BTOパソコンと自作パソコンについて

VersaProのCPU交換をするつもりなのですが、残念ながらCPUがまだ手元に届いておりません。

Celeron-MからCore2duoになれば、そこそこ動くノートになると期待をしています。
消費電療が多少上がってしまう事になりますが、こんなフルサイズの航空母艦である赤城のような大きさのノートパソコンを外に持ち出して扱うという事はありませんので問題ないでしょう。

そう言えば、良く何とかバックスコーヒーとかでノートパソコン広げて何かしている人いますが、そんなコーヒー屋で急いで何かやらねばならん事あるのでしょうかねぇ。

いつも見かける度に思ってしまう。

普通に外であればスマホで十分のように思いますが・・・。

さて、久しぶりにメールをもらいました!  ありがとうございます。

質問として、「BTOのパソコンと自作パソコンはどう違うのですか?」という内容です。

先ずは名称が違う。(そんな事聞いてないか)

BTOとはPCショップ等で選ばれたパーツで組み立てられたパソコンです。
自作パソコンとは、個人が自ら選んだパーツで組み立てたパソコンです。

まぁ、ショップの自作パソコンか、個人の自作パソコンの違いでしょうか。

DOS/V規格のパーツでパソコンは組み立てる事がだいぶ前からできました。

windows95.98.2000の頃がピークだったのではないかと思っています。
その時代と今を比較すると、部品が少なくなったこと、パーツを販売するショップが減少したことが挙げられるのではないでしょうか。

では、何で自作パソコンが流行ったのか?

その頃は、パソコンが安く作ることが出来た!からです。
windows等のOSも現在のように認証が厳しくなく、1つ買えば何台もインストール可能でした。
この事も大いに関係しているのではないでしょうか。

そして今・・・・・

部品は少なくなり、部品の選択肢も少ない。
その上、ショップも少なくなって、安く作れるという旨味はほとんど無くなりました。

今はCPUでもAMDかIntelを選択する事ができるが、一時はIntelしか選べない時もあったように思います。その分、前の時代と比較して自作の難しさ、敷居は低くなったように思えます。部品の接続の仕方、設定など、誰にでも出来るように工夫されていますよね。

その上、あまり部品と部品の相性問題というのも聞かなくなりました。
相性と言うのは、特定のメーカーの部品に特定の部品を付けると動かない、固まる等の現象です。
主に、マザーボードとメモリ、VGAカードであったように思います。

BTOパソコンもこの時代からありました。
小さなショップでも、その店独自の部品構成で販売していて、値段も自作パソコンよりちょい高い程度であり、初心者(自作じた事の無い人)でもメーカー以外のパソコンが使えて、安いというメリットがあったと思います。

そして現在・・・。

自作するにしても選択できる部品は少なく、値段も安くはない。

BTOの方が、はじめから組み立てられていて、部品の相性の問題も気にしなくてすみ、もし壊れても保証がきく、その上、交通費をかけて部品収集をしなくてもOKなんですね。

えっ?通販で買えばいい?

通販で一度に同じ店で購入すれば良いが、送料も馬鹿に出来ないですからね。

BTOで店の決められた仕様が嫌という人は、自分で部品を指定する事も出来ますし、HDDやSSD、メモリ等の容量についても要望がききます。

そう考えると、これから自作したい人は最初にBTOを買って、HDDを追加したりと色々やってみて、構造を知ってから自作の領域に入るのが良いでしょう。

知識が身に付けば、ジャンク品を復活させたり、CPUを交換して使えるようなパソコンにするとか、作業自体を趣味として楽しめるものになると思います。

値段の高い、安いで判断するならBTOでしょう。
パソコンやOS、仕組みを覚えたい人は自作パソコンかと思います。

そして、これを通り越したらLinuxの世界になるでしょう。

自作PCの世界はもう2社択一になっていきている

今週は梅雨時だけあって雨の多い日が続いています。

雨が降っていると、通勤通学が嫌になりますよね。
電車に乗るだけで眼鏡が曇ってしまい前が見えなくなる。
眼鏡にも自動車の熱線のような機能が付いているといいですよね。
ワイパーでも良いのですが、ワイパーだと耳の横にあるので音がうるさくなる感じがします。

