FMV-BIBLO NB50GにBeanを入れてみる

仕事先の倉庫から怪しい一品が出てきました。

その名は「FMV-BIBLO NB50G」です。

シルバーの本体で前面にブルーの液晶があります。
この液晶の中にアクセスランプと同じ役割のアイコン(HDDやDVDなど)が出ている時はアクセスしてますよ!という事のようです。

しかし、ランプと違い、アクセスの強弱が分からないし、目立たない。
一言で言うと、見栄えはいいが意味が無いような感じでしょうか。
こんな部品一つで、PCの価格が高くなる様な事であればどうなのかな?と思います。

おやじ的には「いらん問題」ですな。

そしてスペックですが、CPUはceleron2.2GHz memory256MB HDD40GB ATA100 VGA Radeon IGP 340Mという今のPCからするとチープな仕様です。唯一の利点はRadeonがオンボードという事くらいでしょうか。メモリもオンボードの256MBしかありません、積めても最大で768MBという事です。
bean2このメモリではLinuxでの復活も難しいな・・・。と感じていましたが、家で古いノート用PCのメモリを探してみたところ256MBのメモリが見付かり、早速取り付けをしました。この型式のFMVは液晶の下にあるノッチを押しながらパワースイッチのある板を左にずらすと外れ、そのままキーボードが外れるとても簡単な仕様となっていました。ドライバーも使いませんでした。

そんな事でメモリ取付けは3分程度です。
苦手な人でも5分で出来るでしょう。

今回の復活のために考えたOSは2点です。
1つ目はPuppy-Linux、2つ目がLinux-Beanです。
どちらもGNU系ですが、Puppyは家で使って知っているのでBeanでGoGo!することにしました。
bean1このBeanですが、日本製?というか日本人がubuntuに改良を加えて作られている点も好感が持てますし、本家のubuntuよりも良く出来ているなと思うところもあります。その上、CPUが古い、遅いタイプの旧型PCでも動作してくれる点も良いところです。

ubuntuを検討している人は一度インストールしてみる価値はあると思います。

ただし、そこそこ古いPCでも動くと言ってもブラウザや動画等の動きに関しては、CPUパワーそのものの力が出てしまうので、マルチメディア的な使い方よりも、普通にメールやofficeなどの書類作り、サーバーへの遠隔操作、Linuxの勉強用という風に物事を考えた方がよろしいと思います。

古いPCをLinuxで復活させたなら、そのパフォーマンス度で何に使うかを決めれば良い。
CPUやメモリの搭載量によってはwindows7と同等の速度で使える可能性だってあります。
XP時代のPCは、こんなcerelonからpentium4、pentiumM、core2duo、core2quad等沢山の種類のCPUがあるので、今回のcerelon2.2はXP時代の初期型と考えた方が良いと思います。

インストールのやり方はMintなどと同様です。
一度、DVDで起動させて、デスクトップ上にあるインストール用のアイコンをクリックするとubuntuのようなインストール画面が現れます。

問題だったのが、インストール用のアイコンをクリックしても動かなかった点。
CPUが非力なのか、メモリが不足なのか分かりませんが、待っても待っても動かない。

そのような場合には、端末か操作して下さいと最初の説明に書かれています。
ターミナルを起動させて、# ubiquity gtk_ui –automatic と打ち込みます。
これで少し待てばインストール画面が起動すると思います。

結構、待たされるので、コマンドを打ち込んだら他に操作しない方が無難です。
余計な操作をすれば負荷が増えるだけです。

インストール画面が起動すれば今までのLinuxの中でも一番楽な感じがしました。
HDDの中身の構成など自動的に区切ってくれるし、インストールも速い。
updateや追加したいソフトなどもチェックすれば勝手にインストールしてくれます。
Linux初心者の人向けになるべく難しくならないような配慮が伺えます。

これからパフォーマンスを見ながら何に役立てるか考える予定です。

KDE型のデスクトップが美しいので何かに生かしてあげたいと思う。

IBM-x40弐号機はCentOS-5.10で完成へ

半月前に作業を開始したx40弐号機ですが完成しました。
完成したと言ってもインストールと設定しただけなんですけど。
このx40は友人(通称sakuちゃん)から譲り受けた一品なんですが、キーボードもテカリも無いし、本当に綺麗な本体です。動作させたところ悪い部分は無く、SDスロットも無事にカードを認識しますし、USB、NICの部分もソケット割れもありません。それにpentium-Mの1.3だったところがうれしいです。本体を一度分解してキーボードも外してみましたが、CPUファンなども汚れが少なく、この年代のノートPCにしては珍しい感じがしました。

