仕事先の廃棄する古いノートPCを活用する

ノートパソコンというのは、モニターからキーボードまで一体化しているので古くなったら再利用が利かないという弱点があります。

正常に動作していてもCPUが古い、OSが古いでは使い道が限られてしまい、特にwindowsの場合にはXPやらwindows7やらのupdate期限が切れてしまうと、新しいOSに入れ替えられないスペックのものは廃棄される運命にあります。

私がいくらPCが好きでも全てのPCを救う事は出来ません。

デスクトップであれば出来る限り再利用可能な部品を取ったり、上位のCPUに入れ替えたりをして使えるようにしますが、ノートPCでは手間がかかるだけで再利用という面では難しい機種でもあります。

仕事場で2台のノートPCの廃棄が出てきました。

1台はwindowsXPでメモリも1GBのもの。
もう1台がPentium DualCoreのメモリ4GBのものです。

XPは前から使用をしていなかったのだが、棚の奥にしまっていたため誰の目にも触れず密かに隠れていました。

PCはこのノートPCでも上位のクラスの機種ですが、いかんせんスペックが低すぎる。

Linuxでも入れて勉強用には最適なのかも知れないが、私の仕事場でLinuxを勉強しよう!なんて考える人は誰も居ない。

とりあえず私の机の脇で少しの間保管をしてみる事にする。

もう1台のDual CoreについてはLinuxで使えそうである。
SSDに入れ替えなくてもサーバーにする訳でもないので自分用のPCと考えた。

自分が普段使っているwindows10のデータバックアップ及びサーバーへの接続用としての使い道である。

普段使用しているwindows10はDELL製品で第2世代のCore-i3が入っているが、いかんせん古く、今は調子よく動作しているがいつどうなってもおかしくない品物でもある。

このPCには私が作ったデータベースやらサーバーのID、パスワードから資料が沢山詰まっており、Linuxで作ったサーバーにもデータは退避させているが、サーバー自体も同じ時期のDELL製品で作ったものであり、怪しいと言えば怪しいのである。

ノートパソコンであれば、データをバックアップする時だけ起動し、保存している間は電源を入れなくて済むので安心と言えば安心である。サーバーのように常時電源ONの状態であれば、急な停電やマザーボードの故障などいつ起きてもやむ負えないが、電源OFFであれば機器の寿命も伸ばす事が可能だ。

資料が必要になった時もノート毎移動させる事も出来るし、大きなUSBメモリと考えても良いのではないだろうか。

インストールは使い慣れているCentOS-6の最終Verとした。
仕様はデスクトップとしてセットアップをした。

Sambaを設定し、ネットワークでホルダーが見れるようになれば完了である。

少しずつ大事なデータを移動させていく予定である。
一度に大量のデータを移動させるとエラーを起こしやすくなるので一度に沢山のデータは数回に分けて移動させるようにした。

やはりサーバー以外に自分用のLinuxマシンがあるのは何かと便利である。

ちょっとしたLinux設定の勉強や忘れがちなコマンドを思い出したりする事が可能だ。

雀百まで踊り忘れずですね。

皆さんも古いノートパソコン捨てずに再利用してください。

Linux入れれば何かしら得る物があると思います。

迷惑メールはこれからも無くならない?

