バイクもこの時期(秋or冬)の服装に困る!

朝方はだいぶ寒くなってきましたね。

会社では咳をしている人が結構多くいるので、この温度差の激しい時期は服装にも気を使わなくてはなりません。

これが結構、面倒なんですよね。

一枚多く着ると暑く感じる。
そのまま行くと寒いと感じ「もう一枚着て来れば良かった」と思ってしまう。

面倒だけど、1枚多く着て、暑ければ脱ぐ作戦が単純で一番かと思います。

これがバイクだと尚更大変なんですよね。

この時期、秋仕様にするか冬仕様にするかで全然着る服装が変わります。

暑いと分かっていれば、まだメッシュジャケットを着て走る。
しかし、山とか峠道を走ると気温が下がってきて寒くなってくる。

平地と山の高度差で気温が全く違うんですね。
山道のトンネルなんて、寒いのに輪をかけて2.3℃気温が低くなっているんですよ。

車だと分からないが、バイクだとトンネルに侵入した瞬間に分かります。

平地の気温に服装を合わせるよりも、走っていく場所に合わせた服装にしないと後々、辛い思いをする事になってしまうのです。

今年の初めも、寒い日が沢山ありましたが、服装の次は手袋です。

手というよりも指先が問題です。

私もバイクにカバーを付けたり、手袋を替えたりしましたが、根本的な解決には至っておりません。

工夫した結果が全てダメという事ではなくて、冷える時間が多少長くなったという感じです。
2時間で指先が冷たくなるのが、3時間もつようになったとか、そんな感じです。

バイクにカバー(こんな感じの物です)

 

 

 

 

 

 

を取付けましたが、直接風が手に当らない分、良いと思います。

が、あまり格好良いスタイルとは思えませんよね。
でも、乗りたい、けど寒いという部分では付けていた方がまだ寒くないか?と考える。

今年はどうするか?

一番良いのは手袋を電熱線の入っているグローブにするという事でしょうか。

しかし、この電熱グローブ商品の評価欄を見ると値段が高い割には当たり外れが多い。
折角、買っても、「あまり暖かくない」とか「配線が切れやすい」とかでは最悪です。

「グリップヒーター付ければいいじゃん!」と言う人もいます。

しかし、グリップヒーターって手の内側が暖かくなるものですよね。
私の場合は、ての外側(風に当っている部分)が寒い訳で、手の内側はそんなに寒いと感じていないんですよね。

両方付ければ一番なんでしょうが、予算がありません。

価格の安い中華製品のグローブをお試しで買ってみるか。

グリップヒーターを付けるか悩んでおります。

バイク乗りの皆さんは、どんな方法で対処されていますか?

バリオスⅠ型のメンテナンスについて

このところ週末になると台風が来たりで天候が悪くバリオスに乗れない日が続いていました。

バイク、自転車等、乗り物が趣味の方はつまらない日だったのではないでしょうか。

私もその一人で、家にパソコンが設置出来なかった事もあり、ノートパソコンが来るまでの間はバイクを掃除したり、乗ったりする事が一番のストレス解消方法でした。

10月に入り、やっと天候も9月に比べれば良くなりました。

バイクはいつもシートを被せてあります。
雨や埃から車体を守るために付けているのですが、雨の日が多かった事もありシートをめくってみるとタンク等が湿気で濡れていました。

これを放置しておくと、フロントサスのインナーチューブが錆びて、オイル漏れの原因になります。

これがシートを被せてある状態の問題です。
雨が上がっても、今度は地面からの湿気がシート内にこもってしまう。
これが原因で色々な個所が錆びたり、曇ってしてしまうんですね。

雨上がりの天気が良い日は乗らなくてもシートを外してバイク自体を干しておかないとダメです。

私のバリオスのような古いバイクはアルミ関係(ホィールやエンジン周り、メッキ関係)に白錆が多く出るようになってしまいますので、必ずピカール等で磨いておく事が大事です。

若い人だと、バイクを乗るだけでメンテをあまりしない人が多いのですが、メンテは重要です。
バイクはエンジンを自分で抱えて走っているようなものなので、メンテ不足=事故につながりやすい。

各部品のネジ・配線が緩んでいないか?
ストップランプ、ウインカーは前後点灯するか?
チェーンは緩んでいないか?
ブレーキのフィールド、冷却水は足りているのか?
タイヤの空気圧や溝は大丈夫なのか?

などなどです。

その確認をしながら掃除や給油をしてあげれば良いと思います。

最近のバイクはインジェクションなので気を使わないようになっていますが、古いキャブレター方式のバイクはキャブレターの状態も乗りながら把握しておくことが必要です。

ガソリン臭くないか?
オイルにガソリンが混じってないか?
ガソリンタンク内が錆びていないか?
始動性は良いか?
アイドリングは安定しているか?
吹き上がりは良いか?

