【バリオスA2】 ぼっちツーリング検討中!!

7月もあっと言う間に過ぎて行きそうです。

夏休みになる学生さんや休暇を取って出掛ける予定の人沢山いるのではないでしょうか。

私の場合には、夏休みが無いので有給休暇を使うしかありません。
夏休みが無い会社って結構あるのでしょうか?

私は今まで勤務した会社では、最低でも2日の夏休みがありました。
この2日+年休+土日を使って連休にするという使い方です。

この暑い時期ですので、出掛けるというよりも、身体を休ませるという点で夏休みは2日ぐらいは必要ではないでしょうか。年休を使って夏休みというのも何とも解せないのであります。

後は、自分が休みたいと思える日にちで休めるかどうかだけです。

その夏休みもバイクに乗ってツーリングをしてこようか?と考えています。

日帰りなので、住んでいる関東圏に限られますが、朝早くから出れば、そこそこ遠くへ行けるかと思っていて、ちょこっとずつ用品を揃えている状況です。

バイクに関しては、心配だったタイヤも新品に交換したし、オイル交換も済んでいる。
キャブレターもパイロットスクリュー調整でアイドリングも安定している状態です。

燃費もバリオスA2型を考慮すれば、良いと思われるリッター当たり20Km近く走っています。
高速道路を走行すれば、22.23Km走るのではないでしょうか。

どこに行くかは現在、検討中です。
いつもの如く、ボッチ走行なので、行先決めなくても気分次第で行きたい方向へ行くのも有りかと。

外環が出来たので、これに乗れば中央高速や関越方面へもアクセスできる。
高速道路を走れる250ccは、こういう点では有り難いですよね。

問題は暑さです。

朝方は気持ち良いが、昼間は地獄ですよね。
このおやじで体力がもつのか、そちらの方も心配になります。

水分補給のタイミングとか、暑い日にわざと乗って練習しておこうと思います。

暑くても日差しを考慮すると長袖を安全のためにも着用しておいた方がいいし、高速道路を走るのであればプロテクターも装着しようと思っています。

走っている時は気持ちいい、止まると熱風地獄なバイクなんです。

たまにしかバイクを乗らないと調子もいまいちですが、長距離ツーリングをすると見違えるように元気になったりもします。

キャブの詰まりや長い距離を走行する事によりピストンに堆積した汚れが取れてスムーズになる感じがします。町中しか走らないと回転数が低い状態でアイドリングばかりしている時間も長くなり、ピストンにカーボンが蓄積されてしまうんですよね。

高速道路をある程度走るとエンジンが滑らかに回るのが良く分かります。
時たま、ギアを落としてフル加速してレッドゾーン近くまで回してみたりする。
振動も軽減されているはずです。

オイル交換をして、エンジン潤滑剤等を先に入れておけば最高ではないですかね。

エンジンの調子が何となく今一と思っている人は、高速道路を走ってみるべし。

・・・125ccはダメよ。

原付免許と自動二輪免許そして社会的な対応について

現在、バリオスはタイヤ交換に出しています。
代車はいつも通りのアドレスV125を借りています。

いつも思うのは、このアドレスV125は非常に楽なオートバイです。

大きさも原付と差ほど変わらない上、125ccなので出足も速い。
そして普通に車の流れに乗って走っても余裕がある。
60~80km範囲の速度であれば、本当にスイスイ走る感じです。

エンジン音もとても静かで4ストの単気筒エンジンですが、パタパタと止まりそうで止まらない非常に粘るエンジンです。燃費も良さそう。

中型免許(今は普通免許?)の人で近所を走り回る程度であれば、本当に良いバイクだと思います。

気になるのはバイクの小型免許の在り方です。
色々と話題にのぼっていますが、現状ではどうなんでしょうか?

