中古部品が沢山集ったので放出計画です!

年末も休みも近くなってきました。
そろそろ、仕事の方も開店休業のような状態になっている会社もあれば、今がかき入れ時の会社もあるでしょう。とりあえず、風邪やインフルエンザに注意をして、有意義に休日を過ごせるようにしましょう。

今日ですが、kinsaku氏から沢山のPC部品を譲って頂きました。

新古品のような物もあれば、ジャンクのような部品もあります。
メモリ、CPU、MB、HDDや各種ファン、ヒートシンク、VGAカード、音源カードなどなど。
山のように持って来られました。

私の家にも沢山の部品達がダンボールに入っているのですが、ざっと4,5箱分あります。

buhinn1

これ以上の保管は無理そう(奥さんがごみと間違える)なので、近いうちに私自身が整理整頓をして、出来たら、このブログを見にこられている方々に無料で譲ろうと思っております。(送料は負担してね。)古いパソコンのバージョンアップ用、古い部品を探していた人には最適な部品たちです。

buhinn2

なるべく、CPUとメモリとMBはセット状態にします。
箱のあるものは全て箱に入れておきます。
X40もsaku氏からご提供いただいた物を1台出します。

x40

「俺はボンビーなので、Linuxのマシンが作れない」とか「壊れたPCはあるがMBが買えない」など、欲しい人のための「パソコン部品譲る掲示板」を近いうちに立ち上げます。

「Linuxを最初からインストールしといてくれませんか?」という、ずうずしい人がいるかも知れませんが、これは自分でやっていただきたいと思っております。

CPUはpentium4からCore2duoあたりになります。
メモリはDDRの256MBから1GB、DDR2のメモリは1GB、複数あります。
モニターは液晶15インチが2台、VGAはAGPのRadeonやGeForce5200など。

沢山あり過ぎて書き切れないので、整理する間、お待ちください。
お金を掛けずにLinuxを勉強用に欲しいと思っている人には充分でしょう。

ただし、全ての起動確認まで出来ませんので、「うわ~動かない」など返品されても困りますので、そういう場合には廃棄してください。なるべくそのような事にならないように、事前聞き取り調査をするようにしておきます。

掲示板については、自分の持っている余った部品も投稿できるよな掲示板にしようと思っています。
オークションではないので、無料が条件、期間を決めて、複数欲しい方がいれば、抽選という事にします。

余った部品を有意義に使ってもらう。部品達も喜びます。

今年も開催予定の大晦日にMBとCPU交換

段々と年末が近くなってきました。

私はいつも年末年始の連休を利用して自宅内PCの見直しをしています。
今年も年末恒例の?大晦日にMBとCPU交換をやる予定を立てています。
これは、新年早々に気持ち良くパソコンを使う為に自主的にやっています。
・・・本音は家の大掃除したくないので、作業をしているフリをするためです。

今年は、色々と既存PCのヴァージョンアップを行ってきたので、これと言って新規のMBを購入しないと作業する物が無い状態です。しいて言えば、ASUSのP5-PE-VMのE6600マシンをジャンクで購入してきた、GIGABYTEのLGA775MBに交換するかという事になります。E6600からQuadに変更しようかとも思っています。

現在、このP5ですが、Scientific-Linux64を入れて使っている時に調子が悪くなり、古いドスパラケースから息子が使っていたミドルタワーにMB毎移設して、Linux-MintにOSを入れた変えた状態で使っています。現状は、これと言って不具合はありませんが、メモリが2GBしか認識しないために、このGIGABYTEの予備MBと変更するかという事を検討しております。DDR2のメモリ2GBを2枚にすればパフォーマンスも向上するし、使い易くなりますよね。

そして、古いドンガラのドスパラケースは電源が悪くなっている点とPCIバスの取り付け位置が微妙にずれている関係の粗悪品的なケースですが、妙に昭和的なスタイルがあって捨て難い。ビデオカードを差したりしなければ問題が無いので、大きさ的にもATOMのITXをこちらに入れ替えて、ファンレス仕様にしようか考えています。そうすればMini-ITXのケースが余る、すると家の奥さんに分らないように新しいMini-ITXのボードを知らぬ間に入れて使うことが出来る。

次は、Mini-ITXでも4コアと決めている。
A4やアスロンなどのAMDが良いか、Q1900で良いか悩ましいところです。
今年は急がずにゆっくり検討しようか。

家にはPentium3から色々なMB、CPUがありますが、現在一番古い機種となるのが、Soket370のCeleron1GのPuppy-Linuxです。Windows2000とのデュアルブート仕様になっていて、古い機種、古いOS、として生かしています。ネットに繋がなければ、ワードやエクセルなどのオフィスもこのWindows2000で充分事足ります。

