LinuxはSSHで操作するのがやっぱり楽しい!

やっと花金になりました。

今月も何とかフライデー(プレミアムフライデー?)が31日にあるようです。

まぁ、休めない私達には関係ない話です。

貧乏な私は、逆に月末でもあり期末でもあるこの日はやらなくてはならん事が多い。
そんな状況も「そんなの関係ねぇ~」というPフライデーです。

早上がり出来る人は、せめて買い物したり飲食したりして地域活性化をはかってもらいたい。
「俺は1週間働いたから疲れたので帰る」なんて言ってはいけません。

しかし、実際に効果が上がらない事を良く考えますよね。
普通の人達と多分、感覚が違うのでしょう。

「早く帰ってもいいが、その時間は有給消化だ!」なんて言われてる人もいるかも知れません。

1時間いや1分いや1秒でも早く仕事先から帰りたいと思う人が沢山いると思います。
どちらかというと私もそのタイプかも知れません。

ただ、社内の人間関係が疲れるとかではなく、自分のやりたい事を1秒でも早くしたいという事だけの話であります。

前記の人は仕事で疲れているのではなく、社内の人間関係に疲れているんですよね。
この人間関係というのが面倒なことが多い。

人に対して攻撃してくる人や何でもやらせようとする人でしょう。
一言で言うと「面倒臭い人」です。

関わるとロクな事がない。
貧乏神みたいな感じでしょうか。
こういうタイプの人は「恩を仇で返す」人が多いのが特徴です。

そんな人とは1秒たりとも一緒に居たくないですよね。
さて作ったサーバーも3日連続稼働していますが、調子はすこぶる良い。
今までBook型で温度が高かったCPUも10℃以上下がっています。

$ sensors

cpitz-virtual-0
Adapter: Virtual device
temp1:   +40.0°C  (crit = +120.0

coretemp-isa-0000
Adapter: ISA adapter
Core 0:  +43.0°C  (high = +86.0°C, crit = +100.0°C)
Core 1:  +43.0°C  (high = +86.0°C, crit = +100.0°C)

やはり吸排気ファンは取り付けるべきですよね。

排気ファンが付けても吸気ファンは付いていないケースや逆の場合もある。
大した金額ではないので、静穏ファンを取り付けましょう。

HDDやMBなどの部品の耐久性が変わってくるはずです。

そして、Linuxの起動設定ですが・・・

最近ではGUIで設定している人も多くいらっしゃいます。
さーばーならば、設定後は起動をCUI形式にしておいた方が良いでしょう。

GUIと違ってメモリを無駄に消費していないこと。
GUIで起動する事により余計な脆弱性のある穴を動かしている事になること。
GUIの場合には余計なソフトが起動しているという話です。
余計なソフトが起動していれば、それだけ侵入しやすい環境であるという事。

CUIで起動させると、メモリのほとんどがキャッシュとして使われています。
作ったサーバーはこんなメモリ状態です。

KiB Mem:   4037132 total,  3916560 used,   120572 free,    35720 buffers
KiB Swap:  4182012 total,        0 used,  4182012 free.  3636976 cached Mem

使われているメモリを解放させるコマンドは・・・・

$ echo 3 > /proc/sys/vm/drop_caches

このコマンドでDebian/ubuntu/mintはメモリが解放されるはずです。

LinuxはSSHで操作を始めると、やっぱり面白い。

反応のひとつひとつが面白い。

Mintのファイルサーバー完成しました!

あまり時間を掛けずに完成してしまいました。

元々、Mintがインストールされていて、Sambaの設定もされていたので、設定的には新しいHDD2台(3TB×2)のMountで済みました。

元々のHDDが dev/sdc となっており、追加したHDDを/dev/sda と /dev/sdbという名称にしました。容量が大きいのでfdiskを使わずにGNU partedを使用しました。

仕事先以外でLinuxServerにHDDを追加する事ってあまりありませんよね。

HDDも古くなればいつ壊れるか?分からないので、新しいHDDを買ったらシステム毎入れ替えた方が無難と言えば無難ではないでしょうか。

それに新しいHDDは古いHDDよりは速いと思います。

このDELLのマザーを使用したサーバーはシステムHDDが320GB+Data-HDD6TBという容量になります。

HDDのパーティションが出来上がったらext4でフォーマットします。

$ sudo mkfs.ext4 -m 0 /dev/sda
$ sudo mkfs.ext4 -m 0 /dev/sdb

これが終われば後はmountするのみです。

$ sudo mkdir /mnt/shdd1
$ sudo mkdir /mnt/shdd2

mntフォルダーにshdd1とshdd2のフォルダーを作成

$ sudo chmod 777 /mnt/shdd1
$ sudo chmod 777 /mnt/shdd2

作ったホルダーのパーミッションを777に設定

$ sudo mount -t ext4 /dev/sdb /mnt/shdd1
$ sudo mount -t ext4 /dev/sdb /mnt/shdd2

