CentOSお前もか!

とうとうCentOSも8で終了となるようです。

同じRH系のScientific-Linuxも2019年に終了しており、残るのはOracleのみとなります。
このScientific-Linuxも一時はCentOSよりも開発が進んでいた時期(6の頃)もあって、私も一時、インストールをして使っていました。

CentOSは自分としては6が一番、思い入れが強く、Linuxを教えてもらったOSでもあり、今でも会社の余ったPCにインストールをしてファイルサーバーにしています。

最初に覚えたLinuxのコマンド等は記憶に残ります。

アナウンスがあった内容は以下のとおりです。

2020 年 12 月 8 日、 CentOS Project は今後、CentOS の開発を CentOS Stream にフォーカスし、Stream 以外のリリース形態の CentOS 8 ディストリビューションのメンテナンス終了日 (EoL) を変更し、現行の形態でのリリースを 2021 年末までとすることを明らかにしました。

「CentOS 8」のメンテナンス終了後、2022 年以降は CentOS Project から CentOS 8 のパッケージの新しいリリースが行われず、セキュリティ修正などを受けられなくなります。このため、CentOS 8 を用いるシステムは、2022 年以降に新たな脆弱性が発見されてもコミュニティ経由でパッケージのアップデートができず、外部からの攻撃に対して無防備な状態となるため、セキュリティリスクへの対策が必要になります。

完全に無くなる訳ではありませんが、Fedora-Coreと同じような立ち位置になってしまうようです。

CentOSはサーバーで使用する事が多いOSだと考えています。
私同様にこのOSでサーバー設定を覚えた人は多いはずです。

LinuxのデスクトップであればDebian系のubuntuやMintが主流になっていて、こちらの方が普通に使うのであれば使い易いのも事実です。

やはり、この時期の発表となると資金面の問題を抱えていたのではないかと思います。

CentOSも有償で価格を抑えて継続出来なかったのかなとも考えています。
有償となるとRedHatがあるので無理だったのかも知れません。

このブログ名もCentOSという名称を付けているので「長い間、ありがとうございました。お疲れさまでした」と技術者の方々にお伝えしたい。

今後もCentOSは使っていきたいと思います。

段取りが悪いと時間がかかる

この土日の休日は皆さんいかがでしたか?

緊急事態宣言下で雨や雪であれば外出する事もありません。
家でのんびりとされた方が多いかと思います。

私もその一人で、晴れていたらバリオスやアドレスのメンテでもしようか?と思っていましたが、前日に雨の予報で止める事にしました。

焦る事はありません。
次の休日に回せば良いだけの事です。

ただ、家の中にいても何もしないでテレビを見ているのでは呆けてしまします。

そんな事もあり、家で久しぶりにThinkpad-X200のLinuxインストールを行いました。

久しぶりだったので作業の段取りが悪い、分解清掃に必要な資材(ドライバーやシリコンスプレー、掃除道具)などいちいち探して取りにいく始末です。

自分の部屋、そして作業する場所の大切さが良く分かりました。

いつ何時にも、どこに何がある、必要な機器や資材は置き場所を決めておく、これは非常に重要です。いざ作業を始めてから探し物をするようでは時間の無駄、動線の無駄が多くなります。

ケミカル用品や道具等はしっかり揃えて、いつでも使用可能にしておくべきですね。
探し物をしていると気持ちが萎えてしまいます。

そして作ったX200についての感想ですが・・・・

・HDDでも思っていたよりも起動が速い
・LXLE-Linuxが軽く、メモリ消費も少ない(メモリ4GBの内使用は1GB以内)
・Chromeも使えてGUIとしても違和感無し
・CPUのCore2Duo-P8600はT型とは違って意外と速いと感じた

LXLEの評価としては・・・・

・インストールは簡単で時間も短い
・デスクトップは軽量Linuxの割に格好が良い
・Officeは訳の分からないソフトが入っているが軽くて意外と使い易い
・Linuxの特徴であるインスト後の処理が日本語関係だけなので楽である
・2コアのCPUでも普通に動く

興味のある方は ⇒ ダウンロードサイト(LXLE-Linux)

古い機種であるX200ですが横長のディスプレイと使い易いキーボードで今まで使用してきたX40の良い後継者になってくれそうです。

我々のような60歳を過ぎた年金生活前の人間は、一日一日の動きが大切だと考えています。

それは、テレビを見たりぼけーっとしていても一日は過ぎ去っていきます。
60歳過ぎれば、元気で健康でいられる時間はそう長くはありません。

下手したら新型コロナに感染して重症化してジエンドになる可能性だってある訳です。

先ずは呆けないように脳みそを鍛えていきましょう!

そして歩く事、運動もそこそこやりましょう!

