バリオスへの質問について

何だかんだ言って、バリオスに興味がある人沢山いらっしゃるみたいです。

欲しいと思っている人、所有しているけど調子がイマイチな人、ホーネットとどちらにしたらいいか悩んでる人、多いですね。

私のところにメールで届いている質問に珍しくお答えしようと思います。

Q1 何でバリオスにしたんですか?

これは、250ccの4気筒に乗りたかったので選択肢が少なく、予算的に見合ったのがバリオスだったという事です。音も気に入ったのも理由の一つです。

Q2 路上でエンジンが止まった事ありますか?

エンジンがガス欠で止まった事が1度あります。
アイドリングの調子が悪くて信号待ちで止まった事が2回あります。
どちらも不動にはならずエンジン再始動できました。

Q3 今までバリオスに掛けた費用はどの位ですか?

オイル交換などのランニング費用を抜いて、15万~25万円程でしょうか。
タイヤ交換、ウインカー交換、フロントサス交換、マフラー交換、その他部品です。
ちょっと小奇麗にして乗るには購入した金額の倍かかると考えた方が良さそうです。

Q4 始動性が悪くないですか?

最初の内はチョークの調子が悪かったのですが、最近はチョークを引けば1か月以上放置しておいても1発始動です。1週間未満ならばチョーク不要です。
暖まった状態で再始動は全然問題ありません。
逆に直ぐにアイドリングが安定します。

Q5 これからも乗り続けますか?

そのつもりでいます。
ただ、還暦で体力も衰えてきているので手許に置くだけになる日が来るかも知れません。
その前に、大事に乗ってくれる人、大事にしてくれそうな人に譲ります。

Q6 奥さんが良くバイクに乗る事を許してくれましたね。どうやて口説いたのですか?

前からバイクが欲しいという事は知っていたので、趣味としてもう一度乗りたいと話をしました。好きなのは知っていたので文句は言いませんでしたよ。ただし、バイクに関しての費用は一切家計からは出してくれませんけど。

Q7 乗り換えは考えていますか?

一時、400ccのZRXとかXJRにしようか?検討した事がありますが、車検などを考慮すると自分の予算内に収まらないこと、自分の体力に見合わないことで諦めました。それでスクーター(アドレス110)の2台持ちに変化しました。今はこの2台体制で満足してます。

Q8 エンジンの調子が悪い個体が多いですが原因はどうやって見つけたらいいのですか?

これは難しい質問ですが、古いバイクだと調子が悪くなる要因が沢山あります。
ちょっとした事でも4気筒エンジンは調子が悪くなるので、その都度、自分なりに症状で判断をしています。

この判断は長くメンテをしたり乗っていると段々と知識として見に付くものだと思います。初心者の人が調子が悪いと直ぐにプラグだのと言いますが、聞きかじりではなく、自分で推論を立てて実際に悪い箇所を特定して修理して様子を見るという流れになるでしょうか。

今はネット上で症状から判断できるサイトもあるので参考にできると思いますよ。

Q9 ヤフオクで安く買って自分で直せますか?

直せません。(と先に言っておきます)
レストアのような職人芸は誰にでも出来る訳ではありません。
ましては、そのままにしておく場所も無いでしょう。
逆に部品代、時間を考慮したら安心な中古車買った方が安全です。

Q10 バリオスの弱いところはどこですか?

私的には燃料タンクと言いたい。

私は中が錆びた燃料タンクのお陰で2年くらいエンジンの調子の悪さに悩まされていたので・・。

中が錆びれば穴があく、穴があけばガソリンが漏れる、穴を油脂対応接着剤で塞いでも時間がたてばまた漏れてくる、中の錆が燃料タンクからキャブレターにいき、ジェットが詰まり調子が悪くなる。これは4気筒全体に言えるかも知れません。

またタンクとキャブの間に燃料フィルターを付けるのもあまり良くありませんね。
高速などで高回転を連続走行すると燃料が不足気味になりガス欠状態を引き起こします。

中古で中が錆びていない燃料タンクに交換したら調子の悪さは一切無くなりました。
バイク自体もガソリン臭くならなくなりました。ちなみに中古タンクは17,000円でした。

そうそう、タンク内部の錆びをサンポールとかで取るというのがありますが、私は無駄だと言っておきます。
やっても内部の錆びは全部取り切れませんし、残った錆がまた進行して悪さをします。