-tはext4のファイルシステムを指定するOP

あとは起動時に自動的に認識させるか、手動でmountさせるか決めてfstabを設定すれば完了です。

$ sudo vi /etc/fstab

今回のMintサーバーでは、fstabに下記を追加しました。

UUID /mnt/shdd1/ ext4 defaults  0  0
UUID /mnt/shdd2/ ext4 defaults   0   0

0 0 とはdumpなし、fschkなしという事になります。

(再起動しないうちに実際に使い始めてしまっているので、fstabが正しいか分かりませんので注意ください。)

そしてsambaの設定をします。

mnt/shdd1にmkdirでホルダーを作成して、そのホルダーをsamba最終行に追加すれば完了です。

追加できたら、sambaのサービスを再起動してください。

$ sudo service smbd restart
$ sudo service nmbd restart

6TBの容量があると動画や写真を保存しても全然余裕ですな。

家のATOMサーバーもHDD2台追加して6TB仕様にしようかな。
だって、HDD3TBを2個買っても15,000円ですよ。

変にDVDのメディア買うよりも面倒な事が不要ですし、いつでもアクセスできます。

そして特売の白いミドルタワーのケースですが、吸排気ファン付で2000円は安かった。
サイドが透明なプラになっていて青く光るファンで綺麗です。

ちなみにケースはdospara製品です。
電源は玄人志向の500Wです。

久しぶりにLinuxをSSH経由で使いましたが、何とかなるものですね。

一度覚えてしまえば、何となく操作できる。

雀百まで踊り忘れずですか。

CentOSのSambaのエラーについて

この時期は期末近くになっている関係で仕事がとても忙しい状態です。
毎日、色々な書類の作成などこなしています。

仕事先で使っているCentOS6のSambaサーバー(ファイル共有)ですが、このところ私のPC(windows7)からアクセスをするとフォルダーを表示しないという現象が出ていました。

不思議な事にマイコンピューターの中にあるネットワークドライブで割り当てているところからは表示がきちんとされている状態で、ネットワークのサーバーアイコンからは開かない状態でした。

/var/log/messagesでログを確認してみると・・・・・

rpc_server/rpc_ncacn_np.c:158(make_internal_rpc_pipe_p) open_rpc_pipe_p: copy_serverinfo failed というエラーが沢山出ていました。

うーん、rpc_serverがどうのと書かれています。

これは、CentOS6のSambaが悪いのか?私のPCであるwindows7が悪いのか?分かりませんが、他のwindowsマシンからはネットワークのサーバーアイコンを表示するとちゃんとフォルダーが表示されます。という事は私のwindowsがおかしいのか?

一通り、windowsのサービス確認をしてみますが、停止しているものも含めおかしい箇所は無さそうです。一体原因は何なのか?

少し前までは見れていた。
ある時期から見れなくなった。これしか情報はありません。

CentOSのupdateもしていますが、samba関係のファイルのupdateは無かったように思います。

上記のエラーである、rpc_server/rpc_ncacn_np.c:158(make_internal_rpc_pipe_p) open_rpc_pipe_p: copy_serverinfo failedは、私のwindows7からネットワークのアイコンをクリックして表示しない間、エラーログが増えています。

windows7のエラー表示は「rpcサーバーがビシー状態です・・・」というエラー表示で終わる。

仕方無いので、一度CentOSのsambaを削除して再設定してみる事にしました。
yumを使って削除をして、再インストールを試みました。

結論から言うとダメでした。
同じ症状は変わりません。

このsambaですが、samba3です。
ネットでこのエラー表示が何なのか?調べましたが正確に何をどうしたらいいのか?書かれているサイトはありませんでした。英語のサイトは沢山出てきましたが、日本語サイトでは説明されているところはありません。