X200にLXLEーLinuxを入れる

本日はあいにくの雨だったのでバイクも弄れず家の中に居ました。

少し前に友人のsakuさんから頂いたPCであるThinkpad X200を使えるようにしました。

X200はCPUがCore2dio P8600、周波数2.4GHzでメモリが4GBの仕様です。
ぎりぎり今のLinuxでも使えるスペックです。

IBM系のデザインはすごく優秀ですよね。
X40しかりキーボードが打ちやすい!
デザインもいい。

放置しておくのがもったいないです。

ただ、最新のLinuxを入れるのはしんどいです。
インストールは出来ても動きが散漫では使い物になりません。

やはり軽量Linuxを入れることにしました。

先ずは掃除から・・・・
キーボードの手垢が凄い状態でキーに手垢がこびり付いています。
濡れた雑巾でゴシゴシとやると以外にきれいに取れました。

裏側のネジを緩めてキーボードを外し、CPUファンも清掃し、シリコンスプレーでファンが静かに回るよう吹いておきました。

掃除はこの程度です。

最初にHDDをそのまま使うか?
それとも安いSSDにするか悩みましたが、軽量LinuxならHDDで充分と判断しました。

インストールするLinuxは「LXLE-Linux」です。
Debian・ubuntu系です。

普通にGUIで使うのであればDebian/ubuntu系の方が使いやすいです。

他のPCからISOでダウンロードして4GBのUSBメモリに入れて起動させればインストールは簡単です。
お試しに起動してインストールするアイコンをクリックするか、最初からインストールしてしまう方法を選ぶかはUSBで起動した時に選択が出来ます。

インストール自体は難しくありません。

ただ、今回途中でひっかかったのがWiFi設定です。
BIOS上ではONになっていてもOS上では無効になっている。
いくら設定を見直しても動かない。

よ〜く本体を見ると、WiFiのスイッチが本体左側に小さく付いている。
これをスライドさせてハード的にONにしないとWiFiは使えない。
いくら、F5とFNキーを押したところでスイッチはONにならない。

そして、有線側の機能もBIOSで切っておいた方が良い。
勝手に有線を優先的に繋げようとするからだ。

この事で1時間以上無駄となってしまった。

LXLEはインストールした後に日本語環境を整える必要性があります。

それは日本語入力であったり、表示の日本語化です。
ブラウザーもseamonkyという日本ではあまり知られていない物が標準なのでこれも考える必要性があります。

私の場合には・・・・

・ブラウザーはFireFoxとGoogle-Chromeを追加インストール
・日本語入力はFcitx/mozcを入れる
・テキストエディターはgeditを追加
・officeはLibreOfficeを追加
・動画視聴用にVLCを追加
・端末用にvimを追加

という内容です。

google-chromeは今まで軽量のブラウザしかインストール出来ませんでしたが、今は普通のchromeがダウンロードでき、インストールすることが可能になっています。

段々とwindowsのように何でも出来る環境になりつつありますね。

やはりキーボードが打ちやすいですね〜!

これでX40もそろそろ引退で隠居させてあげる事ができます。
何となく私のようだな。

古くても使えるPCは使うべき

前記事で私の今考えている中古でも使えるスペック(仕様)について書かせてもらいました。

ある人から「もうCore2Duoは使えないでしょう!」という意見を頂戴しました。

確かに中古で買おうと思えるCPUではないかと。

ただ、買うだけではありません。

友人、知人が不要になったPCをもらう場合だってあります。

会社のPCで廃棄処分になった物を譲り受ける事もあるでしょう。

そんな時に「Core2Duoだからいらない」と思うかどうかです。

私はCore2でも周波数が2.0GHz以上と書きましたが、用途によっては別に1.5GHzであろうが、1.8GHzであろうが使える事には間違いありません。

使えるのであれば捨てなくても良いと思いませんか?

私が2.0GHz以上にしているのは、普通にLinuxをインストールしてX-windowsで単独で使える、今のPCと比較してもSSDに換装すれば違和感が無く使えるからです。

私が却下しているCPUはこの条件に合わないからです。

中にはSSDで普通に動くよ!というCPUもありますが、自分ではこの仕切りにしているだけの話です。

それは今メインで使っているPCのスペックに対して比較する事もあると考えます。

高速なi7やi9などのCPUを使っている人は、こんな条件では見合わないでしょう。
人、それぞれスペックの最終ラインがあると思います。

私なんかデスクトップのメインマシンがCore2QuadのQ9450ですからね~
でも普通にSSDにして使えています。

私のようにゲームしない、動画編集しない人には充分過ぎるのかも知れません。

今の時代は動画が主流です。
youtuberに成りたいと思う人も沢山します。

動画を編集する技術も重要なスキルです。
動画を扱うにしてもキビキビ動くスペックが欲しくなる。

段々とスペック依存型になっていってしまうんですね。

前から書いていますが、古くても動けば何かしらの仕事は出来る。
1台で全てをこなす事を考えずにPCに役割を与えればいい。

今でも私はそう思っています。

次のページ →