普通自動車免許で125ccまで乗れるようになる?
原付免許が小型自動二輪免許に移行される?
今までの小型自動二輪免許保持者の扱いはどうなるのか?などなど・・・。

私の感覚では、原付(50cc)のスクーターとこのアドレスV125のスクーターでは雲泥の差があります。
加速力を考慮すると、原付感覚で乗ると非常に危ないかも知れません。
何でも慣れれば大丈夫だと考えますが、自動車普通免許におまけとして付ける資格ではありません。

やはり車の免許で125ccを乗りたい人は、3.4時間程度の実技講習を受けるべきだと思います。

それは、バイクの乗り方だけではなく、バイクのメンテ方法から乗る前に点検しなくてはならない事等を講習として受けるべきではないかと・・・。

車でもそうですが、無知識でただ乗るだけの人がパンクやちょっとした故障で道路を渋滞させたり、高速道路で立ち往生する事は大体、こんな人達が多いのではないでしょうか。

バイクの場合には、故障=事故に繋がる危険性が非常に高いので、そういう面では、頭の中に知識として入れておく必要性があるのではないでしょうか。

ましては、現在の125ccのバイクは表記のアドレスVやPCXなど馬力もあるバイクがあるので、おばちゃんがちょっと乗ろうかな的な意識で乗られるのは非常に危険なのではないでしょうか。

こういう人達が事故を起こせば、またバイク=危険な乗り物という事がニュース等で取り上げられ、また排斥運動に繋がってしまう可能性があります。

バイクは16歳から乗れる乗り物なので、この年齢も再考する事が必要ではないか?と思っています。

16歳~18歳=原付2種まで(125ccまで)
18歳~20歳=中型自動二輪免許まで(400ccまで)

大型自動二輪免許は20歳以降で原付2種もしくは中型自動二輪免許を2年以上経過した者、もしくは普通自動車免許の保持者のみ取得できるようにするとか。

排気量の規制についても再配分すべきですよね。

例えば、現在の中型自動二輪免許は400ccまでですが、今回の小型自動二輪免許が125ccまでになるとしたら・・・・・

★原付もしくは原付2種 125ccまで
★小型自動二輪免許 250ccまで
★中型自動二輪免許 600ccまで

中型自動二輪免許については、この400ccという排気量は決めた時代が問題だと思います。
国内で販売されていた大型バイクの基本排気量が750cc(ナナハン)時代に作られたので、その半分程度の排気量である400ccと決められたのではないでしょうか。

現在の大型バイクは排気量が1200ccとか1300ccとかが主流になっています。
そうなると排気量の半分である中型自動二輪免許は600ccで良いのではないかと思う。

なぜ原付2種の免許変更に加え、中型自動二輪免許の排気量を変更させる必要があるのかと言うと・・・。

1.原付2種変更で50ccから乗り換えで125ccのバイクの販売が伸びる可能性がある。
2.同時に中型の400ccに乗っている人達が600ccのバイクに乗り換える需要も増える。
3.以前と同じ排気量のバイクと比較して馬力が減少しているため。 という点です。

この機に、HONDAやYAMAHA、KAWASAKIにSUZUKIと125ccや250cc、そして600ccクラスの排気量のバイクのラインナップを検討してもらい、業界自体を活性化して欲しいと思う。

車検制度については、現在の400ccは車検不要とすべきかと思います。
今は250ccまでが車検無しの状態となっていますが、これを400cc以上にする。
これだけで市場の活性化は変わると思います。

今まで400ccに乗っていた人は、車検があっても600ccに乗りたいと思うのではないでしょうか。

そして高速道路の二輪の通行料も見直しが必要です。

バイクが走って道路が傷む訳ではないし、そういう点を考慮すると軽自動車の半額以下で良いのではないでしょうか。使わないで税金投入するよりも、安くして使ってもらい維持費を捻出できるようにした方が良いのではないですか。

そうする事によって、地方や田舎の町の駅とか人が多く訪れ、観光地にも人が集まり易くなると思います。

そして最後に、自動二輪を駐車できる場所の確保です。
都内や駅周辺などにバイクを駐車できるスペースを作るべきだと考えています。

バイクだって税金を払っている訳ですし、駐車場が無いので仕方無く道路に停めれば駐車違反となってしまうのは、どうかと思います。先述の観光地等も二輪の駐車を確保する事も必要ではないでしょうか。

夏の棒茄子でバイク用品を購入予定

久しぶりの更新となってしまいました。
見に来てくれた方、申し訳ないです。

毎日、暑いですが体調はいかがでしょう?

ここ最近は、バイクに乗ったりして外にいる時間が長くなったので、思ったよりも日差しや温度に耐性が出来てきているようで良い感じでやっています。

一番問題なのは、暑くなって冷たい物を飲み過ぎて食欲が無くなる人です。
冷えた飲物はなるべく避けて、常温の飲物を摂取するのが良さそうです。

そして、早めの睡眠です。
夜、眠れない、眠りが浅い、そんな人も注意です。

仕事も大事ですが、身体は仕事よりも大事ですからね。

 

さて、さて、皆さんはボーナスはもう出ましたか?