そんな時間を掛けるのであれば私と同様に中の錆びていないタンクを探した方が絶対いいです。

私はバリオスのエンジンの調子の悪い元凶は燃料タンクであると今でも思ってます。

バリオス欲しい人の基礎知識① 年式と走行距離

バイクを買う人は新車か中古車かどちらかを選択します。

私は2台とも中古車を選びました。
理由は一つです。

安く買いたかったからです。
もう販売していないバイクであったという事もあります。

バリオスを中古車を買うにしても・・・

バイク中古車車屋で購入
ヤフオクで購入
知人から譲り受ける

等など方法はあります。

今回は私の乗っているバリオスについて私の独自の意見や感想も含め記しておきたいと思います。

このバリオスは小さなバイク中古車屋で購入しました。
店主が業者間オークションで仕入れてきたバイクを整備した個体です。

購入した時は決して綺麗な状態ではありませんでした。
ただ、エンジンがかかる・走る・止まるの3点は満たしていました。

外見については、錆びやアルミの白錆び、ネジ類の錆びなど経年劣化が多くあり、一見見るときれい、近くで見ると汚い個体でした。

バイク屋はエンジンの整備がメインであり、錆びを取ったり仕上げる作業は本業から離れてしまうために中古車価格を上げずにそのままにしてあったのだと思います。
走行距離は23000kmでした。

型式はバリオスのA2型 45馬力仕様の最終型でしょうか。

バリオスはA型とB型が存在します。
B型がバリオス2であり、リアサスが2本持ちになっている型です。

A型でもA1~A6型まであり、45馬力のフルパワー車はA2型までです。
表にすると・・・

★規制前(45ps)      車体番号
ZR250-A1(1991年モデル):ZR250A-000001~016000
ZR250-A2(1992年モデル):ZR250A-016001~035000

☆規制後(40ps)      車体番号
ZR250-A3(1993年モデル):ZR250A-035001~055000
ZR250-A4(1994年モデル):ZR250A-055001~062000
ZR250-A5(1995年モデル):ZR250A-062001~

バリオスも発売されてから25年以上経過しているので、車体のチェックをして部品がスワップされていないか確認する事も必要です。

※スワップとはエンジン載せ替え、外装取替などの意味です。

私はどうしても45馬力仕様が欲しかったのでA2を選択した訳です。
ただ、40馬力と45馬力でどこがどう違うのか?と言われれば、40馬力のバリオスを乗っていないので何とも言えませんが、回転数の上がるのが速いという違いではないかと推測します。

しかし、中古車のバリオスという車種を選ぶにあたって重要なのはエンジンと外装があり、同じ金額の中古車であれば年式の新しいバリオスを選ぶべきです。

例えば・・・

バリオスA1とバリオスA4が走行距離が同じで価格も同じであればA4を選ぶべきである。
ということです。

それは同じように見えてもA1とA4では3年という月日が違います。

バイクという個体の3年間は非常に重たく大きい時間です。
雨風に打たれた時間が3年も多ければ痛みも大きい。
同じ走行距離でも車体や部品、電装、目に見えない痛みがあります。

でも、中古車は前のオーナーの愛情によっても変化しますよね。

逆に雨ざらしのA4より屋根付きガレージにあったA1の方が傷んでいないケースだってあるのです。

だから、実車確認が必要なんです。

そしてバリオスは4気筒なのでエンジンが非常にデリケートです。
始動性が悪いとか燃費が悪いとか言われますが、特有の慣れが必要です。

中古車でキャブを調整など一式やってもらっても調子が上がらない個体があります。
原因が電装関係であったり、燃料タンクに水が入っていたりと、安い中古車はどこが悪いのだか分からない状態となってしまいます。

