ウエアブルウォッチ買ってみた!

前から興味があったウエアブルウォッチです。
色々なメーカーが出していますが、値段的な事を考えると立ち止まっていました。

最近、ふといつものAmazonで他の商品を買うために見ていたら、下の広告欄にそのような商品が並んでいるではありませんか?

私の趣向からすると、大きくて斬新なデザインは好みではない。
どちらかと言うと、控えめな形の方が自分に合っていると思っている。
そして手首があまり太くなにので、物自体のファイスが大きくない方がいい。
もちろん、価格も高い物は論外である。

■欲しい機能

1.万歩計・距離計
2.血圧計
3.心拍数
4.時計・日時
5.メール・電話・LINE等の通知機能

基本的にこの5つの機能があれば充分と考えていた。

Amazonの商品を見ていくと、先ず価格にビックリ!!
上記の機能以上の機能が付いているのに、5000円以下である。

ちょっとした時計や万歩計買っても2.3000円はするだろう。

その上、電池交換不要。
USBに繋げれば充電ができる。
電池が無くなって使えなくなり放ってある時計は数多くある。
そうならないで済みそうだ。

私が選んだ商品は3990円というぎりぎり4000円以下の商品である。

まぁ、安いか?高いか?は使い方次第ですね。そしていつものようにポチッてみました。

2日後に商品が家に届きました。

説明書を読むと、スマホにソフトを入れるとBluetoothでリンクされて時計に溜まっているデータを吸い上げてソフト上で表示させる事ができるみたいだ。

このソフトはAndroidであればGoogleストアに行けば無料でダウンロードできる。
ソフト名は「H Band2.0」です。

インストールして、スマホのBluetoothをONにして起動させます。
ソフトが表示されたら、時計のボタンを押すとソフト上に「認識しました!」と表示される。

このH Band2.0というソフト上でこのウエアブルウォッチの色々な設定ができるようになります。
例えば、時計の表示(アナログなのかデジタルなのか4種類の中から選択できる)や万歩計の目標歩数など・・・。

心拍数や血圧は1時間ごとに勝手に計ってくれる。(時計のボタンをおせばいつでも計れる)
ソフト上ではこの数字が時系列で折れ線グラフで見る事ができるようになる。

時間的に何時頃に血圧が高くなるのか?
少し運動(速足などで)した後の心拍数がどうなっているのか?

そういった見方が出来るようになっている。
ちょっと高めの数字のある時間帯に何をしていたか、思い出す事で注意する事もできるようになる。

機能の中で私が一番良かったと思う機能があります。
寝ている時間帯のレム睡眠、ノンレム睡眠の時間を計測してくれる機能です。

朝、体調が良いと思う時、悪いと思う時と一致するんですよ。

眠りの深さがこの体調とイコールになるんですよ。

◎眠りが深い時間が長い=体調良い
×眠りが浅い時間が長い=体調悪い(夢を見ている時間が多い)

私見としては、眠りの深い時間が3時間以上あると調子がいい。

こんな事まで寝ている間に計測していてくれて見る事ができる。
いつ寝たのか?いつ起きたのか?何で分かるのか?不思議である。
昼寝で横になっても眠りの計測はされていないんだよな。

万歩計については、通勤、仕事、帰りと付けているが、一日平均12000歩くらいである。
距離表示では10Kmほど歩いている数値である。

一日、5000歩以上を歩くようにすべきと健康志向では言われているが、仕事していれば1万歩以上は歩くと思います。ただ、歩いているよりも、あの場所まで何歩あったのか?とか調べるのにも最適で楽しく歩く事が出来るようになった。