ボーナスが出たら、皆さんは何に使うか決めていますか?

私は、バイクのタイヤを交換しようと思っています。
バイクを乗っている時、一番気にしていたタイヤです。

経年劣化で溝は沢山残っているが、ひび割れ、ゴム自体が硬化してしまっている。
タイヤ本体がもう非常に古そうな感じです。

乗っている時に「バーストしないか?」とか「空気圧は平気なのか?」等と余計な心配をしなくてはなりませんでした。(・・バーストする速度では走っていませんけどね・・・)

ネットでタイヤの値段を調べたら、そんなに高くはない。
逆に、海外製品のIRCやDUROなら1万円前後で買える物もある。(中華製は避ける)
交換する工賃を入れても、2.3万で済みそうである。

そして、バイクに乗る時の靴です。
皮のブーツはありますが、この時期は暑いし蒸れる。
もう少し、カジュアルに普通に履いていてもおかしくないライディングシューズを買おうと思う。

そして、ブレーキパット。これも乗り始めてから替えた事の無い消耗品です。
こちらも止まるという大事な部分を占める部品なので、ヤマがあろうがなかろうが交換する事にします。こちらは、工賃を含め7.8000円程度です。

夏のボーナスで考えていた事は以上のような感じでしょうか。

とりあえずバイクに乗っている時の心配事は無くなり、遠出が出来そうです。

後は、どこに行くか?ですよね。

そうそう、バイクで高速道路が2日か3日間乗り放題で2500円と言うのがありましたよね。

これが気になるんだよね~!

でも事前に受付か何かしないとダメらしい。
それにETCがバイクには付いていないからな~。

2500円で関東圏だけではなく、日本全国の高速道路で対応して欲しいと思います。だって、バイク自体は車と違って、道路を傷める訳ではないし、もっと安くしてもいいのでは?と思います。

今回の乗り放題でどうなるか・楽しみです。

バイクという乗り物は、本当に好きな人でないと分からない部分が大きいです。

この暑い中にヘルメット被って何で走っているのか?考える事があります。
走っている最中は風でとても涼しいのですが、信号待ちで止まると地獄となります。

だから、なるべく信号が無い道路を走りたい。
となると、町中はダメですよね。
山は高度が高くなればなるほと気温も低くなり、涼しさを感じられます。
海に行けば、水着のギャルが見れるかも知れない。

バイクに乗るむさ苦しい格好で、海に目の保養に行って来ようかな。

8月でモンキー発売終了でどうなる原付

来月にはもう発売が終了になってしまいます。
限定の500台はもう完売になっているのでしょうか。

私はモンキーに乗った事はありませんが、同じようなエンジンを搭載していたJAZZという原付バイクに乗っていた事があります。

とても静かで燃費も良かった記憶があります。

同じエンジンを搭載しているという事ではカブも同様です。
新聞配達から銀行マンの営業車だったり、郵便局の配達でも使っているバイクです。
最近は商用車というよりも、若者にも変わらないスタイルで人気があります。

このカブの方は生産中止という声が聞こえないので生産は継続されるようです。

原付=50cc未満の排気量
規制=30Km以下、二人乗り禁止、2段階右折

この50ccという排気量が日本国独自のガラパゴス設定であります。
海外では125cc以下が原付と同様の扱いになっているようです。

今回のモンキー販売終了については、以前にも書きましたが、EURO4という排気ガス規制に合わせるためには、排気ガスをクリーンにする触媒を取付けなくてはならなくなり、この装置を取付けたりするとなるとバイク本体の値段が非常に高いものになってしまう事が要因だそうです。

しかし、ここで疑問があります。
日本独自の排気量規格である原付がなぜEURO4に合わせなくてはならないのか?という事です。

日本でしか売らない、乗れない車をどうしてEURO規格に合わせなくてはならないのか?
EURO圏で売るならまだしも、日本国内しか売らないのであれば、日本の勝手でしょう。
日本原付規格でも勝手に作ればいいんですよ。

そう思いませんか?