昨日は、マイクロソフトのwindows10 DSP版の価格について書きました。
今安価で販売されているPCに搭載されているwindowsPCと比較しても非常にお高いものです。
逆にDSP版で自作PC派の人達から利益を吸い上げているのかと思うと腹が立ちます。

特に趣味で何台も家にPCがあって、windowsを使っている人はいくつも同じOSを購入して使っています。1つのDSP版で家庭では3台まで使用可能とかにすればいいんですよ。そうすれば、15,000円で購入しても一台当たりの単価は5,000円にもなるし、余分にOSが入れられるようになれば、またパソコンを作ってインストールしようか?と考えますよね。

自作PCの旨味が最近では本当に少なくなったと思っています。

ASUSもGYGABATEも有名所のメーカーの最新作も少ない上、機能も金太郎飴である。
ちょっと購買意欲がそそられるような部品って無くなりました。

良い例がビデオカードだと思います。

RADEONまたはGeforceの2社選択しか無い状態です。
ゲームするならGefoceの高いカード買うという選択しかありません。

最近のネットゲームだと回線速度の速さとパソコンの性能が=実力という事になっている場合が多くて、一生懸命上手くなろうと努力しても無駄な場合が多いようです。腕でカバーする事よりもいかに高い性能のパソコンでゲームをするか?という環境の方が重要なようです。

いつも最新の新しい機器でやっているゲーマーさん達には敵わないという事です。

そういう事実が分かってくるとゲームもつまらない物になってしまいますよね。

話は逸れてしまいましたが、今後の自作PCってどうなると思いますか?

私が思うには部品の選択も2社択一の選択しか無くなって、ほとんど同じPCしか作れなくなるように思っています。CPUしかVGAしかり、この2つはもう2社択一しか出来ませんし・・・。

そうなると価格も決して安くない、DSP版は高い、同じようなPCがメーカーにあれば、そちらを買った方がコストパフォーマンスが良いという事になってしまいます。

今の若者であればコスパ中心に物事を考えるでしょう。
そうなると、自作PCやっている人は、プラモデルが好きな人達と同じようになります。

TAMIYAとかで自作PC作ると売れるんではないでしょうか?
★マークが付いているケースとか、迷彩色とかデカールで貼れるとか・・・。

自作PCの恩恵が受けられるのはLinuxの方が上であると思っています。

DELLのBooK型PCを分解してMBだけ使用する

仕事先に余っていたPC、DELLのBOSTROとい名称のBook型パソコンです。

そのパソコンにLinuxをインストールして部署のファイルサーバーにしていました。
HDDも320GB、メモリは4GB、CPUはPentiumDualCoreの2GHzのスペック。

こちらのHDDの容量が一杯になってしまいました。

不要なファイル等削除しながら使っていましたが、もう限界のようです。

かと言って新しいPCを買うまでも無い。
無駄な経費は使いたくない。

そう考えていました。

上司に相談をして、今のパソコンから使える物を利用するようにして安価にサーバーを作る許可を得ました。

予算は2万円程度です。

Dospara等の通販でHDDやケース、そして電源などを見ておりました。

先ずは使う予定の部品(DELLから取り外す物)としては・・・・

1.320GB HDD
2.マザーボード+メモリ(4GB)

VGAはオンボードの物をそのまま使用することにします。
(CUIで使用するので何でも構わない。)

そして部品として発注して物

1.HDD 3TB SATA 7200 64MBキャッシュ 2台 @7,500円  15,000円
2.ミドルタワーケース(白) 特売で2,000円ほど(電源なし、吸排気ファン付)
3.500W電源 5,000円ほど

合計で25,000円未満で済みました。

家から余っていたCPU(Core2DuoE4500 2.4Ghz)を持参し装着。
実は家に予備のMBがあり、これを使う予定でしたが、メモリソケットが2個しかなく、このDELLのPCはソケットが4個付いています。1GBのメモリ2枚で2GBよりも4GBの方がサーバーとしては良い感じになるので再利用としました。

メモリが1枚2GBなら8GBまで搭載できるというのがいいですよね。

インストールしてあるLinuxはLinux-Mintです。
サーバー名もMintーServerとなっています。

外すのは超簡単ですよね。
もう戻さなくていいと思うとバンバンネジを外していけます。
内部は安っぽいファンが付いてましたよ。
CPUファンは埃まみれです。
掃除する方が時間がかかりますよね。

