バイク日和でした!

10月25日は天気も良くバイク日和でした。

前日の土曜日にバリオスを磨ききれいになっていたので、いつもの宮ケ瀬ダム周辺に走りに行く事にしました。

私がバリオスを定期的に乗る維持運転コースは50~60kmの距離となります。
時間にすると2時間~3時間(途中コーヒータイムを入れて)ほどです。

お昼を食べてから12時半頃に出て、3時頃に自宅に戻る事が多い。
本気で乗ろう!と思う時には午前中から乗り一日100kmの乗るようにしています。

いつもボッチなので行きたい場所はその日に決めています。
宮ケ瀬ダム周辺に行くのは信号が少なく走りやすいからです。

その分、他のバイクも多く気にしながら乗る時も多々あります。

最近多いのが、大型車のわがままな運転でしょうか。

車の後ろを走行していて、右から追い越していく。
先の信号は赤なのに・・・。

信号待ちで発進したところで後ろからフル加速をする。
こんな場所で抜かれると言う意識が無いので驚いてしまう。

日頃、大型車のエンジンが全開に出来ないからといって混雑しているところでフル加速をしなくても良いのではないかと思う。

これは「おまえら中型車とは違うんだよ」と見せつけるためなのかも知れない。

大体、こういう輩は姿格好もだらしない。
薄汚れている。

一般道を走行する時には排気量を問わず、同じ二輪に乗っている人達に敬意を払う必要があると私は思っている。

車と同じ速度で走行している時には前に走行しているバイクが原付であろうと125ccであろうと抜くことはしない。少し離れて後を付いて行くスタイルです。

そのような流れをブチ壊すのが大型車に乗った輩である。

後ろから追い越して来て、急に割り込み、また強引に抜いていく。

「小さなバイクはどけ!」と言わんばかりの走り方なのだ。

大型車の事故が多いのもこのような事が要因であるのではないかと思う。

一般道で他のバイクや車に迷惑な走行はいかがなものか。
そんなに全開走行したければレース場に行けばいい。

そんな一部の大型車に乗っている輩達のお陰で「だからバイク乗りは・・・」と言われてしまうのだ。

車でも同様だが「排気量が大きい事が偉い」訳ではない。

バイクの大型車=バイクの上級市民
と言う感覚を大型車乗りは思っているのかも知れない。

大型車に乗っている人こそ、他のバイク乗りの人達に敬意を払い、公道では安全な運転をしてもらいたいと思う。

仕事先の廃棄する古いノートPCを活用する

ノートパソコンというのは、モニターからキーボードまで一体化しているので古くなったら再利用が利かないという弱点があります。

正常に動作していてもCPUが古い、OSが古いでは使い道が限られてしまい、特にwindowsの場合にはXPやらwindows7やらのupdate期限が切れてしまうと、新しいOSに入れ替えられないスペックのものは廃棄される運命にあります。

私がいくらPCが好きでも全てのPCを救う事は出来ません。

デスクトップであれば出来る限り再利用可能な部品を取ったり、上位のCPUに入れ替えたりをして使えるようにしますが、ノートPCでは手間がかかるだけで再利用という面では難しい機種でもあります。

仕事場で2台のノートPCの廃棄が出てきました。

1台はwindowsXPでメモリも1GBのもの。
もう1台がPentium DualCoreのメモリ4GBのものです。

XPは前から使用をしていなかったのだが、棚の奥にしまっていたため誰の目にも触れず密かに隠れていました。

PCはこのノートPCでも上位のクラスの機種ですが、いかんせんスペックが低すぎる。

Linuxでも入れて勉強用には最適なのかも知れないが、私の仕事場でLinuxを勉強しよう!なんて考える人は誰も居ない。

とりあえず私の机の脇で少しの間保管をしてみる事にする。

もう1台のDual CoreについてはLinuxで使えそうである。
SSDに入れ替えなくてもサーバーにする訳でもないので自分用のPCと考えた。

自分が普段使っているwindows10のデータバックアップ及びサーバーへの接続用としての使い道である。

普段使用しているwindows10はDELL製品で第2世代のCore-i3が入っているが、いかんせん古く、今は調子よく動作しているがいつどうなってもおかしくない品物でもある。

このPCには私が作ったデータベースやらサーバーのID、パスワードから資料が沢山詰まっており、Linuxで作ったサーバーにもデータは退避させているが、サーバー自体も同じ時期のDELL製品で作ったものであり、怪しいと言えば怪しいのである。

ノートパソコンであれば、データをバックアップする時だけ起動し、保存している間は電源を入れなくて済むので安心と言えば安心である。サーバーのように常時電源ONの状態であれば、急な停電やマザーボードの故障などいつ起きてもやむ負えないが、電源OFFであれば機器の寿命も伸ばす事が可能だ。

