ホームページの作成や更新で思う事

仕事で会社のホームページの作成更新を行っている人や仕事でホームページを作っている人も読者の中にはいらっしゃるかも知れません。

少し前のホームページは固定のページが多く、HTMLや専用のソフトで作っていたと思います。

それが今はWordPressに代表されるような動的なホームページが主流ですよね。

未だにWordPress等のソフトを使ったホームページを作っていない会社は、ネットに公開しているホームページをあまり更新しないような会社であると思っています。

特にPCやネットの知識が無い経営者の場合は、こんな事が多々あると考えています。

こういう経営者のいる会社って大体が作る時だけで更新する等の作業を考えていないんですよ。
今はホームページ(以下HPとします)は更新しなくては、見に来てくれなくなるのは当たり前です。

ちょっと更新をしないだけでも閲覧数はがた落ちしますよね。

「とりあえず作っておけばいい」みたいに思っている会社や企業は結構多いんですよね。

そして現在の主流になっているWP等は一度作ってしまうと、どこのパソコンからもネットの接続さえ出来れば、更新などの作業もできるようになっている。

極端な話、スマホでも出来ます。

世の中のHPは半数以上がWordPressを基本に改良、改造されたページを使用していると考えます。

業者さんも、その方が行程を短く出来て、やり易いという事だと思います。

このWP等は使用するにあたって、多少の知識が必要となります。

データベースとしてMySQLを設定出来る事。
WP本体をインストールして環境設定。
サーバーのPHPのVer確認などなど・・・。

素人の人が使いたいと思ってもちょこっと勉強しないと使えないという敷居があります。

Linuxでサーバーを作り、ApacheでWWWサーバーの設定をしたりすると、勢いでMySQLを導入し、WPが使えるかどうか確認したりして遊びます。私がそうでした。

結果、個人で楽しんで遊んで作ったサーバー、Linux、WPの知識が今現在の会社で生きているという事実であることは間違いありません。

ローカルネットワーク上にあるサーバーにもApacheを設定しWPを動かしています。

これは、練習、作業用途として職員の練習や勉強用、HPの案として便利に使用しています。
その他には、社内の伝達用掲示板(CGI)としても使っています。

個人でサーバーは難しいと思っている人はレンタルサーバーを使用すると結構、比較的簡単にWPをインストールして使う事が可能です。その上、レンタルサーバーは安いです。年間で5000円くらい払えば、使い切れないような容量が確保出来ます。

インストール後は、WPのどのテーマを使うのか?
デザイン、色合いはどするか?
記事は?固定ぺージは?

面白い楽しい事が沢山です。
えっ、面倒臭い?

いいえ、面倒なのは部品(写真やロゴや絵などを作っておくこと)の方が私は面倒臭いと思いますよ。それと部署で資料を出せとと言っても出さないとかの催促のとか・・・。

このWPを本格的に使いたいと考えるとPHPを勉強する必要があります。
でも、標準形で使ってもそこそこのHPは作れると思います。

興味のある人は挑戦してください。
後々、知識として生かせると思います。

仕事先で新しいPCを発注する

やっと多忙な時期が過ぎ去りました。
丁度、年度替わりで書類作成などが沢山ありました。

皆さんも、この4月で人事異動された方、平社員から係長、主任などに昇格された方もいらっしゃる事でしょう。
異動の最初は周りの人間関係の構築が大変ですよね。気を遣う、これだけでストレスが溜まる人多いのではないでしょうか。

特に私のようなPCを触るのが好きな人は「ほっといて欲しい」と思う事が沢山あると思います。
何でも人に頼る、お願いばかりする奴、そんな人に振り回されないようにしなくてはなりません。

そんなこんなで、部署に新しくPCを買う事になりました。
今までは富士通のi5が搭載されていたブック型PCが数台ありますが足りない状況です。

というのも、ここに来て「マイナンバー」や「社員の個人情報」の保護のために会計・総務・人事専用のPCを設置する事が許されたという事なんです。

大きくない会社であれば、総務、人事、会計の仕事も同じPCで扱っていたり。そのPCを他の社員が見ていたりとセキュリティ面では危ない状況下に置かれている場合があるのではないでしょうか。

特に私の仕事先では、1台のPCを何人かで順番に使っている時間帯があります。日中全て何人も使っているという事ではなく、ある特定の時間帯(夕方)に日報や報告書の整理などにより空いているPCを勝手に使っているという事がありました。

現場で働く人達なので、あまり深く考えずに使用しているのです。

そこで経営者に相談をして、マイナンバー導入に合わせて新規のPCを1台お願いをしました。
人に使わせない、ネットワークからも見れない(passwordで保護)、起動時にはパスワードを入れないとログインできなくする。(当たり前ですが・・)という事を前提の導入です。

マイナンバーについては、世間では色々と不条理な話がありますが、とりあえず職員、社員の情報を預かっている以上はセキュリティ面ではしっかりと保護をしなくてはなりません。

・・・経営者にはマイナンバー云々で購入許可は一発でした!