この機能で4000円があなたには高いと思うか?安いと思うかです。

後は、耐久性を調べて、家の奥さんにも買ってプレゼントしようか?考えています。

馬鹿臭いけど必要なスマホ

このところスマホを弄ってはどうなるか研究をしてばかりいます。

別に研究と言うレベルではないが、色々な使ったことの無い画面を表示させたり、ここのスイッチを入れるとどうなるか?なんて中学生がやりそうなことをやっています。

電話とメールとネットが見れれば良いと思っていただけでしたから、買った時にあまり真剣に弄った記憶が無いんですよね。

この機種でAndroidは2台目となります。

何台か使ってみて、ハードのスペックと自分の使うアプリとで「この位のCPUとメモリは欲しいな」と初めて分かってくるのではないでしょうか。

それは最初から安くて速いスマホなら最高ですよ。
でも女性と同じで付き合い始めてから色々と出てくるんですよ・・・隠していた性格が・・・。

浪費癖(電池消費量が多い)があるとか・・・。

その事に気が付いて、次回はこんな女(スマホ)にするか?と考えるんですね。
大体の機種が「帯に短し襷に長し」の物が多い。

安い機種と高い機種の差があり過ぎなんですよね。

安ぼったいスマホは見てくれもイマイチで同じ画面を表示していても何か荒く見える。
長く使っていると目が悪くなりそう。動きももっさり感満載。

値段の高いスマホは見てくれもGoodですし、画面も美しい。動きも軽快そのもの。

安いビデオカードとRadeonの違いみたいなもんですよ。

そう考えて中間スペックの機種を買うのですが、これが良くない原因なんでしょうね。

中間製品である分、高い機種と比較して何かしらが欠けている。
安いスマホと比較するとちょこっと優越感あり。

でも何かが足りない。

機械好きな人はスペックの良い機種選ぶべきですね。

CPUが良ければ何でも出来る。アントニオ猪木みたいな感じです。
メモリも最低でも3GBは欲しい、欲を言えば4GBだな。

もう、電池消耗の戦いに疲れたので機種変更一直線な状態となっています。
・・・でもまだ変更しませんよ。

少し耐えて、災害時の良い教訓にしたいと思っています。

PCは高性能のマシンが一家に一台の時代?

12月に入ると何かと忙しくなってきます。

今は20日先のクリスマスの準備とか飾り付け等でしょうか。

普通の会社であれば店舗を経営したりする以外はクリスマスなんて関係ねぇですよね。
しかし、店舗や学校関係、商店街等ではこの飾りを取付ける作業もしなくてはなりません。

見る分には綺麗ですが、取付は大変で面倒なんですよね。
そもそも、クリスマス用の電光関係の部品を保管しておかなければならないですし、それをどこにしまってしまったのかも分からない場合が結構あるんですよ。そしてみんなで捜索したりする。

そして高い位置に装飾するのも大変です。
これが終わって外すのもこれまた大変。誰も外そう!と言い出さない。
言った人が先頭になって外す作業をやらなくてはならなくなるからです。

外す時は来年また使う事を考えて外したりしないので、配線がグチャグチャ状態のまましまったりしている人が多いんですよ。

しかし、外さないと次のイベントである正月がやって来ない事になってしまいます。

「家は仏教だからクリスマス関係ねぇ!」と言っている人もいますが、こういう人ほどクリスマスプレゼントを奥さんや息子娘に買って帰ったりする人なんですよね。

たま~に、自宅をLEDとかで装飾している家を見かけますが、あの装飾は何なんですかね。

電気代を使ってまで見せたい何かがあるのか分かりませんが、付けたり外したりをする作業を考えると好きでなければ出来ない事だと思います。

どうしょうも無い話から入ってしまいました。

さて、この年末はボーナスとかで何か新しいパソコンや部品を購入する予定はありますか?

私は全然ありません!

