バリオスで久しぶりに宮ケ瀬へ

今日は暖かい日曜日でした。

午前中から早起きをしてバリオスを出して掃除をしました。
このところメンテばかりやっていたのでバイク自体は古いですが綺麗な状態になっており、ショート管を取り付け後、初の宮ケ瀬に出撃しました。

距離を走ってキャブの調子を見る事にします。
マフラーをショート管にしてからパイロットスクリュー調整をしていないこと。
そして暖かい気候での調子をみるためです。

今日はバイク乗りが多い。
私はいつものようにボッチ走行です。
本当に沢山走っています。
一人の方が慣れているのでお気楽です。

4miniのバイクから大型のバイク、そしてオフ車も含め沢山走ってました。
暖かいお陰で皆さん春装備のようです。

お昼前に出掛けて、午後2時半頃までの3時間ノンストップで走行しました。

走行距離は70kmほどです。

バイクが前や後ろに沢山連なって走行していました。

2,30km走行した辺りでキャブの調子を確認しました。

中間加速が鈍い
6000回転〜の伸びが悪く感じる。
10000回転を超えると鬼のような加速になる。
低速の調子は悪くない。

これは燃調が濃すぎる症状です。
マフラーをショート管に変えた事で燃調が変わったという事です。
ただ、中間加速のみ悪い感じなので、パイロットスクリューを若干締める程度でOKなようです。

パイロットスクリューは・・・・
・締めると燃調は薄くなる。
・緩めると燃調は濃くなる。

必ず合わせるときは暖気をして、バイクを平行にして行う事が必要です。

アイドリングがこの状態でも以前のマフラーよりも安定しています。
エンジン始動時も冷えた状態でチョークも使用せず1000回転位を維持することができます。

やはりバリオスのショート管は最高なサウンドですね。
アイドリング時は静かで4000回転くらいから抜群なサウンドになります。

パテで修理した排気出口もきちんと固まっており排気漏れも無さそうです。

今日、宮ケ瀬を走行していて思って事があります。

バイク乗りの人を沢山見ていると肥満体型の人が多い。
緊急事態宣言で家に居ることが多くなって食べる量が増えたのか?
それとも私のような中高年のリターンバイク乗りの層が増えたのか?

見ていてあまり格好が良いものではないなと感じました。

バイクの馬力を考慮するよりも自分の体重を減らした方が良い。
体の大きい人が小さなバイクに乗っているとバイクが可哀想に見える。

サーカスの熊が一輪車に乗っている光景を思い出す。

自分も減量をしてお腹を減らさなくては・・・。

【バリオス】錆取り作業ー第2弾!

昨日の土曜日に錆取り作業を行いました。

錆や傷、汚れなど古いバイクだと気になってしまうと沢山やらなくてはならない箇所が増えてきます。

一度に全部をやろうとすると上手くいかないので、必ず時間が空いた時に一箇所、二箇所と位置を決めて作業をするようにしています。

そこで今回は・・・・・

・ラジエターの保護の網
・チェーンカバー

この2箇所の錆取りと塗装を行う事にしました。

★必要資材

・ワイヤーブラシ
・紙ヤスリ(800番と1500番くらい)
・黒い塗装用スプレー
・シリコンオフ
・マイナスドライバー
・プラスドライバー

こんな感じです。

この2箇所をの部品を外すのはプラスドライバーがあれば充分です。
マイナスドライバーは、錆が浮いている箇所を削るための物です。

作業する前にエンジンを掛けて車体周りをを見てチェックします。
エンジンは暖かい気温のお陰でチョーク不要の一発始動です。
マフラーのショート管もバッフルを直したので音も静かです。

周囲を見るのは、オイル漏れ、ガソリン漏れなどが無いかどうかです。
特にキャブレター周辺にガソリンが付着していないか?漏れていないかは左右良く確認が必要です。滲みがあればパーツクリナーで掃除をして位置を確認します。次回漏れていないか再度チェックが必要となります。今回は大丈夫でした。