何でも世界標準にすればいい訳ではないですよね。
日本はバイクの4大メーカーが揃っている国ですよ。
それが、ロクなバイクも作っていないEURO圏に合わせる必要ないだろうと思う。

嫌なら乗らなければいいんですよ。

日本の車やバイク等の機械物は壊れないし耐久性が高いから非常に評価されている。
だから何もしなければ全部日本車になってしまう恐れがある訳ですよ。

税金を高くするとか、そういう負荷だけではなく、車、バイクメーカーに色々な規制を押し付ける事も一種の嫌がらせみたいなものですよね。

日本は何でも上手くやってしまうので、世界中の人達から攻撃対象になってますよね。

海外で販売するバイクや車はともかく、日本国内の排気ガス規制は独自規格を作ってもらい、面白い自動車やバイクを作って欲しいと思います。それだけ強力なメーカーが揃っているのだから、ロクでもないメーカー等の言い分は聞く必要ないよ。

ロータリーや直6ターボエンジンなど音といい、最高ですよ。

海外からも「日本に行くと凄い車に乗れる!」という事で観光客も沢山くるぞ!

 

以下追加(7/4 午後4:45)

書き忘れた事があって追加する事にしました。

2000年を超えたあたりからバイクや車離れが進んできました。特にバイクに関しては、危ない、暴走族、悪い人が乗る乗り物というイメージが定着してしまっていて、乗る人口が減り、販売台数が激減してしまっています。

排気ガス規制の問題もありますが、この販売台数が減った事により生産維持が出来ない事が終了の元になっているようです。

普通に車の流れと同じに走っていれば、そうそう危険な乗り物でもありませんし、逆に法的な知識も無い状態で乗っている自転車の方が無法地帯になっていると私は思っています。原付の悪い所は、この車の流れにのって走れないから危険であると思っています。

通勤・通学でバイクが増えれば交通渋滞も緩和できるし、都内や駅周辺にもバイクを停める事の出来る駐輪場の確保も出来るようになると思います。

バイクも税金を納めている以上、上記のような社会的な整備も必要であると思っております。

暑い日でもバイクに上着は欠かせない

今は梅雨のシーズンです。
急に雲行きが怪しくなってきて雷が鳴り、大雨になるなんて良くある事です。

ただ、バイクに乗っている時にはこの状態に巡りあいたくないと思っております。

急に雨が降り出したら合羽なんて着ている暇も無く濡れてしまうし、私の乗っているバリオスには常時、合羽等積んでおける場所が無い。

そこで、シート下の隙間に100円ショップで台所用のプラケースを買ってビニールの留めるクリップのような物(パソコンの配線をまとめるやつ)で留めました。工具とかガムテープとかちょっとした物を入れておく事が出来るようになりました。

しかし、合羽はちと無理そうです。

デイパックとかタンクバックを付けて走るようにすれば良いのですが、3時間ほどの走行であまり重装備もしたくない。

付けているのは腰にベルト留めのセカンドバックのような物だけです。

ここ最近は気温が高くなり暑くなってきているので薄着になりがちですが、上着(長袖)は必ず身に付けるようにしています。理由は2つ、転倒した時の事を考慮して、そして紫外線対策としてです。

長袖の下には、肘にプロテクター、膝にプロテクターをしています。

一見するとしているように見えませんが、地肌に身に付けてます。
安いプロテクター(FOX製で2.3千円)ですが、少しは役に立つだろうと・・・。

それだけで結構、安心感あるんですよね。

町中を走っていると、平気で草履のような物を履いてギア付のバイクに乗っている若者を見かけますが、とても危険だと思います。

お金を出せばそれなりの装備は買えますが、自分の走り方に見合った最低限の装備は買うべきだと思います。

安心してバイクに乗るための投資と考えれば安い物なのかも知れません。
何か事故してから、身に付けるよりも先行投資すべきです。

乗らない人からすると、「そこまでして乗らなくてもいいのでは?」と考えるでしょう。

乗る前に面倒な事(身に付けたりすること)があっても、それでも乗りたいんですよ。

始めて自転車を買ってもらった子どもと同じです。
ちょっと乗っては、磨いて、またちょっと乗っては、磨いての繰り返しです。

それも1週間仕事して、やっとの休みにバイクに乗る楽しみがあるだけいいという事でしょうか。

何て言っても、仕事のする事の我慢になります。
あと、2日行けばバイクに乗れるみたいな感じです。

バイクで撮影した動画も自分で編集したいと思ってはいるのですが、この編集作業って大変でバイクに乗る、弄るという事だけで休日は終わってしまう。

この作業は平日にやるしかないのかな。

Linuxサーバーを設定するよりも動画編集は面倒に感じています。

次のページ →