10分程度でマザーボードは外れましたが、問題が2つありました。

ひとつは、マザーボード後ろのバックパネル(IOパネル)がDELL本体に直付けになっていて外せないこと。もうひとつは、power swichやHDD LED等のスイッチ類の配線図が無い上に、繋がっているソケットがUSBソケットのように一塊になっている。これは個々ひとつひとつ確認しながら作業を進めるしか方法は無さそうです。

25,000円で6TBのファイルサーバーが出来上がれば安くありませんか。
これだけあれば、何のサービスでも動かせそうですよね。

 

設定については、次回に続く・・・・

仕事先のPC増設する予定だが・・・

珍しくPCの話を書こうと思います。

最近、皆さんは自分のパソコンや自作パソコンの部品入替など行いましたか?

私の場合には、メインPCであるWindows7のCore2Quad9450+SSD120GB+HDD1TBの仕様で全然変わっておりません。普通にネットやOfficeもそこそこのスピードが出ているので替える予定もありません。

サーバーに関してはATOM、その他CentOS6のE350やPentiumDualCoreのMINTなどがいます。

自作関係の部品についても自分としては面白い物が無い上に、OSも今のところLinuxでも欲しいと思うものが無くHDDの容量等も含め充分な状態であるがゆえに欲しい物が無い。

仕事先のパソコンについては以前ちょこっと書きましたがリース物件のサーバーやクライアントも富士通のBook型PCであったりとつまらないパソコンばかりであります。

富士通のBook型パソコンについては、HDDが調子の悪い機器が多くあり、起動途中で固まるパソコンなど、その都度、私が修復しながら使用させていました。このHDDがSeagateなんですけどね。

CPUがi5の4コアでメモリが4GB搭載してあるにも関わらず、妙に遅い。
マザーボードが悪いのかVGAも付ける事が出来ない。
まぁ、メーカー製品なんてこんな物なんでしょうけどね。

やはり自作して拡張性のあるPCを作っておく事は大事ですよね。

この4月に前記の富士通PCのリース契約が終了するので、対応として継続するか?新しいパソコンにするか検討する事になりました。

私の意見としては「このリース物件は全て終了で継続無しで返品する」という事です。
リース切れとなるパソコンは2台。

もちろん、OSはWindowsですが、もう7は購入出来ないので10になります。
使い方としては、いつもの如くOfficeのワードとエクセルと写真加工少々というところでしょうか。難しい事はやらないパソコンです。

そこで新しいパソコンのスペックはどの位にするか?という事を考えていました。

どうせワードとエクセルぐらしかやらない。
無駄に良いスペックでももったいない感じがする。
ビジネススペックで丁度良い感じなんですよね。

もちろん価格的にも抑えた方が良いに決まっている。
定石なら、Intelのi3やi5あたりになるか、AMDのA7,A8とかA10でも良いだろう。
安く仕上げる代わりにSSDとHDDを取り付ける。

問題なのがOffice製品なんだよなぁ。
ワードとエクセルだけでも2万円以上もする。
本当にワードとエクセル位はWindowsの標準装備にして欲しいよな。

面倒だから、どこかのBTO完成品でも買うかな。

自分のPCの改造とか部品交換とかなら燃えるけど、仕事先の安定して使うPCの場合にはあまり気が乗らないんだよね~。

3万くらいで買えるパソコンにSSDでOKじゃろ。

段々といい加減になってきているおやじである。

SSDを仕事先のPCに入れてみる

安くなりましたねSSD。
128GBの物なら4.5000円で買えるようになりました。
2つ買ってSSD-Raidを試すのも面白いかも知れません。

さて、今回はHDDの調子が悪い職場のDELL Inspiron(i5 mem4GB win7)にSSDを取り付けたお話しを書こうと思います。

このPCは、職場で特定の人が専用で使うPCではなく、5.6人で共有して使われている物です。
そのため、デスクトップにはアイコンだれけ、調子が何気なくいつも悪い。
そんな感じのデスクトップパソコンになっています。

形状はBook型、22インチの液晶画面(普通のパソコン)です。

私も調子が悪いのは知っておりましたので、暇な時にディスクのチェックをしたところ、物理的なエラーがある事を確認していましたので、HDD自体がいつ壊れるか分からないと、張り紙をしておきました。

