10万円の使い道は・・・・・

コロナ経済対策で国民一人あたりに10万円が配付される事が決まりました。

最初は30万円を必要な人達にと言いつつ、出し渋ってました。

急にコロッと変わった真意は何だったのでしょうか?

それにしても外野の人達は決まれば決まったであーだの、こーだの煩いですよね。
10万円は貯金せずに近所の商店で使うとか経済的に回すように努力するのが一番です。

せめて近場の個人飲食店の人達が潤えばいいなと思っています。
飲食店のみならず個人経営の店と言った方がいいでしょうか。

だが、問題が・・・・・・

「貰えた後に店あるのか?」

という話です。

資本主義はやはり資本が沢山あるところには敵わないように出来ています。

折角、配布を受けた10万円を使おうとしたら店が跡形もなくなっていた。
な~んて笑いごとではありません。

パラレルワールドでもありません。

お店が少なくなれば、そこでバイトする学生や主婦などが困ります。
コロナが蔓延して中で新しく飲食店を作ろう!なんて思う人も少ないでしょう。

飲食店がこんな状態になるなんて誰が予想しましたか?

景気が悪いだけなら近所の中華屋さん、定食屋さんは普通に開業しているでしょう。
元々、客単価が低い分、景気の影響は受けにくいと思っていました。

しかし、感染する病気が流行ってみると飲み屋、食事処など危険な場所になってしまう事が分かりました。

今後、飲食店の経営の問題点として解消しなければならない課題となってしまった。
長年やってきた店が目に見えないウイルスで辞めなければいけなくなる。

こんな不条理ありますか?

そのためにはスピードを上げて配付して欲しい。
お店側も来店しないで商品を販売する仕組みを考えて欲しい。
先払いのチケット販売でも良い。

コロナが収束しても食を楽しむ場所が無くなってしまう。

地元のおいしいお店を守りましょう!

「緊急事態宣言」の意味とは・・

少し前にで在宅ワークの件を記事で書きました。

在宅で仕事が出来るのにも関わらず、あえて出社を強要する会社も結構あるようです。

理由としては・・・・

①経営者・上司の猜疑心が強く人を元々信用していない
②自分がシステムに疎いからやりたくない
③自分の仕事を部下に押し付けられなくなるから
④そんなシステム環境が整っていない

等のいくつかの理由があると思います。

さて、皆さんの会社は在宅ワークに前向きな姿勢ですか?

元々は新型コロナ感染を防ぐために出社させないで仕事をしてもらう意味で始まったものだと思います。

それが、徐々に本格的に仕事をしてもらうための仕組みとして捉えられてきました。

どこかの大統領のように「経済優先、コロナは国民の70%は感染しても仕方が無い」と言い切ってしまう人もいるので、このウイルス感染という病気について人を守る、人命を守るという意識が元々無い人も多くいるのも事実でしょう。

「コロナが怖くて出社しないなら有給で休め!」とか
「うちの会社は在宅ワークなんてしない」とか
「出来る部署と出来ない部署があるから不公平」という事もあります。

それでは、この「緊急事態宣言」という意味はどこにあるのか?

せめて企業で少しでも就業している人数を減らす努力や銀行回りなどの外出をなるべく減らして感染を防ぐ努力が必要なのではないでしょうか。

そんな昭和時代のような精神論でいる会社はいつか淘汰される。

新型コロナウイルスの問題は感染して治ったからと言っても予後がどうなっていくのか現状では情報が足りず、本当に健康になったのかも分からない。

体の免疫機能が下がればまた発症するような事だって考えられる。
HIVの薬が少なくとも効果があるという事もB型肝炎などと同様に菌保持者となっている可能性だって無い訳ではない。

そんなウイルスに対して安易に国民の70%が感染すると言い切って良いものなのか。

今後はウイルスが人から人への感染で変化していく事が考えられる。
そうなるとこのウイルスに感染して治った人もまた感染して発病するだろう。

経済のために全世界の人間が消滅する事だってあるかも知れない。

ぽつんと一軒家を探して家族で住むのが一番安全な方法なのかも知れない。

医療関係者や保育士や介護士の価値は

この緊急事態宣言でも働いている人は沢山います。

医師や看護師は感染者もしくは感染者と疑われる人と接触をしなくてはならず、自分自身も感染する恐れを感じながら仕事をしています。

感染すれば、家族にも感染をすることになります。

保育士については、医療関係者がこの時期に子どもを預けている場合が多くあります。会社が休業もしくは自宅待機になっているのにも関わらず、子どもを保育所に預ける身勝手な親もいます。