英語サイトを読んでいると、同じような症状の人がどうしたらいいのか?質問しているサイトがあり、返答している人がバージョンを新しくするのが解決方法であると書かれていました。

sambaの最新はsamba4となります。

とりあえずyumでsamba4がインストール出来るか?確認すると表示されたので出来るようです。
yumでsamba3関係のファイルを削除してみます。
そのままsamba4をインストールしようとすると依存関係でupdate出来ないファイルが出てきます。

sambaだけ消してもダメなのでyum remove samba-common-*で関係するファイルも削除しました。

そして、yum install samba4 でインストールが出来ました。
このsamba3とsamba4の違いって何なんでしょう。

調べてみると、Active Directoryに対応しているという点でしょうか。
・・・別段Active Directoryにしなくても良いのですが・・・。

共有設定をやり直してみると・・・

ネットワークのサーバーアイコンからフォルダーが開くようになりました。
もちろん、ログにエラー表示もありません。

2週間ほど悩んでいましたが、最初からsamba4にすれば良かった。
しかし、samba3のエラーの元は何だったのか。

そこが知りたいが分からない。

samba3で同じエラーを解決した人がいましたら原因を教えて欲しいと思います。

試行錯誤のCUPS設定(Ricoh MP-C4503編)

久しぶりに悩みました。
悩むというよりも「何で~?」という感じでした。

Linuxのプリンター設定は自宅用であれば、使うプリンター機種もCannonとかEPSONとか有名なメーカーのある程度売れている機種になります。

しかし、会社ではコピー機をプリンターの代わりにしているところも多いと思います。
うちの会社なんてそういう感じです。

一見、余計な物が無くなり、省スペースで良いと思いますが、経済的にはコピー機がリース品であったりすると、メンテナンス費用にカウンター料金が加算される事になります。

このカウンター料金って曲者ですよね。
自己の機械で何枚印刷しようが、関係ないだろう、余計なお世話だと思います。

そう思いませんか?

特に私のようなちょこちょこ印刷するような人は何故かカウンターの事を考慮して使っているような形で面倒だなとつい思ってしまいます。やはり部署毎に小型のレーザープリンターがある方が気持ち的にお気軽です。もしもの場合にコピー機を予備プリンター設定しておく方が良いですよね。

さて、このリコーコピー機のCUPS設定の顛末をご報告します。

最初から嫌な予感がしていましたが、的中してしまいました。
嫌な予感というよりも、腹が立つような感じでしょうか。

同じ事を色々部分的に変更を加え、動かしてみる。
それでも動かない・・・。
プリンターは認識してもテストページが出てこない。何でぇ?

システム的には、ファイルサーバー、社内httpサーバーになっているScientific Linux6にプリンター設定をして、このプリンターを共有(Linuxマシンで)ように考えていました。

共有する機種は、私の自宅から持ってきたX40と最近インストールしたLinux Mint6.2MATEの2台です。

Mintについては、初心者の方々が使うので、なるべくエラーを起こさないようにしておきたい
そんな事を考慮した運用を考えていました。

しかし、それ以前にプリンターが使えない。

サーバーのプリンター設定はCUPSを使うのでブラウザで、「IPアドレス:631/」で画面を出し、プリンターの追加を選び、ドライバーを当てるようなスタイルです。

使っているドライバーはリコーのホームページからダウンロードしてきた物を解凍して使います。
CentOS6とCentOS7で動作確認が出来ているという説明なのでSL6でも問題無いだろうと考えていました。またMintも同様でubuntuが動作するから大丈夫だろうと安易に考えていました。

やっぱり、このドライバーでは動かない。
カラーと白黒の2種類のドライバーがあるが、どちらも動かない。
プリンターにスプールをしているが、印刷されない。
設定を変えると印刷するが、文字列が2.3行のみのエラー印刷が何枚も出てきてしまう。止めるのが大変である。また紙の無駄使い。いちいち、コピー前に行きデータを削除しなくてはならない。

諦めかけた時にふと思いつきました。
ダメ元でLinuxに付いているリコーの汎用ドライバーを当ててみる。という作戦を・・・。

何気なくテストページを印刷してみると・・・
えっ、えっ、えっ!テストページが出てきました。

あの悩んだ時間は何だったのか。
最初からLinuxに付いている汎用ドライバーを使えば良かった。

ドライバーはこれ⇒Ricoh RPDL IV Laser Printer Foomatic/rpdl (recommended) (白黒)
カラーは使わないので充分でしょう。