そんな状況でブルー画面になる事が多くなりました。

HDDに交換するか、SSDに交換するかは悩みましたがSSDにするのが良いと判断しました。

何しろ、せっかちに人達が使うPCなので、何でもクリック・クリック・クリック!と連続して押してしまう人がいる。少しでも処理が速い方が固まりにくいだろうという判断と、SSDの価格が下がり
現在使っているHDD500GBと価格が+1万円以内に収まるという事でした。

さっそく、ケースの蓋を開けてHDDを見てみます。

やはり、Seagate製品でした。
このメーカーの製品って、本当に耐久性が無いというか、発熱王というか、私とは相性が抜群に悪い。以前、自分で買った時にはインストールして2.3日で壊れた事があります。本体に触ると目玉焼きが出来る位熱かった。

以後、私の家ではこのメーカー製品を購入するのを止めました。
いくら安くても買いません。

友人や仕事先で調子の悪いパソコンをみる機会が多いのですが、多いですSeaGate製品は・・・。
メーカー製品は特に安いHDDを載せる傾向にあるので多いのは当然なんですけどね。

そして選んだSSDは東芝製品の480GB(16,000円ほどでした)
東芝製品を選択したのはマウント(5インチ)が付属してからです。
同じ480GBでも安い物は14000円代であったのですが、マウントが付属していなかった。

DELLのパソコンですが、MBを見るとSATA2しか付いていない。
i5のパソコンなのに、どうして?と思ってしまいました。

しかし、無いものは仕方ない。
AHCIモードにならなくてもHDDよりは速いだろう。
SATA3の速度の恩恵を得られないのは残念だが仕方あるまい。

本来ならば、不要なファイルを削除、ディスク内デフラグをしてクローンするのが一番な方法なんですが、そこまでゆっくりと作業をする暇もない。A型の私としては、作業の順番に納得がいかないも仕事を滞らせるよりは我慢するしかない。時間優先としました。

内部のデータ(OSなど)は写真、音楽、動画など沢山入っており、200GBはある。
クローンでデータを移動させるのに夕方3:30から始め、5:00を過ぎても後、1時間ほどかかる予定となっている。移動時間だけで3時間は必要だった。

そして、6:20頃にデータ無事にSSDに移動が出来、HDDを外し、SSDに付け替える作業が10分程でした。データを移動させるポートは、DVD-ROMのSATAを一時的に外して作業しました。もちろん、完了後は元に戻しておきました。

クローン化に使用したソフトは・・・
無料で使えるEaseus Todo Backup です。

ソフトの扱い方については、画面クローンボタンを押して、元データディスクと移動先のターゲットディスクを指定すればOKという感じでした。自作派の人には簡単な作業です。
心配な方はググって調べて確認してみてください。

SSDに取り換え作業が終わったDELLパソコンですが、無事に起動しました。
IEやネットワーク、Officeなども起動確認をして大丈夫である事もチェックしておきました。

スピードですが、SATA2である分、HDDとSSDの中間のような速さです。
SATA3で使用して人にとってみると遅いが、HDDで使っている人からすると速い感じです。

今回は、猫に小判という印象ですが、使っている人達が使い易いという事であれば良かったのではないかと思っています。

さてさて、いつまで保つか、このSSD。

SSD装着後の確認について

久しぶりの記事になってしまいました。

前回の記事を読んでSSDに変更された方いらっしゃいますか?
「俺はまだHDDが使えるからそのままでいい」という人もいるでしょう。
でも、自分の使っているパソコンで気に入っている物は変えてみるのも悪くありません。

初心者の人も使ってみれば価値が分かると思います。

最近はせっかちの人が多く、何でもマウスをカチカチクリックする人が多い。
そういう人にもサクサク動くSSDは最適です。

私の使っているパソコンには4台がSSDになっています。

1.windows7 64bit core2quad9450 128GB SSD + 1TB HDD
2.Kona linux 64bit core2duoE8400 240GB SSD + 500GB HDD
3.Zorin os LITE 32bit aspire-one atom1.6G 128GB SSD
4.Kona linux 32bit IBM Thinkpad x40 32GB SSD

