やっぱり初日はブルーな気分だね。

今年も曜日の組合せの悪い年末年始でした。
3日が日曜日なんて泣けてきますよね。

2017年はどうなのか?確認してみると・・・・
げげぇ~!1日が日曜日じゃぁありませんか。という事は12月31日が土曜日ですよ。
この時点で休日が-2日です。
暦まで働け!と言っているような気がします。

この曜日のタイミングの悪さは2018年も続くのです。
12月30日が土曜日、31日が日曜日です。
かろうじて1日が月曜日、3日が水曜日で救われていますが・・・・。

1年の最初の週くらいは出勤を2.3日で済ませたいですよね。

しかし、これは私だけではない。
そう、皆さんも一緒に同じ巡りあわせがやってくるので、仕方ないと思う事にしませう。

さて、この正月はいかがお過ごしになりましたか?
LinuxへGoGo!した冒険者さんはいらっしゃいますか?

私は恒例になっている神社への参拝を1日の朝方(6時頃)に行ってきました。
家内も息子も連れて正月の朝一ドライブです。
家族の健康をお祈りしてきました。

朝早く外出したので、一日を有意義に使う事ができます。

大晦日に作ったScientific-Linux7にSambaの設定をしたり、自宅の環境に合わせたネットワークを作り、そして、gnomeデスクトップのフォント等をカスタマイズします。

7になると、サービスの起動、停止が6までとは違うので面倒と言えば面倒ですが、これも慣れしかありません。両方使えれば一番良いのです。

7のファイヤウォールはiptablesですが、今回はfirewaldになっています。
別段、iptablesでも構わないのですが、これもfirewaldに慣れるように使うしかありません。
サーバーで使う訳では無いので停止しておいても構わないのですが、とりあえず許可するサービスだけチェックしておきました。

問題はSelinuxですかねぇ~
今までは全部停止してましたが、これも覚える前提で停止させるのは止めておきます。
結局は、自分が使うネットワーク環境において、必要なサービスの許可が出来れば問題は無い。
全てを覚えようとすること自体に無理があるように感じます。

そう2016年はsecureな事を覚える年にしよう!
CentOS7,Scientific Linux7の専門書も一つ購入しなくては・・・。

PCはSSDのお蔭でストレス無く動きます。
ネットのスクロールで動きが悪くなる事もない。

やっぱ、SSDサイコ~!
音も無く速いっす。
8.9000円でこの動きならHDDから交換しない理由なんて何もありません。
SANDISKの256GBのSSD予備買っておけば良かった!8980円ケチってしまった。
このPCの物欲を言うなら、CPUにquadが欲しい!という感じでしょうか。

しかし、そこは我慢、我慢。
一つくらいは劣るところがある方が良いのかも知れません。
何かの際に最終アップグレードする事がいつでも出来ます。
人間だって、完璧な人はいない、人間らしいPCって事ですかね。

CPU Core2Duo E8400/Mem DDR2 2GB*2=4GB/SANDISK SSD256GB/VGA Geforce 7600GS
OS  Scientific Linux7 64bit

当分はこの仕様で頑張ってまいります。

今年もよろしくお願いします。

デスクトップではgeforceかradeonがいいね

これはLinuxデスクトップの話です。

リビングで使っているSL6(Scientific-Linux6_64)ですが、geforce7600GSというグラボを付けていましたが、ドライバーを当てるのが面倒だったので(普通に使えるしね)Linux標準のVGAドライバーを使っていました。

ふと、デスクトップの効果でcompizを使おうと思ったら、geforceのドライバーを当てていないことが分かり急遽セッティングをしました。

ドライバーのあて方は → こちら

慣れれば時間的には10分から15分で完了します。
結構、面倒なところありますが、何回か作業すると流れが自然と身に付きます。

そして起動し直すと・・・・

やはり細かなところが美しい、フォントも小さくなっている。それに明るい感じがする。
モニターの設定でみると周波数も60MHzだったのが75Mhzに上がっている。
compizを設定して、画面が横にグルグル回るようになりました。

