LINE傍受について(どうでもいいんだけどね)

LINEの話については、色々、私なりの意見を書かせてもらっています。
2.3日前にも「乗っ取られて信用を失う」という記事も書きました。
そんな事で新しいニュースが出ておりました。

◆記事はこちら ⇔ 韓国国情院がLINE傍受 (Facta onlineより)

内容的には、韓国の国家情報院(旧KCIA)が、無料通話・メールアプリ「LINE」を傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析しているという事なんですが・・・・。

皆さんはどう思っているのでしょうか?

私は全然、驚かないし、中国製スマホと同じく違った意味でデータは活用しているという事です。
それが、韓国国情院だったという話です。
まぁ、データがあれば使いますよね、普通は。
それに、集めたデータ(収集されたデータ)をどう使おうが、利用者は規約を読んで理解した上で使っているのですから、致し方ない部分もあります。これが無料・無償の代償という事になる訳です。今の平和な時代ならともかく、これが中東のような事態になれば、集められた情報は一体どうなるんでしょう。うぅ~怖い。

しかし、「やらせはせん!!」
yarasehasen

嫌になったら「使わなければ良いだけ」です。
IDも捨てれば、乗っ取られませし、金品も友達も失いません。
そして、抜かれたデータも国情院で分析されなくて済みます。
大事な時間をLINEに潰されなくなり、一人、悠々と好きな事が出来るようになります。

えっ?人とLINEで繋がっていないと心配?
それは気のせいです。
周りの人は自分の事以外考えていません。
人の事を考えるのは「悪口を言いたい」時だけです。
そんな余計なつまらない話や文章を見たところで、無駄な時間を費やすだけで得はありません。
ましては、自殺するなんて奴は馬鹿のやる事です。
LINEで精神的に追い詰められているなら、携帯電話やスマホを解約して無くす事です。
そして「携帯(スマホ)無くしたから出来ない、金が無いから買えない」と言っておけばいいんです。
1.2週間でLINE上では忘れさられます。
見えないところで、いくら噂されてもへっちゃらですよ。
馬鹿同志勝手にやってればいいんです。

その間、色々な事を勉強して見返してやるんです。

「少しはやれるってところ見せておかないとね」と。
crou2

このクロウ(牙狼~makainohana 第5話 星図より)のように一人でも強く生きる事が出来ます。

そろそろ、偽の繋がりは止めようぜ!!

やっぱり百度は怪しいと思ったよ!Simejiお前もか!

今日はやっぱりなと思うニュース記事がありました。

yahooニュース:読売新聞12.26付より引用

中国「百度」製ソフト、入力の日本語を無断送信

中国検索最大手「百度(バイドゥ)」製の日本語入力ソフトについて、使用するとパソコンに入力した全ての文字情報が同社のサーバーに送信されることが分かり、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)や文部科学省は、中央省庁や大学、研究機関など約140機関に使用停止を呼びかけた。

 読売新聞の調査では外務省のほか、東京大など少なくとも12大学の一部パソコンで導入されていることが判明。NISCは「重要情報漏えいの可能性は否定できない」としている。

 問題となっているソフトは「バイドゥIME」。2009年に公開された無料ソフトで、昨年1月のバイドゥ社日本法人の発表によると日本国内で約200万人が利用している。

 今月中旬、IT企業の調査で、初期設定のまま使用すると、パソコン上で打ち込んだメールや検索の単語、文書編集ソフトで作成した文書など、全ての文字列が自動的に同社のサーバーに送信されていることが判明。各パソコンからサーバーに情報を集め、変換精度を向上させる「クラウド変換」を行うためとみられるが、利用規約などで説明はない。

問題なのは中央省庁が、こんなソフトをインストールして使っている事ではないか。
東京大学なんて頭良いのに、このような事も予測できないのか。
省庁がこんな状態では秘密情報保護って言っても情報だだ漏れじゃねえの。
それでもって、買収したアンドロイドの日本語入力Simejiについてもこんな見解をしています。

yahooニュース:RBB TODAY12.26付より引用

バイドゥが見解発表、「利用規約に同意した場合のみ」……Simejiについては「実装バグ」

バイドゥは12月26日、「一部の報道に対する弊社の見解」と題する文章を公開した。日本語入力システム「Baidu IME」およびAndroidOS向け日本語入力アプリ「Simeji」に関する報道に対する見解を説明したものとなっている。

バイドゥの「Baidu IME」および「Simeji」については、同日朝より、入力情報を無断送信していたとする報道がなされている。これに対して同社は、「ユーザーの入力情報を弊社サーバに送る場合は、ログ情報の送信に事前に許諾をいただいており、許諾が得られないユーザーについてはログ情報の取得を行っておりません」とし、あくまで利用規約に則っていると説明している。また「クレジットカード番号やパスワードなどの信用情報、または住所や電話番号などの個人情報については、ログ情報として収集しない」仕様だと説明している。なお、ログセッションとクラウド変換のデータは異なるもので、それぞれの設定に応じて、別個に送信されているという。