2つの部品を外して良く確認します。

錆が塗装内部でブツブツ状態になっているのが、チェーンカバーです。
この部品は地味なんですが、結構目立つ位置にあるので前から綺麗にしたいと考えてました。

先ずはワイヤーブラシでゴシゴシやりますが、ブツブツまでは取り切れません。
ここは、マイナスドライバーで削ってしまうのが良い。

多少傷が付いても大丈夫、紙ヤスリで擦って表面は綺麗に整えます。

一方のラジエターの網ですが、黒い色が抜けてしまっていいて、全体的に疲れている印象です。
これはワイヤーブラシで丁寧に擦って錆を落とします。
網の四方は紙ヤスリで整えます。

そしてシリコンオフで油分を取って塗装をします。
二度塗り、三度塗りして一度に沢山吹きかけないようにします。
乾燥時間は30分ほどです。

完成品がこれです。
完璧とまでは行きませんが、まぁまぁでしょうか。
前の錆が浮いてボツボツ状態だった事を考えれば良しでしょう。

ついでに駄目なウインカーの写真も掲載しておきます。
LEDのウインカーですが、黄ばみとゴムが曲がってしまっています。
ウインカー自体の機能に支障はありませんが見た目が悪いです。

次回の錆取りはフロントライト周辺のブランケット周りの錆取り塗装を考えています。
メーター下、ヘッドライト下のステーって結構錆びていますよね。
黒い塗装も剥がれていて赤錆が浮いています。

きちんと錆取りをして塗装をしたいと思います。
安物は早めの交換が必要です。

【バリオス】ショート管の穴を埋める作業

今日は久しぶりに年休を取りました。

このところストレスが溜まることが多くて・・・・。
でも好きな作業となると体は良く動きます。

さて、ギルドデザインショート管をヤフオクで落札して、ざっくり錆落とし、そして色塗りを行い現在取り付けています。

このショート管は落札時点でマフラーの出口、いわゆるバッフルの部分に穴が四ヶ所空けられており、標準の音よりも大きくなっていました。

アイドリング時に低音が利いている感じです。

大きい音でもサイレンサー無しの爆音と違い族車のような音ではありませんが、なるべくショート管のサウンドをギルドデザインのものに変えたかったので穴を埋める事にしました。

考えられる方法は・・・・

・溶接で埋める
・菅の後ろをぶった切って新しいバッフルを付ける
・金具やネジで穴を塞ぐ
・粘土型のパテを使い穴を埋める

というようなやり方が考えられました。

溶接で埋めるのは一番強度もありますが、鉄工所やバイク屋に持ち込みやってもらわなくてはなりません。
その上、無償という訳には行きません。

管をぶった切るのもサンダーを持っていないので大変です。

金具やネジで留めるのもありですが、4ヶ所の穴を埋めるのは穴の大きさに合ったプレートを探すのも大変ですし、ネジを留めた後処理も大変になります。

そこで最後の手段である、粘土型のパテで埋める方法を選択しました。

早速、近くの日曜大工用品店に行き、探して参りました。

事前の調査ではメタルスチールなどが有名のようです。
こねて混ぜ合わせると硬化が始まり直ぐに硬くなります。
その上、研磨塗装も出来て、ネジも留められる強度もあります。

家の近くの日曜大工店にはメタルスチールは有りませんでしたが、セメダイン社から出ているエキシポパテ(金属用)を発見しました。これも混ぜ合わせて練ると直ぐに硬化が始まる同じような商品です。価格はなんと700円程度です。

先ずはお試しでやってみて駄目であれば最後は溶接だな!
と勝手に考え作業を始めました。

用品はこれ以外に、穴を埋めた後処理の仕上げ部品を吟味して家に戻ってきました。

先ずは、ショート管の出口を脱脂します。
そして乗りがよくなるようにワイヤーブラシでゴシゴシします。

パテを用意してこねります。
40g全部をこねります。

手袋が付いているのですが、大きくてブカブカなのでパテにくっついてしまい作業しにくい。
医療用のゴム手袋があれば、そちらの方が断然作業はし易いと思います。
手袋はパテを本体に取り付けるには重要なアイテムです。
綺麗に仕上げたい人はピッタリした手袋を用意して作業した方が良いです。

練って2色が混ざれば後は穴を埋めていくだけです。
焦って埋めていったので表面が綺麗に平らになりませんでしたが、まぁ仕方が無い。
パテを盛って形を整えている間に硬化が始まってきたので急ぎました。
作業は10分程度だったはずです。