壱号機が1.2ghzだったので、この0.1ghzの差は以外にも大きいと思いました。
動画再生もHD動画で無ければ、そこそこ動作しますし、画面の起動も遅いディスクですが意外と速いので耐えられるというか普通に使えてしまいます。

◎x40壱号機=Scientific-Linux_5.9 (memory-1.5G)
◎x40弐号機=CentOS-5.10  (memory-1.2G)   となりました。

壱号機にはKingSpecのSSD32GBが付いていますので持ち運び用途に使い、この弐号機は私のデスク横に置いて音楽(MP3とか)聞いたりする用途にでもしようと思っております。x40自体は本体も小さく軽いので、どこにでも移動が簡単というのも利点ですね。

x40no2_2◆CentOSインスト後のHD使用量
x40no2_1◆RhythmboxでMP3を聞く
x40no2_3◆x40本体

弐号機は遅いハードディスクですが、まだ使えていますし、SSDでは無いので気軽に音楽ファイルや色々なファイルをダウンロードしても気になりません。32G程度のSSDだと容量も小さいしファイルを保存したり削除したりする行為って何となく嫌な感じしますが、ディスクなんでイージーに使えそうです。置き場所が私のPCデスクの横机なので、あえて無線LANにしないで有線LANで使用しています。無線LANよりもクリックした時の起動が早いのが良いです。

同じ機種が2台あれば、最悪1台が故障して部品が無くなっても1台は残す事が出来るでしょう。
いつまで使用出来るか分かりませんが大事に使っていきたいと思います。

インストの時は何でもほいほいクリックしてはダメ

百度(Baidu)のIMEがサーバーの情報を送っていたニュースがありました。

今日のニュースで都府県市でどのくらい使われていたのか統計結果としてヤフーのニュースに掲載されていました。大体、1〜10台未満ですが、突出していたのが横浜市で200越え(ボーリングではありませんよ)

どのくらいの情報が流出していたのかははっきりしませんが、約1年間で280MB、新聞の文字数で換算すると2年分の新聞文字数らしいです。
問題なのは、このような公的機関がパソコンにソフトをインストールをする時には管理者の許可を得ないで勝手に触る事はできません。windowsでいうとただのユーザー扱いの立場ですから、ネットワークなども触る事できません。それが、上司の知識が無いためにほいほいとインストールした結果、このような問題になってしまった訳です。

また、ソフトも抱き合わせ形式になっており、インストールの時に承認するものと、画面に表示されず勝手に知らない内にインストールされているものもあったようです。

問題点はどこにあるかです。
確かに知らない内に入っていたという言い訳も出来ます。
しかし、インストールされても、少したてばおかしいな?と思いませんか。
IMEなので右下に表示されるかと思うし、時々手書きで漢字を調べたりする時にMSーIMEではないと気が付くと思います。その時点で、誰がインストールしたのか?いつされたのか?なんとなく気になりませんか。

もうデータも送られてしまっていて結果としての話なので、情報流出したのは事実とした上で対応を考えなくてはなりません。やはり無料ソフトは安易にインストールしない事です。またインストールするにしても安心できるサイトで入手することです。SNSと同様、無料が結局一番高く付くと思ってください。

公的機関でパソコンを使用している方は、他人事と思わず、常に疑って欲しいです。

この件でどれだけ国益が損なわれたかは分かりませんが、情報としては膨大な情報を相手に与えてしまいました。それが元で個人が攻撃される可能性だって無いとは言い切れませんし、ワープロで打っている言葉が平文で送られているので、その中には重要な文章や秘密にしなくてはならない文章もあるでしょう。ましては、これは公的機関だけで、個人も含めたら凄い量のデータになりますね。

自分で使ってなくても、友人が使っていて、メールだとかの情報で自分の内容とか知られたら嫌ですよね。「俺、パソコンには疎いから分からない」とか言われてもちと困ります。

いっそうの事、日本国内では百度禁止とかしたらどうなのかな。
百度でなくても、同じような行為をした場合には使用禁止とか。

やっぱり公的機関も含めLinuxを使うのが一番安全かも。

そう考えると素早くLInuxを導入した公的機関は素晴らしいと思います。

XPが終わったからって直ぐにlinuxが扱えるの?