購入許可が下りてから何を買うか考えていました。
本来であれば今付き合いのあるリ〇コーさんから購入するのですが、またメーカー製品のブック型PCではつまらないし、多少カスタマイズもしたいと考えていました。

〇CPUはIntelに拘らないが2コアは嫌。
〇メモリは4GB以上欲しい(8GBあればいい)
〇SSDにHDD(1TBほど)を増設したい。
〇SSDはシステムオンリーなので120GBあればいい。
〇geforceかradeonが付いているもの(スペックには拘らない)
〇OSはwindows7pro 64bitがいい。
〇officeはいらない。
〇モニターとセットで10万円以下にしたい。

以上8点の個人的な趣味で検討体制に入ります。モニターは22.23インチあたりで2万円前後ですから、PC本体には実質8万円以下にしなくてはなりません。消費税も入るので7万円そこそこという事になります。

Dellにするか?
HPにするか?
ドスパラにするか?
自分で作るか?

さて、何を選んだでしょうか?

次回に続く・・・・・。

HPのStream 11-d000とStream 14-z000

HPよりとても安いノートPCが発売されます。
OSはWindows8.1 with Bing(64bit)搭載となります。

HPの最新機器HPは ⇔ こちら

★Stream 11-d000の仕様(29,800円税抜き)

stream11

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • インテル® Cerelon® プロセッサー N2840
  • ホライズンブルー
  • 2GBオンボード
  • 11.6インチワイドHD非光沢・ディスプレイ (1366×768)
  • 非光沢
  • インテル® HDグラフィックス
  • 32GB(eMMC)+ Microsoft® OneDrive™ 100GB (2年間)
  • IEEE802.11b/g/n、Bluetooth4.0
  • 約 1.26kg
  • 約 8時間 15分
  • 1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)

★Stream 14-z000の仕様(39800円税抜き)

stream14

  • Windows 8.1 Update (64bit)
  • AMD A4 Micro-6400T APU (1.00GHz-1.60GHz, 2MB L2キャッシュ)
  • ナチュラルシルバー/モダンシルバー
  • 2GB オンボード
  • 14.0インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ (1366×768)
  • 光沢
  • AMD Radeon™ R3 グラフィックス
  • 32GB(eMMC) + Microsoft® OneDrive™ 100GB (2年間)
  • IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth4.0
  • 約 1.6kg
  • 約 6時間 30分
  • 1年間保証 (引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)
  • KINGSOFT Office2013 Standard (ダウンロード版)

前記事にも書きましたが、この値段はメーカーしか出来ない価格です。
外出時に使うPCとしても最適だし、この金額ならスマホより安い。
子供にスマホ買うよりも、このPCを買ってあげた方が喜ばれるかも知れません。

この2台ですが、AMDのAPU搭載のStream-14の方が2倍高速であると書かれています。
値段の差が1万円をどう捉えるかは個人の考え方ですが、私なら迷わずAMDですね。
この1万円の中にはRadeonや14インチディスプレイが含まれるのでお得だと思います。

SSDは32GBと少ないですが、MicroSDカードが使えるので問題は無いでしょう。
普通の人なら、これにOffice365を入れれば仕事でも使えるPCになります。

安いノートPCを探していた人は検討してみてはいかがでしょうか。

dellやhp買うなら自作で作った方が良いと思うよ

少し前に記事として、dellとhpとdosparaのどのPCが良いのかという事を書きました。

記事はこちら ⇒ DELLとhpとドスパラのパソコンについて

やはりパソコンを購入する時に悩んでいる人が多いようで、このブログで検索をしてくる人も多く、再度、私の思いを書く事にしました。結論としては、単純に「こちらがいいよ!」という事は言えないのですが、コスト重視なのか?自分の欲しいスペックがあるのか?どんな用途で使用するのか?など考慮した上で答えを出すべきだと考えます。

私の仕事先ではhpを購入しました。
こちらは仕事で何人かと共同で使用するパソコンなので、自作という訳には行きませんでした。
そこで、dellとhpとdosparaのパソコン(完成品)を見た上で私が決めたのですが、基本は会社なので保証が得られるかどうか。そしてスペックと価格のお得感と、買うタイミングでのサービス(何かが無料で付くとかメモリ2GBが4GBになるとか)そういう物も含め私が決めました。

hpの販売特典は、i3からi5へ無料CPUのアップとメモリ4GBが8GBへ無料アップ、そして23インチモニター(ISP)が無料という特典でした。これは結構お得だったと今でも思っています。dellでも同じようなサービスをしていましたが、最終的にはケースの趣味(ミニタワーか変なブック型か)でミニタワーのhpを最終的に選んだという事です。