 また、報道を受けて調査した結果、「Simeji」については、ログセッションがOFFの場合でも一部のログデータを送信していることが確認されたとしている。これについては「バージョンアップ時に起こった実装バグ」とのこと。3月にリリースしたバージョン5.6以降が対象で、26日中に改善した最新バージョンを緊急リリースする予定だ。

 一方セキュリティ企業のネットエージェントは同日、「Baidu IME」および「Simeji」の解析結果を発表している。「Counter SSL Proxy」を利用し、SSLで暗号化され送信されている文字列を解析した。その結果、Baidu IMEおよびSimejiで、全角入力の場合のみ情報が送信されていることが判明した。また、クラウド入力Offの場合でも入力文字列を送信していることが明らかとなっている。

私的には、一番ユーザーの多いWindowsやAndroidを狙っている事自体が、蔓延しているウイルスと変わらないように思えます。BaiduIMEなんて、勝手にダウンロードされて、知らぬ間に右下の常駐に居座っている事なんてありますから、皆さんもご注意ください。もし。あった場合には、削除した上でMS-IMEに設定を戻すようにお願いを致します。

最近はこのような情報を抜く行為も分からないように正面突破してきます。
有難く使えて、良いソフトだと思ったら、情報がだだ漏れしている事だってあり得ます。
そんな事でスマホユーザーはSimejiを止めるか、ATOKさんのように頭の良い日本語変換を購入して使っても悪くはないと思っています。

JustSystem ATOK for Android ⇒ こちらのページ

パソコンが好きな人は長時間パソコンやスマホを使用するので、その分情報の流出という点では影響が大きいように感じます。いまだに未知なサービスで情報を抜かれている可能性だって否定できません。

しかし、やらせはせん。

今後、大事なデータを扱うのはLinuxマシンにした方がよろしいようで。

ぺんぺん。

貧乏だからLinuxを使っている訳ではないよ

このブログの副題には貧乏人はLinuxを使え!と書いてあります。
ブログを読んでくれている人からメールがあって、Linuxは貧乏人が使うOSなんですか?
という質問がありました。

Linuxを使っている方は人それぞれでしょう。人生いろいろ。
ただ、Linuxを使う意味合いが最近では変わってきたと感じています。

◎ubuntuをはじめ触れやすいOSになってきた
◎セキュリティ面で安心
◎複数台PCを所有した時のコスト面
◎Windowsが嫌い
◎周辺機器が接続し易くなった

メールをくれた方も無償無料でダウンロードして使えるOSなので貧乏人専用のOSと思われたのかも知れませんが、それは違います。
私は今でもWindowsは使っています。仕事でWindowsを扱っている以上、無い訳にもいきません。シェア的にはWindowsは圧倒的な台数かと思います。

私の場合には趣味であるパソコン遊びにお金をかけるのにどうしたらいいか?って考えました。
あれも欲しい、これがあると便利、このCPU、MBが欲しいとどんどん物欲が沸いてきます。
それ全部にWindowsのOSを購入して、Ofiiceを買い、ウイルスソフトを導入していたら小遣いなんて直ぐにありません。私の場合にはハードを購入する資金に少しでも回したいための工夫でありました。

いざ使ってみると、面白い。
難しいけど、ネットを探すと先人が色々と技術的な情報を公開してくれている。
なんと言っても最新のOSが無料で使えて、サーバー構築もできるOSですよ。

貧乏人だから仕方なくLinuxを使っているのではありません。
無償で優れているから使用しているのです。
貧乏ならお金を掛けずに優れたOSを使って欲しいという意味なんです。

最近では、個人情報が色々なところで盗まれています。
これは、SNSであったり、無料サービスに登録したりという事で漏れていると思います。
皆さんの使っているOS(Windows)は安全と思いますか?
Windowsはソース(プログラム)が今まで公開されていません。という事はWindows本体に情報を抜き取る仕組みがあっても分からないという事です。
「俺はそこまで考えてないし、別段、抜き取られても平気」という人は構いませんが、知らぬ間にそのような事が当たり前のようにされていたらどう思います?Windows自体はそんな仕組みを入れてあるとか入れて無いとか、どちらの発言もしていません。最初に発売されたWindows95を世界標準のOSにするためにアメリカは日本も含め圧力をかけました。そんな1企業の作ったOSに国が圧力をかけてまで導入を促すというのは何かあっての話ではないでしょうか。・・・これは私の推測であったり憶測であったりです。

少し前にアメさんは電話からメールから、FBからGさんから情報を収集していたという事実が判明しました。もう黒に近いグレーですよね。

一般市民には個人情報と言っても大した情報ありませんが、これが莫大な量のデータとなり、個人個人が繋がるようなデータになると話は別です。その人を見たこともなくても、友人関係、カード情報、趣味、年齢、家族、思想、年収すべてが分かってしまいます。いつどこに誰宛にメールを送ったまで分かってしまうのです。

ひぇ~俺はただHな動画を見てただけだぁ!
~見ていた動画内容で、女(異性)の趣味、趣向、性癖まで分かってしまいます。

話はそれてしまいましたが、Linuxはオープンソースです。
中身が全て公開されていて、全世界の技術者達がソフトを作り、更新してくれています。
それを無償で使わせてくれているのです。

Linuxだから全てが安心という訳ではありませんが、現時点ではWindowsよりも優れた防御をしてくれるOSだと思っています。

地震が起きたらx40を持って逃げる

最近、地震多いですね。
一週間に一度の割合で週末になるとやってきています。
この周期ってなんとなく嫌な感じしませんか?

