LINEって沢山の自治体や省庁で使っていたんだ

さて、前記事でLINEの件を書きました。

その後もニュースやネットの記事等で自治体や色々な省庁が使っていたという事実がボロボロと出てきました。

ニュース的には大きくなってきました。

都合の悪い事は隠して、小出しにするのが得意ですよね。

一番、腹が立つのは、日本の中枢で政治的な事、日本の国について他国に秘密にしなければならないような事についてもLINEを使っている事です。

政治家の意見等も経済的な事も同様です。

色々、時間を掛けて研究してきたもの、特許のようなもの、新開発のもの等、LINEのやり取りで簡単に情報が盗まれるんですよ。

ましては、あてに出来ないお隣の国のつくったアプリですよ。

意図的に紅組に「日本の情報どうぞ!」っていう事だって考えられなくも無い。
何しろ日本を貶めたいと考えている国ですよ。
立ち位置が半分紅組ですし。

そんな国の作ったアプリをのほほ~んと使っている馬鹿な人達。
その上、情報満載のサーバーまで半島に置いてます。

「他の自治体でこういう使い方しているからうちも使おう!」なんて物真似が好きな公務員の人達が沢山いますからね。独自の発想なんてありません。

みんなが使っているから怖くない理論でしょうか。

このような個人情報の漏洩問題が発覚しても直ぐに言わずに、どこかの自治体が言い出すまで黙っていて、公になったら「やっぱりうちも使ってました!}みたいな・・・。

前記事にも書いたが、LINEを使おうと言い出しっぺは誰なんだ。
そしてその意見に乗った人は誰なんだ。

自治体だけではなく政府、省庁、政治家も同じではっきりさせろよ。

個人情報が漏洩する可能性が非常に高いアプリの使用をした罪だ。
一般企業だって情報が漏洩すればそれ也の責務は負いますよ。

日本が技術大国から堕ちていくのも、産業スパイ的に情報を盗み取られている事も関係しているのではないのか。

日本国の課題は・・・・・

・スパイ防止法を早く作る
・情報のやり取りは日本製のアプリのみ使用する
・情報を保管するサーバーは日本国内に設置する
・IT関係会社は日本製のアプリ開発に外国人は使用しない
・個人情報漏洩の罰則を強化する
・意図的に漏洩させた場合の罰則を強化する
・ITの大臣は若くて切れる人材にする

時代的にもITの意味合いが分からない高齢の政治家には退場してもらう必要がある。

こいつらが居ても余計な事ばかりでロクな事をしない。

これは排除では無い。

今の時代に必要な政治家を選ばなくてはならないだけである。

どんなサーバー(スペック)を提案しますか?