やっぱ、compizの付いていないgnomeは淋しいのう。

小さな事かも知れませんが、やはりデスクトップが引き締まって、フォントの表示からブラウザの表示全体が美しく見えます。やはり、geforceかradeonはあった方がデスクトップはいい感じです。使うグラボは安い物でも充分ですし、標準のオンボードVGAとLinux標準ドライバーでは見栄えがいまいちです。

オンボードのVGAを使っている人は、安いVGAを買ってきて付けてみる、自分でドライバーをあてるという作業をする事も大事な事かと思います。安物でもgeforceはgeforceだべ。

えっ、自分のVGAが分からない?
基本的には安物メーカー製品(book型とか)は付いていません。
CentOS-6やScientific-Linux-6では標準VGAでcompizは動きません。動かない(設定できない)人は、標準VGAかgeforce、radeonのドライバーをあてていないという事のどちらかになります。

どちらかは自分で調べて欲しいと思います。

ドライバーをあてたらkernelが更新(update)されてしまうとドライバーが消えてしまい、またドライバーを最初からあてなくてはならないので、注意してください。kernelが新しくなる度に作業すると覚えてしまいます。

# vi /etc/yum.conf で exclude=kernel* を最後尾に追加して保存する。
これを忘れずに・・・・。

MIntとかubuntuとかのDebian系はまたやり方が違うと思います。
最初から自動的にドライバーをあててくれるOSもあるので、「こんなの難しいから嫌だ!」という貴兄はそういうOSを選ぶという手もあるのではないでしょうか。しかし、こういう作業が面白いのですが・・・。

さて、windows10が発売されましたが、クラウドまっしぐらのOSよりも、こういう使う人の手が入れられる楽しさがあるLinuxも良いのではないでしょうか。

標準VGAの人は、geforceかradeonでGo!Go!しようぜ!

普段使うデスクトップとしてのLinux

自宅では会社と違いワードやエクセルを使って仕事するという事はありません。

ほとんどの人がネット閲覧や動画視聴などでしょうか。
こういう使い方の人が多いのではと思います。

この中でwindowsを使っている人、Macを使っている人,Linuxを使っている人がますが、シェアとしてはwindowsを使っている人が多い。全体の80%以上はwindowsで占められています。

そうなると何でもwindowsが基本のサービスが中心となる。
Linuxだと見れない動画もあるのは事実である。

『まぁ、見れないところは元々そんなレベルのサービス提供会社』と考え、私は全然気にしていないし、どんなOSでもそのサービスが使えるようにするのも、サービスを提供している会社の役割ではないのかと思うのです。

だからwindows以外にサービスを提供しないのは、そんな程度の会社なんです。
サービス的には二番煎じのような物なのでどうでも良いのです。

そんなこんなでwindowsを使っている人でLinuxデスクトップにも興味がある人。
ちょっと使ってみたいが、難しいからという理由で敬遠されている人。
友人や知り合いからは止めた方が無難と言われている人。

使うか使わないかはあなたの自由です。

友人や知り合いが使う訳ではありません。
使ってその感覚を味わうのはあなたです。

はっきり言っておこう!
CentOSやScientificLinuxやubuntu、Debian、Linux-MINTなどなど・・・。
デスクトップで使うのはとても快適です。
自分なりに工夫をしてチューニングを施せば美しいデスクトップになる。

動画再生もMP3で音楽も聞くこともできる。
windowsともSambaを使えばファイルの共有もできる。

それが無償で使うことができるのです。

初めは誰でもタコ(Linux上で初心者を意味する)です。
好きな人はそこから自分で扱い使えるようになる。

windowsが多少できるくらいで自慢する人はどうでも良い。
密かにLinuxを勉強すれば、それ以上の技術やスキルが身につきます。

スマホで下らないゲームするならLinuxで楽しんだ方が面白いと思います。

XPが居なくなって淋しいのでCentosXPにする

これこれXPが家から居なくなってから1ヶ月程になります。
あの画面が懐かしい。
あの丘がもう一度見たい。
男は丘が好きだ。
そう思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、もう空いているパソコンは無い、それにインストールしても先が無い。