スマホにもPCにも毎日届くのが迷惑メールです。

同じような件名、フィッシング目的のどこかの会社を語った内容、大事なメールが沢山の迷惑メールに埋もれてしまい、見逃してしまう事さえあります。

迷惑メールと言われて問題になってから何十年と経過していますが、これを防止する策は無く、受け側が自分でメールを選別している状態は何ら変わっていない。

迷惑メールの悪いところは、インターネット回線のある帯域を重たくさせ、速度が落ちる要因にもなっています。

スマホに届くメールもPCから配信されているでしょう。

迷惑メールを送信だけする会社もあり、あるデータ会社からメアドだけ購入して、それで配信だけを仕事として行う。

Linuxのメールサーバーを使っている会社もある。
送信速度や安定性からQMailを使っているところもある。

Linuxの機能をダークサイドに使っているのだ。

メアドで送れたメアド、アドレスが無いメアド、迷惑フィルターがかかっていて届かないメアド等、後々ログから拾ってデータをきれいにする作業もする。

そして完全に届くメアドだけを使い送信を行う。

下手な会社のシステム部署よりも技術は格段に上である。

これを繰り返して色々な業者から依頼を受けている。

昔は出会い系サイトが主流であったが、今はフィッシングで怪しいサイトに行かせ、クレジットカード情報やキャッシュカード情報などを盗み出すような事になっている。

しかし、何で野放しなのか?

皆さん、そう思いませんか?

迷惑だから迷惑メールであり、悪意のある内容を勝手に送ってくるのです。

IPアドレス、発信元、ドメイン所有者、通信会社、全てが分かるはずです。

それなのにどこも特定して止めさせるような事はしない。
止めても、また他で同じグループがやる事になるのであきらめているのか。

問題なのは、サーバーの配信元が日本国内で無い場合である。

国内であればNTT等が回線を止めたりすれば済む。

紅組の国からの配信であれば、日本から問題扱いさせるのは難しい。
この場合には賄賂も何でも有の状態なので取り締まる事は無い。

紅組の国だけではなく、他に危険な国は沢山あると考えられる。

現在においてネットを使い、相手国や企業を攻撃するのも戦争の一つである。

そう考えると、迷惑メールはダークな会社が経営するサイトに呼び込むものだけではない意味もあるということになる。

データを管理する会社、個人、役所、充分、注意をはらうべきである。

コロナ禍で自宅で時間を持て余している人へ

このブログも記事を書き始めてから約8年となります。

当初は、PCやLinuxに関わる事等を書くために始めましたが、3.4年を過ぎたあたりから趣味のバイクや音楽、そしてオカルト話、防災、時事に関する事について、勝手な意見を書くようになりました。

振り返ると52歳を過ぎてから、このブログを作り、書き始めました事になります。

実際のところ、Linux(CentOSなど)については、全て専門書やネットで調べながら色々なソフトの設定を覚えたり、サーバーのサービスの設定を覚えたりしてきました。まだまだ中途半端な知識です。

本当に最初の3年間は色々やりたいと思う事が沢山あって、記事に思うように出来なかったものも結構あります。

今では趣味の話題を書いていますが、途中で止めて、後から書いた記事を見返すと嫌になり没となった作品は数多くあって、そのまま世の中に出しておけば良かったのかなと反省をしたり、いやいや、出来の悪いと思った記事だから出さなくて正解と思う事もしばしばあります。

特に始めた当初のLinuxの設定等については、自分が一生懸命覚えるのが優先でのめり込んでいたので、記事を書いて皆様に伝えようとする気持ちがどこかにすっ飛んでいました。

一般に、「Linuxは難しい」と言う人がとても多くいらっしゃいます。

具体的にLinuxの何に対して難しいのか?
デスクトップPCのOSとして扱うのが難しいのか?
サーバーとして色々な設定をするのが難しいのか?