HDDのまま使用しているパソコンは・・・

1.centos6 64bit AMD E350 2TB HDD
2.Linux mint 64bit penitum duallcore2.9GHz 1TB HDD
3.kona linux 32bit IBM Thinkpad x40 32GB HDD
4.centos6 64bit atom 500GB HDD(server)

息子のwindowsも128GBのSSD+1TBのHDDにしてあります。
まぁ猫に小判でしょうか。
aspire-oneも猫に小判状態ですが、移動用(持ち運び用)なので入れてあります。
起動はそんなに速いと思いませんが、シャットダウンは異常に速いです。

比較的に新しいOSはSSD対応(trim)になっているので交換時にシステム的な調整はしなくてもインストールをし直せばtrim設定に自動的になります。使っていたOSをそのままコピーして使用する場合には、trim設定になっているか?確認して、なっていないようであれば自分で設定してみるようにしましょう。

Linuxも同様でcentosなら6からがSSD対応になっています。
#cat /sys/block/sda/queue/rotationalで0になっていればOKです。

ubuntu系の確認コマンドは・・・
#sudo hdparm -I /dev/sda | grep -i trim でTRIM supportedになっていればOKです。

windowsの場合にはターミナルを管理者権限(右クリック)で起動させます。
そうしたら、fsutil behavior query DisableDeleteNotify と打ち込んでください。
DisableDeleteNotify = 0と表示されればOKです。
後はデフラグを停止させる事が必要です。

課題はtempファイルの扱いです。
デスクトップでメモリが豊富にある場合はram diskの使用が良いと思います。
また、データ保存用にHDDを取り付ける場合には、こちらにtempファイル用のフォルダーを作って指定する方法もあります。

頻繁に使うパソコンであればdownloadしたり、色々なファイルを保存したりするケースが高くなると思います。そういう場合には、windowsであれば、マイドキュメントのホルダーを増設したHDDにフォルダーを作って指定すれば、SSDに保存されず、HDDに保存されるようになるので、そうしておいた方がSSDに優しいと思います。

firefoxやIEなども、HDDにフォルダーを作ってtempファイルなどはこちらに設定しておきましょう。

データはSSDになるべく保存しないようにすべきかと思います。
もしSSDが壊れても、HDDが生きていればdデータはそのまま使えます。

HDDもSSDも普段から大事なデータはBack-Upしておくのは大事な事です。

やっぱりSSDにしないと・・・。

仕事先のPCのHDDが壊れて修理を依頼されました。
前からwindows7が途中でブルー画面になったりしていたPCです。
メモリテストは異常なし。HDDのチェックでエラーが沢山出てきました。

使っている人に聞くと、「前は速かったけど、今は異常に遅い」とか「起動してから使えるまで時間がかかり過ぎ」とかの意見があり、今回はSSDに変更することにしました。

値段をAmazonで調べると120GBは安い安い、240GBが前の120GBの値段で買えます。
今回は240GBを選んで「ポチッ」ってしまいました。

とりあえず調べたSSDです。

★240GB SSD

★120GB SSD

240GBであれば普通にwindowsのデスクトップでも充分ですよね。
予算に余裕がある人は、容量の大きいSSDを購入してもOKですが、コストパフォーマンス優先で考えると240GBかな。

120GBのSSDは中古のノートパソコン用とかに最適です。
1.2万円の中古パソコンに高いSSD入れるのもちょっと考えてしまいますが、5000円程度のSSDで起動も速く、使いやすくなるのであれば変える価値はあると思います。中古で古いHDDでそのまま使っている人は騙されたと思ってSSD使ってみることです。中古でwindowsの入っているノートパソコンをSSDにしてKona-Linuxで起動させると格好良いですよ~!

kona_xf自作PCに慣れていない人はディスク交換という作業も面倒な事になるかも知れませんが、これは自作云々言う前に、パソコンを使っている人ならば自分の大事なデータが入っているディスクの交換くらいは出来るようになっていないといけません。悩みながらも自分で作業してみる事、その意識が大事です。

注意して欲しいのはwindows10にしてしまったパソコンでディスク交換するとハードの変更になり、認証が外れてしまう場合もあるようです。そういう場合にはwindows7の状態のまま、ディスク交換をしてからwindows10にアップグレードしてください。新規にきれいにwindows10をインストールする方が何となく良いように思えます。

この土日、暇な人はSSDでGo!Go!しませう。

次のページ →