソケットのピン6本分ほどに緑青が付いています。
これはどうみても、雨などの水がコンピュータ下部のソケットに入り込んだが、濡れないようにしているプラカバーに水が溜まってしまっていたか?どちらかです。

アドレス110のコンピュータは横型に設置されており、配線ソケットも横にあります。
なので、どうしても下になる配線側のソケットが水等に侵入され易い状態である。
位置を変えようと考えたが配線が短く、最短な横置きの長さしかない。

仕方無いので、シリコンスプレーを使って緑青を落とす作業と緑青で通電が悪くなっているピンを少し磨いておく事にしました。ピンを曲げないように作業するのは大変です。
ソケット内部の緑青はシリコンスプレーを穴に何度も吹いて飛ばすようにしました。

ついでに、インジェクション周辺のゴム、プラグコード、配線ソケットなどにもシリコンスプレーを吹いておきます。

少し放置してボロ布で拭き取り、周辺も簡単に掃除して完了です。
作業的には30分程度ではないでしょうか。

完成後試運転を1時間程度してきました。

始動直後は寒さの関係もあり、アイドリングは高くなりますが、乗っていてエンジンが暖かくなるにつれて回転数も下がってきます。

不思議なのは、このアドレス110のコンピューターは一度スイッチオフにしてエンジンを停止させて再始動すると安定するという事です。回転数がちょっと高いなどあるようであれば、一度エンジンを止めてから再始動するといつものアイドリングになります。

20分ほどでいつものアイドリングに戻りました。
ちゃんと15kmくらいでクラッチも切れます。

今までアイドリングが高かった影響で、低い回転数のアイドリングが止まりそうで不安がありますが、これがいつものスズキのアドレスだと思います。

アドレス110でちょっとエンジンが調子悪い。
アイドリングが高い、不安定であるという人は一度、コンピュータのソケット部分を疑って診てください。

特に屋根無しで保管している方は注意してください。

次のページ →