最新のAMDのCPUとか値段の高いものであれば、それなりに欲しいとは思いますが、今買わなくてはならないという風には考えていないし、Core2Quadで十分事足りている状態なんですよね。

予備のHDDもある。
メモリも今動いているパソコンでは足りている。
ビデオカードもゲームに興味ないから要らない。

とりあえず遅い、速い、古い、は抜きにして必要な資材は揃っている環境なんです。

いつも年賀状印刷で困っていたカラー印刷も息子がカラーレーザーを買ったので借りれば良い。
この印刷が終われば、家で印刷をするという行為もほとんど無くなる。

現在の社会では、こんな感じでパソコン、IT関係の機器はとりあえず一通り個々揃ってしまっていて、新しい規格の機器や新しいOSなど出ない限りは、そのまま使う人が多くなるのではないかと思う。

ヘビーユーザーだった私でさえ、物欲が無くなってきている。

こんな状態だから、スマホに駆逐されていくのかと思います。
スマホはパソコンと比較して商品のサイクルが早いですよね。

もう1.2年で新しい機種になってしまう。
不便な事もどんどん改良されてきている。

パソコンは?と言うと・・・

キーボードで入力して、マウスで操作する。
変わった点はUSBで機器の取り外しが簡単になったこと。
モニターのケーブルが1本で済むようになったこと。
マウス、キーボードのケーブルが無くなった事くらいではないのか。

そうそう、windowsが前よりも使い難くなったという事も・・・。

ハード面では改良が進んでいるが、ソフト面では進んでいるとは思えないところがありますよね。

ちょっと前まではパソコンは一家に一台という事でした。
それがちょこっと進んで一人に一台という話になったりもしました。

でも現在の状況からすると、パソコンは何でも出来る高性能のマシンが一家に一台あれば十分。
他はタブレットやスマホを使えばよろしいという感じですよね。

そう考えるとパソコンの将来ってどうなるのか?

考えてしまいます。

WindowsとLinuxと情報操作と陰謀論

この世の中のパソコンはシェアをwindowsが占めている状態です。
どうして、windowsがこんなに流行ってしまったのか?
windows3.1の頃にはこんな状態になるとは誰も思っていなかったでしょう。

windows95、windows98、windows2000のOSで殆どのシェアを取ったでしょう。

その頃にはデータの重要性や大事な情報が盗まれるなんて思ってもみませんでした。後から、色々な情報(陰謀論的なものも多々ありますが)OSに組み込まれているとか言われてきました。

今の時代は、スマホや携帯含めSNSの情報から個人データまで収集されている。
表向きは、その使っているソフト会社で活用するようになっているが、裏ではどうなっているか分からない。個人の色々なデータを集めて解析して経済活動に役立てるという意味合いもあると思うが本質は違うところにあるのではないか。

私は前から無料で使えるソフトやSNSには注意をしろ!と書いてきました。
無料で使えるからこそ、違った意味で高くつく場合があるからだ。

丁度、私がLinuxに再度挑戦をはじめてなんとなく使えるようになるとOSとしてのLinuxの頑丈さや性能の高さ、そしてwindowsと比較にならない安定性を持っている事に気が付きました。ましてはLinuxは商用目的ではなく、個々の技術者が皆んなで改良を続けていて、問題が起きても対応も早く、個人情報を守るのには最適なOSであると感じました。

それ以降、デスクトップPCはLinuxがメインでwindowsは一部仕事の時だけに使う扱いとなりました。

大事なデータもCentOSのサーバーに保管をして、なるべくデスクトップPCには置かないようにする。
CentOSサーバーには自分の大事なデータが沢山蓄積されている。

ただ、問題なのがスマホの扱いである。
仕事でどうしてもLINEをやらなければならない。
LINEで繋げれば個人情報や住所録にある関係者のデータも抜き取られる。
これはLINEに限った事ではないが、FBからTwitterも同様である。
FBなどは個人の名前から出身校、趣味、友人関係、思想などもそのまま出ているのである。

MVNOで通信費やスマホ本体が安くなって維持がし易くなったので、今後は検討が必要かも知れない。

そんな事を周りに言っても「そんな馬鹿な事やっているのか?」とか「情報収集されても全然平気」とか言う人がほとんであろう。いや、そういう事自体を考えた事も無い人たちが多いのではないか。