2.3日前から本格的に花粉症の症状が出てきました。

夜なのにくしゃみが出る。
鼻水が止まらない。
薬を飲んでも鼻水は止まらない

仕事をしている最中でもお構いなしです。

もう鼻の粘膜が一撃でやられてしまっているので、ちょっとした刺激でくしゃみが出て、続いて鼻水が出て来てしまいます。

私が花粉症になったのは、自分では中学生の頃だと考えています。
その頃は花粉症という言葉も無く、ただ鼻水を垂らすだけの存在でした。

あれから30年以上毎年、この花粉症に苦しめられています。
20年か30年経過すると抗体が出来るとか話がありましたが、全然出来ません。

もしかすると花粉もウイルス同様に変化をしているのかも知れません。

同様に苦しめられている人も多いはずで、今のコロナ禍でくしゃみや鼻水は近隣の人から嫌がられる傾向にあります。
本当にきつい時には微熱も出ます。

困るのはアレルギー体質で無い人には分からない事です。

体の調子が悪くなると益々鼻炎は悪化するのでお互い注意していきましょう。

さて、今日は祝日で天皇誕生日となります。
でも、仕事をしている人は沢山いらっしゃいます。

私もその中の一人であります。

バイクを弄りたい、乗りたいと思いますが仕事では仕方ありません。

我慢、我慢です。

今日は関連会社から依頼されたサーバーについての仕事をしようと出社しました。

現在使用中のサーバーはリースで導入をして5年目となり、リース後もそのまま使い続けるか?新しく入れ替えるかの相談を受けました。

本体はDELLのタワー型でOSはWindows Serverです。

リースで新しくすると月に45,000円程の費用がかかります。

使い方は主にクライアントPCのデータバックアップ関係のファイル保存です。
近くにこの会社の営業所があり、共通してこのサーバーを使っています。
接続形態はYAMAHAのルーターを使用したIPsec(VPN)です。

ファイルは画像(写真)関係とワード、エクセルの書類で、データは今現在2TB位です。サーバーに外付けHDDが接続されており、サーバーHDDのバックアップを自動的に取っていると話をしていました。

ただ、サーバー周辺の整理整頓がされていない上に外付けHDDが数台接続されているので、見た目が汚く埃も多い嫌な環境です。黒い本体ケースが灰色っぽくなってます。

自分としてはあまり触りたくない雰囲気です。
鼻水全開のこの時期は埃のある場所に行きたくありません。

使っている人達の話も聞きながら、私から新しいサーバーについての提案をします。

★考えられる方法

・新しくwindows serverでリースを組む
・このままリースを再継続して安い料金で使い倒す
・Linuxで小型のファイルサーバーを作る
・費用を掛けてwindows severのサーバーを作る
・余っているPCでサーバーを作る、OSはLinux

という提案が考えられます。

データ保存、保管という面と安全性(HDD破損など)を考慮すると再契約や余っているPCをサーバーにする方法は妥当ではありません。

小型で安いサーバーを作るか?
高いwindows serverを買うか? どちらかの選択になります。

私が一番面倒臭くない方法は、windows serverを新しくリースする事ですが、これでは私に依頼してきた意味が無い状態になってしまいます。

費用だけではなく、ちょっとした工夫も必要なのか。

皆さんであれば、どんなサーバー(スペック)を提案しますか?

在宅ワークとファイルサーバーについて

windows7の更新が終了して、会社に沢山の不要なPCが私のところに来ました。

理由は、「使えるのかどうか判別するため」です。
つい昨日まで使用していた物なので使える事は使えます。

但し、安全と故障については責任をもてないだけの話です。

wimdows7は良いOSだったので販売期間も長く色々なPCに搭載されました。

この廃棄予定のPC達をどうするか?

私自身としては、何かしら仕事で役立つようい使える状態にしてあげたいと考えるが、HDDやマザーボード等の機器の状態と搭載されているCPUで線引きをするしか方法は無いのかなと思っています。

皆さんの会社ではPCのスペックはどうしていますか?

今私が勤めている会社は、壊れたら購入する、必要になったら購入するという無計画な?導入をしていた関係でメーカー、スペック、メモリ搭載量、officeの有無等もばらばら状態です。(最近はスペックは統一しています)

私が来たころにはPC自体がリースだったりしたので、ほとんど全部、時期がきたら解約して新しくPCを購入し導入を始めました。

社内のローカルサーバーも高いリース料金を払い、余計なシステムも勝手に付けられていました。勿論、これも直ぐに解約です。

販売会社の担当者者からは忌み嫌われました。
(知らない事を良い事に押し込んで販売リースしている方が詐欺ではないか。)

