一家に一台Linuxサーバーがある生活

やっとLinuxサーバー(Centos6)を設置しました。

引っ越してから押入れの中で冬眠していた機械です。
スペック的にはメニューに書かれている物であり、ATOMのCPUとメモリが4GB、HDDは一度交換して1TBの物が付いています。

OSは変わらずCentOS6のまま使っています。(♪昔の名前で出ています)

何と言っても、省電力で遅いCPUですが、SSHのコマンドラインで使っている分には全然違和感も無く普通に使える上、音も静かなので小さな家では非常に助かります。

ケース自体が四角いサイコロ型なので、置き場所もテレビ台の裏側の空いているスペースに置きました。テレビの後ろに隠れていて家の家内も見えません。

やはり、Linuxサーバーのある生活って良いですよね~。

ノートパソコンからSSHで操作しながらそう思います。
ちょっとしたファイルや大事なデータの保管、音楽データもこちらに全部入れておきました。

ノートパソコンはSSDなので余計なデータって内部に保存あまりしたくないですよね。

サーバーがあれば色々とサービスを設定してお試しする事が出来ます。

特に今の時代はセキュリティ関係の勉強をするのも良いと思いますし、Pythonの勉強をするのも良いですよね。

外で一人で遊ぶ時はバイクに乗って、家で一人で遊ぶ時はLinuxで遊べます。

やろうと思えば、勤務先のパソコンから家のサーバーに繋げたりも出来るし、スマホからサーバーのデータにアクセスするような設定も出来ます。

ただ、中途半端にオープンすれば非常に危険ですし、やる意義、必要なのかどうか?と考えると「そうでもないな」という事になるんですね。

外部のサーバーは借りているレンタルサーバーもあるし、家のサーバーはあくまでも自分。家用の保管庫、もしくは勉強用サーバーとしての位置になります。

やはりWindowsだけでは、ただパソコンを使っているだけという印象になりますが、Linuxの場合には自分が操作している気分にさせてくれるのも嬉しいところです。

それにお金がかからないのも貧乏な私にとって最高なんですね。

MS社なんて、何年か毎にWindowsを新しくして過去のOSは更新をやめてしまう。
OSだけに限らず、使い慣れたOfficeまで使えなくなってしまう。

そろそろOfficeはwindowsのOSに無料で付けても良い時期なんではないの?と思う。

企業も金のかかるOfficeを何とかした方がお得なんでないの?と考える。
Proであれば結構な値段しますよね。

単体でOffice proの値段見ただけで、Core-i7買えるじゃん!と思ってしまう。

Officeを買わないでオープンOfficeで済ませ、Core-i7を買うか?
Office proを買ってCore-i3で我慢するか?
普通にCeleron買う人って店員に騙されている人ではないのかな。

そんな風に思えてしまうんですね。

う~ん、このソフトの値段に見合う書類なんか皆さん作っているのか?な~んて。

久しぶりにLinuxの専門書買いました!

最近はバイクとBABYMETALの話ばかりでLinuxの話題を全然書いていませんでした。

家を引っ越してから部屋に沢山のパソコンを広げておけるスペースが無くなってしまったために、今までと同じような環境でLinuxを触れないというのも要因のひとつになっています。

ただ、ノートパソコンであればいつでも起動させる事ができるので、今は3台のノートパソコンでPC生活をしています。

家のサーバー(サイコロ型の小さなデスクトップ)も押入れに入れたままで、これも近いうちに復活させようと考えています。

このサーバーはサイトの説明とおりに、ATOMで動作させており、OSはCentOS6.3がインストールされています。今まではApacheやPostfixなどのサービスも動作させていましたが、今回復活させる事として完全な家庭内サーバーにしようと考えています。

家庭用サーバーと言えば、ファイルの保管庫としてディスクも大きい物に入れ替えて、音楽とか動画、家族で使っているOffice関係のファイル、写真などを入れておこうと考えています。

普通であれば、ディスクアレイとかUSBの外付けHDDでも充分なのですが、ここはLinux、それも大好きなCentOS6を操作できるようにしておきたいという私の意向です。