オカルト的は話はさておき、もし地震が起きて避難しなくてはならない状況になった時に何を持って逃げますか?それは命が一番大事なので体は別としても、家族と食糧、水、お金関係、携帯(スマホ)、キャンプ用具一式などでしょうか。

残念ながら私の愛機達は置き去りになってしまいます。
勿論、停電になったりするので、ATOM鯖もシャットダウンするようです。
その時に数あるPCの中でも唯一持って行こうと思うのがx40です。
小さいし軽いし、バッテリーで少しは動作させられるし、SSDなので振動や衝撃にも大丈夫でしょう。
スマホのE-mobile(stream-x)があれば、デザリングでネットにも繋がります。

車から100Vの電源が取れるようになっていれば充電も出来ます。
古い機種ですが、何か頼りがいのある奴です。
子犬壱号機は、名前が動物ですが、本当はPCなので連れていけません、

関係ありませんが、ノートパソコンの電池は電源だけの接続だけではなく、時々、バッテリーで動作をさせて、ほぼ無くなるところで充電をさせる行為をしていく内に、使えるエリアが戻ってくる事もあるそうです。ちょこちょことバッテリーで稼働させて、後5分で切れるところで充電みたいな事をやってみるのも悪くないはずです。

x40って暗い場所でもキーボードが照らされるように小さな電球が付いています。
FnキーとPgUpキー(一番右上)を押すと点灯し、もう一度押すと消えます。
こんなお洒落な機能も付いているので、暗くてもキーボードを照らしてくれます。

x40_2x40_1

暗くてよく分からないかも知れませんが、こんな感じで点灯しています。
外の暗闇の中で使う時には、こんな小さな電球でも大きな電球代わりになるかも知れません。

でも地震や災害が起きない事が一番です。

情報が漏れているのはPCではないか

ニュース記事にハッカー集団のアノニマスが11月に日本を攻撃すると宣言しました。
対象となるのは、日本の政府機関や関係組織という事になっています。

前に霞ヶ関と霞ヶ浦を間違えた事ありましたよね。

そんな日本の事を知らないのに何で攻撃するのでしょうか?
どこからか金でももらっているのか?どこかの国でお願いしているのか分かりませんが、全世界で使われているインターネットというリソースを悪い事には使って欲しくはありません。

日本では秘密保全といい、国の秘密事項は市民に知らせない、知っている人は漏らしたら刑罰にあたるという法律を検討しています。一般市民であれば、国の秘密なんてそうそう知っている事など無いと思います。ただ、国家公務員や政治家は日本国として秘密のうちに進めたい事や他の国との関係の中で絶対に漏らしてはならない事もあると思います。あくまでも情報を漏らした人が対象になるかと思いますが、どうなんでしょうか。

今までの経緯から言って、情報が色々と漏れていたのは、国の機関や関係団体のパソコンや無料のサービスを使った事で漏れていませんでしたか?何度か私は、国の機関、行政、政治家等は、無料のFBやGoogleのサービス、ツイッター等今でも平然と使っていてどうなんだ?という事の懸念を書いていました。このような行為から漏れた情報は漏えいの対象にはならないのですかね。というのは情報が流出するおそれのあるサービスを使っているのは使用者に問題があると考えるからです。

意図的に使ってわざと漏らすというのもあるし、秘密にしておいても普通に漏れている場合だってあります。そのような法律を作るのであれば、それ以前に自分たち(国や行政、政治家)のPC使用環境のセキュリティを上げるべきではないでしょうか。つい最近では選挙でツイッターを使ったり、タブレットを使いブログを投稿したりやってましたが、外国に情報がだだ漏れだったようですよね。

こんな当たり前の事が出来ていない、理解されていない現状で皆さんはどう思いますか?

携帯電話しかりスマホしかり、通信会社しかり、怪しいところは沢山あります。
昔のアナログ時代に戻るのであれば良いのでしょうが、それは無理な話でしょう。

それであれば、無料のサービスやクラウド等は絶対に国の関係者、団体は使うべきでは無いと思います。必要であれば、自分たちで使うだけのソフトやサーバーを用意して使えば良いのです。あえて、無料のサービスを使っているから怪しいのです。

はてさて、今後はどうなるでしょう。

次のページ →