XPのサポート終了まで後2ヶ月半ほどになってきました。
早い人ならばwindows7にしたりwindows8に切り替えをしていると思います。
現在もXPを使用している人は、私のようなひねくれ者でしょうか。

ただ、違いがひとつあります。
私の場合には複数台パソコンがあり、その中のひとつのOSがXPということです。ですから、サポートが終了してもネットに接続しないでも、他のLinuxパソコンから見れば良いだけの話なんですが、問題なのは一台しかパソコンをお持ちになっていない人で、それがXPの人です。

その人の場合には、黄色信号が点っています。

基本的にぎりぎりまで使って、その後考えればいいやと思ってるかも知れませんが、事前に準備を整え切り替わっても今までと同様の扱いができる様な備えをしておくことも必要ではないでしょうか。

中には、「その時にはubuntuとかlinuxをインストールするから平気だよ!」という人もいます。
言葉で言うのは簡単ですが、今まで使っていたXPと同様の扱い出来るのですか?
それ以前に、インストールや設定出来るのですか?

そんなに世の中甘くはありません。
その場しのぎのような使い方で急にLinuxが扱える訳がありません。
ましては、windowsしか使っていないなら尚更です。

もし、読んでいて「俺そうかも知れない」と感じた方は、今からでも遅くありません。

早めに新しいwindowsマシンを用意するか、LinuxをこのXPのサポートが終了するまでの期間で設定できるように勉強するかどうかです。苦労する事になるかも知れませんが見返りも大きいです。ただし、1台のパソコンしか無いと事前に準備が必要となります。何しろ、XPを消したらネットで調べる事さえ出来なくなりますからね。

◆1台しかパソコンが無い人の準備◆

1. Linuxのインストール用(DVD・CD)を先に作っておく。
2. インストールの仕方や設定方法をネットで調べ、必要ならば印刷しておく。
3. 本屋で自分のインストールしたいLinuxの専門書を買って読む。
4. ネットワークの接続方法まで覚えておく。

とりあえずインターネットに繋がれば、先人たちの知恵をお借りする事ができます。
そうすれば設定に困る事はないでしょう。

えっ?windowsでもネットワークの設定した事が無い?
もう原子力潜水艦浮上しません。
最低でもローカルエリアのネットワークを覚えてください。

あと、2ヶ月半だよ!

ubuntuかCentOSかScientificか悩んでいる人

このお休みに入ってXPのマシンをどうしようか?検討している人も多いのではないでしょうか。

捨てずにLinuxを入れてみようと思ってはいるが、一体どのLinuxが良いのか分からない人もいるかと思います。基本的には好きなLinuxを入れてみて、触ってみて決めれば良いと思います。私は余っているパソコンに最初にインストールをしたのはRedHatLinuxでした。その後にFedoraを入れて使っていました。それから少し時間が経ってから自宅にサーバーを正式に運用をしたくなり、ATOMにCentoS6を入れて現在に至っています。

LinuxはCentOSの他、Scientific-Linuxやubuntu、Puppy-Linuxなどがあります。
基本はLinuxなので端末で操作するには違って困るという事はありませんが、多少作られている会社によって違う部分もあります。

インストールがし易いという点では、ubuntuです。
日本語表示もしっかりしているし、何よりもdesktopで使用するにはWindowsと大差ない操作性と思います。面倒なVGAのドライバー等もインストールが分かり易く簡単に出来るし、ファイルの共有も簡単です。難点は扱い易さに重点を置いているのでOSとして重たいところでしょうか。古いパソコンに導入を検討している人であれば、verを良く調べてインストールをお勧めします。

サーバーを作りたい方は、CentOSが扱い易いと思います。

何しろ、ユーザーが多いのでネットで色々調べると、大体のことが分かります。desktopとして使用を検討している人は、ubuntuよりも難易度は高いと思ってください。これはScientific-Linuxも同様です。radeonやgeforceのドライバーを当てるにも端末を使って設定をしなくてはなりませんし、kernelが自動的に更新しないような設定をしておかないとドライバーが消えてしまいます。私の意見としては、CentOSのdesktop設定はubuntuと比較して面倒だが、きちんと設定が出来た時には画面の美しさや速さは、CentOSの方が良いと思います。

最初にLinuxのdesktopを使用すると、Windowsとの違いに上手く操作できない事もあるかと思いますが、そこはやはり慣れの問題ですので、毎日触るようにして学んで欲しいと思います。一番多いのが、インストールするまでは良いが、入れた後に活用が出来なくて止めてしまう人です。インストール後にVGAのドライバーの設定が出来なかったり、サーバーとして設定が出来なかったりすると諦めてしまう。・・・最初はみんなそうなんですけどね、