これからLinuxを始めようと考えている人は、Linuxを扱うのに対して何を求めているのか?をはっきりして、その事について探求した方が良いと思います。

難しいと考えるのは・・・Windowsに慣れてしまっているからです。

今のLinuxはOSをインストールしてデスクトップPCとして使う分には全然難しくはありません。windowsと変わらない操作性です。

これが、SSHなどで遠隔操作をするサーバー設定になると敷居が高くなります。

コマンドを覚えたり、対象となるファイルやホルダーがどこに保存されているのかも分からない状態です。

ましてはサーバーのセキュリティなどについては、自分が設定した内容で正しいのかどうか?他にもっと良いサービスがあるのではないかと考えたりもします。

ただ、言える事は私のような文系出身のおバカなおやじでもある程度扱えるようになったという事実です。

この8年間の間にLinuxもだいぶ様変わりしました。

CentOSも私が勉強した頃は6シリーズでしたが、今は8となっています。
シリーズが変われば設定方法からサービスの内容も変わってきます。

これから始めよう!と考えている方はなるべく新しいヴァージョンからスタートした方が後に長く覚えた内容を継続して使う事が出来ます。

スマホやタブレット全盛の時期で、もうPCは要らない!
なんて言う人がいますが、物を作り出すのはやはりPCだと私は思っています。

このコロナ禍で家で何もすることが無くて困っているという方。

古いPCにLinuxを入れて勉強してみてはいかがですか。
ただ、スマホを見ているよりも頭は活性化します。

後々、役立つ事があるかも知れませんよ。

windows7のパソコンどうしてますか?

1月14日にupdateが終了win7ですが、皆様どうしていますか?

私の家のパソコンでは私のデスクトップpcがwin7のままです。
というのも引っ越してからは押入れの中なんです。

もっぱらノートPCのwin10とLinuxーmintで十分なんですね。

今後はLinuxに入れ替えるかにしようと考えています。

ただ、家の作業用PCとしてはwin7のままでも十分ですし、ネットに繋がらなくても作業する事は可能なのでそのままでも良いかなとも思っております。

ただ、win7しかPCを持っていない人はwin10にした方が懸命です。

win7のPCでも旧型でメモリも2GB以下、CPUもceleronとかAtom、pentium-dualcore等はちょっと厳しい感じがします。まだメモリを追加出来たり、CPUを交換できるマザーボードであれば良いのですが、部品を交換したりする面倒さを考慮すると安い中古のPCを買った方が安く済む場合もあります。

狙い目は前の記事にも書きましたがCPUがcorei7です。
多分、中古で第2、第3世代のCPUが出回っているはずです。
windowsを使う場合にはやはりcorei7の能力は高いと思います。

そしてLinuxに入れ替えを考えている人。

何度もLinuxをインストールしたり使っている人は問題ありませんが、やはりwindowsとは似ていても非なるものです。インストールする事自体は簡単であってもネットワークの設定や自分が使い易い環境にするにはある程度勉強も必要となります。

ただ、PCを弄るのが好きな人には向いていると思います。
デスクトップにしなくても自宅のサーバーにしたりする事もできます。
悩みながらも勉強したい人向けでしょうか。

インストールして直ぐにwindowsと同じように使いたいと思ってはいけません。
あくまでもLinuxを覚えたい、勉強したい人向けでしょうか。

そして最後にwin7をそのまま使う人。

updateが終わったからと言っても使えなくなる訳ではありません。
今までと同様に普通に使えます。

ただし、今後時間が経過するに危険度が増してきます。
外部からの攻撃を受けやすい状態になっていくという事です。
ただ、外部と繋がっていなければ問題ありません。

インターネットに繋げない環境設定をしておけば良いのです。

今の時代、ネットに繋がっていなければ動画もニュースもブログも出来ません。
wordやexcelやるぐらいならこれで十分です。

家のデータ(例えば、音楽ファイルや動画ファイル、個人情報など)を保管して使いたい時だけ電源を入れて見たり調べたりするPCの使い方としては最適でしょう。

何しろインターネットに繋がっていないPC程セキュリティ最強なPCはありません。
大事なデータがある人は危険なPCに保存せず、このようなPCだけにデータを保存するのが一番です。

現代はスマホ中心のネット社会になっています。
スマホの中にも大事なデータが沢山あるはずです。

危険なスマホの中にデータをそのまま放置しないで、ネットに繋げていないwin7を家族のデータバックアップ用にするのも良いかと思います。

古い、役目が終わったPCでも何かに役立つ事があります。

直ぐに捨てないで第2の生き方をPCに与えてはいかがでしょうか。

次のページ →