そこでCentOS6.5(64bit gnome)をwindowsXP仕様にしようと思います。

◆今のデスクトップ画面◆
access

◆CentosXPのトップ画面◆
xp

これで(仮)CentosXPとなりました。
ちゃんとstartボタンを押すとメニューも表示されます。
それにマイドキホルダーも自分のhomeのファイルになっています。
gnomeの画面に飽きてしまった人、XPが忘れられない人には最適です。
ノートパソコン等で使用すると周りはみんなXPだと思います。目立ちますね。

CentosXPなら、これからもずっ~と使えます。

★セットアップのやり方★

①  このサイトに行くと自動的にファイルがダウンロードされます。(すみません、リンク切れです)
② XpGnome.tar.gzというファイルがダウンロード出来たら、右クリックで「ここに展開する」を選んで解凍してください。
③ 解凍したホルダーを開き「InstallXpGnome.sh」をクリックしてください。
④ 「このファイルを実行しますか?」というウインドが出来るので「実行する」をクリックしてください。
⑤ 英字でgnomeがXPになりますけど良いですか?と聞かれるのでOKをクリックしてください。
⑥ いくつかのパネルアプレットは利用できませんと表示される、OKをクリック。
⑦ CentosXPが完成。

以上で出来上がりとなります。
linuxっぽくなくて可愛い感じがします。
元に戻す時は、自分のhomeホルダーの中に隠しファイルとして、[.gconf]というホルダーがあるので、表示の隠しホルダーを表示させてにチェックをいれて表示させてから削除してください。デフォルトのgnomeに戻ります。

とりあえずお試しあれ!

desktopで使用するLinuxは色々なサービスを使用しない

このところwindows-7と周辺機器についての話題ばかりでしたので、今回はLinuxの話題を書きたいと思います。

私の家ではCentOS5と6、そしてScientific-Linux5と6を使っています。
5は両方ともx40のノートパソコンにインストールしてあります。そして、6はATOMサーバーとE350のdesktop、そしてE6600のASUS-P5PE-VMにはScientific-linux6がインストールされています。サーバーはGUIであるgnomeを入れていません。E350とE6600はgnomeのdesktopとしてサブマシンとして活躍しています。

E350は消費電力も喰わないし、windows-7になる前までは、こちらがメインマシンであるかのように使用していました。何しろ、メモリ搭載量が一番多いのが、このE350で8GBも積んでいます。desktopとして使用しているので、メールやネット、データ保管、サーバーのファイルバックアップとして使用している上、動画再生でも活躍しています。

一方、E6600は少し前に書きましたが、リビングに設置してあり、家族と一緒にいる時にサーバーを確認したり、ブログを書いたりとdesktop機として動いています。最初にLinuxをインストールすると、色々試したくなる事が沢山あるんですよね。例えばApacheを設定してみよう!とかPosyfix+dovecotを設定してみよう!とかお試しマシンとしてしまう事があって、その行為がちゃんと動作する形で済んでいれば問題無いのですが、中途半端に設定を止めたり、きちんと稼動していない、いわゆるエラーありの状態のまま、サービスを動かしているとdesktop機としてパフォーマンスが低下しますし、機器が不安定になる要因でもあります。

私も最初は一台のマシンにサーバーでもないのに色々なサービスをインストールしてましたが、途中でどこまで設定したのか、問題を抱えたまま放置してしまい、結局、再インストールしなくてはならない状態に陥った事があります。