CentOSは現在7が最新です。

私の場合は、自分で覚えたLinuxが6だった関係もあり、ローカルネットで使用するのであれば、CentOS6が良いという考え方です。

もちろん、Debianやubuntu、MINTでも良いのですが、サイトの名称にもしているので、少なからずCentOSには常時触れられる環境を作りたいと思っています。

その他、ノートパソコンではCore2Duoの2.0GHzにCPUを交換したNECのノートをMINTで使い、IBMのThinkpad X40にはKona-Linuxで使っています。

普段の仕事、作業用には最近買った、TOSHIBAのダイナブックP750(corei7 2.0GHz)を使います。
このPCはWindows10なので仕事用と言えば仕事用ですね。
私にはもったいない位の性能です。

何なに?まだX40なんて使っているの? そんな声が聞こえてきそうです。

CPUがPentiumM1.2GHzでメモリが1.5GBしかありません。
でも、テキストの文章を書いたり、SSHで操作するにはまだまだ使えます。
32GBの中華製SSDもまだ普通に動いてくれています。

キーボードが打ち易いパソコンってなかなか無いですからね。

そこで最近、忘れ気味になっているLinuxを再度勉強のためにいつものBookOffで中古の専門書を買ってきました。
秀和システム発行の「CentOS6で作るネットワークサーバ構築ガイド」という本です。
実はこの本前から欲しかったものだったんです。

いかんせん新品は4500円もするので貧乏な私はその時に買えなかった。
欲しいと思っている間にCentOS7が出てしまい、本屋からいつの間にか消えていた。
それがたまたま立ち寄った近所のBookOffにあったんですよ。
付属のDVDディスクは付いていませんが、920円という破格の値段でした。
このDVDはCentOS6のインストールディスクなんで要らんですからね。

色々なLinuxの本がありますが、今までで一番詳しく書いてあります。
厚さも4.5cmありますからね。枕にもなります。
誰でも簡単Linuxみたいな本は絶対に買ってはダメです。
インストールするくらいならいいが、意味がよく分かりません。
何冊も買うようになってしまいます。

よし!これで準備は出来た!
再度、復習のつもりで苦手だったSeLinuxを勉強しようと思う。

年末までに行う予定のPC作業について

あと2週間ほどで今年も終わりとなります。

毎年、この時期になると使っているパソコンやサーバーのメンテを含めた掃除を行っています。
パソコンケースの蓋を開けて、中の埃を取り、マザーボードの状態を確認します。

しかし、埃って溜まるものですよね。

家の中は毎日、家の奥さんが掃除してますが、ケースの中は埃まみれです。
CPUファンなんぞ白っぽくなってしまっています。

冷却用のヒートシンクのヒダヒダの隙間に埃が詰まってしまっていて冷却効率も下がっていますし、これを取り除くと、ファンも不要な回転が無くなるので結果、静かにもなります。

また、埃の影響を受けやすいのが、電源です。
パソコンケース内の空気を外部に排出している事が影響しています。

初心者の人は、電源を分解するというところまでは出来ないとしても、内部のファン周辺、外側の排気口周辺は、掃除機で吸い取る作業をしておいた方が良いと思います。

ケースも穴の隙間のある部分(全面USBソケット周辺とか)には埃が詰まっています。
裏側各種ポートのある周辺も埃が蓄積しているはずです。

掃除する際には、ケーブル類は一度全て外して前、後ろ、下、内部、全て見て確認しましょう。

ケーブルの位置が分からなくなってしまう人は、スマホで写真を撮っておくと戻し易いです。

排気用ファンなど、古いうるさいタイプが付いているパソコンには、静穏タイプのファンに切り替えるという事も考慮しておくべきです。掃除をしてきれいになったパソコンの静かさが違うと思います。

何をするにしても一度パソコンの蓋を開けて内部事情を見ておく事は大事です。
ハードディスクが増設できる隙間があるのか?
SSDにした場合、旧ハードディスクはそのまま残す事ができるか?などなどです。