全てをクリアにしても、結局は乗りながら整備する事でエンジンを良い状態に慣らすという事が必要だと思います。

最初はアイドリングがばらついても、乗っている内に段々と安定してくる。
エンジンも乗っている内に吹き上がりも良くなってくる感じです。

中古車なので購入しても自分が納得できるレベルにするには車体と同じかそれ以上の予算がかかる事は最初に理解をしておくべきでしょう。

バリオスに乗りたいと思う人はエンジン音が好きなはず。
アイドリング時も乗っている時も音でストレスが解消できる。

少しでも良い個体を探してストレス解消出来るまで、中古車の実車確認を怠らずに探してみて欲しいと思います。

【バイク】旧車はやはりアルミが光ってないと・・

この土日は天気が良くバイク日和でした。

私も土曜日にバリオスのシートカーバーを外して掃除をしました。
カバーは掛けていても湿気で水気がボディに付いています。

前までは大雨が降った後には必ずシートを外して乾かしていたのですが、この前までの週末雨で2.3週間はカバーをしたままだったのです。

磨いていないかった分、アルミの個所がくすんで見えます。

それはエンジンのヘッドであったり、ラジエターカバーであったり、フロントフォークであったりする訳です。

そう考え、先ずはアルミ(金属)磨きです。
今まではピカールを使用していましたが、最近はブルーマジックという商品を愛用しています。

違いはなにか?と言うと・・・・・
磨いた後に金属表面がつるつるとコーティングされているような感がするからです。
保護されている期間が長く思えたからでしょうか。

値段的には1000円程なのでピカールよりも値段は高くなりますが、その分使用する価値はあると思っています。

金属磨きだけではなく、車のヘッドライトの黄ばみ取りにも使用したりしています。

バリオスに限らずアルミで磨くのが面倒なのは車輪なんですよね。
磨くにしてもチェーン等が邪魔なんですよね~

最初は白錆びだらけでどうしょうか?考えてしまいましたが、地道にサンドペーパーで擦り、ピカールで磨いてきました。

後輪のチェーン側だけが作業し難く一部、白錆びが残ってしまっています。
これもどうにかしなくてはいかんと考えています。

そして磨く事、約1時間半。

指先が疲れました。手も真っ黒です。
アルミの部分は磨くと黒くなるんですよね。
使用したタオル(雑巾)も一度で捨ている様な黒さになってしまいます。

旧車は無垢のアルミが多いので、この部分がくすんでしまうと本当にぼろい旧車になってしまうんですね。

Z1やZ2等が綺麗に見えるのは、このアルミやメッキの部品が光って綺麗だからです。
この綺麗を維持するのが大変なんですよ。

乗っている時間以上に磨く時間が必要なんですね。
ちょっと手を抜くと表面が曇ってしまったり錆が出てきます。

白錆びが出てしまったからと言って、他の色に塗装するというのは邪道です。
これは磨くという以前に白錆びを隠す行為です。

私的にはアルミの無垢の部分は光っていた方が古いバイクは美しく見えます。
アルミ部分だけではなく、メッキ部分も同じです。

バリオスは25年前後、Z1、Z2は生産中止から50年近く経過しています。

バリオスは250ccという小さな排気量と販売された台数が多い事で乱暴に乗られてしまっている個体も多く、無くなる時は一気に消滅してしまうのではないかと思っています。

250ccの4気筒は他にもCBR250RRやGSX-R250RやFZRバンディッド、等ありますが、やはり維持が面倒であること、部品の問題などで綺麗な状態で現存している数も少なくなってきている筈。

カワサキからZX25Rが発売されましたが、旧車の250cc4気筒モデルもZ1やZ2のように綺麗な状態で後世に残して欲しいと思っております。

そうそう、タイヤの空気圧も見なければ・・・・

バイクのリアボックスについて

アドレスのメンテの話を書きましたが、ついでにリアボックスの話も続けて書こうと思います。

さて、バイク乗りのあなたはリアボックス派ですか?

私は以前から格好が良く無いと感じで否定派なんですね。
乗っていれば分からないけど見た目がイマイチに見えませんか?

現在乗っているアドレス110にも中古で購入した時にボックスが付いていたのですが、家の嫁さんが「格好悪いから外しなよ!」の一言で外したという経緯があります。

確かに付けている時はヘルメットやらカッパやら入れるのに苦労はしませんし、どこに行くにも余計に荷物を積んでいける頼もしい面もあります。

外したもう一つの理由は、ボックスを取り付けるためのプレートがアドレス110の標準の取付穴に適応しておらず(多分、古いボックス)無理やり棒状のステーで取り付けてあった事、下から覗くと留め方が汚く見えた。

これが影響してかちょっとした段差でもボックスがガタガタと揺れるのである。
ちょっとした音なら気にならないが嫌な音なのである。

しかし、通勤で毎日使うようになってから格好よりも実をとらんといけないか?という風に思うようになってきた。

今年のような雨が夕方急に降ったりするために、雨具をバイクに常時搭載するスペースやこれからの寒さのために防寒服を入れておけるスペースが必要に感じたからである。

シート下のスペースはフルフェイスのメットを入れて満杯である。
メットを外に出しておくのも雨が降ったりして心配なのだ。

これを解決するのはリアボックスをもう一度取付るしかないと考えた。
使っていれば使っているなりの不自由さがある。

中途半端に古いボックスがある為に、新品を買うのも気が引ける。
値段的にはそう高い物では無いがどうしようか悩んでいる。

古いボックスのステーを改良して上手く取り付けるか?
新しいボックスを買う事にするか?

段々と遠出できるような仕様になって行くような気がする。

ふと思ったのは最近はSSバイクから原付までリアボックスを取り付けているバイクが多い事である。

私が若かりし頃には格好優先であまり取り付けて走っている人はいなかった。
そう考えるとバイクは荷物を保管するスペースが無い分、それを補うために格好よりも実を取る事を第一に考えている人が多いんだなと感心したり・・・。

それに引き換え、還暦過ぎたおやじがリアボックスの取付で格好悪いのどうので悩んでいるのもちょっと恥ずかしくなってきたな。

自分が乗っている時にはボックスは自分から見える訳ではないし、不要な時にはボックスを外しておけば良いだけである。

古いボックスを上手く取り付ける方法を考えてみようと思う。

次のページ →