MintからもLibreOfficeを使って印刷してみます。
ちゃんと印刷されました。

超感動です。
悩んだ分だけ解決すると満足感が違いますな。

汎用ドライバー恐るべし。

Linux mint 17.2 MATEのsamba ssh VNCの設定

今日は成人の日で国民の休日です。
ニュースを見ると成人式に出て酒飲んで暴力沙汰で逮捕されている馬鹿者もいます。
毎年、恒例の行事で恒例の逮捕劇ですよね。

この成人式で暴れるのは大体地元の塗装屋とか左官屋とかそんな感じの人達です。
いい加減、逮捕されたら後がどういう結果になるのか少しくらい考える事出来ないんですかね。

また、どこかの遊園地借りて成人式なんかもどうかと思います。
大人なんだから遊園地は無いだろうと思う。

成人式に限らず、ハロウィーンとかサッカーの日本代表が勝った時とか、新年のカウントダウンとかに渋谷のスクランブル交差点での馬鹿騒ぎもいかがなものかと思いますが・・・。

日本人の若者もこういう馬鹿騒ぎする人と冷静な人、極端になってきたように思います。

前置きが長くなりました・・・・。

今日は、Linux-Mint 17.2 MATEのインストール後の設定における注意点を書き残しておきます。

このMATEって「マテ」と読むのか「メイト」と読むのか?
ネット上では「マテ」と読んでいる人が多いのですが、どうなんでしょう。

Mintをインストールした後に必要なサービスは、自宅のネットワークや会社内のローカルネットワークであれば、SSHとSambaとVNCくらいでしょうか。

GUIの遠隔操作であるVNCに至っては、メニューの設定>デスクトップの共有でチェックをすれば、後は操作側にVNCビューアーがあれば、IPアドレスを入れるだけで画面が表示されるので簡単です。

Sambaについては、とりあえずapt-getを使って、sambaが入っているか?確認をしてもらい、必要なソフトはインストールして欲しいと思います。私の場合のは、/homeの中にshareのフォルダーを作り、このshareを読み書き出来るようにしてあります。

◎場所:/home/share

そして、このホルダーを作り、属性を変更しておきます。

◎ホルダーを作る:# sudo mkdir /home/share
◎ホルダー属性:# sudo chmod 777 /home/share

◎smb.confに以下を追加:# sudo vi/etc/samba/smb.conf
最後尾に以下を追加する。

[share]
comment = MINT server directories
path = /home/share
create mode = 0777
directory mode = 0777
guest only = yes
public = yes
writable = yes
share mode = yes

ワークグループやhosts allow等は自分(会社)の環境に合わせてください。
sambaの場合には、必ずwindowsから見れるか?作ったホルダーにアクセス出来るか?確認するようにしてください。

windowsから見えない場合には、smb.confの記述が正しいかどうか?確認してください。

そしてsambaサービスの起動 # sudo service samba start

MintのサービスのON-OFFについては、sysv-rc-confというのがあると便利です。

◎インストール:# sudo apt-get install sysv-rc-conf

SSHについては、最初に動作しないので悩みました。
いくらconfigをいじっても動かない・・・。

理由は・・・・opensshが入っていない。

これをインストールすれば、つも通りの設定で動きます。

◎SSHインストール:# sudo apt-get install openssh-server

◎ssh config 変更:# vi /etc/ssh/sshd_config

Permitrootloginだけnoにしておきましょう。
(rootでログインはダメよ)

configが変更できたらサービスを再起動します。

◎SSHサービス再起動:sudo service ssh restart

以上で、必要と思われるサービスは使えると思います。

人に依っては、sambaが繋がらない、windowsから見れないなどの障害があるかも知れません。
そこは焦らずに、どこが悪いのか考えながら再度検証して記述の確認をしてみてください。

この障害を自分で解決できるようになってくるとLinuxが面白くなると思います。

Linuxのプリンター設定は大変

仕事先のLinux-Mintですが、ようやく全てのサービス設定が完了しました。

インストールをして起動できる状態であればほぼ完成ですが、仕事先の不慣れな人達のために、一から十まで予想できる使い方において必要な要素は網羅しておかなくてはなりません。自宅のPCであれば、問題が起きたらそこでインストールや設定すれば良いのですが、そういう訳にもいかない。

そして最後に残ったのがプリンター設定です。

仕事先のプリンターはコピーで全て印刷しています。
もちろん、カラーもモノクロもです。

機器はRicoh MP-C4503というFAX、スキャナ等の機能が付いた機種です。

スキャナ自体はともかく、プリンターはLinuxから印刷出来ないと不便ですよね。
libreOfficeで使った書類を他のPCで開いて印刷するのも二重手間です。

早速、ネットでリコーのサイトへ行き、C4503用のLinuxドライバーをダウンロードします。
解凍(tar.gz)をして説明書を読んでいると下記のような内容が書かれています。