来年も壊わさずに使いたい。

そう思って、毎年、年末にパソコン清掃などを行います。

2014年上半期mini-ITXについて勝手に評価する

今年も色々なMBが発売されています。

特に当ブログでは省エネタイプのmini-ITXを主流にご紹介をしてきました。
ほとんどの方はメインで使うパソコンがあり、セカンドPCや自宅サーバーにするための購入かと思っております。少し前までは2コアのAPUがこのmini-ITXのMBでは主流でしたが、2014年にはBaytrailのCeleronの4コアが登場し、AMDもA4-5000という4コアのAPUを出しています。

今後はMini-ITXでも4コアがメインストリームになると思われます。
現在、Mini-ITXを検討されている人は4コアのAPU搭載MBを選択すべきです。

IntelのCPUではJ900やPentium-J2900が販売されていますが、上位CPUのJ2900はECSから発売されている物だけで他のメーカーからは発売されていないと思います。少し値段も高いですし、メモリスロットが1つであったりと仕様的に残念な部分もあります。

ecs_bat1

メーカー的にはこの小型MBであるmini-ITXに力を入れていると思わせるのが、ASRockとECSではないでしょうか。ECSは前投稿にも記事を書きましたがLIVAという小型パソコンも発売しており、今後も省エネ、小型のパソコンやMBを発売してくると思います。

2014年前期において優秀(価格とスペック・仕様)と思われたのがASRockのQ1900-ITXではないでしょうか。

Q1900-ITX2現在の価格を見ても9000円程度で購入が可能で4コアのJ1900を搭載しています。これに128GBのSSDと4GBのDDR3を2枚=8GBのスペックで組み立ててもケースを考慮しても3万以内に収める事も可能となります。HDDにしたり、メモリを4GBにしたりすればもっと安く仕上げる事だって可能です。段々と値段もこなれてきた感があるASRock-Q1900は、今購入を検討している人は最優先で検討すべき商品であると思います。

Linuxで使用するには、このBaytrail-DのCPUについてはインストール出来ないとか色々と情報がありますが、ubuntuなどは最新のVerでも問題は無さそうですが、CentOSなどは情報も少なくきちんとインストール出来るのかは現時点では分かりませんが、発売されてから時間も経過しているのでディストリビューション側も対応してくれるのではないかと思っています。OSについてはLinuxを使うのかwindowsを使うのかによって初期投資の予算も変わってくるので、Linuxで使いたいと思っている人はubuntu-14で使用するのが安全なようです。

私は現在セカンドPCとして、AMDのE350を使用しています。OSはもちろん、CentOS-6です。E350は2コアなので、動画再生やデスクトップの画面表示でもたつく事がありますが、J1900であれば周波数もE350(1.6GHz)よりも高く、4コアという点では優秀なセカンドPCになると思います。AMDの4コアであるA4-5000については、価格が高いというのが難点でしょうか。そして周波数(1.5GHz)も微妙なところです。AMDのmini-ITXの良いところは、最初からVGAがRadeon-HDがオンボードになっている点です。横長のワイド画面でも3Dも美しく表示する事が出来て、Linuxを使用しても専用にドライバーを当てればwindows同様に美しい表示となります。IntelのCPU搭載MBも最初からGeForceをオンボードにすべきでないかと思っています。たとえ1000円.2000円ほど価格が高くても、こちらの方が後々お得のような気がします。

A6800AN
そう考えると、AMDのA4-5000の価格も納得せざる負えないのか?という事です。
問題なのは同じ4コアでも微妙な周波数というところだけでしょうか。

AMDにはもう少し頑張って欲しいと思っているのは私だけ?

まだ新品で購入可能なLGA775のマザーボード

XPサポート終了で新しくパソコンを用意された人、Linuxにした人、沢山いらっしゃると思います。
XPで使用していたパソコンの部品を上手く生かしたい、中古で安く手に入るようになってきたCore2quadも使ってみたい人にも最適です。物が物だけに無くなる前に見付けたら早めにゲットしてください。

◆こんな人向け

1.4GB以上のメモリを使えるようにしたい。
2.Core2duoからCore2quadにしたい。
3.今のLGA775のマザーボードがやばい。
4.現在のLGA775の予備として。

◆ASRock G41C-GS (価格帯 7000円前後)

151037

ソケット形状 LGA775
チップセット Intel G41/ICH7
FSB 1333/1066/800 MHz
メモリ DDR3×2 or DDR2×2 ※排他利用となります
サポートメモリ DDR3 1333(OC)/1066/800 Dual Channel
DDR2 800/667/533 Dual Channel
メモリ最大 8GB
フォームファクタ MicroATX
その他製品画像 背面端子

 