諦めずに調べて試して楽しみながら作業して欲しいと思います。

今の時代は、ウイルスやBaiduのような情報流出問題が多く、普段Linuxをdesktopとして使うのは意味のある事だと考えています。それにLinuxのdesktopを使用している分には他の余計な経費ってかかりませんし、Windowsのようなウイルスソフトも買わなくても大丈夫です。慣れてくると私みたいにWindowsのマシンが家から無くなるかも知れません。

この年末年始の休暇で頑張ってください。
良い結果をお待ちしております。

スタンドアロンのXPに新しいソフトを入れたら

会社で女性従業員より困ったので助けて欲しいと依頼がありました。

内容的には、事務で使用しているSONYーVAIO(Pentium-4 3.0)に画像を動画のように見せてDVDに焼いたりすることが出来るソフトを上司が購入してきたが使えないので困っているとの事。こういう事はあまり首を突っ込みたくない(後々、また面倒を見なくてはならないし、何か起こると私のせいにされる可能性もある)のですが、仕方なく様子をみて面倒であれば作業しないと心に決めてパソコンを見てみました。

案の定、パソコンの画面には一面アイコンだらけ。

それも画像とかワードのファイル、エクセルのファイルと隙間が無く並んでいます。
・・・・・作業する以前の問題かも・・と内心思ってしまいました。

作業する前に、そのVAIOの環境を調べました。
ネットワークには繋がっておらず、スタンドアロンで本当にワープロ・エクセル用のパソコンです。
ハードディスクは80GBあり、Cドライブが40GB、Dドライブが40GBと仕切られています。ディスクチェックをかけたところ、物理的なエラーはありませんでしたが、ファイルシステムのエラーがあり、再起動をかけて修復しました。

ソフト名前を忘れましたが、一太郎の会社、ジャストシステムの製品です。
私のところに言いに来た女性事務員の上司がインストールして、半年以上放置してあったそうです。
・・・・・しかしまぁ、必要だから購入したのに半年以上も放置プレイってあり得ます?

そのソフトを起動させると、直ぐに製品登録画面が現れました。
キャンセルをするとソフトまで終了してしまいます。
後から登録するというようなボタンもありません。

その事務員はソフトが使いたくても使えない状態で困っていた訳です。
その日は、何も道具(ネットワーク用の機器)が無かったので後日設定してあげる事を約束してきました。

そして、次の日に、家から無線Wi-Fi用のUSB(メルコ)とスマホ(emobile-streamX)を持参して作業を始めました。作戦としては、このVAIOに一時的にWi-Fiを設定して、スマホでテザリング(LTE)をして、登録の認証だけ行うと言うものです。

先ずはメルコのドライバー設定を行い、Wi-FiをemobileのWPA2PSKのセキュリティに合わせ、パスワードを設定します。ここまでの時間は約10分ほどです。そして、ネットに繋がっているかブラウザで確認をして、ジャストシステムのソフトを起動させ認証IDを入力し、登録完了です。全部合わせても15分ほどの作業です。・・・全然、大した事ありません。

その事務員の女性は私の作業がとても手際が良いので、黙って横に座って見ていましたが、「どこで覚えたのですか?どこでこのUSBは売っているのですか?」等聞きまくっていました。ソフトを購入した彼女の上司は休暇で不在でしたが、ソフトがやっと使えるようになって喜んでいました。

こういうような途中で投げ出す人も居ますし、本当にやる気あるんですかね。
彼女(事務員さん)に文句を言っても可哀想なので止めておきましたが、「俺はパソコンの事は出来るんだぜ!」みたいに吹聴する輩は実はとんでもない輩が多いので話半分以下で聞いていて間違い無いと思います。

Linuxのセキュリティの設定に比べればちょろい問題です。

事務員さんに恩も売ったし、何か良い事あるといいな。

Celeron1.1GにPuppy-Linuxをインストールしたら

Windows2000のインストールが終わり、さて、Puppy-linuxをインストールしてみるかという感じで早速始めてしまいました。Puppy-Linuxは、パピーリナックス日本語版でダウンロードも出来、詳しい経緯から説明まで書かれています。他にもPuppy-Linux インストールで検索をすると、親切丁寧に色々なやり方、設定方法まで記されているサイトもあるので皆さんにも見て欲しいと思います。