<動作確認環境>
弊社では、下記のLinuxディストリビューションが正常稼働するx86のPCで
動作確認をしています。
Red Hat Enterprise Linux 6/7
Ubuntu 10.04LTS/12.04LTS/14.04/14.10
CentOS 6.6/7.0
TurboLinux 12.5

Linux-Mint17.2は出来るとは書かれていない。
しかし、CentOS6.6と7は動作確認をしている。
まぁ、ubuntuが使えるので大丈夫だろうという気持ちでいます。

前提条件
・上記の各ディストリビューションが正常稼働するx86のPCであること
・HDD,メモリは各ディストリビューションの推奨値であること
・CUPS 1.2.4以上
・Foomatic 3.0.2以上
・プリンター本体側にPostscriptオプションが搭載されていること

システム的には、Linux ServerであるScientific Linux6にCUPSで設定して、これを共有する。そして、他のデスクトップLinuxは、このサーバーのCUPSを経由して印刷するという仕組みです。

前提条件の通り、CUPSを使う事が前提条件なので、ここは注意が必要です。

Linuxの場合には、ドライバーが合わない事がとても良くある事なので、特にプリンターは市販されていてオーソドックスな機器ならまだしも、複合機(コピー機)のネットワーク接続でCUPSをサーバー設定してから、使うというややっこしい仕組みなので心配と言えば心配です。

今日のところは、調査してドライバーの準備程度にして作業は次回にしようと思っています。

自宅のEPSONのインクジェットは直ぐにCUPSで繋がったが今回はどうか?

嫌な予感がプンプンするなぁ。

デスクトップではgeforceかradeonがいいね

これはLinuxデスクトップの話です。

リビングで使っているSL6(Scientific-Linux6_64)ですが、geforce7600GSというグラボを付けていましたが、ドライバーを当てるのが面倒だったので(普通に使えるしね)Linux標準のVGAドライバーを使っていました。

ふと、デスクトップの効果でcompizを使おうと思ったら、geforceのドライバーを当てていないことが分かり急遽セッティングをしました。

ドライバーのあて方は → こちら

慣れれば時間的には10分から15分で完了します。
結構、面倒なところありますが、何回か作業すると流れが自然と身に付きます。

そして起動し直すと・・・・

やはり細かなところが美しい、フォントも小さくなっている。それに明るい感じがする。
モニターの設定でみると周波数も60MHzだったのが75Mhzに上がっている。
compizを設定して、画面が横にグルグル回るようになりました。

やっぱ、compizの付いていないgnomeは淋しいのう。

小さな事かも知れませんが、やはりデスクトップが引き締まって、フォントの表示からブラウザの表示全体が美しく見えます。やはり、geforceかradeonはあった方がデスクトップはいい感じです。使うグラボは安い物でも充分ですし、標準のオンボードVGAとLinux標準ドライバーでは見栄えがいまいちです。

オンボードのVGAを使っている人は、安いVGAを買ってきて付けてみる、自分でドライバーをあてるという作業をする事も大事な事かと思います。安物でもgeforceはgeforceだべ。

えっ、自分のVGAが分からない?
基本的には安物メーカー製品(book型とか)は付いていません。
CentOS-6やScientific-Linux-6では標準VGAでcompizは動きません。動かない(設定できない)人は、標準VGAかgeforce、radeonのドライバーをあてていないという事のどちらかになります。

どちらかは自分で調べて欲しいと思います。

ドライバーをあてたらkernelが更新(update)されてしまうとドライバーが消えてしまい、またドライバーを最初からあてなくてはならないので、注意してください。kernelが新しくなる度に作業すると覚えてしまいます。

# vi /etc/yum.conf で exclude=kernel* を最後尾に追加して保存する。
これを忘れずに・・・・。

MIntとかubuntuとかのDebian系はまたやり方が違うと思います。
最初から自動的にドライバーをあててくれるOSもあるので、「こんなの難しいから嫌だ!」という貴兄はそういうOSを選ぶという手もあるのではないでしょうか。しかし、こういう作業が面白いのですが・・・。

さて、windows10が発売されましたが、クラウドまっしぐらのOSよりも、こういう使う人の手が入れられる楽しさがあるLinuxも良いのではないでしょうか。

標準VGAの人は、geforceかradeonでGo!Go!しようぜ!

次のページ →