仕事先の廃棄する古いノートPCを活用する

ノートパソコンというのは、モニターからキーボードまで一体化しているので古くなったら再利用が利かないという弱点があります。

正常に動作していてもCPUが古い、OSが古いでは使い道が限られてしまい、特にwindowsの場合にはXPやらwindows7やらのupdate期限が切れてしまうと、新しいOSに入れ替えられないスペックのものは廃棄される運命にあります。

私がいくらPCが好きでも全てのPCを救う事は出来ません。

デスクトップであれば出来る限り再利用可能な部品を取ったり、上位のCPUに入れ替えたりをして使えるようにしますが、ノートPCでは手間がかかるだけで再利用という面では難しい機種でもあります。

仕事場で2台のノートPCの廃棄が出てきました。

1台はwindowsXPでメモリも1GBのもの。
もう1台がPentium DualCoreのメモリ4GBのものです。

XPは前から使用をしていなかったのだが、棚の奥にしまっていたため誰の目にも触れず密かに隠れていました。

PCはこのノートPCでも上位のクラスの機種ですが、いかんせんスペックが低すぎる。

Linuxでも入れて勉強用には最適なのかも知れないが、私の仕事場でLinuxを勉強しよう!なんて考える人は誰も居ない。

とりあえず私の机の脇で少しの間保管をしてみる事にする。

もう1台のDual CoreについてはLinuxで使えそうである。
SSDに入れ替えなくてもサーバーにする訳でもないので自分用のPCと考えた。

自分が普段使っているwindows10のデータバックアップ及びサーバーへの接続用としての使い道である。

普段使用しているwindows10はDELL製品で第2世代のCore-i3が入っているが、いかんせん古く、今は調子よく動作しているがいつどうなってもおかしくない品物でもある。

このPCには私が作ったデータベースやらサーバーのID、パスワードから資料が沢山詰まっており、Linuxで作ったサーバーにもデータは退避させているが、サーバー自体も同じ時期のDELL製品で作ったものであり、怪しいと言えば怪しいのである。

ノートパソコンであれば、データをバックアップする時だけ起動し、保存している間は電源を入れなくて済むので安心と言えば安心である。サーバーのように常時電源ONの状態であれば、急な停電やマザーボードの故障などいつ起きてもやむ負えないが、電源OFFであれば機器の寿命も伸ばす事が可能だ。

資料が必要になった時もノート毎移動させる事も出来るし、大きなUSBメモリと考えても良いのではないだろうか。

インストールは使い慣れているCentOS-6の最終Verとした。
仕様はデスクトップとしてセットアップをした。

Sambaを設定し、ネットワークでホルダーが見れるようになれば完了である。

少しずつ大事なデータを移動させていく予定である。
一度に大量のデータを移動させるとエラーを起こしやすくなるので一度に沢山のデータは数回に分けて移動させるようにした。

やはりサーバー以外に自分用のLinuxマシンがあるのは何かと便利である。

ちょっとしたLinux設定の勉強や忘れがちなコマンドを思い出したりする事が可能だ。

雀百まで踊り忘れずですね。

皆さんも古いノートパソコン捨てずに再利用してください。

Linux入れれば何かしら得る物があると思います。

事務所にある小型サーバーのバックアップ方法

いつ雨や雪が降ってもおかしくない天気です。

お正月は良い天気が続きましたが、仕事が始まってからは天気がいまいちです。
これは皆さんの気持ちを現してしいるのでしょう。

さて、今日は会社のサーバーについてです。

サーバーは私が設置したLinuxのSambaサーバーです。

動かしているサービスはSambaだけではなく、Apacheも動かしており、内部連絡用のCGI掲示板も動かしております。

最初は使い方が分からなかった社員さんも慣れて今は普通に使えるようになっています。

仕事別に2台のLinuxサーバーを設置してあり、1台がCentOS、もう1台がLinux-mintのOSを使っています。どちらもCUIで使用しています。

最初は余っていたPCをWindowsからLinuxに入替て、ハードディスクもそのまま古い物を使っていましたが、今は新しく増設した2TBのディスクがおのおの付いています。