BTOのパソコンでは、メモリやCPU、VGAなどは選択出来ても、マザーボードやケース、電源など、細かな部品の選択は出来ません。個人で購入するのであれば、自作で作る方が先々長く使えそうな部品選択が出来る優位さがあります。

だけど自作に自信が無い・・・・という人はdosparaのように細かな部品を指定して作ってくれるような事も可能です。

今の自作パソコンは昔の形態とは違って、配線も設定も難しいという事はありません。
少し、勉強(PC雑誌などで)すれば組立てられると思います。
誰でも最初は初心者なので、諦めずに挑戦して欲しいと思います。

おやじ的な結論としては・・・・
コスト重視でパソコン買うなら、dellやhp。
細かく部品選択したいならdospara。
自作に興味があり、挑戦するなら自作。

作り上げたいスペックにも依りますが、最初から出来上がっている物は素っ気無いパソコンです。
やはり、ダルマと同じく最後に目は自分で書きたいものです。
苦心して作った思い入れのあるパソコンを使うのは最高だと思いますよ。

それがLinuxだったりしたら最高です。

PC自作派の人はこだわりがある

休日は終わるのが早いです。
明日からまた一週間が始まりますね、ブルーな気分の方多いと思いますが頑張って行きましょう!

さて、今日のMSNの記事に「PC自作で安上がり」の勘違いという記事が掲載されておりました。
皆さん、読みましたか? 記事は ⇔ こちら

結論的には、PC自作=安上がりではない。という事です。
中身には、ローエンドスペックに限ってという事が書かれていますが、どう思いますか?
そして、DELLやhpなどのPCを買った方が安く付くという事なんですが・・・・

まぁ、確かに何も考えずに値段だけで考えるとその通りなのかも知れません。
これは、単体で損か得かを考えるとその通りなのかも知れませんが、PC自作する人は、超超初心者でない限りは、自分なりのこだわりもあるし、ましては、自作部品の共有というか、次の自作も考慮した部品購入を検討していると思います。中には余っている部品があるから使う、なんて事もありますよね。

何も余った部品が無い、こだわりも無い、そういう超超初心者向けとPC自作の価格のみの内容って論点が違っているように思いました。自作をした事が無い人向けには、DELLやhpは値段的にみても安いですし、何も考えず使える点では、こちらの方が楽チンで速い、吉野家の牛丼のような物です。(前にソフマップで牛丼パソコンってあったよね)

◆パソコン初心者の人はDELLやhpなどのメーカー品を購入するのが得。
◆初心者でもPC自作して覚えたい人は、部品購入で自作する方が良い。
(勝手に分解すると保証が得られなくなる)
◆PC自作派で慣れている人は「こだわり」があるので、勿論、自作。
◆会社などで使用する場合にはメーカー製品の方が保証が得られて安全で良い。
◆Linuxで使いたい人は、windowsが要らないので自作の方がお得ではないか。
◆PC1台だけの購入ではPC自作と同じまな板には乗らない。

後は、どんな使い方をするかどうかです。

一番問題となるのは、ソフトです。
officeなど別に購入すると高くなりますが、これはDELLやhpでも同じ事で、別料金でインストールしてくれます。
どうせならHOMEとか安物にしないでプロフェッショナルを選択して欲しいところです。

私の言う「こだわり」とは・・・・・

それは、ケースの色、形、MBのメーカーや機能、HDD(SSD)の容量、ビデオカード及びオンボードVGAの内容、メモリの搭載量というところでしょうか。メーカー製品だとケースがほとんど選択できない事が多く、ちゃちなBook型とかミニタワー型が多い。DVD等が専用のような形状をしていたり、MBもメーカー独特の規格などもあり、次自作しようと思っても、使える部品がメモリとCPUくらいしか無い事だってあります。

そうなると、「安物買いの銭失い」という事だってあり得ます。

メーカー品も自作のような規格品を使って欲しいのですが、本当に解体すると何も残らない事が多い。
「俺はパソコン分解しないよ!」という人はメーカー製品を、その都度購入する方が良い。
逆に「俺は分解して、増設したり、OS入れ替えたりするのもの好き」という人は自作した方が安全。

このブログを見に来てくれている方々であれば、ほとんどが自作派、もしくは自作しようと思っているという人なので、余程の事が無い限りはメーカー製のローエンドPCなんて買わないですよね。それなら、Mini-ITXのQ1900でPCを作った方が作る時間も楽しめるし、後々、色々な物が次のパソコンへ繋げられる部品として残ります。

別に高スペックだから自作の方が安く済むなんて事もありません。自分の好きな部品、欲しい機能、予算に見合うスペック、これが選択できる「こだわり」がPC自作派なのではないでしょうか。

次のページ →