XPからLinuxをdesktop機として使用する場合には、二通りの人がいると思います。
それは、そのLinuxのdesktopをメインマシンにする人とサブマシンとして使用する人です。
サブマシンで使用する人は、他に安定しているwindows機があれば多少の冒険もOKですが、一台しか無い人は冒険すると使えなくなるという事もあり得る話なので、ここは安定したLinuxのdesktop機を使用するために色々なサービスを動作させる行為は止めて、安い中古マシンを用意するとかして、そちらで勉強用の設定などを試した方が良いと思います。

それでなくてもLinuxのdesktopはメモリを欲しがりますし、隠れて動作しているサービスも不要な物は止めてCPUの消費、メモリの消費を抑えるという面の設定というかチューニングをして欲しいと思います。サービスの停止方法はネットで検索すると細かく説明してくれているサイトが沢山あるので、作業する前に見て、頭の隅に不要なサービスの意味合いなども覚えておいて欲しいと思います。

きちんとチューニングされると起動も速くなるし、シャットダウンも速くなり、メモリ、CPUの消費も少なくなってパソコン自体の動きが良くなるのが分かると思います。インストールしても何か重たい、動きが鈍いと感じた場合には、先ず不要なサービスを停止させましょう。・・・その前にメモリが少ない人は中古メモリでも構わないのでdesktopとして使用するなら最低でも2GB以上積むようにして欲しいと思います。x40などノートパソコンの場合には積める限界があるので、出来ればMAXまで積んで欲しいです。前のパソコン環境だとSWAPするのも止む負えないという感じでしたが、現在は、なるべくSWAPさせないようにメモリも積むという考え方が基本です。

サービスも適当に停止すると、起動しなくなったり、キーボード、マウスが動かなくなったりするので、注意して作業して下さい。また親子関係のようなサービスもあるので、こちらも注意して欲しいと思います。

安定したLinuxのdesktopを使用して良さを分かって欲しいと思います。

休みが終焉を迎えるとブルーな気分(まだ2日あるぜ)

この年末年始が9連休の方は多かったと思います。
残りはあと2日しかありません。
休みが始まる前はuki-ukiだけど終わる頃はブルーですよね。

正月休みに皆さんは何をしましたか?

このブログを読んでくれている方々は家でPCライフを満喫していたのではないでしょうか。Linuxに挑戦された方は上手く出来上がっていますでしょうか。それとも設定が出来ずに困っている事などありますか?最初は誰でも扱い方がwindowsと違うので悩むところはありますが、これは左ハンドルの車と同様、使っている脳みその位置が違うのではないでしょうか。使っていない部分ですから鍛えなくてはなりません。とりあえず諦めずにじっくり考えてやってみる事です。

後、2日ありますからね。

CentOSにしろubuntuにしろセッティングがバッチリ合えば本当に扱い易いOSになります。
そして、徐々にwindowsからLinuxへシフトして行けば、あなたも脱windows派です。家からwindowsが無くなるという事は無いにしろ、パソコンが今までと違った使い方が出来ると思います。sambaを設定して自宅内のファイルサーバーでもOKですし、家の中だけのLocal設定でもサーバーの勉強にはなるはずです。一つ一つの設定を焦らずゆっくりと自分が理解するように覚えながら進めてください。

そして大事な事はノートに記すようにすることです。

とりあえず出来上がったら、毎日触るだけです。

触っている内に段々と扱い方が分かってきます。

難しい設定やサーバー設定などは慣れてきてからでも大丈夫です。desktopであれば、インターネットに繋がる、見れる、DVDがちゃんと見れる、youtubeも見れる、音も聞こえる、文字も滲み無くきれいに表示される。というところまでくれば完璧です。windowsのマシンがあればwindowsからTeraTermを使いSSHで遠隔操作が出来るようにしましょう。SSHの設定自体はそんなに難しくないので、ここまではやってみましょう。TeraTermは窓の杜とかでダウンロードしてください。