そして余ったPCでLinuxサーバーを構築しました。
Linuxサーバーを作るにあたり、購入したのは・・・

・新しいHDD(2台)
・ケース(ミドルタワー)電源付き
・吸排気静穏ファン

の3点だけで、ケースが古びたDELLのPCからマザーボードを外して新しいケースに移植したものです。

その時にマザーボードも掃除、メモリも他のPCから取り出し追加し、静かなLinuxサーバーが出来上がりました。

HDDの容量は3TBが2基で6TBという容量です。
4年前に作りましたが、今でも稼働、容量の空も充分にあります。

サーバーやPCをリースにする程、無駄に経費をかけているような気がします。

サーバー等はメンテナンス込みの費用であるが、メンテとは名ばかりでファンの掃除をする程度であり、非常時も対処するのに時間がかかります。

そういう費用だけでも私の給料が出るのではないかと思います。

今はコロナ禍で外部から会社のサーバーにアクセスしたい人も多いはず。

でも、いい加減な使い方をされてしまうとセキュリティ面で不安が残る。

在宅ワークとファイルサーバーの関係、今使用しているクラウドとの両立なども考え、在宅でも使えるサーバーを構築しようか検討しています。

在宅ワーク用サーバーを検討している人いますか?

windows7のパソコンどうしてますか?

1月14日にupdateが終了win7ですが、皆様どうしていますか?

私の家のパソコンでは私のデスクトップpcがwin7のままです。
というのも引っ越してからは押入れの中なんです。

もっぱらノートPCのwin10とLinuxーmintで十分なんですね。

今後はLinuxに入れ替えるかにしようと考えています。

ただ、家の作業用PCとしてはwin7のままでも十分ですし、ネットに繋がらなくても作業する事は可能なのでそのままでも良いかなとも思っております。

ただ、win7しかPCを持っていない人はwin10にした方が懸命です。

win7のPCでも旧型でメモリも2GB以下、CPUもceleronとかAtom、pentium-dualcore等はちょっと厳しい感じがします。まだメモリを追加出来たり、CPUを交換できるマザーボードであれば良いのですが、部品を交換したりする面倒さを考慮すると安い中古のPCを買った方が安く済む場合もあります。

狙い目は前の記事にも書きましたがCPUがcorei7です。
多分、中古で第2、第3世代のCPUが出回っているはずです。
windowsを使う場合にはやはりcorei7の能力は高いと思います。

そしてLinuxに入れ替えを考えている人。

何度もLinuxをインストールしたり使っている人は問題ありませんが、やはりwindowsとは似ていても非なるものです。インストールする事自体は簡単であってもネットワークの設定や自分が使い易い環境にするにはある程度勉強も必要となります。

ただ、PCを弄るのが好きな人には向いていると思います。
デスクトップにしなくても自宅のサーバーにしたりする事もできます。
悩みながらも勉強したい人向けでしょうか。

インストールして直ぐにwindowsと同じように使いたいと思ってはいけません。
あくまでもLinuxを覚えたい、勉強したい人向けでしょうか。

そして最後にwin7をそのまま使う人。

updateが終わったからと言っても使えなくなる訳ではありません。
今までと同様に普通に使えます。

ただし、今後時間が経過するに危険度が増してきます。
外部からの攻撃を受けやすい状態になっていくという事です。
ただ、外部と繋がっていなければ問題ありません。

インターネットに繋げない環境設定をしておけば良いのです。

今の時代、ネットに繋がっていなければ動画もニュースもブログも出来ません。
wordやexcelやるぐらいならこれで十分です。

家のデータ(例えば、音楽ファイルや動画ファイル、個人情報など)を保管して使いたい時だけ電源を入れて見たり調べたりするPCの使い方としては最適でしょう。

何しろインターネットに繋がっていないPC程セキュリティ最強なPCはありません。
大事なデータがある人は危険なPCに保存せず、このようなPCだけにデータを保存するのが一番です。

現代はスマホ中心のネット社会になっています。
スマホの中にも大事なデータが沢山あるはずです。

危険なスマホの中にデータをそのまま放置しないで、ネットに繋げていないwin7を家族のデータバックアップ用にするのも良いかと思います。

古い、役目が終わったPCでも何かに役立つ事があります。

直ぐに捨てないで第2の生き方をPCに与えてはいかがでしょうか。

次のページ →