2時間くらい放置しておきました。
その間に、仕上げ用の部品に手を入れます。

その仕上げ部品とは・・・・・・
タオル掛けなどを作る時に使う支柱を留める金具です。
支柱の大きさがショート管出口の32パイ(32ミリ)で同じ大きさだったので買ってみました。
一番良いのは出口より大きい大きさが良いのですがこれ以上の大きさはありませんでした。

硬化させている間にインパクトドライバーでこの金具の内側を削ってハマリやすくします。
それで2時間も費やしてしまいました。

パテはカチカチに固まっています。
一度、エンジンをかけて排気漏れが無いか確認しOKです。

固まったパテは白色なので、黒の耐熱塗装を吹いておきます。

30分ほど乾燥時間を開けて飾り用の金具を取り付けます。
これは木ねじ式に3箇所ネジ留めをします。

完成品はこれです!

下地が黒くて分かりにくいですが、もう少し平たく綺麗に仕上げれば最高ですね。
まぁ、飾りの金具が付いているので良しとします。日曜大工用の部品だと分からないです。

皆さんが見ていかがでしょうか?
金具はメッキですが、黒に塗っても良いかも知れません。

別段金具は付けなくても排気漏れはありませんでしたが、この硬化したパテが排圧ですっ飛んでいくかも知れないので金具を使って抑えている意味もあります。

エンジン始動すると静かになりました。
アイドリング時の静かさは前と変わりません。

走行中は甲高い音が出ており気持ちがいい。
250ッcのバイクで静か過ぎるのもバイクの存在が無くなるのでこれくらいが丁度いい感じです。

サウンドについては、また動画をyoutubeに上げようと考えています。

安物ウインカーは買ってはいかんぜよ

バリオスのウインカーを交換しようと思っています。

これは3年前に取り付けたLEDウインカー(汎用型)です。
値段が安かったので取付ましたが、やはり安物は駄目ですね~!!

新しい状態のときは見栄えはまぁまぁと思っていましたが、古っぽくなってくると、ただただ安っぽく見えるだけです。

その上、透明なカバーが黄ばんで古い車のヘッドライトのようです。
ゴムの部分も劣化していてひび割れ、ウインカーの重みで曲がってきています。

元に戻そうと思い、逆に曲げたらもげてしまいました (T_T)

安物ウインカーは3年くらいで駄目ですね~
(それもシートカバー掛けている状態)

ゴムでウインカーの重みを支えるのは間違ってますよ。

転倒した時にウインカーが曲がって壊れないようにする配慮ですが、こんな状態ならば、転倒したら簡単にもげてしまいます。

もう一つ安物ウインカーの悪いところは、ゴム部分のステーが短い事です。

フロント(前面)は良いが、リアはナンバーに一部が隠れてしまいます。
泥除けを無くすキット付き(フェンダーレス)であれば問題ありませんが、泥除け付きのバイクには合いません。

そうなるとこのようなウインカーが良い事になる。

・ウインカーステーは長く金属製
・ゴムで支持するものは不可
・透明、もしくは透過タイプのウインカーは黄ばみで駄目

という事になるでしょうか。

結論からすると・・・・

・「安物ウインカー」は2.3年周期で交換が必要である。
・オレンジ色のウインカーを購入した方が長持ちする

と言う事です。

製品としては、ヨーロピアンのオレンジ色あたりが無難な商品です。

カワサキ車にホンダ車に付いているようなウインカーを付けても格好が悪い。
バリオスなのにZ1やZ2みたいな類似品を付けるのも何か変。

オーソドックスなスタイルが一番です。

ウインカーって結構大事な安全装備です。
やはり適当な安物はいかんということです。

オリジナルのカワサキ専用ウインカーに似ている商品が出回っていますが、正規品とは違い、安物中華製なのでご注意ください。

ヤフオクでは本体が安くても送料が非常に高い商品設定がされているので、これも注意です。

最近では「流れるウインカー」が流行ってきていますが、昭和時代の自転車のようで私は今一好きになれません。細くて小さいです。

ウインカーひとつで見栄えが良くも悪くもなるので良い商品を取り付けましょう!!

私も検討中です。

次のページ →