特にバリオス等の4気筒車はキャブレターが4基付いています。
その4つのキャブレターが詰りも無く、同調していないと不安定になります。
古い車種では、キャブレターの調子以外に燃料コックが壊れている場合があります。
負圧コック方式のキャブレターの場合、このケースが大きな問題を起こします。

負圧式はエンジンが始動するとエンジンからキャブにホースで空気を吸い込むような流れになっていて、この空気を吸い込む事で燃料タンクからキャブレターへ燃料が流れる仕組みになっています。

この制御をしているのが、燃料コック(負圧コック)です。

コックのOリングが痛んでいたりすると、エンジンが始動していないにも関わらず、キャブレターがオーバーフローして溢れた燃料がエンジンへ流れてしまう事になります。そうなると止めていたバイクのエンジンシリンダー内はガソリンで溢れ返ってしまう事になります。

勿論、こうなるとエンジンはかかりません。
エンジンがかからない=キャブレターが悪い、プラグが悪い。と思いがちですがこれは違うんですね。

この現象は日々少しずつ燃料が流れていくので、毎日乗っている人はなかなか気が付かない。ただ、「バイクがガソリン臭い」、「始動性が悪くなった」、「燃調が濃いみたい」と感じるはずです。

あまりバイクに乗らない人は、エンジン内に溜まったガソリンがオイルタンクに流れて溜まっていきます。こうなるとエンジンは始動しないというよりもセルモーターが圧での回らなくなるという現象になるかと思います。無理に回すとエンジン自体が壊れる可能性があります。

確認方法は簡単です。
燃料コックからキャブレターへ繋がっているホースを外してみる。(コックは普通のONの状態)

これだけです。

◎正常な場合・・・・燃料は漏れない(負圧が働いている)
×壊れている場合・・燃料が漏れてくる

壊れている場合には、直ぐに燃料コック自体を替えましょう!
ばらしてOリングを替える方法もありますが、古ければ全てアセンブリーで交換した方が安全です。

コックを交換したら、念のためオイルも新しい物に交換した方が良いでしょう。
ガソリンが混じったオイルでは粘度が下がっているのでエンジンに良くありません。

これから寒い時期になってくるので、「もうバイクは少し休眠」という人もいると思いますが、2.3ヶ月乗らないという事であればキャブレター内のガソリンは抜いておくのがベストでしょう。キャブレター下部にドレンの抜くネジが付いているはずです。

燃料タンクはガソリンを満タンにしてフューエルワン等を入れておくのがベストです。
満タンにしておく理由はタンク内が蒸発した水滴で錆びるのを防ぐためです。

私は、寒くても雪が降った後以外は、ワークマンのイージスを着て乗るつもりでおります。

冬は冬で寒いけど良い景色があるんだよね。

安全に安心してバイクが乗れるようにメンテナンスを怠らないようにしたいと思います。

【バリオス】ウインカーをLEDにした場合の問題点

台風が関東から去って、また暑い日が戻ってきました。

バイクに乗るのもこの暑さでは躊躇してしまいますよね。
でも、それでも乗ろうとする、いや、乗るところが何とも言えません。

乗っている時は風を受けているから涼しいとまではいかなくても、まぁまぁ普通ですが、停まった場合にはエンジン、ラジエターからの熱風と日差しで参ってしまいます。

少し走行しては水分補給が重要となります。

私のバイクはメーターバイザー(透明タイプ)が取り付けてあるので、このバイザーとメーターの隙間に丁度ぴったしに500ccのペットボトルがはまります。バイクの場合には、ペットボトルの置き場所に困りますが、これならちょい長い信号待ちでもシステムヘルメットの顎を上げれば水分補給が出来ます。

一番は安全な場所に停まってから休むのが一番ですけどね。

さてさて、このバリオスですが、だいぶ前にノーマルウインカーの支柱のゴムの部分が劣化してしまい、垂れ下がるような惨めなウインカーになっておりました。

元々、ゴムで出来ているので、経年劣化でこのゴムの部分がひび割れて折れてしまうんですよね。
カワサキのパーツで買えば一番ですが、やはり値段が高いのが困りものです。

そこで、amazonでLEDのウインカーを購入して取り付けました。(これはだいぶ前です)
最初は、LEDウインカー取付配線をすると、なぜかハザート状態になってしまう。

色々と調べると問題点が2つありました。

一つ目は、リレーをLED対応のものに交換する事が必要であること。
二つ目は、メーターのウインカーインジケーターの電球(T5サイズ)を交換することが必要。

ウインカーリレーはLED対応のリレーが販売されているので交換すれば問題ありませんが、インジケーターの方はバリオス1型の左右のウインカーを一つのインジケーターで表示している事が問題を大きくさせています。

T5サイズの電球を抜き取り、LEDに交換すると、左右どちらかのインジケーターしか光らなくなる。
それはLEDの極の問題で、プラスとマイナスが決まってので、左右のウインカーのインジケーターの場合にはこの+と-が逆転するんですよね。LEDは一方通行なのでどちらかしか点灯しないいう理屈です。