私がダウンロードをしたのは、Lupu-528JPという日本語版のものです。
これをISO形式でCDに焼いて、先程、Windows2000をインストールしたPCに入れてCD優先で起動をすると、Puppy-Linuxが起動をはじめ、CDからbootするのか?memoryに常駐させて使用するのか等ブートローダーのような画面が表示されます。私は試しにmemoryを選び起動させました。途中で画面の解像度、ネットワークの接続設定などの画面が表示されます。その設定を保存するかどうか聞いてきますが、暫定起動なのでNoにしました。ここでOKとすると、Cドライブ(Windowsのディスクエリア)にPuppy-Linuxの個人設定のファイルが作成され、次回起動の時に、そのファイルを読み込むような流れになっています。

起動したところ、速い、きれい、可愛い、起動する時に「ワン、ワン」と犬の鳴き声がします。
使っていて、これはCDやメモリからのbootではもったいないと考え、またまたハードを再構築する事を始めました。

追加するのはハードディスクです。
何しろ、古いディスクは沢山余っているので、変にWin2000のNTFSを分割するよりも、きれいな形でフルインストールをしようと思いました。倉庫(ダンボール)を漁ると直ぐに出てきました。80GB(Maxtor 7200 ATAPI)、これで充分ということで、直ぐにPC本体の蓋を開けて、CD-ROM側のセカンダリーにmasterとして接続、CDはslaveとしました。こんなのは誰でも直ぐに出来ます。ATAPIのケーブルもソケットが2つある物にしないと2台が繋がりませんので、こちらも変更しました。

インストールは、とりあえずメモリ常駐型で起動をして、X画面が起動したら、左下にある「メニュー」から「システム」を選択し、「GParted パーテションの管理」を起動させます。そこで先程取り付けた80GBのHDを選択して、「基本パーティション(Puppy本体などソフトが入る場所)」と「Linux SWAP領域(搭載メモリと同じくらい)」と「Windowsと共有させるための領域(fat32でフォーマット)」の3種類の領域を作ります。私の場合には80GBもあったので、Puppy本体に7GB、SWAPに600MB、残りをWin共有にしました。このfat32でフォーマットされた領域はWindows2000を起動すると、ちゃんとドライブとして認識し、マイコンピューターにも表示がされます。その後に、「メニュー」から「セットアップ」を選択して、次に「Puppyユニバーサルインストーラ」を起動させます。これはPuppy本体をどこの領域にインストールさせるか決めます。私の場合には基本パーティションの7GBの領域にFULL形式でインストールをしました。CDからHDにPuppyをインストールします。これが完了したら、ブートローダーを設定します。場所は「メニュー」、「システム」、「Grubブートローダ設定」です。これは、ブトローダーのGrubをどこにインストールするのか?また表示させる内容はこれでいいか?という事を聞いてきます。Windows2000はちゃんとWindowsで表示されています。場所をWindows2000の領域にブートローダーを設定するを選び、自動的に設定してくれます。終わると再起動でとりあえず完了です。

ちょっとはしょって書いていますので分からない方は「Puppy-Linux インストール」で検索をして、分かり易いサイトを見つけて欲しいと思います。私の場合には、色々先に読ませていただき、後は直感で進めていきましたが、結構まっとうに出来たので、大丈夫かと思います。初心者の方は、パーティション作成に悩むかも知れませんので、サイトを検索したり、本家パピーリナックス日本語版をよく読んでから進めて欲しいと思います。

pup6◆ブートローダー画面pup1◆起動中画面

まだXの画面で、どこがどうなのかさっぱり分かりませんが、WindowsとKDEを足して2で割ったような構成です。でも大した容量ではないのに、沢山のソフトが入っています。家計簿とか、テキストエディター、音楽ソフトももちろん入っていますし、SSHだって使う事ができます。後からFireFoxやOpenOfficeなど追加も可能です。
何といっても非常に軽いです。E350のCentOSより軽く感じる動作です。しかもメモリは512MBしかない、VGAで12MB使用しているので実質500MBでこの動作ですから、Pentium3やその頃のCeleronをお持ちの方は是非お勧めします。

pup2◆Xの画面pup5◆SSH(端末)
pup4◆画面上右クリックでどこでもメニューpup3◆左下にあるメニューボタン

というような感じです。イメージが沸いてくれると良いのですが・・・・
この後に、Windows2000から起動をしてみて、fat32の領域がWindowsでも見れるか確認しました。

pup7
ちゃんとドライブが認識されて、WindowsとPuppy-Linuxで共有するドライブとなりました。
古い部品で組み立てたつもりなんですが、何か楽しい1台になってしまいました。
今後は少しずつPuppyに触れて使い易く出来たらと思っています。
あなたの家族に子犬一匹いかがですか?

 

次のページ →