古いシステム用のディスクが最近は心配で、いつ交換するか悩んでいます。
(システム用のディスクが死んだとしても良いように別のディスクを追加してある)

ディスク自体にはエラーも無く、頻繁に掃除もしているので温度管理も出来ているつもりです。

ハードディスクの場合には、新しいから安全という事は無く、調子の良くない新しいディスクも存在する訳で、データを入れているディスクが新しいから大丈夫とは思わないようにしています。

そこでこの2台のサーバーに保管してあるデータをどうやってバックアップを取っておくのが良い方法なのか考えていました。

上司に話をすれば、「DVDで焼いておけば!」と簡単に言うでしょう。
それは、自分自身が作業しないから言える言葉ですよ。

長期保管前提であればそれでも良いのですが、容量が2台分合わせて4TBの内300GB程を使用しているので、これをDVDに焼いていたら時間とメディアの無駄のように思いませんか?ブルーレイならまだしも普通のDVDであれば大変な作業ですよ。

そこで考えたのは2つの方法です。

その1・・・外付けHDDを買ってバックアップする。
その2・・・余っているノートPCにLinuxを入れてバックアップを取る。

外付けHDDは買っても1.2万円で充分な容量が買えます。
しかし、余っているノートPCならお金を掛けずにバックアップが取れる。

無駄に機器を買う必要性が無いですよ。
ノートPCをバックアップ取る時だけ電源を入れれば良いんです。
常時稼働では無いのでHDDも傷みは少ないだろう。

災害用の備蓄品と同じ、何かあった時のためのバックアップです。

形はともかく、何かあった場合のためにお金を掛けずに工夫して保存しましょう。

ちなみに今回バックアップ用にしたノートPCのスペックは以下のとおりです。

1.CPU  Pentium dualcore 2.4GHz
2.Mem  4GB
3.HDD  750GB
4.OS  CentOS6.10 x86_64

インストールから始めてネットワーク接続、Samba設定、データ移動まで行い、所要時間は5.5時間程でした。

まぁ、ちょっと安心しました。

Linuxサーバは誰でも使えるがメンテは誰もできない

今の仕事先にはLinuxサーバが2台あります。
この2台は私が空いていた古いDELLのパソコンにインストし設定したものです。

おのおの部署を変えて、ファイルサーバ(Samba)をメインで使っています。

最初はネットワークの中にあるサーバの使い方が分からなかった人たちも今は、普通にファイルを保存したりできるようになりました。

あればあったで便利なものです。

当初は・・・・

サーバなんて要らない!
サーバの使い方なんて知らない
今の環境で充分!
そんなの誰が使うの?

なんて外野から言われていましたが、今は普通に使っている。

何でも文句を言う輩がいて、結局は使っているんですよね。
こういう輩の頭の構造ってどうなっているのか?と思います。

相手からしてみたら、Linuxサーバなんて知らない、難しい、windowsで充分などと訳の分からない事をこそこそと言っていたのかと思います。

結局は、どこかの会社にお金を掛けて作ってもらわないと使えるサーバにはならないと思っているのかも知れません。

知識が無いのは淋しいものですな。

Linuxは誰でも無料でインストールして使える状態になっている。
勉強しようと思えばいつでも安価に使えることができる。

やる、やらないは貴方次第です。

そこで、時間を掛けてインストールして、ググりながらも覚えてゆく時間があって身に付くものだと考えますが、何でも気軽に使えるwindowsと一緒にしては困る。

今使っているLinuxサーバは皆さんが知らない内に、SSHで遠隔操作をして、updateを行い、稼働状況、エラー状況、メモリの使用状況などチェックをしているんですよ。