色々調べると、小さなLEDを2個付けてある、このようなウインカーインジケータータイプの専用LEDが販売されていますが、ちょっと値段が高いんですよね。

だから私は、右折時だけ点灯する事にしていました。

それから1年経過した、つい最近、このLED照明が非常に暗くなってしまった。
10個で千円未満の中華製安物だったので交換時期か?と思いました。

また、ヘッドライト外しからメーターを外してという一連の作業をやらなくてはならないのか?という面倒な気持ちと、どうせやるなら問題点を解決するような作業をしようか?と考えました。

そこでウインカーインジケーターの左右点灯をさせるためにT5のLEDを探していたところ良い商品を見つけました!以下がその商品です。

何と、LEDで無極です。
無極という事は一方通行ではなく、どちらでも+-になる優れものです。
それに値段も安い。
6個入りで799円です。(1個@133円)

直ぐにポチッて、昨日取り付けてみました。

オォー左右とも明るくLEDの光で点灯するではありませんか。
この1年間の悩みが799円の無極LEDで解決するとは思いませんでした。

1灯式のウインカーインジケーターにおバイクの方はご検討してみてはいかがでしょうか?

久しぶりにバリオス(バイク)の話題

少しの間、ブログの投稿を怠ってました。

記事を作成中の中途半端なファイルが増えてばかりで、続きを書かないままになっているファイルです。途中まで書いて何かしら用事が出来て放置してしまい、そのままになっている。

やはり記事を書くときは一気に仕上げなければダメですね。

後から読み直すと、「この続きは書けないな」という判断になる。
何でも気持ち優先で仕上げないと気分が変わってしまうんですね。

仕事も同じ事です。
この仕事は急ぎではないから明日でもいいや・・・
そう考えてしまうと、その日はもう手が付かなくなる。

そして翌日は急な仕事が入ったりして、またしても手が付けられない。
だんだんとやる気が無くなってくるんですね。

やると決めたら、直ぐに行動を起こす事が大事なんですね。
先に完成すれば、気持ちに余裕ができる。
ゆっくり周りを見渡す事もできる。

先延ばししてはならん!という教訓です。

さてさて、本日のバリオスの話題ですが・・・・。

この1か月間に内容に何か変化があった訳ではありませんが、メンテナンスについて書きたいと思っております。

以前から滲みがあったフロントフォーク左側を直しました。
直すと言っても自分で分解して直した訳ではありません。
知り合いの業者にお願いをしました。

このFフォークですが、1年ほど前に一回直しているんですね。
しかし、半年ほどで滲みが出てきてしまった。

原因はインナーチューブの点錆です。
錆を取ったり磨いたりして滑らかにしたようですが、やっぱダメなんですね。
直すためにはインナーチューブ交換が良いという判断です。

結構、Fフォークの滲みや漏れでも平気で乗っている人いますが、いつ急にサスとしての役目を果たせなくなるのか不安であり、段々と漏れも多くなり、内部のオイルが無くなってしまったり、左右のサスとしてバランスが取れなくなってしまう事もありうるんですよね。

右が正常、左がオイル漏れでオイルが半分という状態ならば、減衰力だって変わってきますよね。
これはバイクであれば非常に危険な事です。沈み込み方が左右違うというアンバランスな状態で安定したコーナーリングなんてできません。

ちょくちょくインナーチューブの状態を確認すべきです。
以下の写真は交換後のインナーチューブです。シルバーからゴールドのGARO仕様インナーチューブとなりました。
・・・値段が変わらなかったのでゴールドにしただけなんですけどね。

赤色のバリオスなので金色も似合いますよね。

そんな事でバリオスのフロントフォークは完璧に直りました。
ついでに2年間経過したプラグも新品に交換しました。
切れるとやばいクラッチワイヤーも新品と交換。
ついでに錆びていた伸び易いチェーンも新品に交換。
オーバーヒートになるとやばいラジエターキャップを新品に交換。

車検が無い250ccなので2年ごとに消耗品の部品を交換するようにしています。
次回はスポロケット前後交換、キャブ調整などを考えています。

いつまで乗れるか分かりませんが、きれいに整備されたバイクって見ているだけでも楽しい。
地図を見ながらどこに行くか考えるも楽しい。

最近は125ccのスクーターをセカンドバイクとして欲しいなんて考えています。

 

やっぱり4気筒は良い音だねぇ!

久しぶりにお馬さん(バリオスA型)に乗ってきました。

走った距離は100Km程なので大した事はありませんが、調子が良かったのが何よりです。丁度、連休に入ったばかりで道路も混んでいる、あの空いている宮ケ瀬ダム周辺も一般車両が多く走っていて駐車場の出入口は結構な混雑ぶりでした。

やっぱりバイクは気持ちいい!

暖かい季節になり、杉の花粉も飛んでいない。

コンビニの駐車場で同じような人達と会えるのもまた楽しい。
60歳近くになってバリオスに乗っている親父も数少ないだろうな。

ヘルメット被ると分からないからそこも良い。
ヘルメット脱いでビックリとか。

連休中は混雑しますので安全運転を心掛けてください。

次のページ →