ここまで出来るとwindowsから操作が可能になるので面白くなります。最初はパーミッション(属性)や実行権、所有権などでファイルの扱いが難しいかも知れませんが、私にも出来ましたから皆さんも挑戦してファイル操作が端末から出来るようにして欲しいと思います。

サーバー設定されている方は、セキュリティ面、iptableの設定なども考慮してください。

今はサーバーを立ち上げると直ぐに攻撃してきます。「まだ立ち上げた事なんて分からないだろう」と思っている人、それは大間違いです。どこからともなく察知して奴等はやってきます。中途半端の設定ではWANに接続をしないようにしてください。知らない間にスパムメールが配信されるか、サーバーが乗っ取られているかも知れません。初心者の方はSSHはローカルだけしか認めない設定にするようにしてください。IDやパスワードもよくある名称、番号、サイトから察知されそうな記号などは止めるようにしてください。もし、そういうIDであれば、違うIDに変更してください。

この2日間で満足のいけるマシンに仕上げてください。

ubuntuかCentOSかScientificか悩んでいる人

このお休みに入ってXPのマシンをどうしようか?検討している人も多いのではないでしょうか。

捨てずにLinuxを入れてみようと思ってはいるが、一体どのLinuxが良いのか分からない人もいるかと思います。基本的には好きなLinuxを入れてみて、触ってみて決めれば良いと思います。私は余っているパソコンに最初にインストールをしたのはRedHatLinuxでした。その後にFedoraを入れて使っていました。それから少し時間が経ってから自宅にサーバーを正式に運用をしたくなり、ATOMにCentoS6を入れて現在に至っています。

LinuxはCentOSの他、Scientific-Linuxやubuntu、Puppy-Linuxなどがあります。
基本はLinuxなので端末で操作するには違って困るという事はありませんが、多少作られている会社によって違う部分もあります。

インストールがし易いという点では、ubuntuです。
日本語表示もしっかりしているし、何よりもdesktopで使用するにはWindowsと大差ない操作性と思います。面倒なVGAのドライバー等もインストールが分かり易く簡単に出来るし、ファイルの共有も簡単です。難点は扱い易さに重点を置いているのでOSとして重たいところでしょうか。古いパソコンに導入を検討している人であれば、verを良く調べてインストールをお勧めします。

サーバーを作りたい方は、CentOSが扱い易いと思います。

何しろ、ユーザーが多いのでネットで色々調べると、大体のことが分かります。desktopとして使用を検討している人は、ubuntuよりも難易度は高いと思ってください。これはScientific-Linuxも同様です。radeonやgeforceのドライバーを当てるにも端末を使って設定をしなくてはなりませんし、kernelが自動的に更新しないような設定をしておかないとドライバーが消えてしまいます。私の意見としては、CentOSのdesktop設定はubuntuと比較して面倒だが、きちんと設定が出来た時には画面の美しさや速さは、CentOSの方が良いと思います。

最初にLinuxのdesktopを使用すると、Windowsとの違いに上手く操作できない事もあるかと思いますが、そこはやはり慣れの問題ですので、毎日触るようにして学んで欲しいと思います。一番多いのが、インストールするまでは良いが、入れた後に活用が出来なくて止めてしまう人です。インストール後にVGAのドライバーの設定が出来なかったり、サーバーとして設定が出来なかったりすると諦めてしまう。・・・最初はみんなそうなんですけどね、

諦めずに調べて試して楽しみながら作業して欲しいと思います。

今の時代は、ウイルスやBaiduのような情報流出問題が多く、普段Linuxをdesktopとして使うのは意味のある事だと考えています。それにLinuxのdesktopを使用している分には他の余計な経費ってかかりませんし、Windowsのようなウイルスソフトも買わなくても大丈夫です。慣れてくると私みたいにWindowsのマシンが家から無くなるかも知れません。

この年末年始の休暇で頑張ってください。
良い結果をお待ちしております。

次のページ →