忙しくても日々メンテナンスをしている。

文句を言う輩たちは、使えなくなったり、停止したりしたら又大騒ぎするだろう。
そのような事を見越して先に手を打っておく。

どの会社にも足を引っ張る人達がいるので困ったものです。

ただ、作って1年半故障知らずです。
メモリも4GBしか積んでいませんが、3ヶ月稼働しても大丈夫。
この夏の暑い日にも安定して動作していました。

日々、Linuxのコマンドを忘れないような努力もしないといけない。
おやじになると結構忘れっぽくなるので、身近にサーバがあると有り難い。

そろそろ、このサーバに他のサービス機能があるのを告知しようと思っている。

しかし、みんな使い切れないだろうな。

Linux mint 17.2 MATEのsamba ssh VNCの設定

今日は成人の日で国民の休日です。
ニュースを見ると成人式に出て酒飲んで暴力沙汰で逮捕されている馬鹿者もいます。
毎年、恒例の行事で恒例の逮捕劇ですよね。

この成人式で暴れるのは大体地元の塗装屋とか左官屋とかそんな感じの人達です。
いい加減、逮捕されたら後がどういう結果になるのか少しくらい考える事出来ないんですかね。

また、どこかの遊園地借りて成人式なんかもどうかと思います。
大人なんだから遊園地は無いだろうと思う。

成人式に限らず、ハロウィーンとかサッカーの日本代表が勝った時とか、新年のカウントダウンとかに渋谷のスクランブル交差点での馬鹿騒ぎもいかがなものかと思いますが・・・。

日本人の若者もこういう馬鹿騒ぎする人と冷静な人、極端になってきたように思います。

前置きが長くなりました・・・・。

今日は、Linux-Mint 17.2 MATEのインストール後の設定における注意点を書き残しておきます。

このMATEって「マテ」と読むのか「メイト」と読むのか?
ネット上では「マテ」と読んでいる人が多いのですが、どうなんでしょう。

Mintをインストールした後に必要なサービスは、自宅のネットワークや会社内のローカルネットワークであれば、SSHとSambaとVNCくらいでしょうか。

GUIの遠隔操作であるVNCに至っては、メニューの設定>デスクトップの共有でチェックをすれば、後は操作側にVNCビューアーがあれば、IPアドレスを入れるだけで画面が表示されるので簡単です。

Sambaについては、とりあえずapt-getを使って、sambaが入っているか?確認をしてもらい、必要なソフトはインストールして欲しいと思います。私の場合のは、/homeの中にshareのフォルダーを作り、このshareを読み書き出来るようにしてあります。

◎場所:/home/share

そして、このホルダーを作り、属性を変更しておきます。

◎ホルダーを作る:# sudo mkdir /home/share
◎ホルダー属性:# sudo chmod 777 /home/share

◎smb.confに以下を追加:# sudo vi/etc/samba/smb.conf
最後尾に以下を追加する。

[share]
comment = MINT server directories
path = /home/share
create mode = 0777
directory mode = 0777
guest only = yes
public = yes
writable = yes
share mode = yes

ワークグループやhosts allow等は自分(会社)の環境に合わせてください。
sambaの場合には、必ずwindowsから見れるか?作ったホルダーにアクセス出来るか?確認するようにしてください。

windowsから見えない場合には、smb.confの記述が正しいかどうか?確認してください。

そしてsambaサービスの起動 # sudo service samba start

MintのサービスのON-OFFについては、sysv-rc-confというのがあると便利です。

◎インストール:# sudo apt-get install sysv-rc-conf

SSHについては、最初に動作しないので悩みました。
いくらconfigをいじっても動かない・・・。

理由は・・・・opensshが入っていない。

これをインストールすれば、つも通りの設定で動きます。

◎SSHインストール:# sudo apt-get install openssh-server

◎ssh config 変更:# vi /etc/ssh/sshd_config

Permitrootloginだけnoにしておきましょう。
(rootでログインはダメよ)

configが変更できたらサービスを再起動します。

◎SSHサービス再起動:sudo service ssh restart

以上で、必要と思われるサービスは使えると思います。

人に依っては、sambaが繋がらない、windowsから見れないなどの障害があるかも知れません。
そこは焦らずに、どこが悪いのか考えながら再度検証して記述の確認をしてみてください。

この障害を自分で解決できるようになってくるとLinuxが面白くなると思います。

次のページ →