介護士に至っては、免疫力が低い高齢者の面倒を見ている関係で自分自身の衛生管理や施設の衛生管理にも気を使い、その施設から感染者を出さないように努力をしています。

これらの人達に共通する事は弱い立場の人を助ける仕事であるということ。

医療関係者については、休みもなく疲弊しているにも関わらず仕事を続けなくてはならない。保育士についても同じで、子どもが普通の風邪で熱を出したも自宅待機で有給休暇を使わなくてはなりません。介護士も多分同様でしょう。

保育士や介護士の待遇の低さはどうなんでしょう。

保育士に関しては待遇面がだいぶ改善されてきたとは言え、一般企業からしてみるとかなり低い状態です。子どもの生死に関わる仕事なのにこんな待遇で良いのか?とも思います。

そして介護士については、保育士よりも悪い待遇であると言えます。

処遇改善と称して給与面を引き上げる策をやっていますが、一人当たり1万円を満たないアップで待遇を改善したと言われても誰も納得はしないでしょう。

長く保育士や介護士で経験を積んでいる人でさえ、一般企業の人に当てはめると事務員程度の待遇なのです。

その上、介護士は祭日も休みなく、5月の連休や夏休みも無く仕事をしなくてはならない。年間の休日が100日を切っている法人も多い。年収を働いた年間時間数で割るとアルバイト以下の単価になるかも知れません。

先に述べたように、人を助ける位置にいる人達がこんな待遇で良いのか。
その仕事はそんなに価値が無いものなのかと思うのです。

今はおやじだがもう少したてば、誰でも高齢者になる。

その時に気持ち良く面倒を見てくれる介護の人達が必要です。

生きて行く中で大事な職業である保育士や介護士の待遇をより一層改善される事を望みます。
そして医療関係者の努力が報われるような仕組みにして欲しい。

社会が必要としている大事な仕事はブラック化させてはならないと思います。

普段と変わらない緊急事態宣言後の地域

昨晩、緊急事態宣言が出されました。

朝、車通勤でしたが普段と比較して交通量は少なめでした。
この対応で自宅勤務になったり、休業・休校が多くなったのでしょうか。

皆さんの仕事先、自宅周辺はいかがですか?

先ほど、銀行に行った時に駅前のパチンコ店が休業していました。
コンビニ、銀行などはもちろん開店しています。

普段とあまり変わらない?

いつもと変わらず駅前には高齢者が多くいます。

ドラッグストアやお菓子屋さん周辺には本当に多い。
100均ショップなんて結構開店前なのに並んでいます。

緊急事態宣言が出ている状態なので並んで世間話するのもどうかと思います。

結局のところ、あまり拘束力のない指示では一般市民は動じないということです。
少し経てば、またこの事態にも慣れて平気で外出、飲み歩きをする事でしょう。

日本って民度が下がってきていますね。
このような事態になって気が付く事が多くあります。
地域市民全体で団結したり結束したりが無くなりました。

利己主義が蔓延している証です。
自分さえ良ければいい。
ただそれだけです。

日本の政治家という立場の人たちさえ利己主義満点ですから仕方ない事なのかも知れません。

自分たちの収入が減らなければ、国民の事はどうでもよい。
これは政治家、官僚が思っている事でしょう。

色々なコロナ対策を考えて、処理、作業は地方にやらせればいい。
面倒な事は他人任せです。

今後、役所や銀行など必然的に多くの人が申請に訪れる場所であり今後、感染が拡大していくのではないかと考えられます。

生きていくための書類申請で感染するっていかがなものですか。

ネットで申し込んで、必要な書類もアップロードして、口座に振り込む事出来ませんか?
申し込んで2か月しないと現金にならない状態もどうにかしませんか?

申請書の受理書を銀行に持参すると同じ金額を融資してくれるとか。

なるべく人を介さずに素早くできる作業方法にすべきです。

何のためのマイナンバーなんですかね。

国民からの税収も少なくなるのは目に見えているので、不要な議員を削減しませんか。また党などに出している助成金や議員個人に出している給与以外の費用は無しにしませんか。

そして少しの間、海外にお金ばら撒くのは止めてください。
撒くのであれば国内にしてください。

← 前のページ次のページ →