◆GIGABYTE GA-G41M-COMBO/A (価格帯 7000円前後)356301

ソケット形状 LGA775
チップセット Intel G41/ICH7
メモリ DDR3×2 or DDR2×2 ※排他利用となります
サポートメモリ DDR3 1333(O.C)/1066/800 Dual Channel
DDR2 1066(O.C)/800/667 Dual Channel
メモリ最大 8GB
オンボードグラフィック あり
対応出力 D-Sub
PCI Express x16 1
PCI Express x1 1
PCI 2
Serial ATA 4 (SATA2 3Gb/s)
サウンド 5.1ch
LAN 1 (ギガビット対応)
フォームファクタ MicroATX

 

XPの後にwindows-7やcentos、ubuntuなどをインストールした結果、「やっぱりメモリが2GBでは辛いな」と思っている人は多いと思います。使い慣れてくるとマシンの欠点が見えてくるのです。しかし、DDR2メモリであれば搭載量も限られています。この二つのマザーボードの利点はDDR2とDDR3のメモリが使用できること。排他使用となるので同時には使用不可能ですが、安いDDR3メモリで4GBを2枚=8GB搭載できる意味は非常に大きいはずです。これで64bit環境も生きる事になります。

centOSやubuntu、scientific-linux、MINTなど使用されている人も、Linuxはメモリ搭載量が命です。
SWAPして真っ当に動かないなど問題を抱えている人は、早めに購入を検討してください。
Firefoxとかメモリ消費が大きいので、SWAPを気にしなくても大丈夫です。

GA-G41M-COMBO/Aについては、息子のwindows-7(core2duo-E8400,SSD-128GB+HDD-2tB)で使用していますが、全然問題ありません。仕事先のi5と比較しても、こちらの方がSSDになっているだけあって起動も速く、とても静かです。(これは半ジャンクで付属品無しを2000円程度で購入した物です)

最新のLinuxをインストールした人は、メモリも8GB積んで、Qコアにして試してみて下さい。 Qコアの価格にもよりますが、上記のMBを含め2万円前後でLinuxデスクトップ環境も最適かと思います。

まだまだ使えるぜ!Core2quad!!

Core2duo使っている人はCore2quadにするべき

現在でもCore2duo使っている人は多いと思います。

実際、私もE8400やE6600、未使用のE4600があります。
E8400は息子のwindows-7で+SSD128GBで動作しています。
E6600はScientific-Linux6.4で動いています。

古いマザーボードだと、E4600までとかE6700までとかCPUを交換出来ないLGA775のボードがありますが、現在使用しているMBのCPU対応表をマザーボードメーカーのHPで確認すると分かります。その時にはマザーボードの正式な型番が必要なので起動させるときにしっかり目に焼き付けて下さい。(BIOS見れば充分ですが)

Core2duoしか対応していないボードでは仕方ありませんが、Quadコア対応のボードであれば、QコアCPUに交換をするべきです。実際に動かした時にあまり変化が無くても、CPUの使用率を見ると一目瞭然で処理中でも直ぐに下がります。

windows-7で使用している人が多いと思いますが、これはCentOSやubuntuなども同じ事で、2コアと4コアであれば処理能力が全然違います。価格もCore2quadで上位だったQ9650やQ9550、Q9450なども9000円から15000円前後の中古価格帯です。Q6600(2.4Ghz)であれば5000円~6000円という中古価格で手に入ります。息子の使用しているwindows-7(E8400)と私の使用しているWindows-7(Q9450)を比較すると、本当にCPUの使用率が違います、同じようにブラウザを使いyoutubeの動画を見てもはっきり違いが分かります。同じような電力消費ならば、これから5年前後使用するであろうwindows-7にはQコアを付けても損ではありません。

注意して欲しいのは、Q6600はCPUとして中古市場に沢山出回っていますが、クロックアップされて痛んでいる固体も多い筈なので、実際ショップで何種類か見た上で確認をして欲しいと思います。見たからと言ってもCPUの内部が見れる訳ではありませんが、箱付きなのか、CPU単体のバルクなのか付いている付属品などで判断すべきでしょう。

時々、中古のマザーボードを見ますが、Qコアに対応しているマザーボードは現在でも結構な金額(高いものだと10000円以上)で売られています。慣れている人ならば、説明書、ドライバー等付属品が無い半ジャンク品も狙い目です。SATAのケーブルが付いてなくても全然OKですしね。

この休みに中古ショップ周りされてはいかがでしょうか。

私もメモリが余っている(DDR2)ので、LGA775のマザーボードを探しに行くつもりです。予算的にはQ6600+MBで10000円ですかね。これでCentOS6.5のdesktopを動かしたいと考えています。

次のページ →