資料が必要になった時もノート毎移動させる事も出来るし、大きなUSBメモリと考えても良いのではないだろうか。

インストールは使い慣れているCentOS-6の最終Verとした。
仕様はデスクトップとしてセットアップをした。

Sambaを設定し、ネットワークでホルダーが見れるようになれば完了である。

少しずつ大事なデータを移動させていく予定である。
一度に大量のデータを移動させるとエラーを起こしやすくなるので一度に沢山のデータは数回に分けて移動させるようにした。

やはりサーバー以外に自分用のLinuxマシンがあるのは何かと便利である。

ちょっとしたLinux設定の勉強や忘れがちなコマンドを思い出したりする事が可能だ。

雀百まで踊り忘れずですね。

皆さんも古いノートパソコン捨てずに再利用してください。

Linux入れれば何かしら得る物があると思います。

わざと面倒臭い事をやってみる

皆さん、自分の身の回りで面倒でやっていない事ありませんか?

良くある事としては・・・・・

1.自宅の修理修繕
2.掃除や車の洗車
3.医者に行く
4.実家などに用事がある
5.庭の草むしり
6.家の中の配置、模様替え
7.何かを作るDOIT的な作業

個々、悩みとして面倒な事が色々あると思います。

気にはなっているけどやる気が起きないというのが本音です。

しかし、そのまま放置プレイしておくのも何となく気になります。
常に心のどこかに引っかかっている状態でしょうか。

その中の一つや二つが片付くだけで気持ちは軽くなります。

これは仕事でも言える事です。

面倒だからついつい後回しにしてしまう仕事ありますよね。

それは・・・・

1.ファイル化して書類の整理をする とか
2.面倒な頼まれ仕事  とか
3.調べないと出来ない仕事   とか
4.人への連絡・調整 とか・・・・

ついつい締め日が来るまで放置してしまいがちですよね。

でも、この仕事も片付けた後は気持ち的にスッキリします。
曇り空から晴天に変わるような感じです。

面倒であるか無いかは自分で勝手に決め付けているだけなんですよ。

だから、「何も考えずに面倒な事を先に早く片付ける」というのが正解でしょう。

「よし!これで自分の好きな事が出来る!」となる訳です。

私のような60歳を過ぎたおやじに良くありがちなのは、口だけで仕事しているつもりになっている人が居るという事です。

部下、女子に面倒な事を押し付ける。
自分でやる、処理しようとする気持ちが全くない。

そんな人は脳みそが早く老化するでしょう。

仕事のやり方や手段を考えずに、いかに人にやらせるかという事しか考えられていないのです。

この手法はどんな時も同じ考え方になります。

仕事は色々あって、その都度、やり方、方法、手段が違います。
しかし、このやり方は仕事を誰に転嫁するか?だけの事なですよ。

他人にやらせておいて、自分がやったつもりでいる。
問題が起きれば、やらせた人に責任転嫁する。

この人の存在自体が「面倒な人」です。

こんな親父にはならないようにお願いいたします。

面倒な仕事を優先的にやっていると周りの見方は変わってきます。

腰は低く、若者の相談には耳を傾け、「面倒な人」の烙印を押されないようにしましょう。

御同輩、周りの若者は良く見ていますよ!!

全ては悪い姿勢からの影響

スマホ肘・スマホ首の痛みですが、やっと和らいできました。

ただ、手(親指・人差し指のしびれ)はまだ残っています。
もう4週間目となり、このひと月間痛みと戦っていた事になります。

こんなにしんどいとは思ってもみませんでした。
夜中に背中や腕、肘が痛くて何度も目を覚ましてしまいます。
これが結構辛い事なんです。

やはり若い頃と違い、体の衰えは外見だけでなく、内側の筋肉や骨、筋などにも及んでいると実感させられました。

全ては悪い姿勢からの影響です。

座って足を組んでパソコンをやっていたり・・・
スマホを持って下を向いて操作していたり・・・・
机が低すぎて顔が下向きになっていたり・・・・・

これが肩凝り、首の曲がり、背骨の歪み、腰痛の原因になっています。

パソコン、スマホが趣味のご同輩!

姿勢には注意です。
そのためには良い椅子・机が必要です。

今まではパソコン部品などに沢山の費用をかけてきましたが、自分の座る椅子や仕事をする机など、家にある物を長く使用してきました。

やはり、自分の身長や体重に見合った家具が必要という事でしょうか。
必要と言うよりも良い姿勢を保てる家具が必要という事です。

その代わりに好きなパソコンが長時間使えて疲れない環境が出来上がる事になります。

現在60歳、長くPCが楽な姿勢で使える環境を作っていきたいと思っています。

そんな事もこのブログで報告出来ればと考えております。

次のページ →