テレビやマスコミで流されている情報が正しいと何も考えず鵜呑みにしている。
自分で色々な情報を探し、どれが正しい情報なのか選別する事が必要な時代である。
ましては、世の中がそれらを利用して情報操作されている。
情報操作されているのは、収集されたデータを元に分析され行われているのだ。

自ら考え、予測して、推論を立てる。
学生から社会人にある、会社を辞めて違う会社に就職する等人生の場面、場面で企業等が個人の情報をネットで克明に調べたり、情報をもっている会社にお金をだして調べさせる時代がくるだろう。

それはもう始まっているかも知れません。

その時になって、過去の知られたく情報や勢いでSNSに投稿した等、若い人は特に気を付けて欲しい。

知らなかったでは済まされない、自己責任の世の中ですから・・・。

最近のニュース記事に一言

前回は情報について鵜呑みにするな!という記事を書きました。

情報と言っても「自分に有意義なもの」と「自分に不要なもの」があると思います。
有意義な情報であっても、情報の出所やその内容を吟味する力が必要であるということ。

ましては、一部の特定された情報しか公開しないマスメディアについては、裏の裏を考える事が必要なのかも知れません。

どうでもいい芸能人の離婚話や薬物で逮捕などの記事で賑わっている時は他に大事な政治的要素の話が水面下で進んでいる可能性がある。馬鹿な人達は表のどうでもいいニュースに惑わされ、本命の大事な内容については触れられないまま決まっていく。

一般市民が知らない内に特定の人が得をするシステム等が決まってしまう。

我々ネット民は「正しい情報を選択する目を持つ」事が重要です。
さて、毎日暑い日が続いています。

ちょっと前(8/1)では首都圏で地震災害情報のデマ騒ぎがありました。
パチンコのST機ではありませんが、カウントダウンされてもねぇ。
パチンコでも当たった試しがない。

しかし、これ本当に間違い=デマだったのか?って思いませんでしたか?

情報としては、地震を感知するセンサーが本来複数の箇所から感知された場合に情報が配信される仕組みが普通の仕組みなのだが、今回流れた情報は、災害情報のスピードを優先するために一つのセンサーが感知した事で流されてしまったとのこと。

交通機関などに影響が出てしまったが、誤感知は致し方あるまい。
何も配信されないよりは感度が良いと考えた方が良いだろう。

現時点でも南関東圏は地震に警戒しなくてはならないのは事実であり、大きな地震が来る前に流される不自然な情報に耳を傾けておくことも大事ではないか。

天候も台風も地震も自然災害と人工災害があるようなのでこちらも注意が必要です。
そして若者のパソコン離れという話題です。

スマホやタブレットが普及した関係でパソコンを使わなくても良い環境になったという事でしょうか。色々な情報を見るだけ、ゲームをするだけならパソコンなんて要らないですよね。

しかし、会社に入ったら情報を見るだけではなく、書類作成やメールのやり取りもしなくてはならない。「俺はスマホ1台あれば充分!」と思っていても、組織的にはそういう訳にはいきません。

会社のフォームや書式に則った書類作りが求められます。

ニュース記事では、パソコンは高価なので買えないという事が書かれていました。
しかし、実際はどうですか?

スマホの方が機種によっては高価ではないですか?

ノートパソコンだって新品で4万円弱でありますし、Officeが使えればいいパソコンなら中古で2万円以下で購入する事ができます。

「親が買い与えないとダメ!」

何言っているんですか。
自分の練習、修行のための機械を何で親が買わなくてはならないのか?

自分の身の丈に合った金額のパソコンを買えばいいだけです。
貧乏なら1万円前後の中古パソコンを買えばいい。

こんな甘えた構造では世の中渡り歩いてはいけませんよ。

人知れず勉強して、身に付ける。
そういった努力をした人が最後に笑うのだと思います。

次のページ →