ディスクの容量や速度に悩んでいる人は、分解するついでに作業をしたらどうでしょうか。

そして、今回の掃除に合わせて、自宅ATOMサーバーの再設定を行うつもりでいます。

このATOMサーバーですが、当初このブログを作った当初から同じ仕様のまま動いてきました。
ディスクが良く持ちこたえているなという感じです。

省エネのCPUである事により、マザーボード自体の劣化も少ないようです。
自宅サーバーで使うのでれば、ATOMのデュアルコアは良いCPU&ボードではないでしょうか。

今なんか中古で捨て値で売られているので一家に一枚あっても何かの役に立つかも知れません。
好きな人は見つけたら買ってください。

そして自宅サーバーですが・・・・

今まではPostfixやApacheやMySQLから色々なサービスを起動させて動かしていましたが、純粋に家庭内で必要なサービスだけに切り替えて使おうと考えています。

家庭内で使うサービスと言っても、Samba程度なんですけどね。
自分の試験環境として、Apacheなども使う予定でいますが、あくまでも試験環境です。
正規で使用しているhttpdは、レンタルサーバーだけで充分です。

そして、ディスクが500GBだったものを2TB程度に交換する予定です。

ハードディスクは本当に安いので余裕があれば替えておいて損はありません。
もう5.6年使っているディスクだったので不安解消にもなります。

入れ替えるOSは継続して、CentOS-6で行こうと思っています。
これだけの期間、何も問題なく動いてきたという実績もあるし、使い慣れたOSだからです。

ついでにデスクトップのディスク内整理もして、不要なファイル削除、保存してあるファイルの整理なども行って、新しいATOMサーバーの方へデータ移行をして行こうと考えています。

うるさい自宅サーバーはダメダメ

このところ自宅サーバーの話題が少ないですが、それはサーバーが普通に動作しているのでやる事が無いという事なんです。普通に安定して動作しているので、あえていじりたくないという感じです。

しかし、悩み事がひとつ。
排気用静穏ファンを付けていてもうるさく感じる点です。
ファンがうるさく感じるのはCPUファン(小型で回転が速い)のせいかも知れませんが、これを止める訳にはいかず、ファンを外してヒートシンクを付けるか?という事も検討しています。

CPUはオンボードのATOM510、ケースはキューブ型Mini-ITXです。

1年365日稼動していても、落ちる事は無く、10日~15日に一度再起動をかける程度です。
電気代も家の奥さんが文句を言って来ないレベルなので、大した事はないでしょう。

さて、このサーバーを静かにさせるためにはどうするか?

この時期なので、排気用静穏ファンを止めても大丈夫かなと考えていますが、これから春~夏となった場合は、いくらATOMでも心配ですよね。何よりも室温が高くなりますからね。

ファンは大きくなればなるほど、低速回転で音も静かになります。
逆に小さければ小さいほど、高回転でうるさくなります。
CPUやビデオカードに付いている小型ファンは耐久性も悪いように思います。

ケースの裏側のファン取り付け部分をぶった切って、大きなファンを取り付けられるようにするか?という手もあります。しかし、裏側はIOパネルがあるので、限度がある。ケース自体は電源150Wが付きで5000円程の安物ですので、鉄板は薄く切り易い。

しかし、その前に運用として、排気ファンを停止させて、CPUの温度をモニターすべきだな。
元々温度的には低いCPUなので大差なければ停止させる事にしよう。
ぶった切り案は、その後に考える事にしよう。
何でも外科手術すれば解決する訳ではありません。

自宅サーバーを作る時にはあまり気にしない音の問題ですが、長期間稼動させると見えてくる問題。省電力同様に音の問題も考えて作る事が必要である。特にメーカー製のパソコンをサーバーにしようと考えている人、実際に使っている人は、ファン交換、最悪はどんがら(ケース)交換しなければ解決できない問題となる。

高速な小型ファンが付いている機器は避ける。
静穏ファンの大きな物を使う。
そして省電力である。

CPUパワーを犠牲にしても、静かなサーバーがいい。

最近、本当にそう思う。

次のページ →